中国らしいトイレ革命

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1きつねうどん ★2018/01/14(日) 08:01:49.23ID:CAP_USER
 毛沢東は1958年、農業・工業分野で画期的発展を成し遂げようと大躍進運動を始め、最初の段階で「除四害」と呼ばれる運動を展開した。四害とはネズミ、ハエ、蚊、スズメを指す。毛沢東が農作物を食い荒らすスズメを見て、「あの鳥は害になる」と言ったことから、スズメも「清算」の対象になった。全人民がスズメ捕獲に乗り出すと、スズメはやがて絶滅の危機に追い込まれた。問題はその次だった。天敵であるスズメがいなくなると、害虫がどっと増えて、穀物生産がかえって減少した。

 毛沢東は工業生産でも一気に「英国を追い越し、米国に追い付く」ことを掲げ、農村にまで原始的な溶鉱炉(土法炉)を作らせた。1年間で土法炉が60万カ所できた。鉄鋼産業に動員された労働力は当時の全人口の7分の1である9000万人だ。しかし、合格品は30%にすぎず、溶鉱炉の燃料にするため、山林ばかりが消えていった。大躍進運動の失敗で1959−61年に中国の人口は4000万人減少した。ソ連のフルシチョフは「毛沢東が大きな屁をして、○○も出た」などと皮肉った。

 習近平主席が昨年11月、「トイレ革命」を提唱して以降、中国にはテレビ、冷蔵庫、ソファー、電子レンジまで備えた「皇帝級」の共同トイレが登場したという。江蘇省ではトイレ1カ所を作るのに200万元(約3420万円)を費やした。習主席の趣旨は不潔で非衛生的なトイレを改善することであって、5つ星ホテルの部屋のようなトイレを作ることではなかったはずだ。

 習主席の権力が毛沢東に匹敵するほど強まり、かつての偶像崇拝型の過剰現象が再現しそうな雰囲気だ。習主席が「スモッグを減らせ」と支持するや、当局はスモッグの主犯である石炭ストーブを一気になくした。しかし、石炭の代わりに設置したガスストーブに供給する液化天然ガス(LNG)の確保が間に合わず、今年の冬は数億人が寒さに震えている。

 北京の「非首都機能」を分散しろという習主席の指針を受けた北京市は、バラック集落を強制撤去しようとして、貧困者の強い反発を受けた。北京市は外観美化を理由に建物の屋上に取り付けられた看板1万4000枚を突然撤去した。このため、市民は道に迷うこともしばしばだ。権力が1人に集中すると、その下ではやり過ぎで卑屈な振る舞いが増えるのはどの国でも例外ではない。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/12/2018011201678.html

2Ψ2018/01/14(日) 08:27:17.08ID:QKfH0DY5
そりゃどこの国だって同じだ。

3Ψ2018/01/14(日) 10:27:40.67ID:BBPGt/nl
人生はリベンジマッチ
https://youtu.be/BXanBVhXCBY

4Ψ2018/01/14(日) 10:31:32.16ID:85RTlTSg
糞は縄でシゴいて拭く

5じっぷら15周年ペロペロ仮面type-R ◆h9EZR67/8fuu 2018/01/14(日) 15:38:33.03ID:sWJCrjoj
     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  <@>::::::<@>  \
     |┃     |    (__ω__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
お尻だって洗って欲しいの

6じっぷら15周年ペロペロ仮面type-R ◆h9EZR67/8fuu 2018/01/15(月) 05:14:16.81ID:gTuwLkdc
(^^)うひょ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています