【産経抄】モヤシは根っこもうまい

1ぽんでらいお ★ [US]2017/11/27(月) 09:41:17.19ID:CAP_USER9
モヤシは根っこもうまい 11月27日

 ダイエーの創業者、中内功さんは生前、新しい店のオープン前に店内巡回するのを習慣としていた。少しでも鮮度の悪いモヤシでもあろうものなら、売り場の担当者の頭にザルごとぶっかけた(『カリスマ』佐野眞一著)。

 ▼モヤシがスーパーの安売り商品の目玉になったのは、いつからだろう。日本人にとって身近な野菜になったのは、インスタントラーメンが流行した昭和30年代半ばからだ。工場で生産するモヤシは、季節や天候に関係なく出荷でき、価格も安定している。卵とともに「物価の優等生」と呼ばれてきた。

 ▼ところが最近、コストの上昇が著しい。国内で消費されるモヤシの8割の原料となっているのが、中国産の「緑豆」である。その価格が10年前に比べて約3倍に跳ね上がっているのだ。たまりかねた生産者の団体は今年3月、このままではモヤシが食卓から消えてしまう、とスーパーなどに店頭価格の引き上げを訴えた。

 ▼もっとも、事態はまだ改善にはほど遠い。埼玉県内のあるスーパーでは今秋、1袋(200グラム)19円で売られていた。ピークだった平成4年頃の平均価格は41円である。これでは採算が取れるはずがない。

 ▼深谷市のモヤシ生産農家2代目、飯塚雅俊さんは、たった一人で「価格破壊」と闘ってきた。緑豆ではなくブラックマッペという豆を使い、昔ながらの作り方にこだわっている。スーパーから取引を断られ廃業寸前に追い詰められながらも、消費者にモヤシの魅力を発信し続けてきた。

 ▼その奮闘を綴(つづ)った『闘うもやし』を読むと、モヤシがどれほど誤解されてきたかよくわかる。たとえば料理の専門家は、モヤシの根を取るとおいしくなると教えてきた。飯塚さんは根っこはうまい、と断言する。

産経ニュース 2017.11.27 05:03
http://www.sankei.com/smp/column/news/171127/clm1711270003-s1.html

2名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]2017/11/27(月) 09:45:20.19ID:t8FS56bO0
アベノミクスの果実を存分に味わえwwwwwwwwwww主菜がモヤシってwwwちょ底辺奴隷プギャーーーー



by 産経

3名無しさん@お腹いっぱい。 [FR]2017/11/27(月) 09:46:38.79ID:EFMjnor8O
水っぽくなるし、時間たつと灰汁っぽい味でてくるし、日保ちしないし、無くてもよくね?

4名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]2017/11/27(月) 09:49:59.13ID:t8FS56bO0
モヤシは雑菌の宝庫
洗うとシンクを汚染するのでそのまま加熱がデフォ

5名無しさん@お腹いっぱい。 [GB]2017/11/27(月) 10:34:04.54ID:uQDRkT0p0
もやしの根っこは漂白剤のたまり場 バカなの w

6名無しさん@お腹いっぱい。 [US]2017/11/27(月) 11:19:06.70ID:QsW36+Sh0
もやしは痛むの早いし 根っこは邪魔だし
安くなければ買う人いないだろ

でこの記事はこれで終わりなのか?
アホラシ

7名無しさん@お腹いっぱい。 [US]2017/11/27(月) 15:40:24.93ID:4JmeGsZu0
>>5
もやしは漂白剤なんか使ってないよ
ナンノコッチャボケ

8名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]2017/12/11(月) 05:38:34.79ID:xstxafv+0
■産経 阿比留瑠比 総合スレッド1 デマおぢさん■
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/mass/1511462914/

新着レスの表示
レスを投稿する