安倍晋三と自公議員は違憲立法で統治機構を破壊した犯罪者467

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1Ψ2018/06/14(木) 20:08:30.25ID:9ooBff06
第二章 内乱に関する罪
(内乱)
第七十七条  国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を排除して
権力を行使し、その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として
暴動をした者は、内乱の罪とし、次の区別に従って処断する。
一  首謀者は、死刑又は無期禁錮に処する。
二  謀議に参与し、又は群衆を指揮した者は無期又は三年以上の禁錮に処し、
   その他諸般の職務に従事した者は一年以上十年以下の禁錮に処する。
三  付和随行し、その他単に暴動に参加した者は、三年以下の禁錮に処する。
2  前項の罪の未遂は、罰する。ただし、同項第三号に規定する者については、この限りでない。
(予備及び陰謀)
第七十八条  内乱の予備又は陰謀をした者は、一年以上十年以下の禁錮に処する。
(内乱等幇助)
第七十九条  兵器、資金若しくは食糧を供給し、又はその他の行為により、
前二条の罪を幇助した者は、七年以下の禁錮に処する。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html

2Ψ2018/06/14(木) 20:22:48.52ID:AJAh4xkR
民主党が内閣法制局の力をそごうとしている背景には、前幹事長の小沢一郎の意向があったとの指摘が多い。
湾岸戦争時に、法制局の憲法解釈のために自衛隊の海外派遣ができなかったことを根に持っている、との見方だ。

だが、小沢と「遠い」とされる仙谷や枝野も、憲法解釈は政治家の責任と明言する。

新首相の菅直人は、副総理だった昨年11月、国会でこう発言している。
「私はこれまでの憲法解釈は間違っていると思っていますから」
菅が否定するのは、立法、行政、司法を横並びにとらえる「三権分立」の発想だ。
「三権分立なんて憲法のどこにも書かれていない」と繰り返し述べている。

行政と立法を並列すると「内閣は国会から独立しており、官僚に任せればいい」という
「官僚内閣制」の考え方に支配されてしまう。

しかし本来は、国民の信託を受けた国会が名実ともに国権の最高機関としての役割を果たす「国会内閣制」が正しい。
菅はそうした憲法観を、11日の所信表明演説でも改めて強調した。

3Ψ2018/06/14(木) 20:26:16.88ID:AJAh4xkR
民主党政権は

「内閣が責任を持った憲法解釈論を国民のみなさま方、あるいは国会に提示する」

8日、菅政権の組閣発表の会見。官房長官に決まった仙谷由人は、よどみない口調でこう述べた。
「憲法解釈は、政治性を帯びざるを得ない。
その時点、その時点で内閣 が責任を持った憲法解釈論を国民のみなさま方、あるいは国会に提示するのが
最も妥当な道であるというふうに考えている」

と言っていた。安倍内閣が責任を持った憲法解釈論を、国民のみなさま方、あるいは国会に提示して何が悪いの?

4Ψ2018/06/14(木) 21:48:38.16ID:cZn4P6FQ
誇張でも何でもなく安倍は犯罪者なのに
それを取締まる側まで安倍の配下だから
安倍が逮捕される事もなく犯罪者の安倍は
いつまでも無実のふりをする

国のトップがこういう独裁を始めた時
国民にはそれを実力で排除する権利が
民主主義では認められている

「抵抗権」で検索してみよう

https://i.imgur.com/a/Oc8uU.jpg

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています