テスト

1紅あずま ★ [CN]2018/01/04(木) 20:47:22.07ID:CAP_USER9
テステス

2名無しさん@お腹いっぱい。 [CA]2018/01/04(木) 20:52:27.95ID:MatrVW5I0
ホステス

3朝一から閉店までφ ★ [JP]2018/01/04(木) 21:26:26.57ID:CAP_USER9
バカテス

4伊予松山藩 ★ [US]2018/01/04(木) 23:44:40.35ID:CAP_USER9
アホテス



実は家庭の電気料金には「再エネ賦課金(ふかきん)」
正確には「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の費用が
上乗せされているのだ。
再エネ賦課金とは「FIT(固定価格買取制度)」に
もとづいて設定されている。

FITとは、太陽光や風力、地熱といった再生可能エネルギーの
導入拡大を図ることを目的に国が定めた仕組みだ。
この制度により電力会社は再生可能エネルギーで発電された電気を
割高な価格で一定期間買い取ることが義務づけられている。

買取ったその費用は「再エネ賦課金」として、
企業や家庭といった電気の使用者が負担しているのだ。
つまり、メガソーラーと呼ばれる大規模な太陽光発電所の電気も
住宅の屋根に太陽光パネルを載せて発電している電気も
つまりは、私たち国民負担というわけだ。

2012年度の標準家庭の再エネ賦課金は月額「66円」、
年間「792円」だったが、2017年度の標準家庭の賦課金は
月額「792円」、年間「9504円」となっている。
初年度の12倍と高騰を続けているのだ。

6名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]2018/01/12(金) 02:15:07.62ID:Ct3/47lf0
てすと

新着レスの表示
レスを投稿する