英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1きつねうどん ★2018/07/10(火) 19:49:00.10ID:CAP_USER
https://www.newsweekjapan.jp/kimura/kimura180710.jpg

7月9日に辞任したボリス・ジョンソン英外相 Simon Dawson-REUTERS

[ロンドン発]サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でイングランド代表が1990年イタリア大会以来のベスト4進出を果たし、66年イングランド大会以来という2度目の優勝を目指して突き進む中、英国ではデービッド・デービス欧州連合(EU)離脱担当相に続いてボリス・ジョンソン外相が辞任した。

2人はいずれもEUの単一市場、関税同盟、欧州司法裁判所の管轄権からの完全離脱を唱える強硬離脱(ハード・ブレグジット)派の代表格。保守党議員委員会(1922年委員会)に48人の書簡が寄せられると、保守党党首であるテリーザ・メイ首相の不信任投票が行われるが、今のところメイ首相は強硬離脱派の反乱を押さえ込んだかたちだ。

よもやの過半数割れを喫した昨年の総選挙から、すでに6人の閣僚が辞任。ジョン・メージャー首相(在職1990〜97年)以降、6人もの閣僚が辞任したのはメイ首相とゴードン・ブラウン首相だけ。ブラウン首相の時は1000日以上を要したが、メイ首相の場合、総選挙から500日も経っていない。

メイ首相はEU離脱という世紀の難事業を抱えながら「風前の灯火」の政権運営が続く。

メイ首相の穏健離脱方針に反発

英国の有権者が52%対48%でEU離脱を選択した国民投票から2年余。EUからの離脱が来年3月末に迫る中、メイ首相は首相別邸チェッカーズで10時間超の集中閣議を開き、EU離脱後も「財(モノ)」の通商に関してはこれまで通りEUの共通ルールに従う穏健離脱(ソフト・ブレグジット)の方針を確認した。これが大物閣僚の辞任の引き金となった。

長期的に投資計画を立てる自動車メーカーを除き、民間企業は「合意なき離脱」という最悪シナリオに従い、来年3月末までにそれぞれのブレグジットを済ませる。日産、トヨタ、ホンダといった自動車メーカーにまで生産拠点を縮小されると英国経済は回復不能な打撃を受ける。モノに関してEUの単一市場にとどまるというのは不可避の選択だった。

集中閣議では、アイルランドと英・北アイルランドの間に「目に見える国境」を復活させないため、英国側で特別な関税措置を施すことも確認された。

首相になるという欲望に取り憑かれたジョンソン氏は集中閣議後、「メイ首相の離脱計画を支持するのは『糞(くそ)を磨く(polish a turd、無意味なことのたとえ)』ようなものだ」と吐き捨てた。

辞任書簡では「EUの軛から逃れるという夢は潰えた。不必要な自信喪失に窒息死させられたのだ」と訴えた。「英国は(EUの)植民地という地位に向かっている」「我々の先陣に白旗を振らせて戦地に赴かせるのと同じ」とも綴っている。

自分が思うほど偉大ではない英国

ボリス氏は英国がEU離脱後も西バルカン諸国のEU加盟をどのように支援し続けるかを説明する会議を開く予定だったが、辞任するため突然キャンセルした。外相の振る舞いを見れば、かつては7つの海を支配し、「太陽の沈まない国」として栄華をほしいままにした英国がいかに落ちぶれたかがわかる。

ボリス氏の姿は、自分が思っているほど偉大ではなくなった自意識過剰の英国をそのまま映し出している。核保有国で国連安全保障理事会の常任理事国である英国がEUを相手に、EU非加盟国のノルウェーより少しだけましな待遇を求めて四苦八苦している。しかし、そんなことは国際社会にとってはどうでも良いことだ。

おそらく英国のEU離脱に関心を持ち続けているのは、英国に拠点を置く企業と大学、強硬離脱か穏健離脱かで主導権争いを繰り広げる政治家、無理難題を押し付けられる官僚ぐらい。国民投票で離脱に投票した英国民でさえ、移民が無制限に増えるのは勘弁してほしいというだけで、あとはどうでも良いという感じだろう。

他のEU加盟国も、英国のEU離脱にはほとんど関心がない。英紙フィナンシャル・タイムズによると、今年に入って、EU離脱担当相のデービス氏がEU側の交渉担当者ミシェル・バルニエ氏と協議したのはわずか4時間。「交渉の余地はない。EUから出ていくなら英国を特別扱いするわけにはいかない。EUの5億人市場にアクセスしたければEUのルールに従え」というのがブリュッセルの一貫した立場。

英国のEU離脱という先の見えない旅はこれからも延々と続く。英国民もそろそろブレグジットそのものが「糞を磨くようなもの」であることに気づいて良い時だ。

https://www.newsweekjapan.jp/kimura/2018/07/eu2_1.php

2Ψ2018/07/10(火) 19:56:40.29ID:EGilEYuH
落ちぶれても政治的センスでなんとかイギリスはこれまで体面を
保ってきたが、その政治力もすっかり失われたように見えるな。
逆にドイツ=フランス連合が主導するEUが今回の件を機に
ますます信頼されることになるだろう。もちろん、イタリアや
ギリシャなど劣等性が足を引っ張る可能性はあるが。
ここはイギリスは不名誉な孤立を避けて強調するべきだ。

3Ψ2018/07/10(火) 20:00:35.29ID:0LWhbt2W
>>1
さあ、どうかな
十年経ったら離脱しておいてよかった、英国民は先見の明があるとか言われてるかもな

4Ψ2018/07/10(火) 20:01:15.11ID:PO7WfQ9i
コチコチに固まらないと磨けない

5Ψ2018/07/10(火) 20:04:03.58ID:0LWhbt2W
それなら、ブレクジットもソフトよりハードが良さそう

6Ψ2018/07/10(火) 20:04:29.29ID:+oa0Nxu8
なんか泥団子を磨くとピカピカに光るらしいから
クソも磨いてみればいいんじゃないの?おれは絶対やらないけど

7Ψ2018/07/10(火) 20:31:58.18ID:o7c0sDxH
TPPに入るんだろ

8Ψ2018/07/10(火) 22:47:20.07ID:pvFAJjZ8
干して磨けばテカテカになるかな?

9Ψ2018/07/11(水) 19:49:13.21ID:qhJWoJiE
イギリスは今だに元植民地をうまく管理してるし
カナダ・ニュージーランド・オーストラリア・アメリカという英語圏もあるから
本国イギリスがダメになっても別に国民はそこまで困らないんだよな
最悪他の英語圏に移民すればいいだけだし
困るののは政治家と大企業で庶民はそこまで困らない

スペインと南米の関係と似てる

10Ψ2018/07/11(水) 20:00:29.60ID:9fpREaWM
次に落ちぶれるのは米中希望

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています