キリスト教の目的って何なの?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1Ψ2017/12/01(金) 05:11:04.61ID:70bfSlXU

22Ψ2017/12/01(金) 05:56:56.74ID:zTybyL5+
世界征服

23Ψ2017/12/01(金) 06:02:55.08ID:ZVFPXvFc
聖書を読みなさい
そこに真実があります

24Ψ2017/12/01(金) 06:09:46.80ID:d27Qs15k
諸悪の根源

25Ψ2017/12/01(金) 06:26:41.23ID:mmVM6Ybt
これ定期的に立つけど同じ人?

26Ψ2017/12/01(金) 06:47:08.77ID:67StAFG2
植民地化の先兵隊だろ。

27(,,゚д゚)さん 頭スカスカ2017/12/01(金) 06:53:19.18ID:GITOHIbw
ザビエルが「日本にムリヤリ布教するのは...」と言い出して
インドに左遷されてしまったとさ

28Ψ2017/12/01(金) 07:15:50.88ID:r+VL2wrE
烏合の衆をまとめる為の方便。
共同体意識を維持する為の物語。

29Ψ2017/12/01(金) 07:42:02.56ID:4dx/0miN
布教が目的
よく見かける

30Ψ2017/12/01(金) 07:47:18.54ID:O2x6JSai
洗脳

31Ψ2017/12/01(金) 07:50:00.13ID:6MeGfp87
施政者の円滑な統治の為だよ
どの宗教も同じ

32Ψ2017/12/01(金) 08:13:17.10ID:J/LEWAFS
キリスト教の目的は人類救済
但しそれは神の意志に従い強く信仰を持ち続けて生きた人だけが対象となると神から条件をつけられていて、神の意志に布教が含まれているので布教活動も行われている

33Ψ2017/12/01(金) 08:14:49.01ID:ethsDXG+
互いに愛しあう愛の完成した世界の実現

34Ψ2017/12/01(金) 09:32:06.98ID:gvZd2av6
居場所の確保 だいたいがそうと聞く

35Ψ2017/12/01(金) 10:08:21.99ID:AsjxdPN6
クリスマスケーキの販促

36Ψ2017/12/01(金) 10:11:34.80ID:Cko39NIC
みんなが貧乏になること。

37Ψ2017/12/01(金) 10:12:31.69ID:67StAFG2
>>32
昔はイギリス、今はアメリカ。キリスト教徒が一番戦争を起こしてる。

38Ψ2017/12/01(金) 10:46:52.00ID:KzbRM+oC
>>37
キリスト・ユダヤ・イスラムの神と信徒が最も人を殺しているよな。

39Ψ2017/12/01(金) 11:14:50.65ID:jPBOgJNF
16〜17世紀から始まった商売だろ?

40Ψ2017/12/01(金) 11:22:22.69ID:IUOlTELr
新約聖書の厚みの薄さを見れば分かるだろう?
世界の支配に決まってるじゃないか

41Ψ2017/12/01(金) 12:00:42.33ID:2cDwQo7q
世界征服

文明宗教の布教に貴族がいる時点でただの侵略

42Ψ2017/12/01(金) 12:05:34.23ID:30OWQT7q
世界征服

43Ψ2017/12/01(金) 13:43:29.48ID:9je0qlZk
多くの人々をマインドコントロールで支配しているという絶大な権威ですよ、
王にも匹敵するわけですね

44Ψ2017/12/01(金) 14:19:31.53ID:9CzXOXlZ
人の発明したもので最大にして最悪なものそれが宗教

45Ψ2017/12/01(金) 15:19:33.06ID:p1mpQU7Y
ユダヤ教の目的は、諸国民を支配すること。
ソ連時代、東欧各国の秘密警察を、ソ連と各国のユダヤ系が握って、
ユダヤ系が欧州の半分の諸国民を支配した。
支配とは、麻薬、奴隷、戦争で金儲けること。

46Ψ2017/12/01(金) 15:26:39.59ID:do8LyyRx
支配しやすいように洗脳すること

47Ψ2017/12/01(金) 15:27:04.82ID:z4MZCiC3
人さらい

48Ψ2017/12/01(金) 20:09:09.43ID:r/eDJJZn
出エジプト記読めばわかるだろう
ユダヤ教徒とか古代エジプトの太陽信仰では救われなかった人々が
人種や身分に関係なく救済してくれる神の神託を信仰し
他の国にもそれを広めようとしたが
途中から政教分離ができずに宗教が法律になっちゃった=中世封建制度
その時は宗教が王や政治権力の象徴となった=宗教には人心を動かす力があったから
で、十字軍に至っては、支配すること=布教という意味不明な論理が出来ていた

日本の神道はアニミズムかつシャーマニズムなので
国土が神だったから政教分離がしやすかったのかも知れん
仏教はシッタルダ王子が権威を捨てて悟りを開き、得度を得なさいと勧めた
悟りの為の宗教であり道徳として、これを知ってる国同士は国と認めますよと
外交的な物差しとしては機能したが他国支配の目的化することはなかった
ピューリタにずむは開拓者にとって都合の良い人治主義的な要素が多いが
ある種のイデアリズムだからしょうがない

49Ψ2017/12/01(金) 20:16:35.81ID:ybUzfr6o
日本で仏教を布教させたのと一緒
権力者が教徒になればその権力を利用できるし
一般人が多数教徒になればその総本山には矢は向けられないし、
神の名を出されたらいいなりになるしかない イスラム教見てみろ

宗教っつーのはいつの時代のどの宗教も上層部が自分たちの都合のいいように
民衆や政治を操る為にやってる どんなきれいごとを並べようがあいつらは洗脳集団だよ

50Ψ2017/12/05(火) 11:48:17.25ID:Zn7z1tyx
信者たちからお金を集めたり、信者たちを集金要員にしたり、
集めたお金で組織を拡大したりします。
連中にとっては、神は「飾り物」「お神輿」です。
飾り物になれる、ふさわしい人物を、適当に神にして
真の目的は、組織を形成させて拡大させる事なんです。
神やメシアや救世主なんてものは「客寄せパンダ」であって
「客を集めるためのお神輿」であり、実際は、連中の創作です。
宗教も、需要と供給が成り立ってます。
信者たちも組織に入ると色々と出会いもあるし
組織内で出世することも可能です。
真の目的は「組織の形成」であり、神などは
客を集めてくれるものであり、それでいいのです。
客を集める為に、ウソを付いて、神格化させます。
イエスも、弟子や教徒や後世の人たちの作り話によって
神格化されてるだけで、実際は、普通の人間なのです。
このままでは地獄に落ちて消滅すると脅し、
ここに入って定期的に会費を払って
このように信じてこのように行動すれば
天国で永遠の命だから、と教え、服従させます。

51Ψ2017/12/05(火) 11:55:26.36ID:/uLXmbG3
>>38
社会の新陳代謝を維持する為。
だからこそ善であり正義となる。

52Ψ2017/12/05(火) 12:02:19.97ID:aov+Wpmq
>>27
だって、日本人は識字率が高く字が読める程賢くて質問責めにあって答えられない。
自分より頭の良い宣教師を日本に派遣してくれ。とイエズス会に手紙を送るから左遷される。

53Ψ2017/12/05(火) 15:30:15.34ID:qWBGV+J3
宣教師を先遣隊として送り情報を集めた後兵隊を送り占領する

スパイです

これを見抜いた徳川は偉い

54Ψ2017/12/05(火) 15:36:26.96ID:R9vnhXqT
ヴァチカンを上から見ろ
それが答え

55Ψ2017/12/06(水) 09:01:17.16ID:UcXAcvn0
神様が欧米を強引に良くしてくれるように。という願いを込めて作られた宗教だと思う

なんでそうなったのかというと、欧米地域の生活がキツくなっていたからかもしれない

そうならないようにするには、どの地域も出来るだけ平等に近づけるようにすれば

一部の地域を強引に良くさせようとはしないで良くなるだろう

56Ψ2017/12/06(水) 23:58:08.25ID:+QucQSNK
イスラエルの王だったヘロデは
ベツレヘムで生まれる子が王となるという預言を恐れ,自分の地位が奪われないよう,
博士たちにその子について報告するように言ってあったのに
神が博士にヘロデに合わずに帰国しろとお告げし、
博士たちはそのとおりにして帰国してしまったので、
ヘロデは怒り、ベツレヘム近辺の二歳以下の男の子を皆殺しにした。

57Ψ2017/12/07(木) 16:30:21.57ID:ME+GN+w8
パウロ
イエスの再臨は自分たちが生きている間にあると言った(Iテサ4:15)
その後、その勢いは無くなって、
ただ待ち望んでいる(ピリピ3:20)に変わっていった。

58Ψ2017/12/07(木) 17:10:09.51ID:F/eCr26Y
地上をメギドの火で焼き払い
神に選ばれた者だけが暮らすことができる千年王国を作ることだろ?

59Ψ2017/12/07(木) 17:33:07.23ID:A+VJvfaR
インド人w

60Ψ2017/12/07(木) 17:43:14.30ID:GcTn8QXz
ヴァチカンを上から見るだけで
どれほど嘘か良く理解出来る
仕組みさ

61Ψ2017/12/07(木) 17:55:49.50ID:JQ7qFV4M
>>53
これは正しい。沈黙では被害者の様に書かれているが、現実は宗教を足がかりにした支配だろう。

62Ψ2017/12/07(木) 19:38:06.19ID:ME+GN+w8
モーセは、戦いを終えて帰還した軍の指揮官たち、千人隊長、百人隊長に向かって怒り、
かれらにこう言った。「女たちを皆、生かしておいたのか。ペオルの事件は、この女たちが
バラムにそそのかされ、イスラエルの人々をヤーヴェに背かせて引き起こしたもので、
そのためにヤーヴェの共同体に災いが下ったではないか。直ちに、子供たちのうち、
男の子は皆、殺せ。男と寝て男を知っている女も皆、殺せ。女のうち、まだ男と寝ず、
男を知らない娘は、あなたたちのために生かしておくがよい。」
(民数記 31章14〜18節)

63Ψ2017/12/07(木) 19:42:55.09ID:ME+GN+w8
神は怒り、モーセに対して、「イスラエルの民の長たちをことごとく捕らえ、
主の御前で彼らを処刑にし、白日の下にさらしなさい」と命じ、
モーセは裁判人に対して、「おのおの、自分の配下で、ペオルのバアルを慕ったものを殺しなさい」
という厳しい粛正を命じた。2万4千人のイスラエル人が処刑された。(民数記25章)
神はモーセに「ミディアン人を襲い、彼らを撃ちなさい。彼らは、おまえたちを巧みに惑わして襲い、
ペオルの事件を引き起こしたからだ。」この神の命令に従って、モーセが、
「あなたたちの中から、戦いのために人を出して武装させなさい。ミディアン人を襲い、
ミディアン人に対して神のために報復するのだ」(民数記31章1〜3節)

64Ψ2017/12/07(木) 19:51:02.36ID:ME+GN+w8
モーセと祭司エルアザルは主がモーセに命じられたとおりにした。分捕ったもの、すなわち
兵士が略奪したものの残りは、羊六十七万五千匹、牛七万二千頭、ろば六万一千頭、
人は、男と寝ず、男を知らない女が全部で三万二千人であった。戦いに出た者の分け前は、
その半数であって、羊の数は三十三万七千五百匹、その羊のうち、主にささげる分は
六百七十五匹、・・・人は一万六千人、そのうち主にささげる分は三十二人であった。
・・・部隊の指揮官である千人隊長、百人隊長がモーセの前に進み出て、言った。
「・・・わたしたちは、めいめいで手に入れた腕飾り、腕輪、指輪、耳輪、首飾りなど
金の飾り物を捧げ物として主にささげ、主の御前に、わたしたち自身のあがないの儀式を
したいのです。」モーセと祭司エルアザルは、彼らから金の飾り物をすべて受け取った。
それらはよく細工されたものであった。・・・モーセと祭司エルアザルは、千人隊長と百人隊長から
金を受け取り、臨在の幕屋に携えて行って、主の御前に、イスラエルの人々のための記念とした。
(民数記31章31〜54節)

65Ψ2017/12/08(金) 15:40:53.39ID:TyGtBkgc
キリスト教のおこなってきた異端狩りや宗教戦争や新大陸侵略にくられべれば、
オウムの破壊活動など、ほとんど取るに足らないものです。
聖書における神の殺人命令を否定することのできないクリスチャン、もっと一般的にいえば
人間的判断より神の意思を先行させる信仰原理を信奉する者には、麻原の命令にしたがって
殺人を犯したオウム信者を根本的に批判することはできません。こうして、
神が命令するとき殺人が正義となることは、昔も今も、キリスト教のような
伝統的宗教においても、疑う余地のない明白な事実といわねばなりません。
オウム殺人事件は、オウム真理教が偽宗教であることを決定する判断基準にはならないのです。
逆に言えば、もし殺人の教えが偽宗教であることの判断基準の一つであると信じるならば
ユダヤ教もキリスト教も、またその聖典である聖書も偽宗教であると判断する
一貫性を持たなければならないでしょう。

66Ψ2017/12/08(金) 15:54:51.74ID:TyGtBkgc
神や死後の世界が存在しても、殺人さえも、ゆるされるなら、「道徳は宗教を必要とする」
とか「宗教は道徳の根本である」というポピュラーな宗教思想の説得力は喪失します。
宗教における善とは、「人間の浅はかな判断」や「人間の小賢しい知恵」によるのではなく、
超越的権威である「神の意思」や「神の言葉」によるものとされており、しかも、その神が
殺人や略奪を命令するからです。神や死後の世界を信じる世界観の中でも、
やはりすべてが、殺人さえも、ゆるされるのです。

67Ψ2017/12/08(金) 15:56:50.12ID:TyGtBkgc
「愛と赦しと平和」を説く柔和なクリスチャンが、いったいなぜ、聖書における
神の殺人命令を否定できないのか。その答えは、これまで見てきたように、信仰の
原理、すなわち、人間的な判断よりも上位にあると考えられている、神の意思を
先行させる考え方にあります。信仰者は、常に、自分の「人間的浅はかな判断」や
「おのれの小賢しい知恵」を捨てて、信仰の対象としての超越的な権威
(聖書や教祖の言葉)に従うことを正しいとするのです。だから、信仰者にとって、
信仰者であるかぎり、神の殺人命令を否定することはほとんど不可能であると
言えます。もし殺人命令でさえ信仰者は神(聖書や教祖)の命令を否定できないと
したら、洗脳(伝道)、金集め(寄付・布施)、政治活動、その他諸々の神の命令を
信仰者が否定できるわけがありません。ましてや、宣教命令が、困った人々を助ける
ボランティア活動のような、一見誰も文句を言えない善意活動を通じて
なされることになれば、その命令を疑ってみる心さえ浮かばないかもしれません。
それゆえ、不幸中の幸いというべきか、オウム殺人事件は、はたして、わたしたちが
「人間的浅はかな判断」や「おのれの小賢しい知恵」を捨てて、信仰の対象としての
超越的な権威(聖書や教祖の言葉)に従うことを「正しい」とする判断が、本当に
賢哲な判断かどうか、それを考えさせる機会を与えてくれたことにおいて、
大きな意義があると思われます。

68Ψ2017/12/08(金) 16:22:17.72ID:UjyNuLLa
倫理が無ければ犯罪だらけの世の中だろう。
そういう世界においては犯罪という概念すらない。

69Ψ2017/12/08(金) 18:35:55.27ID:TyGtBkgc
このキリスト教徒による暴挙は過去形ではありません。現在進行形です。

世界の悪は、 我々が、それに全力で反対するよう、
聖書と主イエスに命じられている。(ロナルド・レーガン、大統領)

第十次十字軍は、米国のジョージ・W・ブッシュを大統領とする
ブッシュ政権の行った、アフガニスタン紛争 (2001年-)や
イラク戦争などの軍事行動をいう。

現在はトランプです。

ヨーロッパ人のアメリカ大陸侵略にしても、ブッシュのイラク侵略にしても、
聖書にあるモーセとヨシュアのことが大きく影響しているのです 。
ヨシュアが、神の命令で、「侵略」「虐殺」「略奪」を働いたことが、後のキリスト教徒にとって、
大きな手本・見本になっているのです。
「モーセやヨシュアがやったことは『聖絶』として正しいことになってるんだから、
我々キリスト教徒も同じことをやってもいいんだ。」と、とらえるのです。
キリスト教徒による侵略戦争がなくならない理由は、ここにあるのです。
異端狩り 異教徒狩り 魔女狩り 布教という名の他国への侵略行為 黒人奴隷貿易 
キリスト教は惨憺たる惨劇をもたらしてきました。
約1600年間、ヨーロッパ文明の宗教として、宗教界のKINGとして君臨し続けてきた
キリスト教は、まぎれもなく「帝国の宗教」です。
この「帝国の宗教キリスト教」を潰さない限り、キリスト教による暴挙 悲劇 惨劇は、
永遠に続いてしまうのです。
戦争をしかけた人間 聖職者 信徒たちは、このことにまったく反省もせず、
この問題を堂々と正当化しているからです。
温厚そうな人でも、侵略戦争を「正当」と、させてしまうキリスト教。
宗教は「害の産物」です。
宗教は大変恐ろしいものです。

70Ψ2017/12/08(金) 18:41:46.10ID:TyGtBkgc
ただ、一番マシなのはカトリックです。

カトリックの総本山バチカンのローマ法王は
 「神の名の下に、先住民に対したくさんの深刻な罪が犯された」
 「アメリカ大陸征服の際、先住民に行われた犯罪行為について謙虚に謝罪したい」と
示している。

71Ψ2017/12/09(土) 18:00:44.28ID:guNVJuSE
インド人w

72Ψ2017/12/09(土) 18:05:21.88ID:mzkKSzS7
世界征服

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています