熊谷の事件で容疑者に死刑

1名無しさん2018/03/10(土) 11:17:00.07ID:nW4zHmvo
 ◇さいたま地裁判決

 埼玉県熊谷市で2015年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた
ペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判で、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)は9日、
「強固な殺意に基づく残虐な犯行」などとして求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は判決を不服として即日控訴した。
 被告は地裁の精神鑑定で統合失調症と診断され、弁護側は心神喪失を理由に無罪を主張。責任能力の有無や程度が争点だった。
 判決理由で佐々木裁判長は、被告に被害妄想や追跡妄想があったことは認めつつ、
現金の他に車を奪って逃走するなどしたことは「金品を入手する目的に沿っている」と指摘。
現場の血痕を丁寧に拭き取るなど証拠隠匿も図ったとして「自己の行為が法に触れると理解していた」と完全責任能力を認め、
「何ら落ち度のない6人もの生命が奪われた結果は極めて重大。死刑をもって臨むことがやむを得ない」と述べた。
 判決によると、ナカダ被告は15年9月14〜16日、金品を奪う目的で3軒の住宅に侵入し、田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)
▽白石和代さん(84)▽加藤美和子さん(41)と長女美咲さん(10)、次女春花さん(7)−−の6人(年齢はいずれも当時)を包丁で刺して殺害した。

 事件で加藤美和子さんら妻子3人を失った男性(45)は9日、さいたま市内で記者会見し
「(死刑判決になり)父親として最低限のことができた。安心して、全身の力が抜けるような感じだった」と話した。
被告に対しては「謝罪も何もないので、怒りと憎しみしかない」と怒りをあらわにした。【内田幸一、三股智子、中川友希】


3/9(金) 20:30配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000101-mai-soci
2018/03/09(金) 10:52:31.82
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520560351/

2名無しさん2018/03/11(日) 21:58:39.79ID:Etuyq70m
永山基準をゆうに超えてますからね
ただどうしてもだと死刑というのなら、死刑執行の告知を本人に出来るだけ早くしたいものです。
そして最後に本人の希望があれば家族に別れの挨拶をさせましょうよ。

3名無しさん2018/04/16(月) 12:29:19.96ID:UIaGZou+
>>2
被害者遺族は何の前触れもなく家族を奪われたんです。
死刑囚にそんな配慮は要りません。

新着レスの表示
レスを投稿する