【社会】被災奨学生の返済、猶予期間見直しへ 熊本県、批判受け転換

1東京都足立区出身藩 ★ [US]2018/10/07(日) 01:58:03.35ID:CAP_USER9
熊本県が県育英資金を滞納した熊本地震の被災世帯を提訴していた問題で、同県の蒲島郁夫知事は5日、
被災を理由とした返済猶予期間(1年間)を見直す方針を明らかにした。
問題を巡っては、県議会などで県の対応に批判が出ていた。

蒲島知事は「(育英資金を所管する)県教育委員会は規則に沿ってやるべきことをやった。
ただ、被災者の痛みを最小化するため制度を見直す」と説明。百数十万円を滞納し、県に提訴された同県南阿蘇村の家族4人についても、
既に分割返還することで合意しているが、今後も再建状況に応じ柔軟に対応するとした。

県教委によると、被災を理由に返済猶予が認められた奨学生は約160人。新たな猶予期間は11月にも決まる見通し。

=2018/10/06付 西日本新聞朝刊=

http://news.livedoor.com/article/detail/15406809/
2018年10月6日 6時0分 西日本新聞

新着レスの表示
レスを投稿する