【ミ:D)┼<】キモい?高円寺ゆるキャラ「サイケ・デリーさん」フリー素材に [ひよこ★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1ひよこ ★ [TW]2020/09/16(水) 01:02:10.70ID:O4Rj02v59
https://www.sankei.com/life/news/200915/lif2009150050-n1.html
2020.9.15 22:59


https://www.sankei.com/images/news/200915/lif2009150050-p1.jpg
高円寺商店街連合会の公式キャラクター「サイケ・デリーさん」=運営会社「ホットワイヤーグループ」提供


 東京都杉並区・高円寺にある十数の商店街が参加する高円寺商店街連合会の公式キャラクター、「サイケ・デリーさん」がフリー素材として誰でも使えるようになった。運営会社の担当者は「コロナ禍で商店街が打撃を受ける中、『サイケ・デリーさんにできること』を考えた。店の販促物などにデリーさんを使ってもらうことで、少しでも集客の材料になれば」と呼びかけている。

みうらじゅんさんが選ぶ

 サイケ・デリーさんは、平成26年の高円寺商店街連合キャラ募集で集まった約900作品の中から選ばれたキャラクター。住民投票で絞られた5つから、最終的に「ゆるキャラ」の名付け親で知られる作家・イラストレーター、みうらじゅんさんが選んだ。デザインは当時高円寺在住の女性が考案した。

 みうらさんは以前高円寺に住んでいたことがあり、多種多様な人が生活していることから「高円寺は日本のインド」と表現していた。サイケ・デリーさんはサイケデリックとインドの首都・デリーをかけて命名されていたことや、見た目の奇抜さから「高円寺らしいロックンロールが感じられる」という理由で選んだという。

知名度アップにも期待

 着ぐるみの目はLEDで、いつもは黄色に光り、いじけた際には赤く輝く。横に大きく裂けた口から長い舌を伸ばし、「幸せになれる魔法」をかけるため、人々をなめ回す…。当初、「気持ち悪い」「怖い」と泣き出す子供もいたが、最近は「デリーさん」と呼んで抱きついてくる人も増えた。ただ、活動して5年になっても認知度の低さは否めない。今回のフリー素材化は、知名度アップの狙いもある。

 かかっている費用は、最初の2年間は全国のゆるキャライベントへ積極的に参加していたこともあり、旅費などで年間約100万円を要した。しかし、活動資金確保が困難になり、出張イベント参加は少なくなった。フリー素材化前に商品パッケージに使用された際には、売り上げの一部を提供費として徴収していた。

 デザインの使用は、キャラクターや高円寺の商店街を毀損(きそん)する内容でないことなどを条件に、公式サイトに公開された画像を自由に使える。2次創作や商業利用も可能だ。

 新型コロナウイルスの影響で2月のイベントを最後に出番がなくなってしまっていたが、10月24、25日開催の「高円寺フェス2020」に出演予定。担当者は「『キモい』と言われながら高円寺をPRするデリーさんを広く知ってもらい、地元商店街の力になりたい」と話している。(飯嶋彩希)

2名無しさん@お腹いっぱい。 [ニダ]2020/09/16(水) 02:31:38.29ID:E/2/HmcY0

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています