MotoGPがレース中の無線解禁を検討、選手の中には慎重論も  [疣痔★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1疣痔 ★2020/09/16(水) 23:29:36.63ID:CAP_USER
MotoGPがレース中の無線解禁を検討、選手の中には慎重論も
2020年9月16日

https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/8/-/img_58a037a85f8b7a80701653dcf33b5ed4229629.jpg
ロードレース世界選手権、第7戦サンマリノGP、MotoGPクラス決勝に臨む選手たち(2020年9月13日撮影)

 ロードレース世界選手権(WGP)が、フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)と同様に、
レース中のチームとライダーとの無線交信を許可することを検討している。
 しかしそこには、バイクレース特有の問題も立ちはだかる。

 賛成派が主張する一番のメリットは、危険なエリア、あるいは現在ハンドルのディスプレーで確認している
イエローフラッグやレッドフラッグによる順位争いの一時中止などをライダーに伝えられる点にある。
また無線システムはF1と同じようにレース戦略の変更を知らせるのにも使える。
 各チームはこれまで、周回ごとにピットレーンの外にボードを掲げてライダーに情報を伝えてきた。

 1回目のテストは、13日にMotoGPクラスの決勝が行われたサンマリノGPの前に実施されており、
2回目の試験走行は、多数のボランティアライダーの協力を得て、同じミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで15日に行われる。

 エスポンソラーマ・レーシングのヨハン・ザルコ(Johann Zarco、フランス)は「ボードでも十分に情報を受け取れている」
「情報が増えるのはいつだって興味深いが、F1と同じことはできない。僕らはライダーなんだ」とコメントした。

 ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロ(Fabio Quartararo、フランス)も、MotoGPはF1よりも大幅に周回数が少なく、
タイヤ交換のためのピットストップもないため、F1ほど頻繁なコミュニケーションは必要ないと指摘している。

 「今のように、誰も話しかけてこない状態でもレースはすでに十分難しい」「コーナリングの最中に話しかけられたら気が散るはずだ。
それでもどうなるかには興味がある。レース中にヘルメットをかぶったまま話しかけられた経験はないから、どうなるかみてみたい」

 また、バイクはF1マシンよりも音が大きく、ヘルメットの中では風の音もうるさいため、ライダーがメッセージを聞き取れない可能性もある。

 それでも、モンスターエナジー・ヤマハのマーベリック・ビニャーレス(Maverick Vinales、スペイン)は
「邪魔にならないならプラスだ」「イエローフラッグやレッドフラッグが画面に出ていても見逃すことがあるからね。
極限まで集中していると、いつもそちらに目をやるわけにはいかないんだ」と話している。

https://www.afpbb.com/articles/-/3304835

2Ψ2020/09/16(水) 23:32:12.51ID:gRvNh0oV
サンマ食べたいな

3Ψ2020/09/16(水) 23:36:44.98ID:Hmmk6TaE
ノイズキャンセラー有りのインカムなら聞き取れるとは思うけど気は散るだろうね
話しかけるタイミングをピット側はよく考えないと

4Ψ2020/09/16(水) 23:41:01.39ID:lvkbHk+q
>>1
骨伝導なら耳栓してても聞える

5Ψ2020/09/17(木) 00:05:25.84ID:I8T7L81n
>>3
エンジン音が聞こえなくなるってのも恐いだろ

6Ψ2020/09/17(木) 00:19:03.64ID:1mhIhg8Z
BGMによってちょっと速度超過でも曲がれるかなって思っちゃうんですね

7Ψ2020/09/17(木) 01:53:04.95ID:QHCjDQCb
何を歌ってるかバレるじゃん。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています