【親米】 西部邁「小沢一郎はゴロツキ」 ≪ポチ一匹自爆≫ 山本太郎\(^o^)/村本大輔 【反米】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1Ψ2018/01/25(木) 22:51:36.22ID:4e+ab30v
   お 前 の 方 が ゴ ロ ツ キ


私が、西部をはっきりと 軽蔑したのは、10年ぐらい前に、
西部が、小沢一郎のことを、蛇蝎(だかつ)のごとく罵ったときだ。
梅原猛(うめはらたけし)や渡部昇一(わたなべしょういち)と全く同じ反応だった。
ああ、この人たちは、やっぱり、あの政治的な宗教団体の囚われ、
虜(とりこ)になったのだなあ、と、私は、はっきりと認定した。
2010年に、西部は、『小沢一郎は背広を着たゴロツキ』(・・・刊)という、
誰もが驚く、書名の本を書いている。
こういう奴なのだ。
自分の方が、よっぽどゴロツキだ、ということに全く自覚がない。
自分は、何か上品で優雅なインテリなのか。
泥だらけで汚物だけの、政治の海を、自分こそは泳いできたと、
ずっと書いてきたのに。お前の方がゴロツキだ。
http://www.snsi.jp/tops/kouhou

ファッシズム政権の終わりは、いつでも残酷な結末しかない。
安倍晋三はどんな殺され方をするんだろう?
https://twitter.com/tokaiaマ/status/605899171313246209

マイトLーヤは次のように勧告される。

「・・・国民の意志を裏切ることは危険な過程を始動させる
 精神的な過労や、極端な場合、自殺や殺人にまでつながる。
si5n7k/04zpzf/bf1tqd.html

アメリカとイギリスや他の国々による侵略が行われています。
そして人々は沈黙しています。この国(日本)は、
同盟国だからという理由でアメリカの行動に沈黙していますが、
国家は世界の他の国々の狼藉に反対して声を上げなければなりません。
2017/04/q-and-a/481

彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動を
コントロールするのは、マイトLーヤの任務である。
si5n7k/ndshrf/d2zeeo.html

2Ψ2018/01/25(木) 22:54:04.58ID:M5zxDmgZ
これ系のコピペ昔から連投してる奴の正体な↓
https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/giin/1420969530/6

3Ψ2018/01/25(木) 23:08:35.68ID:IC1nBO69
パヨクはさっさとECDれ

4Ψ2018/01/25(木) 23:29:47.89ID:Ha7ulQ6v
こいつ馬鹿なん
西部が反米保守なの有名だろ

5Ψ2018/01/25(木) 23:41:56.77ID:DCQ9ilNl
目くそ、鼻くそ、うんこじゃねーか

そえも、嗤うじゃなくて、叩くだからきちゃにゃい><

6Ψ2018/01/25(木) 23:48:32.07ID:ezjcF0lH
小沢がゴロツキなのは衆目一致

7Ψ2018/01/26(金) 00:11:28.50ID:g1jntfPa
小沢はゴロツキ朝鮮人

8名無し2018/01/26(金) 00:21:17.23ID:LI1ybDNl
西部唯一の正解。小沢は最悪男。

9Ψ2018/01/26(金) 05:15:49.53ID:Iy7QclEJ
☆★☆★☆★

『慰安婦問題を捏造した統一教会の安倍晋三 -ch -☆』で検索

☆★☆★☆★

『統一教会が捏造した慰安婦に日本の血税10億円を出した安倍晋三 -ch -☆』で検索

☆★☆★☆★

『6500人の日本人を行方不明にした統一教会 -ch -☆』で検索
『統一教会の名称変更を許可した安倍晋三 被害者が増える -ch -☆』で検索

☆★☆★☆★

『自民党 ヒゲの隊長 個人情報取得 資金集め 統一教会 -ch -☆』で検索

☆★☆★☆★

『オウム信者名簿に統一教会信者 -ch -☆』で検索
『オウム麻原の住民票は勝共連合(統一教会)自民議員のマンション -ch -☆』で検索
『安倍晋三の父 晋太郎は、オウム真理教 Russo-Japan に資金提供 -ch -☆』で検索
『オウム事件を隠蔽した城内康光と杉田和博 -ch -☆』で検索
            ↑2人とも安倍一味
☆★☆★☆★

10Ψ2018/01/26(金) 05:16:01.56ID:Iy7QclEJ
☆★☆★☆★

『麻生セメント 北朝鮮に加担 -ch -☆』で検索

☆★☆★☆★

『秋元康は竹中平蔵のパソナ迎賓館「仁風林」で安倍晋三に枕営業 -ch -☆』で検索

☆★☆★☆★

統一教会の強姦魔 文鮮明
安倍信者の強姦魔 山口敬之

☆★☆★☆★

『DHC 発がん性物質ベンゼン -ch -☆』で検索

☆★☆★☆★

11Ψ2018/01/26(金) 05:20:37.02ID:pmihiZuo
西部氏は自分の言いたいことを大衆が分かるように実に旨く表現
している。その表現の元となる基本的な考え方も良く分かる。人の話を
文言だけ捕らえて批判するのは、今時のアホな野党政治家と全く同じ。

12Ψ2018/01/26(金) 21:53:47.22ID:TXhJKlk2
自裁死とか名づけて自殺する馬鹿な西部
保守って陶酔と自己愛ってことなんだろう
絶望したと言って自分に陶酔してんだろう
この手のやつらは根っこがひ弱だから権威権力に擦り寄るんだよね
自称保守糞ウヨのできあがり

13Ψ2018/01/27(土) 04:42:19.64ID:t+9k0Ljj
"Give a man a fish and he will eat for a day. Teach a man to fish and he will feed himself for a lifetime"

イギリス人なら大半は知っているはずの諺は技術や専門性を学び(磨き)資産をきずく自由という意味での価値観が存在したことの証明となる
教会が貧乏人、生活困難者、女性・老人にたいして施す優しさではなく、政府は(成人男性が)自立できる職業教育を提供すべきということだ

エドマンド・バーク

(Men) have a right to the acquisitions of their parents; to the nourishment and improvement of their
offspring; to instruction in life, and to consolation in death. Whatever each man can separately do,
without trespassing upon others, he has a right to do for himself; and he has a right to a fair portion of
all which society, with all its combinations of skill and force, can do in his favour. In this partnership
all men have equal rights; but not to equal things.

人間には親からの財産相続権と子供の育成の権利があるし、(他人に迷惑をかけない限り)自らのために
自由に(社会的・経済的・宗教的)活動をする権利と、社会が提供可能なものを享受する権利がある
これらにより全ての人間は平等な権利があるが、それには条件があるとする(意訳:相続資産の平等は除外される)

自由が財産の所有権と結びつくのは自由主義の特徴だが、バークはそれを全ての相続権利(王権・領地)まで含むとするのが特徴だ
バークがフランス革命で最重要視したのは、貴族の称号階級・権利(土地)の相続、教会の権威、キリスト教の信仰に根付く社会の3つだが
フランス革命は貴族や金持ち、教会の財産を(違法・合法を含む手段により)収奪したが、その根拠の一つが「一部」資産・権利の相続否定だ
これに対してバークは人間は自由だが、財産を奪ったり、神の法(ヘンリー・ブラクトン)を破るべきでないと反駁した
バークの言う権利の相続は伝統という抽象的なものではなく、資産の相続権、貴族特権のことや信仰の自由、宗教の権威のことだ

14Ψ2018/01/27(土) 04:43:26.61ID:t+9k0Ljj
You will observe, that from Magna Charta to the Declaration of Rights, it has been the uniform policy
of our constitution to claim and assert our liberties, as an entailed inheritance derived to us from our
forefathers, and to be transmitted to our posterity... 一部割愛
By this means our constitution preserves an unity in so great a diversity of its parts. We
have an inheritable crown; an inheritable peerage; an house of commons and a people inheriting
privileges, franchises, and liberties, from a long line of ancestors.

マグナ・カルタ(領主によるクーデター)に始まる権利宣言(オランダから新国王を招いて現国王を廃嫡するクーデターや、
王権と英国国教会の弱体化と議会の権利を決定づけた一時共和制と、その後の宗派の自由化)で先祖が得た自由(自由な経済・社会活動、人権、財産、宗派)を憲法が継承してきたとする
これは伝統の継承といった抽象的なものでなく、貴族・教会の権利(領地や法的特権を含む)がマグナ・カルタ等で宣言された自由が既に憲法で保障
されているため、それを守るべきということが保守主義の原点となる

ただ女性の権利や、夫のもつ権利についてウルストンクラフト(シェリーの母親)から挑戦を受けた際にはバークはまともな答えができていない
バークの保守は男性・家父長優位という負の側面が強い

15Ψ2018/01/27(土) 04:43:47.09ID:t+9k0Ljj
>>14 は名誉革命(Glorious Revolution)と清教徒革命にも触れているが
名誉革命後はToleration Act 1689によって英国国教会以外の宗派が認められている(カトリックは除外)

カトリック国王を放逐した名誉革命は無血と称されるが、1642–1651の内戦に比べればはるかにマシだっただけの話しで無血ではないクーデターだった(少数派だが侵略とする説もある)

従って清教徒やその他のプロテスタント、特に長老教会はイギリス国内で合法化されており、アメリカの独立革命との直接関係があるとの主張は矛盾する

16Ψ2018/01/27(土) 04:44:28.08ID:t+9k0Ljj
保守主義の父とされるバークは共産党、西部スクールの共産シンパの国家社会主義者の言うところの新自由主義者のような主張をしている

Adam Smith and Edmund Burke
ir.uiowa.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1082&context=poroi
Although the Scots philosopher Adam Smith's Wealth of Nations (1776) found few insightful readers in
England before the l790s, Smith himself noted that among what early readers he had the Anglo-Irish
Whig Member of Parliament Edmund. Burke stood out (Tribe 1984; Teichgraber, 1985). Smith informed
a confidant that Burke “is the only man I ever knew who, without communication, thought on economic
subjects exactly as I”

They became correspondents and friends. But
while Smith made it clear that government support should be extended in
hard times to unemployed workers, who have a right to expect it, Burke
flatly denied it. “Labor,” he wrote in l795, “is a commodity and as such an
article of trade” (Burke, 1795, in Kramnick, 1999, 200). Trade, Burke
declared, is none of government’s business under any circumstances. “Of all
things,” he wrote, “an indiscreet tampering with the trade of provisions is the
most dangerous and … always worst … in the time of scarcity” (Burke,
1795, in Kramnick, 1999, 195).

17Ψ2018/01/27(土) 04:44:43.61ID:t+9k0Ljj
>>16 の続き

If anyone deserves relief it is not those who
are able to work but in hard times can’t find it. It is those, and only those,
who are too sick, infirm, young, or old to work at all. They do indeed fall
under our Christian duty to extend charity to the poor (Burke, 1795, in
Kramnick 203). But the deserving poor, as they came to be called, are
objects of our charity only insofar as we, and they, are private persons.
Government, whose office to “regulate our tempers” by “timely coercion,”
should stay out of it. “The people maintain [the government], not they the
people” (Burke, 1795, in Kramnick, 195)

バークの思想背景は経済的には小さな政府であり、教会も含めた民間の活動の自由は
保証し政府は軍事・外交以外の余計な事はしないようにアダム・スミスを強く諌め商業活動に
政府が関与すべきでないと明言している

18Ψ2018/01/27(土) 04:59:01.86ID:t+9k0Ljj
西部邁とその弟子はヒトラーやナチスを認める国家社会主義者だが
バークの思想を確信犯的に誤った解釈をしている

宗教のないと公言する無神論者、そして東條英機等の唯物論、ソ連模倣の陸軍統制派の評価
愛国保守を名乗って世論誘導をした尾崎秀美を無視し、国民が戦争を求めたという珍解釈とソ連にたいする配慮
どう考えても西部邁は共産主義者だ

西部邁とその関係者は全て国民の敵と言えるだろう
共産主義者同様、死ぬことでしか国に貢献できない害悪だ

今後は連中が生き残ることは極めて難しい世の中になるだろう

19Ψ2018/01/27(土) 18:07:00.48ID:Eedjqyi3
小沢も反米なんだけどな
親中で西部とは合わなかったか?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています