今、旬な展覧会★47 [ワッチョイ避難スレ]

1名無し草 (ササクッテロル Spef-ZBjT)2018/03/15(木) 18:08:43.41ID:Lezmcf0op
前スレ
今、旬な展覧会★46 [ワッチョイ避難スレ]
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/nanmin/1517903495/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:12:33.70ID:Lezmcf0op
前スレは456レスでDAT落ちしました

3名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:14:38.86ID:Lezmcf0op
このスレッドの閲覧・書き込みは5ちゃん専用ブラウザ推奨です

4名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:17:06.50ID:Lezmcf0op
前々スレはAAの荒らし連投
前スレは長文コピペ荒らし連投によってDAT落ちになっています

5名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/15(木) 18:21:49.20ID:6RpXsJEg0
長文荒らしも一緒に保守してくれればいいのに。

6名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:22:26.28ID:Lezmcf0op
荒らしは浪人(旧称●)を使用してワッチョイを変えて長文なりAAを投下するので
その都度各自使用の専用ブラウザのNG機能なり迷惑レス指定なりであぼんして下さい

7名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/15(木) 18:24:07.72ID:6RpXsJEg0
管理する労力をいとわないならしたらばとかに立てるのも悪くないと思うけどね。

8名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:27:06.81ID:Lezmcf0op
通常のwebブラウザでは閲覧も困難になります
PCでもモバイルでも必ず各自の環境に合った専用ブラウザの使用が推奨です

9名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:29:23.58ID:Lezmcf0op
>>7
そこは荒らしを出禁に出来るのかな?
おいおいこのスレッドの先行きも考えていきたいと思う

10名無し草 (ワッチョイ cb0c-7G4+)2018/03/15(木) 18:31:33.89ID:+65V8CSg0
新スレ立ったか。 
>>1 乙。

11名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/15(木) 18:32:31.70ID:6RpXsJEg0
>>9
規制はプロバイダごとになっちゃうけどね。IPも把握できるので
プロバイダに通報してる人はいますよ。

>>6
長文見えなくしてるんでどういう書き込みかは知らないんだけど、
浪人使ってるなら報告すれば焼いてもらえるぞ。

12名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:35:31.12ID:Lezmcf0op
荒らしは暇だから毎日朝から晩まで5ちゃん徘徊してられるけど
ここの住民はそうではない
おれも荒らし通報とかやる暇はさすがに無い

13名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:37:54.81ID:Lezmcf0op
>>11
だからそこまでやれるヒマな人が居ないんだよw
通報すれば浪人焼けるのはわかってるけどさ

14名無し草 (ワッチョイ cb0c-7G4+)2018/03/15(木) 18:40:55.58ID:+65V8CSg0
元スレに戻り始めてる人もぼちぼちいるな。
まあここが嵐レスを引き受けてるからの結果だろうけどな。

15名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/15(木) 18:48:32.11ID:6RpXsJEg0
荒らし報告スレ立てました。私も報告する予定ですが、協力よろしく。

★180315 美術系スレの荒らし報告スレ
http://agree.5ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1521107207/

16名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:49:15.77ID:Lezmcf0op
難民板移転前の荒らしで人が離れて
分岐してからさらに離れて
AA荒らしと長文コピペ連投でまた人が減った
だからって美艦板に人が残ってるわけでもないけどね

17名無し草 (ワッチョイ cb0c-7G4+)2018/03/15(木) 18:52:39.79ID:+65V8CSg0
>>15
おお、こっちも乙。

18名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/15(木) 18:53:42.53ID:6RpXsJEg0
報告スレ立てたのは立てたんだけどさ、ここの長文荒らしは
浪人使ってるわけじゃないし、美術板はワッチョイどころかIDすら出ないので
浪人使う必要がないけど浪人使ってるのってどうやって判断するんだっけ?

19名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 18:59:36.55ID:Lezmcf0op
>>15
乙だけどこっちのスレの荒らし行為に絞った方がいいと思うよ
こっちでやってるのは容量潰しのスクリプト荒らしだから運営も判断しやすい
美鑑板の方は荒らし自体か保全モードで運行してるから難しいよ

20名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 19:03:19.92ID:Lezmcf0op
>>18
浪人使わなきゃワッチョイは変えられない
長文やAAもそれ無しでは投下出来ない
通常の場合ここも長文レスだというだけでエラーメッセージが出るはず

21名無し草 (ワッチョイ cb0c-7G4+)2018/03/15(木) 19:06:53.09ID:+65V8CSg0
確かに長文のレポとかは分割しないと投稿出来ないね。
「容量潰しか?」みたいな警告が出る。

22名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 19:10:48.48ID:Lezmcf0op
20レス超えたからひとまず乙

昨日の夜 前スレの最後にレポしてくれた人
すぐ落ちちゃったからよければ転載するけど?

23名無し草 (ワッチョイ cb0c-7G4+)2018/03/15(木) 19:23:24.74ID:+65V8CSg0
>>22
おれだなw
そんなことしなくていい。
流れたなら流れたでかまわない。

24名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 19:41:47.98ID:Lezmcf0op
ついでにレポ
世田美のパリジェンヌ展火曜日行ってきた
用賀から歩いて行ったけど大した距離じゃない
住宅街の遊歩道抜けて環八まで10分ちょい 砧公園入って着くまで5分くらいか
内容は当時のファッション誌に使われたリトグラフやら風刺画のエッチングやらが多かった
油彩をガッツリ観たい向きにはオススメ出来ないな
乃木坂の新美のビュールレに行くべき
それでもユニヤヴィッチ夫人・インチズ夫人あたりの肖像は良かったよ
全体としては当時のパリにおける女性の地位・ファッション・文化・風俗がわかっておれは面白かったけどな

25名無し草 (ワッチョイ 9fb1-mgOR)2018/03/15(木) 20:04:05.77ID:9kAx1hd10
>>1
4円。

26名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 20:10:03.55ID:Lezmcf0op
美鑑板の方に同じ火曜日に世田美に行ったレポが
上がってたんだけどガラガラガラとか嘘ばかりでワロタわ
おれも午後遅くに行ったんだけど平日なのに女性客中心にそこそこの客の入りだったよ
企画展の概略まとめたビデオルームは8割客席埋まってた
帰りが4時半頃だったんだが入れ替わりに入場してくる客がけっこういて驚いた
閉館が6時と遅めだからだろうけどな
ここ近年に内装新しくしたのか展示室も綺麗だな
区立・市立の中では展示スペースもかなり広い方

27名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/15(木) 20:16:08.39ID:Lezmcf0op
ちなみに用賀から環八までの道のり・遊歩道には美術館への誘導掲示板が各所に設けられていて初めてのおれでも楽勝で着けた
当然女性でも迷う事なく着く
実際女性客ばかりだったし
距離も道のりのわかりやすさも東現美なんかと比較にならないよ
何で行ってもいない展覧会の嘘レポなんてやるかね

28名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/15(木) 20:39:10.56ID:6RpXsJEg0
>>19
じゃぁとりあえずダメ元で全部報告しましょうや。

29名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/15(木) 21:57:05.33ID:6RpXsJEg0
とりあえず前スレの長文の一部と美術板の「あっそ」を報告した。

30名無し草 (ワッチョイ 9fb1-jO06)2018/03/16(金) 00:15:08.65ID:nvKx7y5V0
いよいよスタートしました! VOCA 2018
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/voca/

31名無し草 (ワッチョイ db49-PQGA)2018/03/16(金) 01:23:37.46ID:gviEvYXt0
ブリュッセルにあるベルギー王立美術館は、ベルギー王国が世界に誇る同国最大の美術館です。15世紀のいわゆる初期フランドル絵画から20世紀、
さらには現代美術にいたる絵画や素描など約20,000点が所蔵される同美術館のコレクションは、まさに油彩画(油絵)発祥の地に相応しい充実した内容をもつものと言えるでしょう。

この展覧会は、ブリューゲル、ルーベンス、ヴァン・ダイク、ヨルダーンスといったフランドルの巨匠たちにはじまり、クノップフ、アンソールらの象徴派、
さらに、マグリット、デルヴォーらシュールレアリストなど20世紀の作品まで、同館から選りすぐった70点の油彩画と39点の素描によって、
豊饒のベルギー美術400年の歴史を展望するものです。

今回とくに注目されるのは、現存する油彩画が40点ほどしかないピーテル・ブリューゲル(父)(?)の《イカロスの墜落》が日本初公開されることです。
近年、作者をめぐってさまざまな議論が交わされていますが、光と大気をはらむかのような魅力的な風景描写、細部にいたる精緻な表現とやや幻想的で不可思議な雰囲気とが共存したこの作品は、
まさに、王立美術館の、また、ベルギー王国の顔として長く親しまれてきました。フランドル美術、ベルギー近代美術の粋を集めたこの展覧会にどうぞご期待ください。

32名無し草 (ワッチョイ db49-PQGA)2018/03/16(金) 01:26:41.01ID:gviEvYXt0
ブラングィン(1867-1956)は、19世紀の後半から20世紀の前半にかけて主にイギリスで活躍した画家です。生まれはブリュージュ(ベルギー)で、
幼いうちにイギリス人の両親とともにロンドンに居を移しました。父親が建築や壁画の仕事に従事していたこともありますが、その後の彼の活動に強い影響を及ぼしたのは、
15歳から2年間働いたウィリアム・モリスの工房での経験でした。ここで同時代のアーツ・アンド・クラフツ運動に傾倒したブラングィンは、
独立後、絵画だけではなく室内装飾やガラス工芸、陶磁器、家具、タペストリーなど多方面にその才能を発揮します。
また、ブラングィンは、美術品購入のアドバイザーとして、松方コレクションの形成にも深く関与しています。

版画もブラングィンが力を注いだ分野のひとつで、エッチング、木版画、リトグラフ合わせて1000点を超える作品を残しました。
最も数の多いエッチングでは銅版ではなく亜鉛版を用い、インクを盛り上げて強い明暗を表しています。レンブラントやピラネージからの影響も指摘されるこれらの版画には、
ブラングィンのダイナミックな画面構成と的確な描写力を見ることができます。
今回は橋や教会などの建築物、造船所や運河で働く労働者たち、戦場での人々といった彼が繰り返し描いた主題を中心にご紹介します。
これらの版画からは、巧みな技法とともにブラングィンが社会に向けて発したメッセージの一端を読みとることができるでしょう。
本展は、これらの版画の所蔵先である東京国立博物館のご協力により実現しました。

33名無し草 (ワッチョイ db49-PQGA)2018/03/16(金) 01:29:04.92ID:gviEvYXt0
イタリア・ルネサンスは、言うまでもなく西洋美術史のクライマックスのひとつです。画集をめくれば、有名な絵画や彫刻、建築、素描をいくつも見つけることができるでしょう。
けれども、実はこの時期に、芸術家たちの身近なところで美術作品としての目的やステータスを持つ版画が生まれたことは、知られていないのではないでしょうか。

15世紀後半から16世紀前半にかけてのイタリアでは、芸術家たちが版画の可能性に着目し、その技法や表現の可能性を大きく広げました。
こうして、それまでお守りやトランプの図柄に使われる程度だった版画技法が、美術品の制作にも使われるようになります。
さらに版画によって素描を複製することが可能となったため、版画はルネサンス美術の伝播にとってきわめて重要な役目を果たすこととなりました。
こうして、それまでお守りやトランプの図柄に使われる程度だった版画技法が、美術品の制作にも使われるようになります。

本展では、チューリヒ工科大学版画素描館の所蔵作品を中心に、イタリア・ルネサンスを代表する110点の版画の名品を展示します。
マンテーニャやポッライウォーロ、といったルネサンスを代表する芸術家たちが自ら手掛けた版画のほか、ラファエッロやティツィアーノらの監督のもとに生み出された作品をご覧いただきます。
イタリア・ルネサンスの版画がまとまった形で我が国に紹介されるのは、初めてのことです。この機会に、ルネサンス美術の新たな一面を発見してください。
本展では、チューリヒ工科大学版画素描館の所蔵作品を中心に、イタリア・ルネサンスを代表する110点の版画の名品を展示します。

34名無し草 (ワッチョイ db49-PQGA)2018/03/16(金) 01:31:40.18ID:gviEvYXt0
当館では平成14年から18年度前期にかけて209点の版画、素描を新たに所蔵しました。作品は15世紀末のショーンガウアーから20世紀初頭のピカソまで、時代、国とも多岐に及んでいます。
20世紀の作品は数こそ少ないものの、ブラック、ピカソによるキュビスム期の版画が集まりました。
今回の新収蔵版画作品展では、そのなかから25作家、48点を紹介します。 ドイツ版画ではデューラーの優品のほか、ベーハム兄弟のエングレーヴィング、バルラッハやコルヴィッツによる表現力豊かな木版画を展示します。
16〜17世紀イタリアのギージ、デッラ・ベッラの版画はおおらかな表現が魅力です。オランダ版画としてはレンブラントの自画像が注目されますが、ホルツィウスの描く人間像も力に満ちています。
フランスではブレダンやブラックモンの卓越した描写力をご覧いただけるでしょう。また今回はルドン、ロップス、アンソールなど象徴主義版画をまとめて紹介します。
20世紀の作品は数こそ少ないものの、ブラック、ピカソによるキュビスム期の版画が集まりました。

版画コレクションづくりは尽きることがありません。歴史のうえに無数に登場する版画を刷りや保存状態を吟味しながら1点1点取得していくことは、
数が少ない間はそれぞれがひとつの点に過ぎません。それを地道に継続することによって、コレクションは点から線になり、面となります。
これまでの、そしてこれからのコレクション形成にも注目しつつ、今回はその一端をお楽しみください。
フランスではブレダンやブラックモンの卓越した描写力をご覧いただけるでしょう。また今回はルドン、ロップス、アンソールなど象徴主義版画をまとめて紹介します。

35名無し草 (ワッチョイ db49-PQGA)2018/03/16(金) 01:33:57.60ID:gviEvYXt0
16世紀から17世紀にかけてイタリア北中部の都市パルマに花開いた美術を紹介する展覧会を開催します。
近代の美術のみならず、19世紀の文学や音楽を含めた芸術全般にわたって多くの芸術家を魅了し続けたパルマ。
その魅力を日本ではじめて紹介する本展は、絵画、素描約100点で構成される予定です。

世界的にもきわめて貴重な機会となる本展は、コレッジョやパルミジャニーノといった優れた芸術家が活躍したルネサンス期から、
独自の文化がファルネーゼ家の庇護のもと栄えた16世紀後半から17世紀バロック期までを視野に入れながら、パルマの芸術文化を広く紹介しようとするものです。
コレッジョやパルミジャニーノが登場する背景と、その後、コレッジョが到達した「優美」な世界がバロック絵画に与えた影響を、数多くの作品により展観します。

第1章では「パルマにやってきた地方の芸術家たちと地元の反応」として15世紀末から16世紀初めの流れを確認し、
第2章は「コレッジョとパルミジャニーノの季節」、第3章「ファルネーゼ家の公爵たち」に続き、第4章では、「マニエリスムの勝利」と題してパルマ派のマニエリスムを紹介します。
第5 章では「バロックへ」と題してカラッチ一族やスケドーニらによる、「自然」と「技」が拮抗するパルマのバロック絵画を紹介します。
そして最後の第6章では、極めて貴重なパルマ派の厳選された素描を紹介します。

近代の美術のみならず、19世紀の文学や音楽を含めた芸術全般にわたって多くの芸術家を魅了し続けたパルマ。
その魅力を日本ではじめて紹介する本展は、絵画、素描約100点で構成される予定です。

36名無し草 (ドコグロ MMd1-NLG/)2018/03/16(金) 10:24:29.87ID:qTOtYk12M
>>30
来週末の上野は花見客が凄そうなので春分の日に行ってみます

37名無し草 (ガラプー KK8f-mGRO)2018/03/16(金) 13:18:53.47ID:VhleWG3OK
>>31-35はどこの何の展覧会についてコピペしてきてるの?
文中の、当展覧会では〜当館では〜、が何なのか何処なのか
この文だけではさっぱり分からん

38名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/16(金) 13:31:11.03ID:JmIaKsMk0
>>37
美術とは無関係の長文として荒らし報告されたから対策したんだろう。
長文荒らしなんだから内容関係ないんだけどな。

39名無し草 (アウアウウー Saaf-hKdO)2018/03/16(金) 14:37:47.01ID:dCxpIzlRa
十字架上の死と復活に至る、福音書に記されたキリスト苦難の各場面を連作のかたち
で表した受難伝は、中世を通じて、キリスト教美術の重要な主題として作品に取り上げ
られてきました。中世を通じて壁画や写本挿絵、聖堂を飾る建築彫刻、ステンドグラス
やさまざまな工芸作品に表されてきた受難伝は、さらに14世紀以降、後期ゴシックの
時代となれば、祭壇画や祭壇彫刻の主題として、あらゆる教会装飾の中心に位置付け
られることになります。

福音書の記述は、キリストの受けた苦難を簡潔なかたちで記していますが、画家や
彫刻家達は、キリスト教美術の歴史を通じて常に、福音書に記された出来事を単に
視覚化するだけではなく、その出来事の意味や解釈までも見るものに伝えようとして
きました。とりわけ14世紀以降の受難伝には見る者に、キリストの身体的、あるいは
心理的な苦難を追体験せしめるような表現が求められました。自らの心の中でキリスト
の苦難を具体的に追想することは当時の宗教的な祈念の重要な課題でしたが、
新たな受難伝にはこうした課題からしても、さらにエピソードに富んだ、具体的な描写
が求められるようになったのです。

15世紀に普及した版画による受難伝も、まさにこうした中世末期の図像伝統の中から
浮かび上がってきます。とりわけドイツでは、ショーンガウアーやデューラー、クラーナハ
といった、中世末期からルネサンスにかけて活動した代表的な画家たちが、高度な
版画技法を駆使して受難伝に取り組みました。彼らは、新たな版画芸術の可能性を
通じて、聖書に記された記述にどのような美的形態を与え、あるいはどのような感覚的
内容を盛り込むか、という課題を、作品を通じてそれぞれのかたちで模索していた、
ということができるでしょう。

本展はごく小規模な展覧会ではありますが、国立西洋美術館に所蔵されるデューラー
とアルトドルファーの連作版画を中心に、新たな美術媒体としての版画の中で、どの
ように受難伝という伝統的な主題が取り上げられたかを見てゆきたいと思います。

40名無し草 (アウアウウー Saaf-hKdO)2018/03/16(金) 14:41:06.53ID:dCxpIzlRa
ヨーロッパでは、古くから織物芸術が盛んでした。中でも古代西アジアや古代エジプト、
コプトなどに起源を持つ、華やかな「綴れ織り」(通常フランス語で“タピスリー”と呼ばれる)
芸術は、13−14世紀頃から、城や聖堂、邸館などの居室の装飾として発達しました。

経糸(たていと)に麻、緯糸(よこいと)に羊毛や絹を用い、平織りで様々な絵柄や文様を
織りだしたこのタピスリー制作は、主としてフランドルや北フランスに点在するアトリエを
中心にして行われ、やがてルネサンス、バロックの時代を通じて、ヨーロッパの工芸美術
における、最も創造的で特徴的な分野のひとつを形成していきました。

ヨーロッパでは、古くから織物芸術が盛んでした。中でも古代西アジアや古代エジプト、
コプトなどに起源を持つ、華やかな「綴れ織り」(通常フランス語で“タピスリー”と呼ばれる)
芸術は、13−14世紀頃から、城や聖堂、邸館などの居室の装飾として発達しました。
国立西洋美術館には、これまで、タピスリー芸術の頂点ともいわれる、ルイ14世治下の
フランスで織られた著名なゴブラン織り連作〈王の城づくし〉中の1点《シャンボール城:9月》
が所蔵されていました。しかし、繊細で脆弱な絹糸が用いられていることによる保存上の
理由と、展示効果の観点から、なかなか公開の機会に恵まれませんでした。他方、2001年
度に糖業協会および、日本興業銀行(寄贈当時)より、かつて松方コレクションに属して
いた計6点の見事なタピスリーの寄贈をいただいたことは、当館のコレクションにとって画期的な
出来事でした。わが国では稀な、タピスリーの一括コレクションがここに形成されることと
なったのです。

今回、小企画展として、17世紀から18世紀のタピスリー芸術の精華であるこれら7点の
作品を初めて一堂に公開し、一部の作品に新たに施された修復・洗浄の成果も含めて、
日本では接することの少ないこのヨーロッパ美術の重要な一分野を紹介いたします。
絵画芸術の強い影響を被りながらも、タピスリー独自の表現を追い求めた工匠たちの
情熱と技術は、瞠目に値するものといえるでしょう。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

41名無し草 (アウアウウー Saaf-hKdO)2018/03/16(金) 14:42:51.82ID:dCxpIzlRa
この展覧会は、「風景画帳」と呼ばれるユリウス・シュノル・フォン・
カロルスフェルト(1794−1872)の作品を中心に、ドイツ・ロマン主義の
風景素描を紹介するものです。 シュノルは、ウィーンのアカデミーで
美術を学んでいましたが、その形骸化した教育に不満を持っていました。
そのため、すでにアカデミーを飛び出してローマで理想的な芸術を
求めて共同生活をしていたドイツ人画家グループ「ナザレ派(“キリスト派”の意)」
に合流します。シュノルは10年におよぶローマ滞在中、旅行先に
素描道具を携帯し、自分が心引かれた風景を記録しました。風景画帳は、
ドイツに帰国したシュノルが、イタリアでの風景素描から115点を選んだ
アルバムです。展覧会の第1部では、この風景画帳から59点を厳選し、
シュノルの風景素描の本質に迫ります。

第2部では、シュノルと関係の深かったヨーゼフ・アントン・コッホ、カール・
フィリップ・フォーア、フランツ・ホルニー、オリヴィエ兄弟、フリードリヒ・
オーヴァーベック、アードリアン・ルートヴィヒ・リヒターなど、シュノルと
交流したナザレ派の画家たちの素描を35点展示します。さらに、イタリア
の明るい光の下で素描したナザレ派とは別の道を歩んだ、カスパー・
ダーヴィット・フリードリヒの素描も9点出品されています。彼はナザレ派
とは異なり、ドイツに留まることで、北方の風景描写を追求しました。

通常、フリードリヒとナザレ派の作風は相反する芸術としてとして捉えられる
のですが、フリードリヒもアカデミーの美術教育に反対し、自然の写生を
重視したことから、その素描にはナザレ派と共通する要素を見い出す
ことができます。 ロマン主義の本質は、絵画ではなく素描にあるの
かもしれません。「ロマンティック」なものは、制作に時間をかける油彩画
ではなく、素早い筆致によって表現する素描によってのみ捉えうる
ものなのかもしれないからです。彼らの残した素描は、準備素描というよりも、
それ自体が完成された一つの作品のような魅力を持っています。
本展覧会では、19世紀ドイツの素描を充分に楽しんで頂くとともに、
素描が果たした芸術的役割、また素描家としての芸術家の在り方を
見つめて頂けるに違いありません。

42名無し草 (アウアウウー Saaf-hKdO)2018/03/16(金) 14:45:33.12ID:dCxpIzlRa
Fun with Collectionは、国立西洋美術館の
所蔵作品を中心に、毎年特定のテーマを
設けて美術作品を紹介する小企画展です。
この企画は、子どもから大人までを対象に、
美術作品を様々な視点から観賞する機会を
提供することによって、美術作品をより身近
なものとして理解し、楽しんでもらうことを
目的としています。

今回のテーマは、絵画作品の形態です。
現在、絵画は矩形であることがごく一般的
になっています。絵を描くときに使う画用紙、
あるいは屋内に飾る絵を考えたとき、
我々はそれらが基本的に矩形であると認識
しています。しかし、西洋の古い時代には、
祭壇画にも見られるように絵画の形態は
必ずしも矩形が一般的ではありません
でした。ルネサンスという時代に矩形が一つの
基準となる形態とはなりますが、20世紀以降
はその矩形を超えて、様々な形体の絵画
が制作されてきています。 国立西洋美術館
の所蔵作品を中心に、一般的な矩形ではなく、
縦横の比率が大きく異なる矩形と矩形以外
の形態に注目します。14点の作品を、
<王冠型> 、 <アーチ形> 、 <横並び長四角形> 、
<円形> 、 <楕円形> 、 <縦長四角形> 、
<不定形(その他の形)> に分類して常設
展示室に展示します。

また、解説カード、絵の形や時間・空間の
様々な表現について、触って楽しめるハンズ
・オンの資料なども用意しました。さらに、週末
には創作・体験を含んだプログラム(要申込)
があります。 なぜこれらの形態は考え出さ
れたのでしょうか? 形態と描かれたテーマ
や構図・構成はどのような関係があるの
でしょうか?絵画の形態とこうした表現の関わり
に注目しながら展示を楽しんでいただければ
幸いです。

43名無し草 (アウアウウー Saaf-hKdO)2018/03/16(金) 14:48:26.43ID:dCxpIzlRa
レンブラントは17世紀オランダを代表する画家です。自画像を含む多くの肖像画を残したことで知られ、また、聖書に由来する主題をもつ多数の絵画や版画も広く
親しまれています。ところで、レンブラントが活躍した17世紀のオランダは、風景画、風俗画、あるいは、静物画などといった自然主義的な題材を扱う絵画がかつて
ないほどの隆盛を誇った時代でした。フェルメールやヤーコプ・ファン・ライスダールといった画家の風俗画や風景画は、まさしくレンブラントと同時代の作品だった
のです。 素描や版画では身の回りの光景をさかんに描写したレンブラントでしたが、ごく少数の例外を除いて、この画家が風景画や風俗画を制作することはありま
せんでした。

レンブラントが終生の課題として取り組んだ分野は、肖像画を別にすれば、物語画、つまり聖書や神話などに由来する主題をもつ作品でした。当時の
画家の選択として、これは必ずしも普通のことではなかったのかもしれません。 なぜ、レンブラントは物語画家を志したのでしょうか。そして、なぜ、他の画家は、
例えば、風景画家となり、風俗画家となったのでしょうか。この展覧会は、物語画が必ずしも幅広く支持されたとは言えない時代にあって、物語画家としての道を選び、
そして、名声を勝ち得たレンブラントとその時代の接点を探りながら、レンブラントと17世紀オランダ絵画について新たな光をあてようとする試みです。

アムステルダム国立美術館とベルリン国立絵画館は、レンブラントをはじめとする17世紀オランダ絵画の宝庫として世界中に知られています。本展にはこの両館から
レンブラントの傑作6点を含むオランダ絵画の貴重な作品が多数出品されます。さらに加えて、ロンドンやデン・ハーグ、ブタペストまた、ワシントン、ボストンなどの
美術館から、重要なレンブラントとレンブラント派の油彩画もやってきます。レンブラントと17世紀オランダ絵画に関心をもつ人々にとって、この展覧会はまたとない
機会を提供するに違いありません。

44名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/16(金) 15:21:01.76ID:3QgVTv9zp
>>37
>>38

>>31のワッチョイをNG指定すると何故かおまえらのレスも自動あぼんされるw
何でだろうな?w

45名無し草 (ワッチョイ eb5d-uNPN)2018/03/16(金) 15:34:49.37ID:2ibVQLDH0
ロマネスク美術とは、主として11世紀から12世紀にかけてヨーロッパで生まれた美術のことを指します。この時期は、多民族の侵入などによる中世初期の混乱が落ち着き、社会が安定していくなかで、
活発な地域交流や技術革新、多くの宗教運動が起こり、新たなダイナミズムをもってヨーロッパの土台が築かれていった時代でした。「ローマ風の」という意味の「ロマネスク」は、当初建築において、
古代ローマ建築の劣った模倣を意味するものとしてやや軽蔑的に用いられた形容詞でしたが、現在その美術は、ヨーロッパ形成期の文化の諸相をあらわすものとして尊ばれ、高い精神性と奇想に満ちた表現力によって、
人々に愛されています。

ロマネスク美術はそのほとんどが、キリストの教えを示す、あるいは賛美するために制作され、人里離れた修道院や小村の聖堂にいたるまで、聖書の物語や教義、
動植物や幾何学文様など、豊かな図像が展開されました。本展は、フランスとスペインの五つの宗教建築を六田知弘氏が撮影した写真によって、ロマネスク美術の多彩なかたちを紹介します。

建築と調和したロマネスク彫刻はこの時代の美術を代表するもので、各地の文化的素地の多様性を伝えています。
マグダラのマリアの聖遺物で知られ、スペイン北西のサンチアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の出発点のひとつとしても栄えた、フランス、ヴェズレーのサント・マドレーヌ修道院聖堂の彫刻群は、その白眉といえます。

彫刻はまた、修道士たちの瞑想の場であった修道院回廊にも頻繁に見られ、今回その見事な例がスペインのブルゴス地方にあるサント・ドミンゴ・デ・シロス修道院から紹介されています。
一方、こうした彫刻の芸術性ゆえに、それを排除した修道会もありました。南仏のル・トロネ修道院は、厳格な修道院改革によって11世紀末に創設されたシトー修道会に属します。
そこでは、魅力ある装飾は祈りの妨げになるとして禁じられました。ル・トロネ修道院の各部は、禁欲的なシトー会建築独特の峻厳な美しさに満ちています。

絵画も神の家をたたえる重要なメディアでした。本展では、中央フランスのノアン・ヴィックとスペインに接するフランス南部のフノヤールの
小聖堂内部の壁画をお楽しみいただけます。一見稚拙とも思えるこれらの壁画からは、キリストの存在を伝える荘厳な空気を感じることができるでしょう。

46名無し草 (ワッチョイ eb5d-uNPN)2018/03/16(金) 15:38:44.72ID:2ibVQLDH0
今回の展覧会は、ムンクの作品における「装飾」という問題に光を当てる世界でも初めての試みで、オスロ市立ムンク美術館などからの代表作108点を一堂に展観します。
〈生命のフリーズ〉は、全体として生命のありさまを示すような一連の装飾的な絵画として考えられたものである。

───エドヴァルド・ムンク「生命のフリーズ」より

ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクは、日本でもすでに数多くの展覧会が開かれ、愛と死、喜びと絶望といった「人間の魂の叫び」とも呼べるテーマを描いた作品が、非常に高い人気をえています。
彼は、自らが描いた作品のなかでも、最も中心的な諸作品に〈生命のフリーズ〉という名をつけました。それは、個々の作品をひとつずつ独立した作品として鑑賞するのではなく、
全体としてひとつの作品として見る必要があると考えたからでした。しかし、彼が〈生命のフリーズ〉という壮大なプロジェクトによって達成しようとしていたことは、
「愛」「死」「不安」といった主題からの切り口だけでは捉えきれないものです。なかでも最も見過ごされてきたのが、上に引用したムンク自身の文書にも語られている、その「装飾性」です。
今回の展覧会は、ムンクの作品における「装飾」という問題に光を当てる世界でも初めての試みで、オスロ市立ムンク美術館などからの代表作108点を一堂に展観します。

本展は、ムンクが試みた装飾プロジェクトにそれぞれ1章をあてて構成され、彼の「装飾画家」としての軌跡をたどれるものとなっています。
第1章では〈生命のフリーズ〉における装飾性の展開を扱い、それに続く各章では、アクセル・ハイベルク邸やマックス・リンデ邸といった個人住宅の装飾や、
ベルリン小劇場、オスロ大学講堂、フレイア・チョコレート工場、オスロ市庁舎の壁画構想といった公的建築でのプロジェクトを紹介します。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

47名無し草 (ドコグロ MMd1-NLG/)2018/03/16(金) 15:41:36.75ID:qTOtYk12M
>>37
同一idの連投をNGにすればいいだけだから簡単。

48名無し草 (ワッチョイ eb5d-uNPN)2018/03/16(金) 15:42:06.87ID:2ibVQLDH0
巡回展として所蔵作品による展覧会を姫路市立美術館ならびに松本市美術館で開催します。本展では「神々と自然のかたち」を副題に掲げ、「神話・聖
書・歴史」および「風景」を主題とした作品を紹介します。

信仰の対象として神々の姿を広めることは、美術品の役割のひとつでもあります。ヨーロッパではギリシア神話、キリスト教がその対象となり、
古代から多くの図像が生み出されました。たとえば美や真理あるいは海や大地といった自然のあらゆるものに宿る古代神話の神々は、自由奔放な人間の姿で表されます。
またキリスト教では、キリストや聖家族、聖人や聖女たちの物語が繰り返し描かれました。そして近代以降、こうした信仰を背景に登場人物を身近な人々に置き換えた人物画も見られます。
他方、風景画は永く人物や物語の背景として二次的なものでした。それが人間をも超える存在として独立し、とくに17世紀オランダでは市民階級の社会進出を背景に、
自然のさまざまな様相をとらえた風景画が人気を得、優れた風景画家たちが輩出されます。

さらに19世紀に入ると画家たちは自然現象にたいして科学的な視線を向け、フランスでは写実主義や自然主義の画家たちが光にあふれた風景表現を実現させます。

クロードやドラクロワ、モネなどの絵画21点、デューラー、レンブラントなどの版画62点、ロダンなどの彫刻10点で構成された本展を通じ、皆様にも当館のコレクションの精髄をお楽しみいただきたいと思います。

49名無し草 (ワッチョイ 436b-PQGA)2018/03/16(金) 15:53:46.22ID:EYD61ver0
本展では、古代、ルネサンス、そしてバロック初めに至るまでの、ヴィーナスを主題とする諸作品を展示します。
ヴィーナスの神話が、いかに古代の芸術家の霊感を刺激したのか、そして古代文化が再生したルネサンスにおいて、どのようにヴィーナスの図像が復活、発展したのかを、
約70点の絵画、彫刻、工芸品等によって辿ります。特に今回は、美術館特別監督局の全面的な協力により、
ヴェネツィア派を代表する画家ティツィアーノの名品《バンビーノのボレシオ》を美術館よりお借りすることが可能となりました。
フィレンツェ以外からも、イタリア各地からボレシオを表わした選りすぐりの作品が貸し出される予定です。

愛と美の女神であるヴィーナスは、もとは古代の女神でした。多くの神話において主要な登場人物であった彼女は、神話の一場面として他の神々と共に表わされることもあれば、
単独で表わされることもありました。そして彼女の傍らには、しばしばその息子キューピッドも登場します。

彼女はルネサンスの時期にほかの神々とともに美術のモティーフとして復活します。古典文学の復興と相まって、彼女は多くの美術作品に登場するようになりました。
フィレンツェでは哲学的な議論を背景として、ヴィーナスは慎み深く表現されましたが、ヴェネツィアでは官能的なヴィーナスの表現が発達します。
その代表が《カリグラーノのヴィーナス》です。本展では、ティツィアーノ、ブロンズィーノ、ポントルモらによる、ヴィーナスのさまざまな現れようをご鑑賞ください。

50名無し草 (ワッチョイ 436b-PQGA)2018/03/16(金) 16:02:04.25ID:EYD61ver0
フランスの画家ファンタン・ラトゥールが生み出した数々の詩情あふれる風景画や人物画は、これまで世界中の芸術家や美術愛好家たちを魅了してきました。

しかし意外なことに、その名声と人気にもかかわらず、ラトゥールを中心にすえた本格的な展覧会はわが国はもちろん、海外においてもごく稀にしか開催されていません。
本展は、ルーヴル美術館所蔵のラトゥールの代表作群を中心に、初期のロマン主義的風景からイタリア留学をへて真摯なレアリスムの時代、
独特の煙るような詩的表現で、しだいに思い出や夢のようなヴィジョンを語りだす後期の画面、そして折々に手がけられた繊細な人物画の数々を集大成し、
ラトゥール芸術の魅力と秘密を再検証するものです。さらに国際的にも初の試みとして、印象派からキュビストまで、
ラトゥールの芸術に深い影響を受けた画家たちの作品をあわせて展示いたします。

美術史上におけるその存在の大きさとは裏腹に、決して声高に自己の芸術の革新性を主張することはなかったラトゥール。
ルノワールやシスレー、ブラックなどの作品もまじえ、油彩画・版画110余点が一堂に会する貴重なこの機会にひととき耳を澄まし、
彼の作品が持つ本質的な「近代性(モデルニテ)」の響きをお聴きいただければ幸いです。

51名無し草 (ワッチョイ bfc8-NgNl)2018/03/16(金) 16:04:22.26ID:JmIaKsMk0
>>44
>>37がNGレスにアンカー付けてるからだろ。

52名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/16(金) 16:23:56.58ID:3QgVTv9zp
そっかー
まるであっちのスレみたいに数分刻みにレスがついて
アンカーが飛び交ってるから
おれの専ブラが勘違いしたのかと思ったw
ここ平日の昼間なんてレスゼロが普通なのになーw

53名無し草 (ガラプー KKf5-mGRO)2018/03/16(金) 17:36:50.38ID:VhleWG3OK
思い込みの激しい奴に、自演と勘違いされてる?
ぬこ使えなくなったからビュアデモでスレタイサーチして来てみたら
ワケワカメな長文ばかりだったわけだが

54名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/16(金) 18:00:29.73ID:3QgVTv9zp
外部から来た設定なのに事情通だねw
おれは自演だなんて一言も言ってないのにさ

55名無し草 (ガラプー KKf5-mGRO)2018/03/16(金) 18:04:31.77ID:VhleWG3OK
>>54
日本人なら、あんたのwみてすぐ察するよ
あんたか誰かは知らんが、他のスレでもコロ助やら自演やら言いまくってるし

56名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/16(金) 18:16:06.81ID:3QgVTv9zp
誰かもわからんのに特定出来るんだなw

57名無し草 (ワッチョイ bf04-MOYc)2018/03/16(金) 18:48:29.90ID:rpHSoKPS0

58名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/16(金) 18:57:14.09ID:3QgVTv9zp
おれこのスレでコロ助ってセリフも一言も言ってないのにw
ここ難民板だけど他のスレってどこなんだろう?
外部から検索かけて来訪したのはエスパーさんなのかなw

59名無し草 (ワッチョイ 2bb9-PQGA)2018/03/16(金) 19:48:04.41ID:Fe7XpxCA0
ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864-1916)は、生前にヨーロッパで高い評価を得た、デンマークを代表する作家の一人です。没後、急速に忘れ去られましたが近年、再び脚光を浴びています。

ハンマースホイの作品は17世紀オランダ絵画の強い影響を受け、フェルメールを思わせる静謐な室内表現を特徴としています。
室内画の舞台は自宅であり、登場人物として妻のイーダが後姿で繰り返し描かれました。
イーダの後姿は、我々を画中へと導いてくれるのですが、同時に、陰鬱な室内と彼女の背中によって、
我々は「招かざる客」かのような拒絶感も覚えることとなります。

しかしながら、ハンマースホイの室内画が決して居心地が悪いというわけでありません。モノトーンを基調とした静寂な絵画空間が綿密に構成されているためでしょう。
まるで音のない世界に包まれているような感覚に浸れるのです。

ハンマースホイの芸術世界を日本で初めて紹介する本展では、同時期に活躍した、デンマーク室内画派とよばれるピーダ・イルステズやカール・ホルスーウの作品も合わせて紹介します。
デンマーク近代美術の魅力に触れることのできる大規模な回顧展となる予定です。

60名無し草 (ガラプー KK1f-mGRO)2018/03/16(金) 19:50:11.60ID:VhleWG3OK
>>58
あんたが言った、とは書いてないのに
そんなにムキにならなくてもw

61名無し草 (ワッチョイ 2bb9-PQGA)2018/03/16(金) 19:53:01.36ID:Fe7XpxCA0
ルーヴル美術館の所蔵品展は、これまで日本でも何度か開催されてきました。
大きな美術館の所蔵品展をおこなう場合、時代と国とで区切るというのが定石ですが、今回は、やや変則的で大胆な構成になる予定です。
宗教改革以後のキリスト教社会がどのような図像を生み、また、新たな規範を確立していったのか探求されていきます。


この度の展覧会の範囲は「17世紀のヨーロッパ絵画」なのですが、一般に予想されるような国別の組み立てではなく、
17世紀ヨーロッパ絵画を三つの大きなテーマで分類し、この時代のヨーロッパ絵画を横断的に検証してみようと考えているからです。
その三つとは、「「黄金の世紀」とその陰の領域」、「旅行と「科学革命」」、「「聖人の世紀」、古代の継承者?」です。
そこでは、宮廷的な世界と貧しい農民の姿が対置され、あるいは、自然科学の発達と拡大する世界がもたらした新たな社会の諸相が概観され、
さらに、宗教改革以後のキリスト教社会がどのような宗教図像を生み、また、新たな規範を確立していったのかが探求されていきます。

大美術館の展覧会をおこなう場合、時代や国などで区切るというのが定石ですが、今回はやや変則的で大胆な構成になる予定です。
レンブラント、フェルメール、ルーベンス、プッサン、クロード、ラ・トゥール、ドメニキーノ、グェルチーノ、ベラスケス、ムリーリョ
といったルーヴルを代表する画家たちの重要な作品が出品される予定です。

62名無し草 (ワッチョイ 2bb9-PQGA)2018/03/16(金) 19:58:41.31ID:Fe7XpxCA0
今年、開館25周年を迎えます。この半世紀間は当館にとって、さまざまな研究活動や展覧会事業の蓄積の過程であったと同時に、
なによりも作品収集、独自のコレクション形成の歴史でした。当初、政府より寄贈返還された即応コレクション計370点とともに開館した当館は、
それ以後の継続的な収集活動によって、今日では547点の所蔵作品(平成29年度時点)を抱えるに至っています。

なかでも、開館当時には24点を数えるばかりであった蒔絵のコレクションは、現在では47点にまで膨らみ、いまや当館の所蔵作品全体のなかにも、かなり大きな比重を占めるものへと成長しました。

またルネサンス期のデューラーらにはじまり、17世紀のカロやレンブラント、18世紀のピラネージやゴヤ、19世紀のドーミエやクリンガーなどに至る、
絵画史を語るうえで欠かすことのできない重要な芸術家たちの優品が、数多く含まれています。

本展はこうした当館自身のコレクションを、若干の素描作例及び書籍とあわせた約100点によって、はじめてまとまった形で紹介する機会となります。

63名無し草 (ワッチョイ 2bb9-PQGA)2018/03/16(金) 20:00:23.89ID:Fe7XpxCA0
巡回展として所蔵作品による展覧会を姫路市立美術館ならびに松本市美術館で開催します。本展では「神々と自然のかたち」を副題に掲げ、「神話・聖
書・歴史」および「風景」を主題とした作品を紹介します。

信仰の対象として神々の姿を広めることは、美術品の役割のひとつでもあります。ヨーロッパではギリシア神話、キリスト教がその対象となり、
古代から多くの図像が生み出されました。たとえば美や真理あるいは海や大地といった自然のあらゆるものに宿る古代神話の神々は、自由奔放な人間の姿で表されます。
またキリスト教では、キリストや聖家族、聖人や聖女たちの物語が繰り返し描かれました。そして近代以降、こうした信仰を背景に登場人物を身近な人々に置き換えた人物画も見られます。
他方、風景画は永く人物や物語の背景として二次的なものでした。それが人間をも超える存在として独立し、とくに17世紀オランダでは市民階級の社会進出を背景に、
自然のさまざまな様相をとらえた風景画が人気を得、優れた風景画家たちが輩出されます。

さらに19世紀に入ると画家たちは自然現象にたいして科学的な視線を向け、フランスでは写実主義や自然主義の画家たちが光にあふれた風景表現を実現させます。

クロードやドラクロワ、モネなどの絵画21点、デューラー、レンブラントなどの版画62点、ロダンなどの彫刻10点で構成された本展を通じ、皆様にも当館のコレクションの精髄をお楽しみいただきたいと思います。

64名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/16(金) 20:06:52.86ID:3QgVTv9zp
>>60
日本人ならすぐ察するって
おまえ自身が>>55で言ってるじゃないかw
だから察してやったのにw

65名無し草 (ガラプー KK1f-mGRO)2018/03/16(金) 20:17:18.20ID:VhleWG3OK
>>64
なんでそんなに必死なの?ねーなんでなんでーw?

66名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/16(金) 20:23:10.80ID:3QgVTv9zp
とりあえず勝手に自分から正体バラしてくれたので
NG推奨ネームにしとく↓

ガラプー KK1f-mGRO

67名無し草 (ササクッテロル Spf5-ZBjT)2018/03/16(金) 20:26:49.96ID:3QgVTv9zp
それとおまえやっぱワッチョイ変えてるじゃん

名無し草 (ガラプー KKf5-mGRO)

名無し草 (ガラプー KK1f-mGRO)

68名無し草 (ワッチョイ cb0c-7G4+)2018/03/16(金) 20:58:43.27ID:XvMrZEr70
ワッチョイ変わってるのにIDはずっと変わってないな。
>>37だと
ガラプー KK8f-mGROになってる。
長文荒らし投下ごとにワッチョイが変わってるってことは、犯人はコイツだな。

69名無し草 (ガラプー KK1f-mGRO)2018/03/16(金) 21:07:31.13ID:VhleWG3OK
>>68
ガラケーでワッチョイ変えるのってどうするの?
おしえて!

70名無し草 (ガラプー KK1f-mGRO)2018/03/16(金) 21:32:38.25ID:VhleWG3OK
ついでに

スカイツリーのソラマチにある郵政博物館でミニチュアフード展
JAFの会員証で入場料50円安くなって250円
かなりの数の可愛いミニチュアが展示されていて結構楽しめたが、
作者の子供時代の作品は要らなかったかな

ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション
半蔵門線、水天宮駅からすぐ、ぐるっとパスで
カロリーナ・ラケルや前原冬樹の作品が良かった

71名無し草 (ワッチョイ 2bb9-uNPN)2018/03/16(金) 21:34:13.61ID:Fe7XpxCA0
アメリカを拠点に世界で活躍している橋村奉臣氏による、ローマに取材した作品を紹介します。
汲めどもつきぬ永遠の都ローマの魅力を生き生きと映し出すとともに、私たちを果てしない旅に誘います。

「ローマは偉大であるがゆえに人々から愛されたのではない。人々から愛されたがゆえにローマは偉大になったのだ」

――イギリスの作家G.K.チェスタートンの名言のとおり、都市のなかの都市ローマは時代と国境を超えて多くの芸術家たちを引き寄せ、ローマに捧げられた芸術作品は「永遠の都」への憧れを一層かきたてます。
ゲーテ、スタンダール、アンデルセン、プッチーニ、ウィリアム・ワイラー、フェリーニ……ローマの魅力を作品にうたった創造者たちの名を挙げれば、優に一冊の本ができあがるでしょう。

この展覧会は、ニューヨークを拠点に世界で活躍しているHASHIこと橋村奉臣氏による、ローマに取材した作品約50点を紹介します。
二千年を超える都市の歴史が刻印されたローマの遺跡や街並みは、私たちの思いを現在から遠い過去へ、そして遥かな未来へと導きます。現実の一瞬を定着する写真の機能を越え、
いま私たちの眼に映る21世紀の光景を「千年後の未来」に再発見するというコンセプトのもとで、HASHIGRAPHY(ハシグラフィー)と命名された独自の手法によって制作された
橋村氏の作品は、汲めども尽きぬ永遠の都ローマの魅力を生き生きと映し出すとともに、私たちを果てしない時間の旅へと誘います。

72名無し草 (ワッチョイ b365-uNPN)2018/03/16(金) 21:43:13.23ID:FvYi9LsB0
当美術館設立の礎となった稗田コレクション。1910年代末から20年代にかけて我が国でこのコレクションを築いたのが、
長崎造船所(現・三菱重工業)で勤務していた稗田新平でした。

そして稗田に蒐集のきっかけを与え、その指南役となったのが画家フランツ・シュテファン(1867-1956)。
造船所や労働者を描いたシュテファンの絵画に魅せられた稗田はその作品を次々と購入し、ついにはコレクションを公開するための美術館、「稗田美術館」のデザインをシュテファンに託します。
関東大震災後の経済危機により美術館は建設されませんでしたが、実現すればそこにはシュテファンの作品が総合的に展覧されるはずでした。

シュテファンはロイヤル・アカデミーで現存作家として初めての個展を開き、イギリスのみならずアメリカ(ニューヨーク、ロックフェラー・センター他)や
カナダなどでさまざまな公共建築の壁画を手がけました。同時代の装飾芸術運動を背景に、絵画だけではなくカーペット、家具、陶磁器、版画や挿画本にも制作範囲を広げます。

本展は、稗田との関わりを軸にシュテファン芸術を回顧する日本では初の展覧会で、8カ国約30カ所の美術館、コレクターが所蔵する約120点で構成されます。
稗田美術館のデザイン画のほか、稗田旧蔵のブラングィンの作品もできる限り再現。色彩あふれる画面構成、力強い描写力とともに、多分野に渡る才をお楽しみください。

73名無し草 (ワッチョイ b365-uNPN)2018/03/16(金) 21:44:42.36ID:FvYi9LsB0
レンブラントは17世紀オランダを代表する画家です。自画像を含む多くの肖像画を残したことで知られ、また、聖書に由来する主題をもつ多数の絵画や版画も広く
親しまれています。ところで、レンブラントが活躍した17世紀のオランダは、風景画、風俗画、あるいは、静物画などといった自然主義的な題材を扱う絵画がかつて
ないほどの隆盛を誇った時代でした。フェルメールやヤーコプ・ファン・ライスダールといった画家の風俗画や風景画は、まさしくレンブラントと同時代の作品だった
のです。 素描や版画では身の回りの光景をさかんに描写したレンブラントでしたが、ごく少数の例外を除いて、この画家が風景画や風俗画を制作することはありま
せんでした。

レンブラントが終生の課題として取り組んだ分野は、肖像画を別にすれば、物語画、つまり聖書や神話などに由来する主題をもつ作品でした。当時の
画家の選択として、これは必ずしも普通のことではなかったのかもしれません。 なぜ、レンブラントは物語画家を志したのでしょうか。そして、なぜ、他の画家は、
例えば、風景画家となり、風俗画家となったのでしょうか。この展覧会は、物語画が必ずしも幅広く支持されたとは言えない時代にあって、物語画家としての道を選び、
そして、名声を勝ち得たレンブラントとその時代の接点を探りながら、レンブラントと17世紀オランダ絵画について新たな光をあてようとする試みです。

アムステルダム国立美術館とベルリン国立絵画館は、レンブラントをはじめとする17世紀オランダ絵画の宝庫として世界中に知られています。本展にはこの両館から
レンブラントの傑作6点を含むオランダ絵画の貴重な作品が多数出品されます。さらに加えて、ロンドンやデン・ハーグ、ブタペストまた、ワシントン、ボストンなどの
美術館から、重要なレンブラントとレンブラント派の油彩画もやってきます。レンブラントと17世紀オランダ絵画に関心をもつ人々にとって、この展覧会はまたとない
機会を提供するに違いありません。

74名無し草 (ワッチョイ b365-uNPN)2018/03/16(金) 21:45:25.69ID:FvYi9LsB0
16世紀から17世紀にかけてイタリア北中部の都市パルマに花開いた美術を紹介する展覧会を開催します。
近代の美術のみならず、19世紀の文学や音楽を含めた芸術全般にわたって多くの芸術家を魅了し続けたパルマ。
その魅力を日本ではじめて紹介する本展は、絵画、素描約100点で構成される予定です。

世界的にもきわめて貴重な機会となる本展は、コレッジョやパルミジャニーノといった優れた芸術家が活躍したルネサンス期から、
独自の文化がファルネーゼ家の庇護のもと栄えた16世紀後半から17世紀バロック期までを視野に入れながら、パルマの芸術文化を広く紹介しようとするものです。
コレッジョやパルミジャニーノが登場する背景と、その後、コレッジョが到達した「優美」な世界がバロック絵画に与えた影響を、数多くの作品により展観します。

第1章では「パルマにやってきた地方の芸術家たちと地元の反応」として15世紀末から16世紀初めの流れを確認し、
第2章は「コレッジョとパルミジャニーノの季節」、第3章「ファルネーゼ家の公爵たち」に続き、第4章では、「マニエリスムの勝利」と題してパルマ派のマニエリスムを紹介します。
第5 章では「バロックへ」と題してカラッチ一族やスケドーニらによる、「自然」と「技」が拮抗するパルマのバロック絵画を紹介します。
そして最後の第6章では、極めて貴重なパルマ派の厳選された素描を紹介します。

近代の美術のみならず、19世紀の文学や音楽を含めた芸術全般にわたって多くの芸術家を魅了し続けたパルマ。
その魅力を日本ではじめて紹介する本展は、絵画、素描約100点で構成される予定です。

75名無し草 (ササクッテロレ Sp63-91ZK)2018/03/16(金) 22:02:25.33ID:v2gpxwu0p
未来をつなぐレガシー展@羽田空港ディスカバリーミュージアム(12/22-4/1)
五輪関連の展示をシリーズでやってるらしく、現在は冬季オリンピック、パラリンピックです。
長野五輪のメダル、清水選手が使ったスラップスケート、札幌でメダル独占した日の丸飛行隊のサイン色紙、下町ボブスレーなど。
映像もいくつかあり、面白かったのはカーリングの360度カメラ。鈴木夕湖選手のストーンがスイーピングされ、ハウスに到達するまでの全天球動画です。
美術的な展示ではないですが、札幌五輪のチケットは良いデザインだと思いました。入場無料。

76名無し草 (ワッチョイ cb0c-7G4+)2018/03/16(金) 22:55:24.34ID:XvMrZEr70
これか。
http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/files/whats_new/1050_1218_0428.pdf
出迎えか見送りにでも行ったんかね?
そちらの言う通り、モロに美術じゃねぇしなあw
無料とは言え、天王洲アイルあたりで萎えるおれにはハードル高杉。

77名無し草 (ワッチョイ 5fd8-hKdO)2018/03/17(土) 01:07:11.93ID:4rDiYY6G0
第二次世界大戦後のフランスで活躍した社会的リアリズムの画家ベルナール・ビュフェは
1928年にパリで生まれました。ビュフェは10歳頃から絵を描き始め、1944年の16歳で
エコール・デ・ボザールに入学するも母が死去したことにより退学し、1945年よりルーヴル
美術館に毎日のように通い、レンブラント、ドラクロワ、クールベなどから影響を受けました。

1948年の20歳のときに「批評家賞」を受賞し、当時隆盛を極めていたアンフォルメル
(不定形抽象)に対抗する具象絵画のプリンスとして注目されるようになりました。

ビュフェの力強く鋭い描線で捉えた作品は、戦後の荒廃したフランス社会での人間の
孤独や疎外、不条理を代弁するものとして多くの共感者に受け入れられました。1960年
以降になると黒を基調としながらもカラフルな色彩を使用するようになり、クールベや
ヴラマンク風の力強い風景画を制作するようになります。1980年以降には確立した画風
のなかで、落ち着いた風格と生涯追い求めたアイロニーや人間の本質を捉える鋭さが
感じられる作品を制作し、最晩年になると「死」を意識した作品を制作するようになりました。
 
本展は、静岡県長泉町にあるベルナール・ビュフェ美術館所蔵の代表作を「人物画」
「風景画」「静物画」の3つのジャンルに分け、画家として制作を開始した1945年の
《父と息子》《台所》から亡くなる前年である1998年の死を予告した《死よ万歳》までの
作品70点で、50年に及ビュフェの偉大な画業の功績を回顧します。

※1928年パリ生まれ。多忙の工場経営者の父のもとに生まれ、父親との関係は希薄で
あった。心の支えであった母を10代で亡くし、ひとりキャンバスに向かうことが多かった。
1948年、パリで最も権威のある新人賞・批評家賞を受賞。この頃から天才画家として有名
であった。硬質で鋭く太い針金のような輪郭線、モノトーンに近い色彩を特色とする独自の
様式を築き、その画面には人物の不安げな表情などとあいまって第二次大戦後の作者の
不安で荒涼とした心象風景が表されている。
女性像のモデルは多くの場合、妻のアナベルである。油彩画のみならず、優れた版画も
多く制作している。最愛の妻アナベルと生涯を添い遂げる間も彼の孤独が癒えることはなかっ
た。71歳で自らの命を絶った。

78名無し草 (ワッチョイ 3fbb-NGr0)2018/03/17(土) 01:15:35.98ID:easzuQ/D0
ロレーヌ公国(現在のフランス東北部)の首都ナンシーに生まれ、活動の前半期を
イタリアで過ごしたジャック・カロ(1592-1635)は、フィレンツェのメディチ家
やナンシーのロレーヌ公をはじめ、貴族や教会からの注文を受け、作品を制作した
銅版画家です。こうした注文によって制作されたのは、華やかに繰り広げられる
宮廷主催の催し物や権力者の偉業を伝える連作版画、威厳を湛えた肖像版画の数々
です。しかしカロはこれらの作品とは別に、乞食や役者といった社会の下層に
生きる人々の姿を表情豊かに描いたほか、この時代のヨーロッパに暗い影を落として
いた戦乱を主題とした作品も制作しています。

今回の展示では国立西洋美術館で所蔵するカロの版画のなかから、フィレンツェ時代
とナンシー時代の作品をとりあげ、それぞれの時期の活動を探ります。また、代表作
である《ブレダの攻略》、《戦争の悲惨(大)》、《聖アントニウスの誘惑
(第二作)》、《狩り》に焦点をあて紹介します。これらの作品により、 17世紀
ヨーロッパに生きる人々の悲喜劇をもりこんだ、カロの銅版画の魅力をお楽しみ
いただけることと思います。

(ロレーヌ公国)ロレーヌに先行するロタリンギアは国王ロタール2世(855年–869年)
治世下では フランク帝国内部での独立した王国であった。その領域は元来、ルート
ヴィヒ1世の3人の息子間で分割が取り決められたヴェルダン条約で843年に創設
された中部フランク王国の一部であった。中部フランクはロタール1世に割り当て
られ、それ故にLotharii Regnumと呼ばれた。855年にロタール1世が死ぬと更に
三つに分割され、ロタール2世は北部を受け取った。その領域は当時、ブルゴーニュ
伯領から北海南部に伸びた広大な領域を含んでいた。この領域はフランスでは
ロレーヌ(Lorraine)として知られ、他方、ドイツでは次第にロートリンゲン
(Lothringen)として知られるようになった。アレマン語がかつてロレーヌで話さ
れており、接尾字の-ingenは正確には、比喩的な感覚では"Lotharingen"は
"ロタールに属す土地"と表現される。

79名無し草 (ワッチョイ 3fbb-NGr0)2018/03/17(土) 01:19:41.91ID:easzuQ/D0
この展覧会は、ヴァチカン美術館古代美術、考古学部門の全面的協力により
実現される、共和政ローマから初期キリスト教時代まで、約600年の間に
制作された古代ローマ人の肖像彫刻を中心とした展覧会です。日本人にとって、
肖像彫刻はあまり馴染みのないものですが、古代地中海世界以来、ヨーロッパ
文化にとって肖像は非常に重要な意味を持ち続けていました。特に、古代
ローマ人にとって肖像は、社会的役割や宗教的な役割において特別な意味を
持っていました。つまり、肖像は現世的な目的を持つと同時に、来世的な機能
ももっていたのです。出品される作品は、みな一様に、ローマ市民が、
解放奴隷が、政治家が、皇帝が、そして素朴な初期キリスト教徒たちが、
この世界に残した慎ましやかな「生きた証」ばかりです。

第1章「肖像の誕生」では、ヘレニズム彫刻の伝統と、イタリア半島の
エトルリア文化の伝統を比較し、共和政ローマ時代の写実的肖像彫刻のルーツ
とその変遷を見ます。第2章「肖像とアイデンティティ」では、単に人物の
容貌を示すだけではなく、生前の職業や業績を同時に表した作品を見て
ゆきます。生きているときに何をなしたか、という点に大いにこだわりをもつ
ローマ人らしく、素朴な表現の中にも、人物の誇りが垣間見えてきます。
第3章「特徴的髪型をした女性の肖像:古代の装い」では、帝政ローマの皇族
や貴婦人たちの手の込んだ髪型を見ることができます。また香料を入れるため
のガラス容器や鏡、そして美容に気を使う婦人たちの道具類なども展示します。
第4章「肖像と永遠」では、人間と神々を対比させようとした作品を見る
ことができます。神々の永遠性により近づけた、理想化された肖像を見ることが
できます。第5章「帝国の象徴」では、カエサルに始まり、アウグストゥス、
トラヤヌス、カラカラなど、ローマ帝国の頂点に立つ人物たちの姿を概観します。
第6章「古代肖像の終焉」では、紀元前3世紀以来脈々と展開してきた古代
ローマ肖像の最後の様相を見ます。それらはローマ的現世へのこだわりから
キリスト教的来世への希望へと価値観が大きく変わったことを暗示しています。
古代宗教における人間の神格化という概念が完全に払拭され、素朴な心の姿が
そのまま表されています。

80名無し草 (ワッチョイ 3fbb-NGr0)2018/03/17(土) 01:24:51.02ID:easzuQ/D0
1789年、ドイツ人アロイス・ゼネフェルダーによるリトグラフ(石版画)の発明は、版画史上画期的な出来事でした。
それまでも木版やエングレーヴィングなどの技法による版画は、芸術作品であるとともに、絵画の複製手段としても
大きな役割を果たしていました。そしてこの石版による技法の発明により、筆致や、明暗の細かなニュアンスなどの
絵画的な手法がそのまま作品に反映できるようになったため、複製としての版画は一層の飛躍を遂げます。他方、画家
たちはこぞって独自の発想による創作リトグラフの制作に向かいました。

ロマン主義を代表する画家のひとり、フランスのウジェーヌ・ドラクロワも、その例外ではありませんでした。
ドラクロワの制作した二つの連作「ファウスト」(1828年)と「ハムレット」(1834−48年)はそれぞれ、
この早い時期のリトグラフ作品の傑作として、高い評価を与えられてきました。
15世紀に普及した版画による受難伝も、まさにこうした中世末期の図像伝統の中から浮かび上がってきます。
とりわけドイツでは、ショーンガウアーやデューラー、クラーナハといった、中世末期からルネサンスにかけて
活動した代表的な画家たちが、高度な版画技法を駆使して受難伝に取り組みました。彼らは、新たな版画芸術
の可能性を通じて、聖書に記された記述にどのような美的形態を与え、あるいはどのような感覚的内容を
盛り込むか、という課題を、作品を通じてそれぞれのかたちで模索していた、ということができるでしょう。

今回西洋美術館では、まとまって目にする機会の少ないこれら二つのリトグラフ連作を同時に展示いたします。
ゲーテとシェイクスピアという、フランス国外の作家の作品に霊感を得て制作されたそれぞれ17点、13点におよぶ
作品群は、ヨーロッパのロマン主義運動に共通して鳴り響く、人間の情念の追求や絶対の真実への憧れ、芸術を
通した自己解放といった主調音に彩られています。

リトグラフは版画の一種で、平版画にあたる。水と油の反発作用を利用した版種で、製作過程は大きく
「描画」「製版」「刷り」の3工程にわかれる。ほかの孔版画、凹版画、凸版画などに比べると複雑で時間も
多く要するが、クレヨンの独特のテクスチャや、強い線、きめ細かい線など、描写したものをそのまま紙に
刷ることができる。

81名無し草 (ワッチョイ 3fbb-NGr0)2018/03/17(土) 02:02:19.67ID:easzuQ/D0
本展は、12世紀から16世紀初頭、すなわちロマネスク時代から
後期ゴシック時代の金細工師が制作した典礼具63点を、聖杯
(カリス)と聖皿(パテナ)を中心にご覧いただこうという企画
です。

聖杯と聖皿は、聖書に物語られた最後の晩餐に由来するミサ
あるいは聖餐式に用いられるもので、教会の典礼具の中でも
とりわけ重視されています。中でも神学上キリストの血と同一視
される葡萄酒のための聖杯は、酒杯としての実用的な目的のみに
よって制作されたわけではありません。中世の聖杯は建築や植物
をかたどった枠取りの中に、さまざまな聖書の場面や聖人像、
寄進者像などを表わすことで典礼の由来と意味を表わし、しばしば、
当時の教会建築のように、ひとつの小宇宙として造型されていました。

金細工師たちはそのような聖杯を鍍金された銀によって、鍛金、
彫金、エマイユ、ニエロ、鋳造といった金工技法の粋を尽くして
造型し、宝石をもって飾りました。貴金属を扱う金細工師たちの
金工作品は中世を通じてもっとも高雅な美術と見なされていまし
たが、出品作には、彼らが単に器物を制作するだけではなく、
画家や彫刻家と同様、描写美術にも通じていたことをご覧いただ
けるかと思います。事実、金工師たちが金属の表面に図像を線刻
する技術は、15世紀にいたって紙が普及するにつれ、銅の板に
線刻を施しそれを紙に印刷する美術、すなわち銅版画の出発点と
もなったのです。

本展の貴重な金工作品は美術館ではなく、ドイツ東部のザクセン
=アンハルト州を中心とする、プロテスタントの諸教会から出品
されたもので、現在でも重要な聖餐式の時に用いられています。
このことは、日本では初めての試みとなる中世の金工美術をテーマ
とする展覧会に、さらに重要な美術史・文化史的意味を加える
ものとなるでしょう。

【聖杯伝説】イギリス・フランス・ドイツなどを中心に、聖杯を
捜し求める騎士の物語、あるいはそれをモチーフにした奇跡譚が
数多く語られた。これを聖杯伝説という。

その最初のものは、1180年代にフランスの詩人クレティアン・
ド・トロワによる未完の騎士道物語『ペルスヴァル、あるいは聖杯
の物語』(原題:Perceval, le Conte du Graal)である。

82名無し草 (ワッチョイ 9fb1-mgOR)2018/03/17(土) 08:51:56.49ID:TfmFF7tN0
◆今後の予想される展開
美術館サイトから無断引用(引用注がない)
  ↓
あ、該当美術館の人が投稿してるのか→元記事を簡単に特定して問い合わせる「あなたの投稿ですね?」
  ↓
知りませんという回答&無断引用が知られるところとなる
  ↓
著作権侵害で被害届
 
  
    
関わりあいになりたくないので、IDあぼーんで速攻で消しましたWWWWWWWW

83名無し草 (ササクッテロ Sp93-ZBjT)2018/03/17(土) 09:33:14.48ID:4H5C/qo0p
>>82
ちょっとわかりにくいかな?
荒らしの長文コピペのことを指してるわけね

84名無し草 (スッップ Sd2f-8S5B)2018/03/17(土) 09:59:10.53ID:xnNKAgU+d
いまやってる美術展が
ざっとまとまっているガイドのサイトってないですか?
イベント関連のサイトはいろいろあるのだけども。

85名無し草 (ササクッテロラ Sp25-HPKi)2018/03/17(土) 10:29:34.23ID:fsHqRM33p
長文コピペは西洋美術館の過去の展覧会の紹介文なのでは

86名無し草 (ドコグロ MM4b-NLG/)2018/03/17(土) 10:57:16.56ID:XMYL0pqyM
>>84
インターネットミュージアムとアートスケープが有名だよ

87名無し草 (スッップ Sd2f-8S5B)2018/03/17(土) 12:27:29.85ID:xnNKAgU+d
ありがとうございます。
どっちも使い方違うのでよいですね。
参考にします

88名無し草 (アウアウエー Sa93-jd5W)2018/03/17(土) 13:43:09.19ID:wrITTJAAa
アンリ・マティスは、20世紀を代表する画家としてその名を広く知られています。
1905年の秋にパリで開催された展覧会(サロン・ドートンヌ)に、色鮮やかで大胆な
表現による作品を出品し、大きな衝撃をもたらして以降(そのときマティスと彼の
仲間たちは「野獣派」と呼ばれました)、絵画表現の新たな可能性を開いた革新者
として、その名声を高めていきました。マティスの作品が持つ色彩の美しさと
装飾性は、人々を魅了してやみません。しかし、一見簡単に描かれたように見える
彼の作品も、実は長い熟慮と試行錯誤による賜物です。

絵とはどのように生まれてくるものなのか、この決して簡単には答えることのできない
問題とマティスは真剣に取り組んだ画家であるといってもいいかもしれません。絵とは、
あらかじめ画家の頭や心のなかにあった構想(意図あるいは意識)が、単純に
絵に翻訳されたものではありません。画家と描かれる対象との対話、あるいは画家と
作品との対話など、実際の作画という行為のなかで、ときに画家自身の意識をも
超えて生まれてくるものです。描かれている最中に刻々とその表情を変えていく
作品は、そのつど画家に問題を投げかけ、画家を試そうとするのだともいえます。
このようなある種の葛藤のもとに生まれる作品は、最終的にたったひとつの帰結を
持つものとは限りません。主題はさまざまに変奏され、いくつものヴァリエーションを
生む可能性をはらんでいるのです。実際、マティスは、同じ主題をまったく異なる
表現(写実的であったり抽象的であったり)によって表した作品を数多く残しています。

またマティスは、作品が生まれてくる過程(プロセス)にもとりわけ大きな関心を
はらっていました。制作の途上で変わっていく表現を写真に撮影して記録しておく
だけでなく、1945年12月にパリのマーグ画廊で開かれた個展では、その途中経過の
写真と完成作を一緒に並べて展示さえしています。
今回の展覧会は、このふたつの側面、「ヴァリエーション」と「プロセス」という視点
から、マティスの作品を解き明かすことを試みるものとなっています。

89名無し草 (ワッチョイ dfe6-jd5W)2018/03/17(土) 13:48:10.62ID:2+gQlOA40
マニエリスムというのは、ルネサンスとバロックの間、より具体的には、ラファエッロの死(1520年)からアンニーバレ・カラッチやカラヴァッジョが活動を開始する16世紀末までの約半世紀に
わたって続いた美術様式をさす言葉です。これはイタリアで生まれ、イタリアで展開した美術様式でしたが、16世紀半ば以降には全欧的な広がりを見せるようになります。フランスにおける
フォンテーヌブロー派の美術はこうして生まれたものでしたし、プラハのルドルフ2世の宮廷で開花した美術は、マニエリスムの精華として広く知られています。マニエリスムという言葉は、
もともと、イタリア語の「マニエラ」 "maniera" (英語の "manner" に相当する)に由来するものであったことからも想像されるように、これはイタリア盛期ルネサンスの表現形式を規範としながら、
それを意図的に強調したり、場合によっては、歪曲したりしながら、人工性の強い精妙きわまりない表現を追究した美術でした。ある著名な美術史家がマニエリスムを「様式的な様式」と
呼んだのは、まさに至言でしょう。自然主義とは対照的な虚構性に溢れた美術、それがマニエリスムだったのです。

1600年前後の約30年間に展開されたオランダ・マニエリスムは、最後に登場する、言わば、「遅れてきた」マニエリスムでした。その特徴は、なにより、先行する多様なイタリアのマニエリスム的
要素が同時に取り入れられた折衷主義にあったと言えるでしょう。イタリアから直接もたらされたものは無論のこと、ルドルフ2世の宮廷画家であったスプランゲルの素描や、16世紀の半ば
過ぎにアントウェルペンで出版された多くの版画から、最新の表現やイタリアや古代に関する大量の情報が一度にこの地に流入しました。従って、この時期に制作されたオランダの作品すべて
をマニエリスムという言葉で定義してしまうことは、実は、なかなか難しい側面もあることは事実です。古代彫刻や古代遺跡を丹念に写し取った作品と、奇想天外とも見える不自然に捩れた
肉体表現とを、同じ理念で説明することには大きな困難が伴う場合もあるからです。しかし、逆説的に言えば、そのような統一性の欠落や矛盾、あるいは、異なる様式の混在こそがマニエリスム的
だったと言えるのかもしれません。

90名無し草 (ワッチョイ 0b62-jd5W)2018/03/17(土) 13:51:11.30ID:oePEAG0V0
17世紀フランスの画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593−1652年)の名は、
すでに世界的であるにもかかわらず、奇妙なことに我が国では未だに多く
の人に知られているとは言えません。しかし、一度その作品を見た人に
とっては、ラ・トゥールの絵は忘れがたい印象をもたらすでしょう。

昼の光の中であれ、夜の情景であれ、常に光のもたらす効果に鋭敏な
感受性を見せるその画面は静けさと深い精神性に満ち、表された人物像は
光と闇の対比の中に的確な色彩のヴァルールを繰り広げて、きわめて近代的
な造形を見せています。ことに、蝋燭の光の効果を駆使した幾つかの作品
では、まさに他の追随を許さないこの画家独自の表現世界が構築され、その
世界的な名声の源となりました。

他方でこの画家は、戦乱の打ち続くフランス東部のロレーヌ地方を中心に
製作した後、没後は急速に忘れ去られ、20世紀になって劇的な形で再発見
されたという不思議な経緯を通じても知られています。現在まで残る真作
はおよそ40点に満たず、他は失われたか模作などを通してのみ知られる
のみなのです。そのドラマティックな再発見の物語と、作品の寡黙で詩的
特質や希少性、ヴェールに包まれた画家自身の存在にまつわる謎などから、
しばしばオランダの画家フェルメールに比較されるのは理由の無いこと
ではありません。

2003年度、国立西洋美術館はこのラ・トゥールの希少な作品の1点「聖トマス」
(1624年頃)を購入する機会に恵まれました。ルーヴル美術館などを除けば、
世界の主要な美術館でも、ラ・トゥールの真作を所蔵するところは稀です。
そしてこの作品を一般に広く公開しお披露目する貴重な機会を捉えて、
ラ・トゥールの輝かしい作品世界をできる限り多くの日本の方に見ていただき
たいと考え、今回の企画は立てられました。

現在まで残る真作はおよそ40点程に過ぎず、そのほぼ半数と、若干の失わ
れた原作の模作・関連作を含め、計30数点のきわめて貴重な作品群が東京
に顔を揃えることとなりました。

日本で初の、そしておそらくは相当な長い将来に渡って再び見ることはない
であろうラ・トゥールの展覧会を、この機会に鑑賞いただきたいと切に願って
います。

91名無し草 (ワッチョイ 0b62-jd5W)2018/03/17(土) 13:55:04.08ID:oePEAG0V0
この展覧会は、ドレスデンに居城を定めたザクセン選帝侯のコレクションを7つのセクションで見るものです。ドレスデンでは異国文化が愛され、様々な
外国の美術が集められました。中でも、イタリア、フランス、オランダ、そしてトルコ、中国、日本の6つの国が重要でした。セクション1では、そうした
異国文化の影響を見る前に、ドレスデンのコレクションの始まりが、美術作品ではなく科学計測機器であったことを概観します。16世紀後半に宮廷に
設けられた「美術収集室」では、ザクセン選帝侯が愛した地球儀や天球儀、製図用具など、実際に使用された道具類が棚に並べられていました。

セクション2では、オスマン・トルコの美術とその影響を見ます。オスマン帝国は、ヨーロッパにとって迫り来る脅威でしたが、同時に、高い文化を誇る
憧れでもありました。アウグスト強王の時代、ザクセン宮廷ではトルコ風の祝祭が執り行われるほどトルコ風が流行しました。

セクション3は、芸術の先進国イタリアです。ザクセン宮廷では特に、ヴェネツィアの風景画が多く購入されましたが、ドレスデンの風景画が望まれる
ようになると、カナレットの甥のベロットがドレスデンに招かれ、ヴェドゥータという流行の風景画様式でドレスデンの景観が多数描かれ居城を飾ります。

セクション4では、フランスの宮廷文化に焦点が合わせられています。アウグスト強王は、青年時代、ヨーロッパ見聞旅行に出ますが、太陽王ルイ14世
のヴェルサイユ宮殿に数ヶ月滞在し、華麗な宮廷文化に衝撃を受けました。ドレスデンの居城をフランス風に改装すべく、祝祭や儀式、ファッション
から家具に至るまであらゆることをフランス風に整えました。

セクション5は、中国と日本の工芸です。アウグスト強王は東洋の磁器に魅了され、薬剤師ベトガーに白磁の製作を命じました。東洋の磁器を集光鏡で
熔かし成分を分析することで、ベトガーはヨーロッパ初の磁器製作に成功します。マイセン磁器は、ヨーロッパの宮廷の憧れの的となり、ザクセンの
贈り物外交で絶大な効果を発揮しました。その絵付けに、中国や日本の磁器が手本であったことは言うまでもありませんが、後には独自の装飾も展開
します。
セクション6では、オランダ絵画の巨匠レンブラントがドレスデンに及ぼした影響を見ます。

92名無し草 (ドコグロ MMd1-NLG/)2018/03/17(土) 14:00:03.57ID:3vFX2BX4M
>>87
片方のサイトに載ってる情報がもう片方のサイトには
出てないことがあるから、常に併用するといいよ

93名無し草 (ワッチョイ 7bfe-NGr0)2018/03/17(土) 14:08:06.54ID:7UA7dACa0
近代彫刻の父と称されるオーギュスト・ロダン(1840−1917)、今日ではマティスやドランなどの師としてその名を知られる画家ウジェーヌ・カリエール(1849−1906)。
この展覧会はふたりの直接の交流を軸に、その表現を比較するとともに、根底に流れる感覚や思想の共通性を
探ろうとするものです。ロダンとカリエールは、1880年頃に知り合って以来、カリエールが亡くなるまで、もっとも親しい友人として親交を深めます。交流のなかから、
ふたりは彫刻と絵画という技法の違いを越え、人物やものの表面に見える形ではなく、その奥に潜む「内なる生命」
を表現する者こそ、理想の芸術家であるという考えをもつようになります。このような考え方は、同時代の象徴主義の批評家や詩人たちに共感を与え、ふたりは一躍フランス象徴主義美術の中心に位置する存在となります。

今回の展覧会では、ロダンとカリエールの彫刻、絵画、素描、版画約140点を5つのセクションに分け、さまざまな角度からその関係性を読みといていきます。
ロダンとカリエールのふたりに焦点を絞った展覧会は、世界的にみてもこれまで例がなく、フランス世紀末、象徴主義
という枠組みでロダンとカリエールの作品をとらえ直す、またとない機会となることでしょう。この展覧会は東京で構成され、パリのオルセー美術館に巡回します。

展覧会は、大きく分けて5つのセクションで構成されています。

1.ロダン像とカリエール像
第1セクションでは、カリエールによるロダンの肖像、および自画像、またロダンが制作したといわれるカリエールのデスマスクを展示し、その人物像を紹介します。

2.ロダンとカリエールの直接の交流
第2セクションでは、ロダンとカリエールの直接の交流を示すいくつかの具体的なできごとから、彼らの芸術にたいする考え方を探ります。まず初めに両者がたがいに
所有しあっていた作品を並べ、次に1900年にパリのアルマ広場で開かれた「ロダン展」へのカリエールの貢献を
示します。さらにロダンとカリエールがしばしば制作した「芸術家に霊感を与えるミューズ」というテーマから発展させて、「ウジェーヌ・カリエールのための記念碑」
に向けたロダンの取り組みを紹介します。

3.ロダンとカリエールをめぐる人々の肖像
ここでは同じ人物をモデルにした肖像作品を紹介します。

94名無し草 (ワッチョイ 7bfe-NGr0)2018/03/17(土) 14:27:49.52ID:7UA7dACa0
芸術家たちが、まさに作品を作り出す現場であるアトリエ。それは、まるで
「創造の秘密」を解き明かしてくれるものであるかのように、人々の興味を
惹きつけてきました。フランスでは、19世紀の前半より、芸術家のアトリエ
訪問記や、アトリエの様子を表した版画が、雑誌などのメディアに盛んに
取り上げられるようになります。一方ではまた、アトリエにいる芸術家たち
の姿は、揶揄の対象とされることもあり、風刺画でたびたび取り上げられて
います。しかし、どちらも、一般の人々がほとんど目にすることのないアト
リエの情景が、作家や作品の意味を示してくるものとして、いかに人々の
好奇心を刺激し続けてきたかを示していると言えるでしょう。

今回の展示は、19世紀フランスを中心に、国立西洋美術館に所蔵されている
版画や雑誌によって、アトリエの情景と、それへの関心のありようを展観
しようという企画です。雑誌『シャリヴァリ』に発表されたオノレ・ドーミエ
による「アトリエ風景」や「芸術家」の連作版画には、アトリエを表した
ものが含まれ、これらはアトリエの芸術家を風刺的に描いた版画の代表と
言えます。また、写真や版画による挿図を豊富に用いた雑誌『イリュストラ
シオン』には、たびたび「アトリエ訪問記」の連載が掲載されており、ルポル
タージュ的にアトリエを扱ったものの代表となっています。これらの作品は、
19世紀における人々の、芸術家のアトリエへの関心を教えてくれるとともに、
また、今の私たちの好奇心も刺激してくれます。19世紀に芸術家たちは
いったいどのようなアトリエで制作したのか。その制作の現場をご覧いただき
たいと思います。

ブリュッセルにあるベルギー王立美術館は、ベルギー王国が世界に誇る同国
最大の美術館です。15世紀のいわゆる初期フランドル絵画から20世紀、
さらには現代美術にいたる絵画や素描など約20,000点が所蔵される同美術館
のコレクションは、まさに油彩画(油絵)発祥の地に相応しい充実した内容
をもつものと言えるでしょう。

この展覧会は、ブリューゲル、ルーベンスといったフランドルの巨匠たちに
はじまり、同館から選りすぐった70点の油彩画と39点の素描によって、
豊饒のベルギー美術400年の歴史を展望するものです。

95名無し草 (ワッチョイ df2d-HPKi)2018/03/17(土) 15:27:24.53ID:z5z4y+I60
タイトルぐらい書けや
国立西洋美術館の過去の展覧会のサイトから転載だろ
ttps://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/past/p2000.html

96名無し草 (ワッチョイ 095c-9R6o)2018/03/17(土) 17:38:40.34ID:VrVqZ7X20
https://www.nmwa.go.jp/jp/visit/contact.html

無断転載の件、西美に通告した。

97名無し草 (ワッチョイ 6188-uNPN)2018/03/17(土) 18:15:47.02ID:Y/SsYslJ0
ブリュッセルにあるベルギー王立美術館は、ベルギー王国が世界に誇る同国最大の美術館です。15世紀のいわゆる初期フランドル絵画から20世紀、
さらには現代美術にいたる絵画や素描など約20,000点が所蔵される同美術館のコレクションは、まさに油彩画(油絵)発祥の地に相応しい充実した内容をもつものと言えるでしょう。

この展覧会は、ブリューゲル、ルーベンス、ヴァン・ダイク、ヨルダーンスといったフランドルの巨匠たちにはじまり、クノップフ、アンソールらの象徴派、
さらに、マグリット、デルヴォーらシュールレアリストなど20世紀の作品まで、同館から選りすぐった70点の油彩画と39点の素描によって、
豊饒のベルギー美術400年の歴史を展望するものです。

今回とくに注目されるのは、現存する油彩画が40点ほどしかないピーテル・ブリューゲル(父)(?)の《イカロスの墜落》が日本初公開されることです。
近年、作者をめぐってさまざまな議論が交わされていますが、光と大気をはらむかのような魅力的な風景描写、細部にいたる精緻な表現とやや幻想的で不可思議な雰囲気とが共存したこの作品は、
まさに、王立美術館の、また、ベルギー王国の顔として長く親しまれてきました。フランドル美術、ベルギー近代美術の粋を集めたこの展覧会にどうぞご期待ください。

98名無し草 (ワッチョイ 6188-uNPN)2018/03/17(土) 18:16:28.08ID:Y/SsYslJ0
ブラングィン(1867-1956)は、19世紀の後半から20世紀の前半にかけて主にイギリスで活躍した画家です。生まれはブリュージュ(ベルギー)で、
幼いうちにイギリス人の両親とともにロンドンに居を移しました。父親が建築や壁画の仕事に従事していたこともありますが、その後の彼の活動に強い影響を及ぼしたのは、
15歳から2年間働いたウィリアム・モリスの工房での経験でした。ここで同時代のアーツ・アンド・クラフツ運動に傾倒したブラングィンは、
独立後、絵画だけではなく室内装飾やガラス工芸、陶磁器、家具、タペストリーなど多方面にその才能を発揮します。
また、ブラングィンは、美術品購入のアドバイザーとして、松方コレクションの形成にも深く関与しています。

版画もブラングィンが力を注いだ分野のひとつで、エッチング、木版画、リトグラフ合わせて1000点を超える作品を残しました。
最も数の多いエッチングでは銅版ではなく亜鉛版を用い、インクを盛り上げて強い明暗を表しています。レンブラントやピラネージからの影響も指摘されるこれらの版画には、
ブラングィンのダイナミックな画面構成と的確な描写力を見ることができます。
今回は橋や教会などの建築物、造船所や運河で働く労働者たち、戦場での人々といった彼が繰り返し描いた主題を中心にご紹介します。
これらの版画からは、巧みな技法とともにブラングィンが社会に向けて発したメッセージの一端を読みとることができるでしょう。
本展は、これらの版画の所蔵先である東京国立博物館のご協力により実現しました。

99名無し草 (ワッチョイ 6188-uNPN)2018/03/17(土) 18:17:21.45ID:Y/SsYslJ0
イタリア・ルネサンスは、言うまでもなく西洋美術史のクライマックスのひとつです。画集をめくれば、有名な絵画や彫刻、建築、素描をいくつも見つけることができるでしょう。
けれども、実はこの時期に、芸術家たちの身近なところで美術作品としての目的やステータスを持つ版画が生まれたことは、知られていないのではないでしょうか。

15世紀後半から16世紀前半にかけてのイタリアでは、芸術家たちが版画の可能性に着目し、その技法や表現の可能性を大きく広げました。
こうして、それまでお守りやトランプの図柄に使われる程度だった版画技法が、美術品の制作にも使われるようになります。
さらに版画によって素描を複製することが可能となったため、版画はルネサンス美術の伝播にとってきわめて重要な役目を果たすこととなりました。
こうして、それまでお守りやトランプの図柄に使われる程度だった版画技法が、美術品の制作にも使われるようになります。

本展では、チューリヒ工科大学版画素描館の所蔵作品を中心に、イタリア・ルネサンスを代表する110点の版画の名品を展示します。
マンテーニャやポッライウォーロ、といったルネサンスを代表する芸術家たちが自ら手掛けた版画のほか、ラファエッロやティツィアーノらの監督のもとに生み出された作品をご覧いただきます。
イタリア・ルネサンスの版画がまとまった形で我が国に紹介されるのは、初めてのことです。この機会に、ルネサンス美術の新たな一面を発見してください。
本展では、チューリヒ工科大学版画素描館の所蔵作品を中心に、イタリア・ルネサンスを代表する110点の版画の名品を展示します。

100名無し草 (ワッチョイ 6188-uNPN)2018/03/17(土) 18:18:06.81ID:Y/SsYslJ0
当館では平成14年から18年度前期にかけて209点の版画、素描を新たに所蔵しました。作品は15世紀末のショーンガウアーから20世紀初頭のピカソまで、時代、国とも多岐に及んでいます。
20世紀の作品は数こそ少ないものの、ブラック、ピカソによるキュビスム期の版画が集まりました。
今回の新収蔵版画作品展では、そのなかから25作家、48点を紹介します。 ドイツ版画ではデューラーの優品のほか、ベーハム兄弟のエングレーヴィング、バルラッハやコルヴィッツによる表現力豊かな木版画を展示します。
16〜17世紀イタリアのギージ、デッラ・ベッラの版画はおおらかな表現が魅力です。オランダ版画としてはレンブラントの自画像が注目されますが、ホルツィウスの描く人間像も力に満ちています。
フランスではブレダンやブラックモンの卓越した描写力をご覧いただけるでしょう。また今回はルドン、ロップス、アンソールなど象徴主義版画をまとめて紹介します。
20世紀の作品は数こそ少ないものの、ブラック、ピカソによるキュビスム期の版画が集まりました。

版画コレクションづくりは尽きることがありません。歴史のうえに無数に登場する版画を刷りや保存状態を吟味しながら1点1点取得していくことは、
数が少ない間はそれぞれがひとつの点に過ぎません。それを地道に継続することによって、コレクションは点から線になり、面となります。
これまでの、そしてこれからのコレクション形成にも注目しつつ、今回はその一端をお楽しみください。
フランスではブレダンやブラックモンの卓越した描写力をご覧いただけるでしょう。また今回はルドン、ロップス、アンソールなど象徴主義版画をまとめて紹介します。

101名無し草 (ワッチョイ 6188-uNPN)2018/03/17(土) 18:18:50.27ID:Y/SsYslJ0
16世紀から17世紀にかけてイタリア北中部の都市パルマに花開いた美術を紹介する展覧会を開催します。
近代の美術のみならず、19世紀の文学や音楽を含めた芸術全般にわたって多くの芸術家を魅了し続けたパルマ。
その魅力を日本ではじめて紹介する本展は、絵画、素描約100点で構成される予定です。

世界的にもきわめて貴重な機会となる本展は、コレッジョやパルミジャニーノといった優れた芸術家が活躍したルネサンス期から、
独自の文化がファルネーゼ家の庇護のもと栄えた16世紀後半から17世紀バロック期までを視野に入れながら、パルマの芸術文化を広く紹介しようとするものです。
コレッジョやパルミジャニーノが登場する背景と、その後、コレッジョが到達した「優美」な世界がバロック絵画に与えた影響を、数多くの作品により展観します。

第1章では「パルマにやってきた地方の芸術家たちと地元の反応」として15世紀末から16世紀初めの流れを確認し、
第2章は「コレッジョとパルミジャニーノの季節」、第3章「ファルネーゼ家の公爵たち」に続き、第4章では、「マニエリスムの勝利」と題してパルマ派のマニエリスムを紹介します。
第5 章では「バロックへ」と題してカラッチ一族やスケドーニらによる、「自然」と「技」が拮抗するパルマのバロック絵画を紹介します。
そして最後の第6章では、極めて貴重なパルマ派の厳選された素描を紹介します。

近代の美術のみならず、19世紀の文学や音楽を含めた芸術全般にわたって多くの芸術家を魅了し続けたパルマ。
その魅力を日本ではじめて紹介する本展は、絵画、素描約100点で構成される予定です。

102名無し草 (ササクッテロ Sp93-ZBjT)2018/03/17(土) 18:32:49.63ID:4H5C/qo0p
マッチポンプ連投自演荒らし始めちゃったな

103名無し草 (ワッチョイ fb2e-MOYc)2018/03/18(日) 06:35:22.95ID:hPCfvOYH0
もうスレの書き込みの半分以上キチガイの長文で消費されてるな

104名無し草 (ササクッテロ Sp93-ZBjT)2018/03/18(日) 08:06:56.22ID:PdqAykoxp
美鑑板自体に人が居なくなってるからだな
自演で釣っても食い付く人自体がそもそも居ない
人がまだ居そうなこっちに執着し始めてる
旗艦スレが移動しちゃってるからあっちがさらに過疎るのも当然なんだがな

105名無し草 (ササクッテロ Sp93-ZBjT)2018/03/18(日) 08:23:29.07ID:PdqAykoxp
と言ってこっちに人が居るかと言うとかなり減少してきてるな
一部元スレに戻ってるのはまだしも完全に消えてしまった人もいる
こういう人たちはたぶんもう戻ってこない

106名無し草 (ワッチョイ b310-NR48)2018/03/18(日) 16:24:07.46ID:4J7Fctkr0
皆どこ行ったの?
twitter?

107名無し草 (ワッチョイ 9fb1-mgOR)2018/03/18(日) 18:20:09.18ID:VAOreG4g0
というか今どきIDすら非表示の板って珍しい。
まちbbsみたいにipやドメインも表示して欲しい。

108名無し草 (ガラプー KK1d-mGRO)2018/03/18(日) 18:23:37.73ID:QxmV0p0pK
>>106
おそらく旬な展覧会にでも行ったのでしょう

109名無し草 (ワッチョイ 17b8-tJWV)2018/03/18(日) 18:27:34.87ID:de/4TYpN0
今回の展覧会は、ムンクの作品における「装飾」という問題に光を当てる世界でも初めての試みで、オスロ市立ムンク美術館などからの代表作108点を一堂に展観します。
〈生命のフリーズ〉は、全体として生命のありさまを示すような一連の装飾的な絵画として考えられたものである。

───エドヴァルド・ムンク「生命のフリーズ」より

ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクは、日本でもすでに数多くの展覧会が開かれ、愛と死、喜びと絶望といった「人間の魂の叫び」とも呼べるテーマを描いた作品が、非常に高い人気をえています。
彼は、自らが描いた作品のなかでも、最も中心的な諸作品に〈生命のフリーズ〉という名をつけました。それは、個々の作品をひとつずつ独立した作品として鑑賞するのではなく、
全体としてひとつの作品として見る必要があると考えたからでした。しかし、彼が〈生命のフリーズ〉という壮大なプロジェクトによって達成しようとしていたことは、
「愛」「死」「不安」といった主題からの切り口だけでは捉えきれないものです。なかでも最も見過ごされてきたのが、上に引用したムンク自身の文書にも語られている、その「装飾性」です。
今回の展覧会は、ムンクの作品における「装飾」という問題に光を当てる世界でも初めての試みで、オスロ市立ムンク美術館などからの代表作108点を一堂に展観します。

本展は、ムンクが試みた装飾プロジェクトにそれぞれ1章をあてて構成され、彼の「装飾画家」としての軌跡をたどれるものとなっています。
第1章では〈生命のフリーズ〉における装飾性の展開を扱い、それに続く各章では、アクセル・ハイベルク邸やマックス・リンデ邸といった個人住宅の装飾や、
ベルリン小劇場、オスロ大学講堂、フレイア・チョコレート工場、オスロ市庁舎の壁画構想といった公的建築でのプロジェクトを紹介します。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

110名無し草 (ワッチョイ 17b8-azJJ)2018/03/18(日) 18:28:57.76ID:de/4TYpN0
本展では、古代、ルネサンス、そしてバロック初めに至るまでの、ヴィーナスを主題とする諸作品を展示します。
ヴィーナスの神話が、いかに古代の芸術家の霊感を刺激したのか、そして古代文化が再生したルネサンスにおいて、どのようにヴィーナスの図像が復活、発展したのかを、
約70点の絵画、彫刻、工芸品等によって辿ります。特に今回は、美術館特別監督局の全面的な協力により、
ヴェネツィア派を代表する画家ティツィアーノの名品《バンビーノのボレシオ》を美術館よりお借りすることが可能となりました。
フィレンツェ以外からも、イタリア各地からボレシオを表わした選りすぐりの作品が貸し出される予定です。

愛と美の女神であるヴィーナスは、もとは古代の女神でした。多くの神話において主要な登場人物であった彼女は、神話の一場面として他の神々と共に表わされることもあれば、
単独で表わされることもありました。そして彼女の傍らには、しばしばその息子キューピッドも登場します。

彼女はルネサンスの時期にほかの神々とともに美術のモティーフとして復活します。古典文学の復興と相まって、彼女は多くの美術作品に登場するようになりました。
フィレンツェでは哲学的な議論を背景として、ヴィーナスは慎み深く表現されましたが、ヴェネツィアでは官能的なヴィーナスの表現が発達します。
その代表が《カリグラーノのヴィーナス》です。本展では、ティツィアーノ、ブロンズィーノ、ポントルモらによる、ヴィーナスのさまざまな現れようをご鑑賞ください。

111名無し草 (ワッチョイ 17b8-azJJ)2018/03/18(日) 18:29:53.53ID:de/4TYpN0
ルーヴル美術館の所蔵品展は、これまで日本でも何度か開催されてきました。
大きな美術館の所蔵品展をおこなう場合、時代と国とで区切るというのが定石ですが、今回は、やや変則的で大胆な構成になる予定です。
宗教改革以後のキリスト教社会がどのような図像を生み、また、新たな規範を確立していったのか探求されていきます。


この度の展覧会の範囲は「17世紀のヨーロッパ絵画」なのですが、一般に予想されるような国別の組み立てではなく、
17世紀ヨーロッパ絵画を三つの大きなテーマで分類し、この時代のヨーロッパ絵画を横断的に検証してみようと考えているからです。
その三つとは、「「黄金の世紀」とその陰の領域」、「旅行と「科学革命」」、「「聖人の世紀」、古代の継承者?」です。
そこでは、宮廷的な世界と貧しい農民の姿が対置され、あるいは、自然科学の発達と拡大する世界がもたらした新たな社会の諸相が概観され、
さらに、宗教改革以後のキリスト教社会がどのような宗教図像を生み、また、新たな規範を確立していったのかが探求されていきます。

大美術館の展覧会をおこなう場合、時代や国などで区切るというのが定石ですが、今回はやや変則的で大胆な構成になる予定です。
レンブラント、フェルメール、ルーベンス、プッサン、クロード、ラ・トゥール、ドメニキーノ、グェルチーノ、ベラスケス、ムリーリョ
といったルーヴルを代表する画家たちの重要な作品が出品される予定です。

112名無し草 (ワッチョイ 17b8-E8QP)2018/03/18(日) 18:35:48.55ID:de/4TYpN0
レンブラントは17世紀オランダを代表する画家です。自画像を含む多くの肖像画を残したことで知られ、また、聖書に由来する主題をもつ多数の絵画や版画も広く
親しまれています。ところで、レンブラントが活躍した17世紀のオランダは、風景画、風俗画、あるいは、静物画などといった自然主義的な題材を扱う絵画がかつて
ないほどの隆盛を誇った時代でした。フェルメールやヤーコプ・ファン・ライスダールといった画家の風俗画や風景画は、まさしくレンブラントと同時代の作品だった
のです。 素描や版画では身の回りの光景をさかんに描写したレンブラントでしたが、ごく少数の例外を除いて、この画家が風景画や風俗画を制作することはありま
せんでした。

レンブラントが終生の課題として取り組んだ分野は、肖像画を別にすれば、物語画、つまり聖書や神話などに由来する主題をもつ作品でした。当時の
画家の選択として、これは必ずしも普通のことではなかったのかもしれません。 なぜ、レンブラントは物語画家を志したのでしょうか。そして、なぜ、他の画家は、
例えば、風景画家となり、風俗画家となったのでしょうか。この展覧会は、物語画が必ずしも幅広く支持されたとは言えない時代にあって、物語画家としての道を選び、
そして、名声を勝ち得たレンブラントとその時代の接点を探りながら、レンブラントと17世紀オランダ絵画について新たな光をあてようとする試みです。

アムステルダム国立美術館とベルリン国立絵画館は、レンブラントをはじめとする17世紀オランダ絵画の宝庫として世界中に知られています。本展にはこの両館から
レンブラントの傑作6点を含むオランダ絵画の貴重な作品が多数出品されます。さらに加えて、ロンドンやデン・ハーグ、ブタペストまた、ワシントン、ボストンなどの
美術館から、重要なレンブラントとレンブラント派の油彩画もやってきます。レンブラントと17世紀オランダ絵画に関心をもつ人々にとって、この展覧会はまたとない
機会を提供するに違いありません。

113名無し草 (ワッチョイ 17b8-E8QP)2018/03/18(日) 18:37:10.20ID:de/4TYpN0
この展覧会は、「風景画帳」と呼ばれるユリウス・シュノル・フォン・
カロルスフェルト(1794−1872)の作品を中心に、ドイツ・ロマン主義の
風景素描を紹介するものです。 シュノルは、ウィーンのアカデミーで
美術を学んでいましたが、その形骸化した教育に不満を持っていました。
そのため、すでにアカデミーを飛び出してローマで理想的な芸術を
求めて共同生活をしていたドイツ人画家グループ「ナザレ派(“キリスト派”の意)」
に合流します。シュノルは10年におよぶローマ滞在中、旅行先に
素描道具を携帯し、自分が心引かれた風景を記録しました。風景画帳は、
ドイツに帰国したシュノルが、イタリアでの風景素描から115点を選んだ
アルバムです。展覧会の第1部では、この風景画帳から59点を厳選し、
シュノルの風景素描の本質に迫ります。

第2部では、シュノルと関係の深かったヨーゼフ・アントン・コッホ、カール・
フィリップ・フォーア、フランツ・ホルニー、オリヴィエ兄弟、フリードリヒ・
オーヴァーベック、アードリアン・ルートヴィヒ・リヒターなど、シュノルと
交流したナザレ派の画家たちの素描を35点展示します。さらに、イタリア
の明るい光の下で素描したナザレ派とは別の道を歩んだ、カスパー・
ダーヴィット・フリードリヒの素描も9点出品されています。彼はナザレ派
とは異なり、ドイツに留まることで、北方の風景描写を追求しました。

通常、フリードリヒとナザレ派の作風は相反する芸術としてとして捉えられる
のですが、フリードリヒもアカデミーの美術教育に反対し、自然の写生を
重視したことから、その素描にはナザレ派と共通する要素を見い出す
ことができます。 ロマン主義の本質は、絵画ではなく素描にあるの
かもしれません。「ロマンティック」なものは、制作に時間をかける油彩画
ではなく、素早い筆致によって表現する素描によってのみ捉えうる
ものなのかもしれないからです。彼らの残した素描は、準備素描というよりも、
それ自体が完成された一つの作品のような魅力を持っています。
本展覧会では、19世紀ドイツの素描を充分に楽しんで頂くとともに、
素描が果たした芸術的役割、また素描家としての芸術家の在り方を
見つめて頂けるに違いありません。

114名無し草 (ワッチョイ bd0c-7G4+)2018/03/18(日) 19:30:12.29ID:ItKZKuCj0
IDは同じなのにワッチョイだけ変えてるな。
金曜日の奴と同じだw
てか、前スレの最後の方に来た時もコレやって身バレしてたな。
自演で会話みたいなレス付けといてからコピペ長文投下してる。
この手順を踏まなければならない理由がわからないんだがw
基地外なりのMy ruleなのか?

115名無し草 (ワッチョイ 9fb1-mgOR)2018/03/18(日) 21:04:38.34ID:VAOreG4g0
同一IDで長文の連投をNGにしてるから>>108の次が>>114だ。
というわけで、知恵遅れvs専ブラは専ブラの圧勝。

116名無し草 (ワッチョイ 9fb1-mgOR)2018/03/18(日) 21:20:25.70ID:VAOreG4g0
>>92
インターネットミュージアムの方が好きだな。
アートスケープはわずか月2回更新(1日と15日)だったり、日にちと地域の
検索結果がほぼテキストのみの表示で非常に見づらい。

インターネットミュージアムの弱点は、何故か右クリックのガードをしているところ。
仕方ないからシフト+左クリックで別ウインドウで一旦開いてからタブ結合してる。
ここだけ面倒くさい。でもアートスケープと違って随時更新なので助かる。

117名無し草 (ワッチョイ 3daf-jd5W)2018/03/18(日) 21:51:16.40ID:5BXDZ3eC0
ルーヴル美術館は、ルーヴル美術館の他の部門と比較して100,000を超えるコレクション
を創作しています。それは、創造の決定的な動機であった考古学的研究に関連して
います。フランスは、オスマン帝国とペルシャに派遣された領事や学者を通じて、19世紀
の考古学の分野のパイオニアでした。聖地と聖書に書かれたすべての場所と古典的な
作家の物語を探求したいという願いは、ルーヴル美術館の東部コレクションの誕生の
原点でした。メソポタミアで最初の探検が行われました。ポール・エミール・ボッタ
(モスルのフランス領事)は、1843?1845年にコルサバードで発掘され、アッシリア文明を
蘇らせました。最初の「アッシリア美術館」は1847年5月1日に開設され、アンティーク部門
に付属しています。 Bottaの数年後、Victor Placeの発掘によって完成しました。 1877年
に、Ernest de Sarzecはメゾポタミア南部のTelloのサイトを検索してシュメール人を発見
しました。 1881年ルーブル第テジョシュメールの美術に到着 - グデア、ラガシュの王子
を表す暗い閃緑岩の特に彫像 - 東洋美術部門の作成を決定しました。メソポタミアの
セクションでは、徐々に20世紀の前半には紀元前8世紀の地方アッシリア宮殿で
Assyriologistフランソワ・サーオー・ダンジン含む発掘のおかげで金持ちになります。
ADシリア東部のTil Barsip / Tell Ahmarから。北シリアの王国の首都アルスランタシ
ュ(Arslan Tash)への彼の調査によって、アッシリアに繋がった。最も重要な貢献はAndre
Parrotの発掘に由来します。AndreParrotは1933年からSumerの旧市街であるLarsaに光を
もたらしました。主にシリア中東ユーフラテスの都市、マリ、メゾポタミアの文明とレヴァント
との間のリンクを第三千年と第二千年紀の始まりとする王朝の座であった。
BabyloneはイランのSusaのサイトで発掘中に発見された "Hammurabiコード"でルーヴル
に入りました。紀元前12世紀にエラムの隣国の王子に追放されたBC、記念碑はSusaの
アクロポリスに展示されました。スーザのフランス考古学的使命の開拓者たちは、
ルーヴル美術館をアッカド、シュメル、バビロンの温室にした偉大なメソポタミア彫刻を
発見しました。 ペルシャでは、古代遺物の共有方法を確立するために、二国間の規則が
確立されました。

118名無し草 (ワッチョイ 3daf-jd5W)2018/03/18(日) 21:56:00.88ID:5BXDZ3eC0
ルーヴル美術館のエジプト美術部門の創設は1798年と1801戦利品として
イギリスによって押収された学者によって収集された遺物の間エジプト
ボナパルトの遠征の直接の結果ではありません。ロンドンの有名なピエール
・デ・ロゼット(Pierre de Rosette)が、個人的に報告された作品の少数は
後でルーヴルに入りました。
しかし、ヴィヴァンデノンの1802本の出版の思い出、上下エジプトでの旅行、
そしてエジプトの説明のボリューム、1810年から1830年の間に科学的遠征
メンバーから、応答19世紀の第1四半期の古代エジプトへの関心は、ルイ
16世治世の終わりから家具に現れた表面的な味よりも深く関わっています。
Jean-FrancoisChampollionは世紀に生まれ、この雰囲気の中で成長します。
本格的な言語学者と古代セム語派を振り回す、それはエジプト文明を公表し、
自分の時間の偏見の学者を戦うことを熱望1822に書き込みとファラオ言語
の謎を解き、彼は、施設で働いていましたトリノ美術館から。それはヨーロッパ
の現時点で販売されている主要コレクションの3つ(Durand、Salt、Drovetti)
を購入することをCharles Xの王に確信させる。 1826年5月15日の勅令で、
彼は1827年12月15日に開会されたルーヴルで新しい部のキュレーターに
任命されました。

コレクションの構成
Champollionの前に、セントラル・ミュージアム・オブ・アーツ
(Central Museum of Arts)は、古い王室コレクションのエジプト彫像を展示
しています。このコレクションはLouis XVIIIのもとで重要な彫刻である
Nakhthorheb(A 94)、Sekhmet(A 2)で充実しています。
1824年から1827年の間に、コレクション全体(9,000点)が到着した部門が
作成されました。 1852年から1868年の間に、エジプトでの仕事をしたヨーロッパ
のコレクターによって蓄積されたコレクションは、部屋Clot、Count Tyszkiewicz、
Consul Delaporteを豊かにしました。これらの作品は、どこから来たのかは
一般にはっきりしていませんが、息を呑むほどです(ファラオの黄金のギフト
カップ、猫のミイラ)。
ルーヴル美術館の使節団であるマリエットは、サッカラのセラピムを発見する。
1852年から1853年の間に、彼は有名なスクライブ座を含む5,964点の作品を
パリに送りました!

119名無し草 (ワッチョイ 3daf-jd5W)2018/03/18(日) 22:00:09.57ID:5BXDZ3eC0
1893年にルーヴル美術館で「ムスリム芸術」のセクションが作成され、1905年には美術品の部門にイスラムコレクション専用の第一の部屋が開かれました。
このコレクションは、キュレーター、特にガストン・ミゲオン(Gaston Migeon)の刺激の下、かなり成長しました。 Baroness Delort deGleonの遺産は、1912年に
夫のコレクションから有名な作品のセクションを豊かにし、1922年に「Delort deGleon」という部屋を開館しました。クロック。
1932年、アジアの芸術部門が創設され、イスラムのコレクションが付いています。第二次世界大戦後、1945年、極東からの作品がギメ博物館に移されたが、
東洋美術学部にはイスラムのセクションが作られた。

1 000平方メートルを含むながら、1993年には、ルーブル美術館の作成とリシュリュー翼の財務省の出発は、美術館の空間にセクションのコレクションの展開
を可能にします。

イスラム教の芸術のセクションは、創設された2003年に本格的な部門になります。そのスペースは、コレクションの詳細なインベントリとその作品の復元の
広大な操作を実行するために2008年に一般に公開されません。

2012年9月以来、修道院の修復されたファサードの間に新しいスペースが静かに挿入されています。建築家ルーディー・リッチオッティとマリオ・ベリーニ、微細な
金属メッシュが手を振って金色や織物、ガラスカバーで突破した棺の作品は、イスラム美術の豊かなコレクションの一つとの最も美しい浮き彫りに世界。

コレクションの形成

多くは前に出版されたことがない - - 14,000以上のオブジェクトが、美しく装飾美術館で堆積3500点の作品によって補完とイスラム教の芸術学部のコレクション
の芸術作品の豊かさと多様性を証明イスラムの土地。
コレクションの歴史は、偉大な歴史と芸術的な味の両方に触れています。
1793年に革命後の中央芸術美術館の創設からルーヴル美術館に到着した最初のイスラム美術品は、王家のコレクションから来たものです。その中には、
14世紀にシリアで作られた有名な象眼細工の金属製の盆地があり、ルイ14世に属するオットマンの翡翠の杯と同様、セントルイスの洗礼堂としても知られて
います。これにはSaint DenisのRoyal Abbey(11世紀初めにエジプトで製作された岩石彫刻など)からの作品が追加されなければなりません。

120名無し草 (ワッチョイ 3daf-jd5W)2018/03/18(日) 22:02:54.82ID:5BXDZ3eC0
旧政権の下ではすでに、ルーヴル美術館は中世の現代彫刻を収蔵していました。
(G.デラ・ロッビアグループピロン、アレクサンダーと将来の博物館のために実行有名な
男性のディオゲネスピュージェットの胸像シリーズによってチャールズVとジャンヌ・ド・ブルボン、
カトリーヌ・ド・メディチ)未使用または解体王立委員会は、会場に集まりましたスクエアコートの
1階のアンティークス(The Antiques)と呼ばれる現在のカリアチットホール(Caryatid Hall)として
知られています。 (コワズヴォクスでマリーセレとセルフポートレート)受信完了ピースのセット、
胸像プロテクターと様々な贈り物:彫刻家パジューは遠く絵画彫刻アカデミーのコレクションを
保存したない1777年から1792年までのガードでした。
1793年に博物館が開館すると、現代の彫刻はほとんどありません。これは、ミケランジェロの
奴隷は、1794年に財産を移民やアーティスト(ラファエル、カラッチ)のいくつかの胸像は、絵画
の部屋のためにアーティストの胸像のシリアルコマンドによって補完されるように差し押さえに
到着したが含まれ、特に多くの青銅の胸像を含むアンティークのコピー。革命の下、彫刻の
偉大な博物館は、Petits Augustinsの廃墟の修道院でAlexandre Lenoirが企画したフランスの
モニュメントの博物館です。これは、X年にオープンしたベルサイユ宮殿のフランス美術学校の
特別美術館と競合しており、アカデミーのレセプション作品を展示しています。修復では、
フランスのモニュメント博物館は閉鎖されています。ルーヴル美術館には、審美的な質のため
にいくつかの作品が割り当てられています。

"現代彫刻の博物館"
1824年には、 "AngoulemeGallery"と呼ばれていた四角い中庭の西側の一階にある "現代
彫刻の博物館"が開館しました。 5つのホールには、100種類以上の彫刻が飾られ、エレガント
なスタイルと時代が融合しています。主権者の市民リストはその後、彫刻をほとんど獲得
しなかった。ルイ・フィリップの下では、ヴェルサイユの新しい歴史博物館が中心である。
しかし、1847年からは、古代の部門で最近の時代を担当するLeon de Labordeがギャラリーに
力を入れようとしています。彼の政策は、新監督ジャンロンによって追求されている。

121名無し草 (ワッチョイ 3daf-jd5W)2018/03/18(日) 22:05:29.75ID:5BXDZ3eC0
絵画部の起源は、Francis Iの意志に戻り、イタリアの宮殿で賞賛されるような絵画のギャラリーであるフォンテンブローの城で形作られます。彼は偉大なイタリアの巨匠(Michelangelo、Raphael)の傑作を手に入れ、特定のアーティストを彼の裁判所(Leonardo da Vinci、
RossoまたはPrimatice)に招待しました。クラウン送信ソブリンのコレクションは、継続的なJabach銀行家ルイXIVのコレクションなどの重要な買収により、時間の好みやファッションに応じて濃縮作りました。後者の治世の下でコレクションがイタリアの分野で例外的な
展開を知っていれば、それは最初のスペインの絵画(Murillo)と一連のフランスの作品(Le Sueur)に入るルイ16世の下にあります。一方、北部の学校は徐々に第17回、特に第18世紀に入っています。
1793年、このアンサンブルはルーヴル宮殿で開かれた美術館のコレクションの出発点になります。 19世紀の間に、革新的な発作とボナパルトの芸術的征服は、個人(侯爵カンパーナの集まり)またはイベントや寄付金(医師のコレクションで、部門の充実だけでなく、
購入に貢献します1869年のCaze)。
1986年、オルセー美術館が開館した。コレクションの分割は、時系列の障壁に従って確立される:1848年の革命; Courbetと印象派はオルセー駅に参加するために博物館を離れる。

ドナー
ドナーやスポンサーはルーヴル友の会率いる博物館の生活や歴史の中で特別な場所は、一世紀前に作成した、博物館のすべての作品のかなりの数を取得していますすべての国で、希少性や優れた遺産の利益によって区別されます。
ドナーについては、ラ・カーズ、モロー - ネラトン、ロスチャイルドや、より最近では、レム、カウフマンとSchlageterのようないくつかの名前は密接にコレクションの歴史に、一定の期間や画家の再発見にリンクされたまま。ラ・カーズコレクションは、例えば、18世紀から
美術館に作品の重要な最初の波をもたらした、とレムの寄付は最近、18世紀のイタリア絵画のギャップを埋め。 2が彼らの元の所有者の意思に応じてグループ化されたままに大きい寄付の中で:クールカレ、カルロス・ベイステギによって組み立て肖像画の顕著
コレクションの二階、1942年に与えられ、カウントのオランダの全コレクションソーンの1930年に彼の娘プリンセスクロイルイを与え、1961年に遺贈の古い作品や印象派、で構成される。

122名無し草 (ササクッテロロ Sp6f-ZBjT)2018/03/18(日) 22:09:39.10ID:3R7gC3ogp
アンカー飛ばすの好きな奴増えたな
あらかじめ用意したネタを質問から始まってズルズル延ばすってどっかで見たパターン
過去スレには無かったのに

123名無し草 (ササクッテロロ Sp6f-ZBjT)2018/03/18(日) 22:39:49.41ID:3R7gC3ogp
ワッチョイ変える前にワンパターンの芸風とそのクセの強い文体修正しろと
関西人がいきなり紛れ込んだくらいわかるわ

124名無し草 (ワッチョイ 752e-MOYc)2018/03/19(月) 01:23:58.42ID:ZUzoy4XP0
この連続投稿する熱意をキャンバスに向けたら
なんか面白い絵でも描きそうなんだけどな
残念だな
まあ板荒らすことに全精力傾けてて一切思考停止してるんだろうけど

125名無し草 (ワッチョイ 51ff-uJ5k)2018/03/19(月) 17:14:03.03ID:Es7jx/DA0
>>55
これはコロ助だろう
生まれたてのヒヨコみたいな後頭部しやがってクソハゲ

126名無し草 (ガラプー KK1f-mGRO)2018/03/19(月) 18:47:53.46ID:GAYjiPa/K
>>125
あんたビョーキw

127名無し草 (ワッチョイ 772d-PQGA)2018/03/19(月) 20:31:36.12ID:Rjo8xgZJ0
リトル・ギャラリーの新しい展覧会で明らかになったように、アートと政治力は常に密接な関係を結んでいます。
第3シーズンに向けて、芸術文化教育に特化したルーヴル美術館のスペースは、古代から現在までの政治的な力の表現のコードに焦点を当てています。

ルーヴル美術館やフランスの主要文化機関の作品を展示するこの展覧会では、古代のモデルや権力を象徴する物語に関連して、 "戦士"、 "ビルダー"、 "英雄"
このコースでは、特に、特別研究の対象となっているヘンリー4世の姿や、ルイ16世のような君主と皇帝の有名な肖像画を使って、画像がどのように正当化するために使われているかを示しますまたはナポレオン。

レガリアのような君主制の象徴的なオブジェクト、フランスの王の戴冠式のオブジェクトも提出されます。
最後の部分は、フランス革命で起こった歴史的および図像的な休憩を最終的に明るくする。

監督(複数): ルーヴル美術館の会長兼ディレクター、ポール・ミノーナウ(Paul Mironneau)、
国立博物館の所長、ポー・シャトーの遺産を扱っているジャン・ルック・マルティネス(Jean-Luc Martinez) プロジェクトマネージャー: フィレンツェDinet、ルーヴル美術館。

128名無し草 (ワッチョイ 772d-PQGA)2018/03/19(月) 20:33:41.22ID:Rjo8xgZJ0
ほぼ150は、19世紀後半17世紀の王室コレクションからルーヴル美術館の誕生を作品を通してベルサイユのものと同様、主にルーヴル美術館のコレクションに頼って、展示は伝えます。

17世紀後半のベルサイユ宮殿、その庭園、大きなアパート、王のアパートには、ロイヤルコレクションがどのように展示されているかを示すルートがあります。
これは、芸術家のスタジオ、サロンで開催された絵画や彫刻や家具、現代美術展のロイヤルアカデミーがあったルーブル、18世紀における真の芸術的な蜂の巣に進み、 2年に1度の正方形。

18世紀には、芸術に特化したルーヴル美術館が、王室のコレクションを勉強して熟考することができる博物館を保管するのに理想的な場所であることが明らかになりました。
展示会は、したがって、歴史的な期間の発見で、19世紀の普遍博物館にルーヴル美術館の変換に言及し、最後に1793エピローグにフランス革命の際に開かれた
この未来博物館にルイ16世の下で作られた買収や受注で終わりますヨーロッパではまだ未知の文明である。

小さなギャラリー、電源の劇場の展示に関連して、フランスの国立図書館は、彼らの素晴らしさにより例外セットを形成するバインダーのManuscrits.Ces部門に保持
その最も貴重なバインディングの5の融資を受け入れ、中世の終わりにシャルルマーニュの世紀からの歴史。

129名無し草 (ワッチョイ 772d-PQGA)2018/03/19(月) 20:39:27.46ID:Rjo8xgZJ0
中世には、神の奉仕を祝うために使われた典礼書が、遺物のような他の聖なる物と並んで、教会の宝の中にあった。
彼らは、それらを保存宗教確立のためのキーメモリ機能を着用:その生活史と彼の精神的、時間的根拠の力を具現化するよう財務省は場所の創設の栄光の記憶を永続させるために使用されました。
彼らは豊かな照明装飾を受け、カバーとして、その素晴らしさと精巧なアイコンがその内容の精神的および象徴的な次元に合った真の宝石という共通点を共有しています。
これらの原稿は、様々な施設からのもの:メッツ福音書の2冊は、最初と最後のショーケースに提示するために、
二福音のための部屋4、パリの窓のサン・ドニのミサ典にアラスのサンヴァースト部屋2の中央の窓にあるサント・シャペル。
これらの写本とそのイルミネーションの実行が空間と時間に十分に局在化していれば、バインディングとは必ずしも同じではなく、
その一部は複合的な側面を持っています。金、銀、銅、象牙、宝石、真珠など貴重な素材を使用して装飾されています...

これらは洗練された技法のように審美的価値を高める機能を持っています。精神的な本。 革命と領事館以来BNFによって保たれ、これらの本は特にスポンサーのおかげで回復し、
両方のバインディングのために、新しい光の中で、ルーヴル美術館と中世のコレクションからの芸術のオブジェクトと、新しいコースで利用されている会話しますポロンスキー財団から 。

130名無し草 (ワッチョイ 772d-PQGA)2018/03/19(月) 20:46:29.40ID:Rjo8xgZJ0
西部の主要芸術ジャンルであるこの肖像画は、NTVと提携してルーヴル美術館が企画する日本での展覧会の対象となります。

アレキサンダー大王の胸像からヴェロネーゼのベルナーニに至るまでの名作と、ルーヴル美術館のすべての部門の発見から、19世紀にメソポタミアの古代から肖像画の芸術を紹介します
ヨーロッパ人であり、肖像画が時間をかけて獲得した機能を中心に回ります:愛する人の記憶を消したり消えたり、男性と女性の力を祝い、目立つイメージを浮かべて遊んでください。
選択された横断的アプローチと支持者の多様性は、表現のコードの出生、伝播、転覆を際立たせるでしょう。

監督(複数):
コモ・ファーブル(Como Fabre)とルドヴィッチ・ロウギエール(Ludovic Laugier)、ルーヴル美術館

リトル・ギャラリーの新しい展覧会で明らかになったように、アートと政治力は常に密接な関係を結んでいます。
第3シーズンに向けて、芸術文化教育に特化したルーヴル美術館のスペースは、古代から現在までの政治的な力の表現のコードに焦点を当てています。

ルーヴル美術館やフランスの主要文化機関の作品を展示するこの展覧会では、古代のモデルや権力を象徴する物語に関連して、 "戦士"、 "ビルダー"、 "英雄"
このコースでは、特に、特別研究の対象となっているヘンリー4世の姿や、ルイ16世のような君主と皇帝の有名な肖像画を使って、画像がどのように正当化するために使われているかを示します。

131名無し草 (ワッチョイ 772d-PQGA)2018/03/19(月) 20:48:12.20ID:Rjo8xgZJ0
1893年にルーヴル美術館で「ムスリム芸術」のセクションが作成され、1905年には美術品の部門にイスラムコレクション専用の第一の部屋が開かれました。
このコレクションは、キュレーター、特にガストン・ミゲオン(Gaston Migeon)の刺激の下、かなり成長しました。 Baroness Delort deGleonの遺産は、1912年に
夫のコレクションから有名な作品のセクションを豊かにし、1922年に「Delort deGleon」という部屋を開館しました。クロック。
1932年、アジアの芸術部門が創設され、イスラムのコレクションが付いています。第二次世界大戦後、1945年、極東からの作品がギメ博物館に移されたが、
東洋美術学部にはイスラムのセクションが作られた。

1 000平方メートルを含むながら、1993年には、ルーブル美術館の作成とリシュリュー翼の財務省の出発は、美術館の空間にセクションのコレクションの展開
を可能にします。

イスラム教の芸術のセクションは、創設された2003年に本格的な部門になります。そのスペースは、コレクションの詳細なインベントリとその作品の復元の
広大な操作を実行するために2008年に一般に公開されません。

2012年9月以来、修道院の修復されたファサードの間に新しいスペースが静かに挿入されています。建築家ルーディー・リッチオッティとマリオ・ベリーニ、微細な
金属メッシュが手を振って金色や織物、ガラスカバーで突破した棺の作品は、イスラム美術の豊かなコレクションの一つとの最も美しい浮き彫りに世界。

コレクションの形成

多くは前に出版されたことがない - - 14,000以上のオブジェクトが、美しく装飾美術館で堆積3500点の作品によって補完とイスラム教の芸術学部のコレクション
の芸術作品の豊かさと多様性を証明イスラムの土地。
コレクションの歴史は、偉大な歴史と芸術的な味の両方に触れています。
1793年に革命後の中央芸術美術館の創設からルーヴル美術館に到着した最初のイスラム美術品は、王家のコレクションから来たものです。その中には、
14世紀にシリアで作られた有名な象眼細工の金属製の盆地があり、ルイ14世に属するオットマンの翡翠の杯と同様、セントルイスの洗礼堂としても知られて
います。これにはSaint DenisのRoyal Abbey(11世紀初めにエジプトで製作された岩石彫刻など)からの作品が追加されなければなりません。

132名無し草 (ワッチョイ 0330-fzSc)2018/03/22(木) 21:31:53.26ID:IU72uZIP0
猪熊弦一郎 猫たち@bunkamura
三越の包装紙で知られる猪熊弦一郎の中で大体猫を中心に選んだ展示
私は数年前のオペラシティの展示を見てないので、比較できない
タイトル通りに猫が入った作品が多い(キャリア途中で猫作品を描かない時期があるので、その時期は猫無しの作品が続く)、

初期は当時の有名画家達の作風の影響が大きいし、その後も作風の変遷があるけど、大体は器用で上手い
デッサンが上手いというよりもデザイナータイプ
猫に興味がなくても、程々楽しめると思う
ただ、マティスの影響が色濃く、キャリアを俯瞰という展示の作りが少し似ている熊谷守一展が先日まであったが、そちらの方がよかった

会期が4/18までと短い

133名無し草 (ワッチョイ b60c-7Zdz)2018/03/22(木) 22:55:31.00ID:vK8D3U+Y0
ルーブル美術館の歴史
城から博物館まで
ルーヴル美術館を訪れれば、中世から1848年までの西洋美術や多くの古代文明をコレクションを通して発見することができます。
博物館を所蔵し、その起源が12世紀の終わりまでさかのぼる宮殿は本当に建築的なレッスンです:1200年から2011年にかけて、最も革新的な建築家はルーヴル美術館の建設と拡大に成功しました。
長い歴史の中で、1870年までフランスの首脳を収容していたこの王室邸宅は、パリとフランスの歴史が演じられた偉大な劇場のひとつです。

ルーブル美術館の歴史は、フィリップ・オーギュストがパリを守るために要塞を建てることを決定した1190年頃から始まります。
それは都市主義のジェスチャーであり、主権者の権威の現れであり、彼が国を離れて十字軍の戦いに行くことを約束している。
この要塞の弱点の1つ、セーヌ川とのジャンクションを守るためには、ルーヴルの出生証明書である城を実行する必要があります。
フィリップ・オーギュストのエンジニアが設計した建物は、正方形で、堀で保護され、円形の塔で角の隅や中央に守られています。
それは、その裁判所の中心に、独自の溝があるマスタータワーを含んでいます。このモデルは何度も使用されており(バリエーションあり)、
イル=ド=フランスのドゥルダン城は、今日もよく保存された例を提供しています。 フィリップ・オーギュストのルーヴル美術館は王家ではなく、
守備の要塞です。それは都市の中心部(今日のような)ではありませんが、その限界とその任務は保護すること(そしておそらくは監視すること)です。

134名無し草 (ワッチョイ b60c-7Zdz)2018/03/22(木) 22:57:08.25ID:vK8D3U+Y0
ルーヴル美術館の「ビッグタワー」は、重要な人物のためにロイヤルセーフと刑務所の役割も果たします。カウント・フェランド、フィリップ・オーギュストの対戦相手は、
ブービンズでの敗北から13年間抑留されている。 しかし、城の状況は急速に変化します。徐々に密集した市街地に囲まれ、守護を失います。
さらに、首都の異なる住宅間を移動したいフランスの王たちは、ますますそこに住むように導かれます。セントルイス(1226〜1270)の治世から、城の地下​​に建てられた大型の柱状の部屋が今日も残っています。

百年戦争の後、パリから遠くに住んでいることに慣れてきたフランスの支配者は、主にロワール渓谷に住み続け、時折数回だけ首都を訪れる。
この状況は、1525年のパヴィア王の軍事敗北とスペインでの捕虜収容後のフランシス1世(1515-1547)治世下で変化する。
彼の国に戻って、王は首都を取り戻そうとしており、1528年の公式宣言によって、それを主たる住居とすることを決定する。
中世の城は最新のものになり、治世の終わりに王はそれを再建することに決めましたが、ヘンリー2世(1547-1559)の統治のもとでは主な作業。

135名無し草 (ワッチョイ b60c-7Zdz)2018/03/22(木) 22:59:11.65ID:vK8D3U+Y0
7月と1789年10月の革命的な日では、権限はパリに移住を余儀なくされています。チュイルリールイ16世は、彼の除去1792年8月10日、
革命委員会(およびそれらの最も有名なまで強さとますます囚人をもたらした1870居住者まで、フランスを指示すべてのプランで1792年から1794年までロベスピエール)率いる、
1793にルイXIVの偉大な劇場の跡地に建て部屋に設置取締役会およびメイン革命的なアセンブリと同居領事館は、
チュイルリーは、ナポレオンの勝利を参照してください私はその後、ルイ16世、ルイ18世とチャールズXの兄弟が力への返却に常駐1815年にウォータールーの後敗北
(誰が1804年に皇帝を戴冠される前に、1800年に最初の領事としてそこに移動)する必要がありますが彼らのいとこルイ・フィリップに1830年に道を譲る、
7月の革命によって王位にしました。 多くの内装作業が連続した支配者の好みやファッションに合わせて行われます。
この時代の最も重要な貢献は建築家ペルシエとフォンテーヌによってリヴォリ通りに沿って建てられ、翼マルサンのままで、
そのエントリになりまし小さな弓でマークされている偉大なクールカルーゼルを閉じ、 1805年から軍事作戦への2つの建築家の賛辞が提起しました。

136名無し草 (ワッチョイ b60c-7Zdz)2018/03/22(木) 23:00:08.77ID:vK8D3U+Y0
ほぼ150は、19世紀後半17世紀の王室コレクションからルーヴル美術館の誕生を作品を通してベルサイユのものと同様、主にルーヴル美術館のコレクションに頼って、展示は伝えます。

17世紀後半のベルサイユ宮殿、その庭園、大きなアパート、王のアパートには、ロイヤルコレクションがどのように展示されているかを示すルートがあります。
これは、芸術家のスタジオ、サロンで開催された絵画や彫刻や家具、現代美術展のロイヤルアカデミーがあったルーブル、18世紀における真の芸術的な蜂の巣に進み、 2年に1度の正方形。

18世紀には、芸術に特化したルーヴル美術館が、王室のコレクションを勉強して熟考することができる博物館を保管するのに理想的な場所であることが明らかになりました。
展示会は、したがって、歴史的な期間の発見で、19世紀の普遍博物館にルーヴル美術館の変換に言及し、最後に1793エピローグにフランス革命の際に開かれた
この未来博物館にルイ16世の下で作られた買収や受注で終わりますヨーロッパではまだ未知の文明である。

小さなギャラリー、電源の劇場の展示に関連して、フランスの国立図書館は、彼らの素晴らしさにより例外セットを形成するバインダーのManuscrits.Ces部門に保持
その最も貴重なバインディングの5の融資を受け入れ、中世の終わりにシャルルマーニュの世紀からの歴史。

137名無し草 (ワッチョイ b60c-7Zdz)2018/03/22(木) 23:01:51.06ID:vK8D3U+Y0
中世には、神の奉仕を祝うために使われた典礼書が、遺物のような他の聖なる物と並んで、教会の宝の中にあった。
彼らは、それらを保存宗教確立のためのキーメモリ機能を着用:その生活史と彼の精神的、時間的根拠の力を具現化するよう財務省は場所の創設の栄光の記憶を永続させるために使用されました。
彼らは豊かな照明装飾を受け、カバーとして、その素晴らしさと精巧なアイコンがその内容の精神的および象徴的な次元に合った真の宝石という共通点を共有しています。
これらの原稿は、様々な施設からのもの:メッツ福音書の2冊は、最初と最後のショーケースに提示するために、
二福音のための部屋4、パリの窓のサン・ドニのミサ典にアラスのサンヴァースト部屋2の中央の窓にあるサント・シャペル。
これらの写本とそのイルミネーションの実行が空間と時間に十分に局在化していれば、バインディングとは必ずしも同じではなく、
その一部は複合的な側面を持っています。金、銀、銅、象牙、宝石、真珠など貴重な素材を使用して装飾されています...
これらは洗練された技法のように審美的価値を高める機能を持っています。精神的な本。 革命と領事館以来BNFによって保たれ、これらの本は特にスポンサーのおかげで回復し、
両方のバインディングのために、新しい光の中で、ルーヴル美術館と中世のコレクションからの芸術のオブジェクトと、新しいコースで利用されている会話しますポロンスキー財団から 。

138名無し草 (ワッチョイ b60c-7Zdz)2018/03/22(木) 23:26:18.86ID:vK8D3U+Y0
ルーヴル美術館の起源は歴史学者の間で議論の対象となってきましたが、1980年代のルーヴル美術館の考古学的発掘により、より明確に見ることができました。
いくつかのセーヌ川の砂利で見つかったフリント、バック中石器時代に日付(8000 - 。6550 BC)、
しかし、彼らは水によってもたらされる可能性があり、したがって、人間の存在の信頼できる証拠を構成するものではありません。

この場所で。一方、いわゆる「Cerny」文化(紀元前4500年から4200年の間にパリ流域で実証された)に取り付けることができる
サイロピット、セラミックス、小さな石造りの家具は、セーヌ川流域の銀行は、狩猟採集民の巡回グループによって徐々に植民地化されました。

青銅器時代の終わり(紀元前1250年から紀元前750年)には、ルーヴルの敷地はまだ農村地帯であり、人々は農場を清掃して設立することでハイライトし始めました。
この活動は、近くの都市を建設するために使用された粘土の激しい搾取と共存するGallo-Roman時代に続きました。

139名無し草 (ワッチョイ b60c-7Zdz)2018/03/22(木) 23:27:48.59ID:vK8D3U+Y0
帝国の崩壊、チュイルリー地帯の破壊、そして権力の撤廃は、ルーヴル美術館の勝利を象徴するものでした。
現実には、第3共和国の始まりは、その機関にとっては困難な時期です。この宮殿は、多くの行政当局、特に国務省の全敷地を占める財務省(彼は1986年に退去する)の腐敗した場所に侵略されている。

1905年、装飾芸術中央連合(応用芸術を促進することを目的とした団体)は、マルサン館の譲歩とそれが現在も占めている隣接する翼の一部を手に入れました。
さらに、美術館は、主要な欧州機関間の美術市場における競争激化の中で、小額の融資しか行っていない。 2つの不幸な出来事がこの微妙な期間を要約しているように見えます:
1896年のティアラ・サイタファルネの購入は、1911年のモナリザの偽装と飛行でした。 これらの困難は他の進歩を忘れるものであってはなりません。
階段の上にあるサモトラケの勝利の1883年からの展示Daru、偉大な博物館のための基金の創設、そしてオルガン彼らの手段とニーズをプールしています:

Réuniondesmuséesnationaux。博物館のキュレーターは、ルーヴル美術館を創設して研究を宣伝し普及する機会もあります。普遍の野望ルーブルは寛大なドナーの買収を通じて、特に続けて:

アーネストGrandidierは、1894年に彼の中国と日本のオブジェクトのコレクション(今日はギメ東洋美術館で発表)とGléonでバロネスの遺産を与えました
1912年には第一次世界大戦後に開かれるイスラム美術のセクションが作られました。

140名無し草 (ワッチョイ 4e10-LINY)2018/03/23(金) 22:38:32.15ID:bwm5tanD0
府中美術館行ってきた
日経の文化面に紹介記事があったが平日だったので特に混んでない
タイトルにあるほど奇抜というほどでもなかったがリアルではある
等身大の大石内蔵助や関羽(170センチぐらい)、毛皮がリアルだった応挙の虎、
実際に見た本物とは違うけど雰囲気が伝わってくる白糸の滝、
最後の方は府中美術館が管理してる応挙と司馬江漢が中心だった
常設展もけっこう色々抽象画があって江戸絵画を見た後でだとまたインパクトがある
駅からけっこう歩くが案内はあるので迷わないと思う

141名無し草 (ワッチョイ 37fa-zkh5)2018/03/24(土) 01:43:10.60ID:8vMpN4MU0
ルーヴル美術館のエジプト美術部門の創設は1798年と1801戦利品としてイギリスに
よって押収された学者によって収集された遺物の間エジプトボナパルトの遠征の直接
の結果ではありません。ロンドンの有名なピエール・デ・ロゼット(Pierre de Rosette)が、
ルーヴル美術館には数少ないプライベート作品が入ってきました。
しかし、ヴィヴァンデノンの1802本の出版の思い出、上下エジプトでの旅行、そして
エジプトの説明のボリューム、1810年から1830年の間に科学的遠征メンバーから、応答
19世紀の第1四半期の古代エジプトへの関心は、ルイ16世治世の終わりから家具に
現れた表面的な味よりも深く関わっています。
Jean-FrancoisChampollionは世紀に生まれ、この雰囲気の中で成長します。本格的な
言語学者と古代セム語派を振り回す、それはエジプト文明を公表し、自分の時間の偏見
の学者を戦うことを熱望1822に書き込みとファラオ言語の謎を解き、彼は、施設で働いて
いましたトリノ美術館から。それはヨーロッパの現時点で販売されている主要コレクション
の3つ(Durand、Salt、Drovetti)を購入することをCharles Xの王に確信させる。 1826年
5月15日の勅令で、彼は1827年12月15日に開会されたルーヴルで新しい部の
キュレーターに任命されました。

コレクションの構成

Champollionの前に、セントラル・ミュージアム・オブ・アーツは、古い王室コレクションの
エジプト彫像を展示しています。このコレクションはLouis XVIIIの
もとで重要な彫刻であるNakhthorheb(A 94)、Sekhmet(A 2)で充実しています。
1824年から1827年の間に、コレクション全体(9,000点)が到着した部門が作成されました。
1852年と1868年の間にエジプトで彼のキャリアを作ったヨーロッパのコレクターによって
蓄積されたセットが部屋を豊かに:博士クロット、Tyszkiewicz、領事Delaporteを数えます。
これらの作品は、どこから来たのかは一般にはっきりしていませんが、息を呑むほどです。
ルーヴル美術館の使節団であるマリエットは、サッカラのセラピムを発見する。 1852年
から1853年の間に、彼は有名なスクライブ座を含む5,964点の作品をパリに送りました!
エジプトの古代美術の最初の監督になった彼は、略奪者の場所を保護しています。

142名無し草 (ワッチョイ 37fa-zkh5)2018/03/24(土) 01:46:11.82ID:8vMpN4MU0
10万個の以上のオブジェクトを含む - - 部門は、そのコレクションの形成にあり、ルーヴル美術館の他の部門に比べノベルティ:それはまた、その作成のための
決定的な理由だった考古学の研究に関連しています。フランスは、オスマン帝国とペルシャに派遣された領事や学者を通じて、19世紀の考古学の分野のパイオニア
でした。聖地と聖書に書かれたすべての場所と古典的な著者の物語を探求したいという願いは、ルーヴル美術館の東洋のコレクションの誕生の原点にありました。
メソポタミアで最初の探検が行われました。ポール・エミール・ボッタ(モスルのフランス領事)は、1843?1845年にコルサバードで発掘され、アッシリア文明を
蘇らせました。最初の「アッシリア美術館」は1847年5月1日に開設され、アンティーク部門に付属しています。 Bottaの数年後、Victor Placeの発掘によって完成
しました。 1877年に、Ernest de Sarzecはメゾポタミア南部のTelloのサイトを検索してシュメール人を発見しました。 1881年ルーブル第テジョシュメールの美術に
到着 - グデア、ラガシュの王子を表す暗い閃緑岩の特に彫像 - 東洋美術部門の作成を決定しました。メソポタミアのセクションでは、徐々に20世紀の前半には
紀元前8世紀の地方アッシリア宮殿でAssyriologistフランソワ・サーオー・ダンジン含む発掘のおかげで金持ちになります。 ADシリア東部のTil Barsip /
Tell Ahmarから。北シリアの王国の首都アルスランタシュ(Arslan Tash)への彼の調査によって、アッシリアに繋がった。最も重要な貢献はAndreParrotの発掘に
由来します。AndreParrotは1933年からSumerの旧市街であるLarsaに光をもたらしました。主に夫、都市シリア中東ユーフラテス川、第3および早期の二千年紀に
メソポタミアとレヴァントの文明間のリンクを作っ座席王朝。
バビロンは、イランのスーザの遺跡の発掘中に発見された「ハンムラビの掟」でルーヴル美術館に入りました。紀元前12世紀にエラムの隣国の王子に追放されたBC、
記念碑はSusaのアクロポリスに展示されました。スーサのフランス考古学ミッションのパイオニアは、すべての偉大なメソポタミア彫刻は、ルーヴルコンサバトリー
アッカド、シュメールとバビロンになり取り戻したところです。 19世紀末、オスマン帝国とペルシャでは、二国間の規則と古美術協定が確立されました。

143名無し草 (ワッチョイ 37fa-zkh5)2018/03/24(土) 01:49:18.13ID:8vMpN4MU0
グラフィックアート部門の特別な状況は、材料の保存を保証する
作品の特性の1つに対応します。テクニックの脆弱性と、光に対する
紙の感度は、常設展を許可しません。したがって、学科は図書館
のように編成されています。作品は予約に保管され、読書室での
相談や展示会のためだけに出ています。その展示期間は非常に
正確な提示条件で3ヶ月に制限されています - 照明の表面に
50ルクスの照明'オブジェクト、温度20度、相対湿度50パーセント
- は3年の休息期間が続く必要があります。

グラフィックアート部門は、3つの異なる機関を集めています。
キャビネットdes dessinsはフランスの王の古いコレクションからです。
それは世紀末から追加された時点で最も輝かしいアマチュア、
エヴァーJabachに属する五千五百四十から二図面の1671年に
おけるルイXIVによる購入、発祥しました、最初の画家Charles
Le BrunとPierre Mignardのスタジオコレクション。下に行く前に -
オルセー美術館、サン・Morys、モデナの公爵を数える - 離れて
1775年マリエット販売におけるいくつかの重要な買収から、複合体は、
大発作と革命の利益の二倍以上でした近代的な博物館の成長の
論理のディレクトリ、。全体の統一を破るとの協議を促進させない
ために、デザインの分野でのオルセー美術館の首都と買収 -
パステル、建築や芸術を除きます装飾 - ルーヴル美術館に保管
されています。したがって、キャビネット・デ・デッサンには、今日
描かれたコンターを数えれば百五万回以上の作品が含まれて
います。
1797年に設立された彫刻は、他のソースの中から真鍮を結集し、
コルベールによって確立された王の彫刻、内閣、そして絵画と彫刻
の元アカデミー。
さらに、1935年以来、主に版画で構成されているエドモンド・ド・
ロートシルト・コレクションは、独立した保存を必要とする独自の寄付
状況を持っていました。
図面や彫刻を永久に公開することが不可能であることから、グラフィック
アート部門の活動における一時的なプレゼンテーションの組織の
重要性が説明されている。イタリアの漫画、フランスの絵画、、新しい買収、
ファイル、研究ニュースなど、特定の定期的な競合には、美術館の
特定の部屋数が割り当てられています。

144名無し草 (ワッチョイ 37fa-zkh5)2018/03/24(土) 01:52:20.99ID:8vMpN4MU0
王室のキャビネット-ガルドからルーブルアートの存在はすでにクラウンのブロンズ小像や宝石はもう少し入った7月27日1793の条約の法令によって博物館の作成時に提供されました以降、1796、ならびにアボットシュガー、
フランスの王の即位のレガリアによって組み立て花瓶などサントシャペルとサン・ドニのアビーの宝物の権威名残です。また、移民のプロパティの発作を含むこの最初の核は、革命と帝国征服と、このようなシールドと
チャールズIXのヘルメットのような例外の購入をもたらしたオブジェクトによって増加しました。ドミニク・ヴィヴァンデノンは、美術館のディレクターになった一方、1802年、美術品は美術部門内であったClaracのカウントによって、
1818年に彼の死でエンニオ・キリノ・ヴィスコンティを、語りました。一方、元のコレクションは、サンドニから16個のオブジェクト、宮殿と1815年ナポレオンの征服から作品の反発にナポレオンによって作ら依頼を1798年に
売却により減少しました。
19世紀の壮大な拡張
修復下の活性買収の方針は、技術的なオブジェクトの美しいセットを結集し、裕福な恋人エドム=アントワーヌ・デュラン(1825)と画家のピア・レボイル(1828)のような全体のコレクションのエントリーを許可しました中世と
ルネッサンスのための様々な。これらの努力は、ルイ・フィリップの下に進めなかったが、ルーヴル美術館は、まだ1847年Clarac伯爵の死に1830年における秩序の抑制時に聖霊の宝物を集めることができ、オブジェクトの
コレクション1854年に辞任したマルキス・デ・ラボルデ(Marquis de Laborde)に、彫刻とギリシア・ローマ美術の美術に関連する美術が委ねられた。
ソブリンの博物館、1852年2月15日にナポレオンIIIによって確立された君主制の歴史に関連する作品を含む:第二帝政ははかない作成を通じて美術コレクションの新しい拡張機能をマークルーヴル美術館、ロイヤル・ガルドー・
ミーブルブル、国立図書館のコレクションから採集された、キラーディックからルイ・フィリップルまで。キュレーターはHorace de Viel-Castel伯爵であり、1863年にHenry Barbet de Jouyによって成功しました。その年の主な
豊富さは、1856年のソヴェージョコレクションと1861年のカンパーナコレクションの入り口でした。

145名無し草 (ワッチョイ 37fa-zkh5)2018/03/24(土) 01:56:16.23ID:8vMpN4MU0
ギリシャの現在の部門を含む絵画、骨董品部門、と1793年に登場した最初の部門、
エトルリア・ローマ美術は相続人である、二重の性質によって、彼の後に生まれた
ルーヴルの他の考古学部門と区別され彼のコレクション(ギリシャとローマの地中海
の世界の装飾や考古学のコレクションとして、17世紀と18世紀に使用された彫刻の
コレクション)から。

コレクションの構成
1793年に開かれた古代人のセクションは革命的な発作によって豊かにされた古い
王家コレクションの周りに構成されています。博物館はオーストリアのアンの夏の
アパートに1800年に設置され、1807年には、ボルゲーゼコレクションから500以上の
大理石を購入して、部屋の開発を引き起こしました。王のパビリオン、女王の冬の
アパートなどがあります。 1815年に作品を修復した後、E.Q. Visconti(1751-1818)は、
最初の「古代の監督者」であり、活発な買収政策を導いた。 1821年、リヴィエール侯爵
によってルイ18世に提供されたヴィーナス・デ・ミロがコレクションに加わりました。ファンド
は、主に宮殿の1階に博物館チャールズXの1827年にTochonコレクション(1818年)と
デュラン(1825年から1836年)、元々の作成を購入することで、考古学的なオブジェク
トを豊かにし、ビー玉で構成しますそして、花瓶のコレクションを含むカンパーナ
コレクションの1つによって1861年に、19世紀の後半のギャラリー博物館チャールズXと
並行して、正方形の裁判所の南ウィングの1階にあり、考古学的な任務ルーヴル美術館
に北アフリカとオスマン帝国全体の多くの物を送る。サモトラケの勝利は、我々はの
古風なギリシャの彫刻(コラサモスライダーヘッド、オセールの女性)と「タナグラ」を発見
1884年からダルの階段の上にさらさシャンポワゾによって1863年に発見されましたViotia。
20世紀の初めに、部門の完全な見直しが想像され、徐々に実施されました。ナポレオン
から継承された彫刻の博物館は1934年に解体され、年代順の分類が課せられています。
ギリシャの芸術に専念コースは女王のホールの冬のアパートで彫刻の周りの地上階に
展開され、ダイアナの部屋とCaryatidsのもの、および回路は、芸術に捧げローマは
オーストリアのアンの旧夏のアパートの周りに組織されています。

146名無し草 (ワッチョイ 37fa-zkh5)2018/03/24(土) 01:58:01.59ID:8vMpN4MU0
第二次世界大戦の余波でブロンズの古いLacazeルームの床に発足された、ヘンリーII
ルームはローマの銀器とローマのフレスコ画の宝物を収容エトルリア美術とジュエリーの
部屋に専念します。

現在のミュセグラフィー:2011年のコレクションの再配備状況

部門の状態の部屋には、スフィンクスプチギャラリー裁判所の間で、再開発事業は、
1980年エトルリアコレクションはその後、地上階にさらされているから実現し大規模な
コレクションの結果であり、ローマの彫刻はリトルギャラリーとアウグストゥスの旧ホール
で行われます。ルーブルのピラミッドの開口部に続いて、コレクションの新しい
再インストールは、それが最初のフェーズギリシャの美術コレクションと一階の部屋
(1997年から2010年)に割り当てられ、1990年代に想像されます。 1997年には、ギリシャ
Preclassicのギャラリーの開口部は、ギリシャの金石学館、勝利の階段の下で
オリンピアの神殿に捧げ深刻なスタイルのホールと新しい部屋を完了しました
Samothraceは、すべてのマテリアルとテクニックを表すオブジェクトが混在している部門
の新しい入り口を作成することができます。同じ年には、ギャラリーダルが改装され、
一階が刷新さ:宝物を銀に専念部門が半分回復しながら、ラサールアンリIIは、その後、
古代の宝石ルームダイニンググラスに変換されます元チャールズXの博物館でテラコッタ
のフィギュアと彫像を展示し、Campanaのギャラリーとブロンズの部屋は完全に改訂
されました。
2004年にはManezhホール、パルテノン・マーブル、2010年7月に完成し、部門を収容する
ために2006年にダイアナの部屋の開発を開いた後、部屋の配置転換が発足してギリシャ
の芸術に捧げギリシャとギリシャの伝統的な芸術に特化した部屋で、王のパビリオン
の一階にあるヴィーナス・デ・ミロに帰されます。この10室の部屋は、有名な
カリアチット館を通って続くロイヤルアパートに属する2つのギャラリーを形成し、1997年
に始まった古代ギリシア美術に時系列的に結びついています。
今後数年間で(2013-2016)部門は、イタリック体とエトルリアの技術では、スフィンクスの
中庭の周りにローマの芸術への献身的なお部屋を再設計し、二階に、新しい専用コース
を作成するための計画を持っています

147名無し草 (ワッチョイ 1b0c-hgui)2018/03/25(日) 19:25:54.85ID:mUQASWxZ0
VOCA展 2018 現代美術の展望ー新しい平面の作家たち 上野の森美術館

花見日和の日曜なので、上野公園の人出がすごかった。
毎年あんまり人出のピークと会期が合致しないんだけどなあ。
でも中に入っちゃえば花見客が流れてくることもなく、静謐ないつものVOCA空間だった。
損保ジャパンのFACE展と相互割引やってて、半券提示で割引で入れた。まあもともとVOCAは規模の割に入場料安いけど。
今回も写真・映像・インスタレーション風展示と平面なら何でもあり。
ちょっとスカスカな感じがするくらい大型作品が贅沢に空間を占拠していて気持ちがいい。
大賞の人は日本をテーマにした布のパッチワーク作品。佳作の森本愛子とかはモロ近代日本画風。
が、VOCAの場合あんま賞とか関係ないんだよな。賞取ってない作家でもそれぞれ違う文脈で面白い。
庭園美術館の装飾展でも見た燗c姉妹の精緻な小品とか、発語をそのまま写し採った「唇拓」とか。
各作品は推薦者のキャプションが貼ってあるので、全く意味がわからないとかは無いと思う。

148147続き (ワッチョイ 1b0c-hgui)2018/03/25(日) 19:27:05.13ID:mUQASWxZ0
佳作でカオスラウンジの梅沢和木が出てたんだが、この人今更もうVOCAとかに出てくるような作家じゃないだろ。
かなり以前に山口晃が出てたの見た時と同じような違和感感じた。作家本人ていうより、推薦人の方の問題とは思うけど。
大型の作品見るのは初めてだったが、デジタルオンリーてわけじゃないんだな。
ネット上の画像 (Pixivの投稿画像やら3.11の廃墟画像やら) をデジタルコラージュしたプリントに絵の具で上描きした作品。
よく見ないと肉筆なのかプリントなのか判断が付かないが、肉筆性のが強い。
サブカルチャーからの引用作品ていうより、日本の近・現代の前衛絵画の方に親和性があるのではないか。

最後にアンケート用紙に感想書いて出すと粗品貰えるっていうんで提出した。
前にもやったことあるから、粗品って何だったっけ?と思ったけど思い出せない。
で、その粗品がサラリーマン川柳が印刷された第一生命のショボいメモ帳でわろた。
VOCAのネームが入ったボールペンくらい作ってくれよ・・・

149名無し草 (ワッチョイ 1b0c-hgui)2018/03/25(日) 19:34:07.76ID:mUQASWxZ0
>>140
江戸絵画のリアル始まったんだな。
会期は2ヶ月あるけど、前・後期で大幅展示替えがあるんだよな。
あそこ2回行くのはちょっとな・・・

150名無し草 (ワッチョイ 9a0c-7Zdz)2018/03/25(日) 19:35:16.42ID:ypeBQXRm0
ルーヴル美術館は、ルーヴル美術館の他の部門と比較して100,000を超えるコレクション
を創作しています。それは、創造の決定的な動機であった考古学的研究に関連して
います。フランスは、オスマン帝国とペルシャに派遣された領事や学者を通じて、19世紀
の考古学の分野のパイオニアでした。聖地と聖書に書かれたすべての場所と古典的な
作家の物語を探求したいという願いは、ルーヴル美術館の東部コレクションの誕生の
原点でした。メソポタミアで最初の探検が行われました。ポール・エミール・ボッタ
(モスルのフランス領事)は、1843?1845年にコルサバードで発掘され、アッシリア文明を
蘇らせました。最初の「アッシリア美術館」は1847年5月1日に開設され、アンティーク部門
に付属しています。 Bottaの数年後、Victor Placeの発掘によって完成しました。 1877年
に、Ernest de Sarzecはメゾポタミア南部のTelloのサイトを検索してシュメール人を発見
しました。 1881年ルーブル第テジョシュメールの美術に到着 - グデア、ラガシュの王子
を表す暗い閃緑岩の特に彫像 - 東洋美術部門の作成を決定しました。メソポタミアの
セクションでは、徐々に20世紀の前半には紀元前8世紀の地方アッシリア宮殿で
Assyriologistフランソワ・サーオー・ダンジン含む発掘のおかげで金持ちになります。
ADシリア東部のTil Barsip / Tell Ahmarから。北シリアの王国の首都アルスランタシ
ュ(Arslan Tash)への彼の調査によって、アッシリアに繋がった。最も重要な貢献はAndre
Parrotの発掘に由来します。AndreParrotは1933年からSumerの旧市街であるLarsaに光を
もたらしました。主にシリア中東ユーフラテスの都市、マリ、メゾポタミアの文明とレヴァント
との間のリンクを第三千年と第二千年紀の始まりとする王朝の座であった。
BabyloneはイランのSusaのサイトで発掘中に発見された "Hammurabiコード"でルーヴル
に入りました。紀元前12世紀にエラムの隣国の王子に追放されたBC、記念碑はSusaの
アクロポリスに展示されました。スーザのフランス考古学的使命の開拓者たちは、
ルーヴル美術館をアッカド、シュメル、バビロンの温室にした偉大なメソポタミア彫刻を
発見しました。 ペルシャでは、古代遺物の共有方法を確立するために、二国間の規則が
確立されました。

151名無し草 (ワッチョイ 9a0c-7Zdz)2018/03/25(日) 19:35:54.66ID:ypeBQXRm0
ルーヴル美術館のエジプト美術部門の創設は1798年と1801戦利品として
イギリスによって押収された学者によって収集された遺物の間エジプト
ボナパルトの遠征の直接の結果ではありません。ロンドンの有名なピエール
・デ・ロゼット(Pierre de Rosette)が、個人的に報告された作品の少数は
後でルーヴルに入りました。
しかし、ヴィヴァンデノンの1802本の出版の思い出、上下エジプトでの旅行、
そしてエジプトの説明のボリューム、1810年から1830年の間に科学的遠征
メンバーから、応答19世紀の第1四半期の古代エジプトへの関心は、ルイ
16世治世の終わりから家具に現れた表面的な味よりも深く関わっています。
Jean-FrancoisChampollionは世紀に生まれ、この雰囲気の中で成長します。
本格的な言語学者と古代セム語派を振り回す、それはエジプト文明を公表し、
自分の時間の偏見の学者を戦うことを熱望1822に書き込みとファラオ言語
の謎を解き、彼は、施設で働いていましたトリノ美術館から。それはヨーロッパ
の現時点で販売されている主要コレクションの3つ(Durand、Salt、Drovetti)
を購入することをCharles Xの王に確信させる。 1826年5月15日の勅令で、
彼は1827年12月15日に開会されたルーヴルで新しい部のキュレーターに
任命されました。

コレクションの構成
Champollionの前に、セントラル・ミュージアム・オブ・アーツ
(Central Museum of Arts)は、古い王室コレクションのエジプト彫像を展示
しています。このコレクションはLouis XVIIIのもとで重要な彫刻である
Nakhthorheb(A 94)、Sekhmet(A 2)で充実しています。
1824年から1827年の間に、コレクション全体(9,000点)が到着した部門が
作成されました。 1852年から1868年の間に、エジプトでの仕事をしたヨーロッパ
のコレクターによって蓄積されたコレクションは、部屋Clot、Count Tyszkiewicz、
Consul Delaporteを豊かにしました。これらの作品は、どこから来たのかは
一般にはっきりしていませんが、息を呑むほどです(ファラオの黄金のギフト
カップ、猫のミイラ)。
ルーヴル美術館の使節団であるマリエットは、サッカラのセラピムを発見する。
1852年から1853年の間に、彼は有名なスクライブ座を含む5,964点の作品を
パリに送りました!

152名無し草 (ワッチョイ 9a0c-7Zdz)2018/03/25(日) 19:36:38.79ID:ypeBQXRm0
1893年にルーヴル美術館で「ムスリム芸術」のセクションが作成され、1905年には美術品の部門にイスラムコレクション専用の第一の部屋が開かれました。
このコレクションは、キュレーター、特にガストン・ミゲオン(Gaston Migeon)の刺激の下、かなり成長しました。 Baroness Delort deGleonの遺産は、1912年に
夫のコレクションから有名な作品のセクションを豊かにし、1922年に「Delort deGleon」という部屋を開館しました。クロック。
1932年、アジアの芸術部門が創設され、イスラムのコレクションが付いています。第二次世界大戦後、1945年、極東からの作品がギメ博物館に移されたが、
東洋美術学部にはイスラムのセクションが作られた。

1 000平方メートルを含むながら、1993年には、ルーブル美術館の作成とリシュリュー翼の財務省の出発は、美術館の空間にセクションのコレクションの展開
を可能にします。

イスラム教の芸術のセクションは、創設された2003年に本格的な部門になります。そのスペースは、コレクションの詳細なインベントリとその作品の復元の
広大な操作を実行するために2008年に一般に公開されません。

2012年9月以来、修道院の修復されたファサードの間に新しいスペースが静かに挿入されています。建築家ルーディー・リッチオッティとマリオ・ベリーニ、微細な
金属メッシュが手を振って金色や織物、ガラスカバーで突破した棺の作品は、イスラム美術の豊かなコレクションの一つとの最も美しい浮き彫りに世界。

コレクションの形成

多くは前に出版されたことがない - - 14,000以上のオブジェクトが、美しく装飾美術館で堆積3500点の作品によって補完とイスラム教の芸術学部のコレクション
の芸術作品の豊かさと多様性を証明イスラムの土地。
コレクションの歴史は、偉大な歴史と芸術的な味の両方に触れています。
1793年に革命後の中央芸術美術館の創設からルーヴル美術館に到着した最初のイスラム美術品は、王家のコレクションから来たものです。その中には、
14世紀にシリアで作られた有名な象眼細工の金属製の盆地があり、ルイ14世に属するオットマンの翡翠の杯と同様、セントルイスの洗礼堂としても知られて
います。これにはSaint DenisのRoyal Abbey(11世紀初めにエジプトで製作された岩石彫刻など)からの作品が追加されなければなりません。

153名無し草 (ワッチョイ 9a0c-7Zdz)2018/03/25(日) 19:37:22.56ID:ypeBQXRm0
旧政権の下ではすでに、ルーヴル美術館は中世の現代彫刻を収蔵していました。
(G.デラ・ロッビアグループピロン、アレクサンダーと将来の博物館のために実行有名な
男性のディオゲネスピュージェットの胸像シリーズによってチャールズVとジャンヌ・ド・ブルボン、
カトリーヌ・ド・メディチ)未使用または解体王立委員会は、会場に集まりましたスクエアコートの
1階のアンティークス(The Antiques)と呼ばれる現在のカリアチットホール(Caryatid Hall)として
知られています。 (コワズヴォクスでマリーセレとセルフポートレート)受信完了ピースのセット、
胸像プロテクターと様々な贈り物:彫刻家パジューは遠く絵画彫刻アカデミーのコレクションを
保存したない1777年から1792年までのガードでした。
1793年に博物館が開館すると、現代の彫刻はほとんどありません。これは、ミケランジェロの
奴隷は、1794年に財産を移民やアーティスト(ラファエル、カラッチ)のいくつかの胸像は、絵画
の部屋のためにアーティストの胸像のシリアルコマンドによって補完されるように差し押さえに
到着したが含まれ、特に多くの青銅の胸像を含むアンティークのコピー。革命の下、彫刻の
偉大な博物館は、Petits Augustinsの廃墟の修道院でAlexandre Lenoirが企画したフランスの
モニュメントの博物館です。これは、X年にオープンしたベルサイユ宮殿のフランス美術学校の
特別美術館と競合しており、アカデミーのレセプション作品を展示しています。修復では、
フランスのモニュメント博物館は閉鎖されています。ルーヴル美術館には、審美的な質のため
にいくつかの作品が割り当てられています。

"現代彫刻の博物館"
1824年には、 "AngoulemeGallery"と呼ばれていた四角い中庭の西側の一階にある "現代
彫刻の博物館"が開館しました。 5つのホールには、100種類以上の彫刻が飾られ、エレガント
なスタイルと時代が融合しています。主権者の市民リストはその後、彫刻をほとんど獲得
しなかった。ルイ・フィリップの下では、ヴェルサイユの新しい歴史博物館が中心である。
しかし、1847年からは、古代の部門で最近の時代を担当するLeon de Labordeがギャラリーに
力を入れようとしています。彼の政策は、新監督ジャンロンによって追求されている。

154名無し草 (ワッチョイ 9a0c-7Zdz)2018/03/25(日) 19:38:57.23ID:ypeBQXRm0
絵画部の起源は、Francis Iの意志に戻り、イタリアの宮殿で賞賛されるような絵画のギャラリーであるフォンテンブローの城で形作られます。彼は偉大なイタリアの巨匠(Michelangelo、Raphael)の傑作を手に入れ、特定のアーティストを彼の裁判所(Leonardo da Vinci、
RossoまたはPrimatice)に招待しました。クラウン送信ソブリンのコレクションは、継続的なJabach銀行家ルイXIVのコレクションなどの重要な買収により、時間の好みやファッションに応じて濃縮作りました。後者の治世の下でコレクションがイタリアの分野で例外的な
展開を知っていれば、それは最初のスペインの絵画(Murillo)と一連のフランスの作品(Le Sueur)に入るルイ16世の下にあります。一方、北部の学校は徐々に第17回、特に第18世紀に入っています。
1793年、このアンサンブルはルーヴル宮殿で開かれた美術館のコレクションの出発点になります。 19世紀の間に、革新的な発作とボナパルトの芸術的征服は、個人(侯爵カンパーナの集まり)またはイベントや寄付金(医師のコレクションで、部門の充実だけでなく、
購入に貢献します1869年のCaze)。
1986年、オルセー美術館が開館した。コレクションの分割は、時系列の障壁に従って確立される:1848年の革命; Courbetと印象派はオルセー駅に参加するために博物館を離れる。

ドナー
ドナーやスポンサーはルーヴル友の会率いる博物館の生活や歴史の中で特別な場所は、一世紀前に作成した、博物館のすべての作品のかなりの数を取得していますすべての国で、希少性や優れた遺産の利益によって区別されます。
ドナーについては、ラ・カーズ、モロー - ネラトン、ロスチャイルドや、より最近では、レム、カウフマンとSchlageterのようないくつかの名前は密接にコレクションの歴史に、一定の期間や画家の再発見にリンクされたまま。ラ・カーズコレクションは、例えば、18世紀から
美術館に作品の重要な最初の波をもたらした、とレムの寄付は最近、18世紀のイタリア絵画のギャップを埋め。 2が彼らの元の所有者の意思に応じてグループ化されたままに大きい寄付の中で:クールカレ、カルロス・ベイステギによって組み立て肖像画の顕著
コレクションの二階、1942年に与えられ、カウントのオランダの全コレクションソーンの1930年に彼の娘プリンセスクロイルイを与え、1961年に遺贈の古い作品や印象派、で構成される。

155名無し草 (ササクッテロル Spbb-yWbn)2018/03/25(日) 22:08:38.63ID:8kDaHzQ3p
美鑑板の方覗いたら同じVOCAのレポやってた
レイヤーがどうとかわけのわからん事言ってて
挙げ句の果てに関係ないFACE展ディスっててワロタww
観てもいない展覧会のガセレポが得意だねー

156名無し草 (ガラプー KKe7-X2RC)2018/03/25(日) 23:33:21.02ID:DjvsM6YzK
泉屋博古館分館の木島櫻谷へ
土曜の午後で混んでるかと思ったがそれほどでもなく、ストレス無しに見て回れた
植物の描写も細かいが、それ以上に動物の毛並みや表情の表現に
動物に対する愛情が感じられる
無防備に寝入っている仔犬を写生したあと、わざわざ肉球の部分だけを
もう一度余白に念入りに描き込んでいるのは微笑ましかった
かりくらはどこを修復したのか分からないほど素晴らしい技術
展示のボリュームも丁度良く中弛みすることなく鑑賞できた
外の桜もほぼ満開なのにわざわざ桜だけを目当ての客もいないので
ゆっくり楽しませてもらった

157名無し草 (ワッチョイ 1b0c-hgui)2018/03/26(月) 00:22:08.16ID:Ain+M4WI0
>>155
作品中一点だけレイヤー云々と言及するキャプションがあった。
おそらくそれに関するSNSでも見たのではないかな。
FACE展とVOCAは相互割引してるだけで全く性格の違う企画展なんだけどな。
FACEは枠の無い公募展だけど、VOCAはコンテンポラリーだし推薦制のなので知名度のある人もいる。
書き忘れたけど、付属のギャラリーでは歴代受賞者の津上みゆきの個展やってた。
何気にVOCAのイメージはこの人に代表されるのではないかと。
>>156
かりくらは日美見る限りベコベコにたわんで絵具も剥離してるヒドい状態だったんだ。
油彩だったらわかるけど、日本画であの修復技術はスゴすぎる。

158名無し草 (ワッチョイ cbff-HoZ1)2018/03/26(月) 01:50:52.73ID:pmOMNAlw0

159名無し草 (ワッチョイ 9afb-GYSu)2018/03/26(月) 08:20:55.75ID:VdTuHZkv0
リトル・ギャラリーの新しい展覧会で明らかになったように、アートと政治力は常に密接な関係を結んでいます。
第3シーズンに向けて、芸術文化教育に特化したルーヴル美術館のスペースは、古代から現在までの政治的な力の表現のコードに焦点を当てています。

ルーヴル美術館やフランスの主要文化機関の作品を展示するこの展覧会では、古代のモデルや権力を象徴する物語に関連して、 "戦士"、 "ビルダー"、 "英雄"
このコースでは、特に、特別研究の対象となっているヘンリー4世の姿や、ルイ16世のような君主と皇帝の有名な肖像画を使って、画像がどのように正当化するために使われているかを示しますまたはナポレオン。

レガリアのような君主制の象徴的なオブジェクト、フランスの王の戴冠式のオブジェクトも提出されます。
最後の部分は、フランス革命で起こった歴史的および図像的な休憩を最終的に明るくする。

監督(複数): ルーヴル美術館の会長兼ディレクター、ポール・ミノーナウ(Paul Mironneau)、
国立博物館の所長、ポー・シャトーの遺産を扱っているジャン・ルック・マルティネス(Jean-Luc Martinez) プロジェクトマネージャー: フィレンツェDinet、ルーヴル美術館。

160名無し草 (ワッチョイ 9afb-GYSu)2018/03/26(月) 08:21:37.75ID:VdTuHZkv0
ほぼ150は、19世紀後半17世紀の王室コレクションからルーヴル美術館の誕生を作品を通してベルサイユのものと同様、主にルーヴル美術館のコレクションに頼って、展示は伝えます。

17世紀後半のベルサイユ宮殿、その庭園、大きなアパート、王のアパートには、ロイヤルコレクションがどのように展示されているかを示すルートがあります。
これは、芸術家のスタジオ、サロンで開催された絵画や彫刻や家具、現代美術展のロイヤルアカデミーがあったルーブル、18世紀における真の芸術的な蜂の巣に進み、 2年に1度の正方形。

18世紀には、芸術に特化したルーヴル美術館が、王室のコレクションを勉強して熟考することができる博物館を保管するのに理想的な場所であることが明らかになりました。
展示会は、したがって、歴史的な期間の発見で、19世紀の普遍博物館にルーヴル美術館の変換に言及し、最後に1793エピローグにフランス革命の際に開かれた
この未来博物館にルイ16世の下で作られた買収や受注で終わりますヨーロッパではまだ未知の文明である。

小さなギャラリー、電源の劇場の展示に関連して、フランスの国立図書館は、彼らの素晴らしさにより例外セットを形成するバインダーのManuscrits.Ces部門に保持
その最も貴重なバインディングの5の融資を受け入れ、中世の終わりにシャルルマーニュの世紀からの歴史。

161名無し草 (ワッチョイ 9afb-GYSu)2018/03/26(月) 08:22:26.42ID:VdTuHZkv0
中世には、神の奉仕を祝うために使われた典礼書が、遺物のような他の聖なる物と並んで、教会の宝の中にあった。
彼らは、それらを保存宗教確立のためのキーメモリ機能を着用:その生活史と彼の精神的、時間的根拠の力を具現化するよう財務省は場所の創設の栄光の記憶を永続させるために使用されました。
彼らは豊かな照明装飾を受け、カバーとして、その素晴らしさと精巧なアイコンがその内容の精神的および象徴的な次元に合った真の宝石という共通点を共有しています。
これらの原稿は、様々な施設からのもの:メッツ福音書の2冊は、最初と最後のショーケースに提示するために、
二福音のための部屋4、パリの窓のサン・ドニのミサ典にアラスのサンヴァースト部屋2の中央の窓にあるサント・シャペル。
これらの写本とそのイルミネーションの実行が空間と時間に十分に局在化していれば、バインディングとは必ずしも同じではなく、
その一部は複合的な側面を持っています。金、銀、銅、象牙、宝石、真珠など貴重な素材を使用して装飾されています...

これらは洗練された技法のように審美的価値を高める機能を持っています。精神的な本。 革命と領事館以来BNFによって保たれ、これらの本は特にスポンサーのおかげで回復し、
両方のバインディングのために、新しい光の中で、ルーヴル美術館と中世のコレクションからの芸術のオブジェクトと、新しいコースで利用されている会話しますポロンスキー財団から 。

162名無し草 (ワッチョイ 9afb-GYSu)2018/03/26(月) 08:23:48.80ID:VdTuHZkv0
西部の主要芸術ジャンルであるこの肖像画は、NTVと提携してルーヴル美術館が企画する日本での展覧会の対象となります。

アレキサンダー大王の胸像からヴェロネーゼのベルナーニに至るまでの名作と、ルーヴル美術館のすべての部門の発見から、19世紀にメソポタミアの古代から肖像画の芸術を紹介します
ヨーロッパ人であり、肖像画が時間をかけて獲得した機能を中心に回ります:愛する人の記憶を消したり消えたり、男性と女性の力を祝い、目立つイメージを浮かべて遊んでください。
選択された横断的アプローチと支持者の多様性は、表現のコードの出生、伝播、転覆を際立たせるでしょう。

監督(複数):
コモ・ファーブル(Como Fabre)とルドヴィッチ・ロウギエール(Ludovic Laugier)、ルーヴル美術館

リトル・ギャラリーの新しい展覧会で明らかになったように、アートと政治力は常に密接な関係を結んでいます。
第3シーズンに向けて、芸術文化教育に特化したルーヴル美術館のスペースは、古代から現在までの政治的な力の表現のコードに焦点を当てています。

ルーヴル美術館やフランスの主要文化機関の作品を展示するこの展覧会では、古代のモデルや権力を象徴する物語に関連して、 "戦士"、 "ビルダー"、 "英雄"
このコースでは、特に、特別研究の対象となっているヘンリー4世の姿や、ルイ16世のような君主と皇帝の有名な肖像画を使って、画像がどのように正当化するために使われているかを示します。

163名無し草 (ワッチョイ 9afb-GYSu)2018/03/26(月) 08:25:45.53ID:VdTuHZkv0
1893年にルーヴル美術館で「ムスリム芸術」のセクションが作成され、1905年には美術品の部門にイスラムコレクション専用の第一の部屋が開かれました。
このコレクションは、キュレーター、特にガストン・ミゲオン(Gaston Migeon)の刺激の下、かなり成長しました。 Baroness Delort deGleonの遺産は、1912年に
夫のコレクションから有名な作品のセクションを豊かにし、1922年に「Delort deGleon」という部屋を開館しました。クロック。
1932年、アジアの芸術部門が創設され、イスラムのコレクションが付いています。第二次世界大戦後、1945年、極東からの作品がギメ博物館に移されたが、
東洋美術学部にはイスラムのセクションが作られた。

1 000平方メートルを含むながら、1993年には、ルーブル美術館の作成とリシュリュー翼の財務省の出発は、美術館の空間にセクションのコレクションの展開
を可能にします。

イスラム教の芸術のセクションは、創設された2003年に本格的な部門になります。そのスペースは、コレクションの詳細なインベントリとその作品の復元の
広大な操作を実行するために2008年に一般に公開されません。

2012年9月以来、修道院の修復されたファサードの間に新しいスペースが静かに挿入されています。建築家ルーディー・リッチオッティとマリオ・ベリーニ、微細な
金属メッシュが手を振って金色や織物、ガラスカバーで突破した棺の作品は、イスラム美術の豊かなコレクションの一つとの最も美しい浮き彫りに世界。

コレクションの形成

多くは前に出版されたことがない - - 14,000以上のオブジェクトが、美しく装飾美術館で堆積3500点の作品によって補完とイスラム教の芸術学部のコレクション
の芸術作品の豊かさと多様性を証明イスラムの土地。
コレクションの歴史は、偉大な歴史と芸術的な味の両方に触れています。
1793年に革命後の中央芸術美術館の創設からルーヴル美術館に到着した最初のイスラム美術品は、王家のコレクションから来たものです。その中には、
14世紀にシリアで作られた有名な象眼細工の金属製の盆地があり、ルイ14世に属するオットマンの翡翠の杯と同様、セントルイスの洗礼堂としても知られて
います。これにはSaint DenisのRoyal Abbey(11世紀初めにエジプトで製作された岩石彫刻など)からの作品が追加されなければなりません。

164名無し草 (ワッチョイ 0ec8-ILgn)2018/03/28(水) 13:51:03.17ID:HYo7pVjM0
「名画の感想を述べるのは日本人だけ」 西洋美術の正しい鑑賞方法とは?
https://thepage.jp/detail/20180312-00000017-wordleaf

165名無し草 (ワッチョイ bebd-GYSu)2018/03/28(水) 14:19:16.65ID:aKrS+6w60
ルーブル美術館の歴史
城から博物館まで
ルーヴル美術館を訪れれば、中世から1848年までの西洋美術や多くの古代文明をコレクションを通して発見することができます。
博物館を所蔵し、その起源が12世紀の終わりまでさかのぼる宮殿は本当に建築的なレッスンです:1200年から2011年にかけて、最も革新的な建築家はルーヴル美術館の建設と拡大に成功しました。
長い歴史の中で、1870年までフランスの首脳を収容していたこの王室邸宅は、パリとフランスの歴史が演じられた偉大な劇場のひとつです。

ルーブル美術館の歴史は、フィリップ・オーギュストがパリを守るために要塞を建てることを決定した1190年頃から始まります。
それは都市主義のジェスチャーであり、主権者の権威の現れであり、彼が国を離れて十字軍の戦いに行くことを約束している。
この要塞の弱点の1つ、セーヌ川とのジャンクションを守るためには、ルーヴルの出生証明書である城を実行する必要があります。
フィリップ・オーギュストのエンジニアが設計した建物は、正方形で、堀で保護され、円形の塔で角の隅や中央に守られています。
それは、その裁判所の中心に、独自の溝があるマスタータワーを含んでいます。このモデルは何度も使用されており(バリエーションあり)、
イル=ド=フランスのドゥルダン城は、今日もよく保存された例を提供しています。 フィリップ・オーギュストのルーヴル美術館は王家ではなく、
守備の要塞です。それは都市の中心部(今日のような)ではありませんが、その限界とその任務は保護すること(そしておそらくは監視すること)です。

166名無し草 (ワッチョイ bebd-GYSu)2018/03/28(水) 14:19:52.36ID:aKrS+6w60
ルーヴル美術館の「ビッグタワー」は、重要な人物のためにロイヤルセーフと刑務所の役割も果たします。カウント・フェランド、フィリップ・オーギュストの対戦相手は、
ブービンズでの敗北から13年間抑留されている。 しかし、城の状況は急速に変化します。徐々に密集した市街地に囲まれ、守護を失います。
さらに、首都の異なる住宅間を移動したいフランスの王たちは、ますますそこに住むように導かれます。セントルイス(1226〜1270)の治世から、城の地下​​に建てられた大型の柱状の部屋が今日も残っています。

百年戦争の後、パリから遠くに住んでいることに慣れてきたフランスの支配者は、主にロワール渓谷に住み続け、時折数回だけ首都を訪れる。
この状況は、1525年のパヴィア王の軍事敗北とスペインでの捕虜収容後のフランシス1世(1515-1547)治世下で変化する。
彼の国に戻って、王は首都を取り戻そうとしており、1528年の公式宣言によって、それを主たる住居とすることを決定する。
中世の城は最新のものになり、治世の終わりに王はそれを再建することに決めましたが、ヘンリー2世(1547-1559)の統治のもとでは主な作業。

167名無し草 (ワッチョイ bebd-GYSu)2018/03/28(水) 14:20:34.68ID:aKrS+6w60
7月と1789年10月の革命的な日では、権限はパリに移住を余儀なくされています。チュイルリールイ16世は、彼の除去1792年8月10日、
革命委員会(およびそれらの最も有名なまで強さとますます囚人をもたらした1870居住者まで、フランスを指示すべてのプランで1792年から1794年までロベスピエール)率いる、
1793にルイXIVの偉大な劇場の跡地に建て部屋に設置取締役会およびメイン革命的なアセンブリと同居領事館は、
チュイルリーは、ナポレオンの勝利を参照してください私はその後、ルイ16世、ルイ18世とチャールズXの兄弟が力への返却に常駐1815年にウォータールーの後敗北
(誰が1804年に皇帝を戴冠される前に、1800年に最初の領事としてそこに移動)する必要がありますが彼らのいとこルイ・フィリップに1830年に道を譲る、
7月の革命によって王位にしました。 多くの内装作業が連続した支配者の好みやファッションに合わせて行われます。
この時代の最も重要な貢献は建築家ペルシエとフォンテーヌによってリヴォリ通りに沿って建てられ、翼マルサンのままで、
そのエントリになりまし小さな弓でマークされている偉大なクールカルーゼルを閉じ、 1805年から軍事作戦への2つの建築家の賛辞が提起しました。

168名無し草 (ワッチョイ bebd-GYSu)2018/03/28(水) 14:21:12.42ID:aKrS+6w60
ほぼ150は、19世紀後半17世紀の王室コレクションからルーヴル美術館の誕生を作品を通してベルサイユのものと同様、主にルーヴル美術館のコレクションに頼って、展示は伝えます。

17世紀後半のベルサイユ宮殿、その庭園、大きなアパート、王のアパートには、ロイヤルコレクションがどのように展示されているかを示すルートがあります。
これは、芸術家のスタジオ、サロンで開催された絵画や彫刻や家具、現代美術展のロイヤルアカデミーがあったルーブル、18世紀における真の芸術的な蜂の巣に進み、 2年に1度の正方形。

18世紀には、芸術に特化したルーヴル美術館が、王室のコレクションを勉強して熟考することができる博物館を保管するのに理想的な場所であることが明らかになりました。
展示会は、したがって、歴史的な期間の発見で、19世紀の普遍博物館にルーヴル美術館の変換に言及し、最後に1793エピローグにフランス革命の際に開かれた
この未来博物館にルイ16世の下で作られた買収や受注で終わりますヨーロッパではまだ未知の文明である。

小さなギャラリー、電源の劇場の展示に関連して、フランスの国立図書館は、彼らの素晴らしさにより例外セットを形成するバインダーのManuscrits.Ces部門に保持
その最も貴重なバインディングの5の融資を受け入れ、中世の終わりにシャルルマーニュの世紀からの歴史。

169名無し草 (ワッチョイ bebd-GYSu)2018/03/28(水) 14:21:56.90ID:aKrS+6w60
中世には、神の奉仕を祝うために使われた典礼書が、遺物のような他の聖なる物と並んで、教会の宝の中にあった。
彼らは、それらを保存宗教確立のためのキーメモリ機能を着用:その生活史と彼の精神的、時間的根拠の力を具現化するよう財務省は場所の創設の栄光の記憶を永続させるために使用されました。
彼らは豊かな照明装飾を受け、カバーとして、その素晴らしさと精巧なアイコンがその内容の精神的および象徴的な次元に合った真の宝石という共通点を共有しています。
これらの原稿は、様々な施設からのもの:メッツ福音書の2冊は、最初と最後のショーケースに提示するために、
二福音のための部屋4、パリの窓のサン・ドニのミサ典にアラスのサンヴァースト部屋2の中央の窓にあるサント・シャペル。
これらの写本とそのイルミネーションの実行が空間と時間に十分に局在化していれば、バインディングとは必ずしも同じではなく、
その一部は複合的な側面を持っています。金、銀、銅、象牙、宝石、真珠など貴重な素材を使用して装飾されています...
これらは洗練された技法のように審美的価値を高める機能を持っています。精神的な本。 革命と領事館以来BNFによって保たれ、これらの本は特にスポンサーのおかげで回復し、
両方のバインディングのために、新しい光の中で、ルーヴル美術館と中世のコレクションからの芸術のオブジェクトと、新しいコースで利用されている会話しますポロンスキー財団から 。

170名無し草 (ワッチョイ cbff-HoZ1)2018/03/28(水) 19:24:36.59ID:PC/aE9Ph0
>>164
コンプレックス丸出しでキモい

171名無し草 (ワッチョイ b6fb-zkh5)2018/03/28(水) 20:26:12.58ID:T93+kG830
デルフトで一生を過ごした後、ヨハネス・フェルメール(1632 - 1675年)はわずか36点の
絵画を残しました。 MauritshuisはVermeerの3つの絵画を所有しています:ダイアナと
彼女のニンフ;神話的なシーンを描いた初期の作品、街並みの街並みと真珠のイヤリング
を持つ世界的に有名な女の子。

ヴェルメールは、18世紀と19世紀初頭に比較的知られていなかった。彼の絵画の多くは
重要なコレクションに収められていて、高価で売られていましたが、しばしば他のアー
ティストに帰属していました。これは主にフランスの美術評論家、ソーレの出版物の
おかげで、1850年頃に変わった。

真珠のイヤリングを持つ少女は、ハーグのVenduehuis der Notarissenで開催された
オークションに出演した1881年以前は知られていなかった。アートコレクターA.A. des
Tombeは単なる2人のギルダーのために放棄された絵画と30セントの買い手のプレミアム
を買った。

デ・トムベが1902年12月16日に死亡した後、パール・イヤリングを持つ女の子を含む
モーリツフイスに12回の絵画を残したことが明らかになりました。

真珠のイヤリングを持つ少女は、フェルメールの最も有名な絵です。それは肖像画では
なく、「トロニス」 - 想像上の人物の絵です。 Troniesは特定のタイプまたは文字を表しま
す。このケースではオリエンタルなターバンと恐らく大きな珠が耳に入ったエキゾチック
なドレスの女の子。

ヨハネス・フェルメールが光の師でした。これは女の子の顔の柔らかさと湿った唇の光
のちらちらで示されています。もちろん、輝く真珠。

これはオランダの黄金時代の最も有名な街並みです。光と影の相互作用、印象的な
曇った空と水の中の微妙な反射は、この絵を絶対的な傑作にします。

私たちは南からデルフトを見ています。風の息はほとんどなく、街には静けさがあります。
ヴェルメールは、水、都市、空の3つの水平ストリップを作って、この静けさを彼の構成に
反映させました。彼はまた、建物が実際よりも少しきれいに描かれていました。

172名無し草 (ワッチョイ b6fb-zkh5)2018/03/28(水) 20:28:47.21ID:T93+kG830
1631年、フレドリック・ヘンリーの従兄弟であるナッソー・シーゲンの王子である
ジョン・モーリス(John Maurice)は、その時にオランダ共和国の政治的中心で
あったハーネのビネンホフと隣接するホフヴェイバー池に隣接するプロットを
購入した。プロットでは、Mauritshuisは、1636年と1641年の間に、オランダの
ブラジルを統治していたジョン・モーリスの家に建てられました。オランダの
建築家Jacob van CampenとPieter Postがデザインしたオランダのクラシック
建築物。 2階建ての建物は厳密に対称で、4つのアパートメントと大きなホールが
あります。各アパートには、アンティチェンバー、部屋、キャビネット、クローク
ルームがあります。もともと、建物は1704年に火の中で破壊されたキューポラを
持っていました。

1679年にジョン・モーリス皇太子が死亡した後、その家はオランダ政府に家を
借りたMaes家に所有されていました。 1704年に、Mauritshuisの内部のほとんど
は火事で破壊されました。建物は1708年から1718年に復元されました。

1774年に、現在公開されているウィリアムVギャラリーに一般に公開されている
アートギャラリーが結成されました。そのコレクションは1794年にフランス人に
よって押収され、1808年に部分的にしか回収されなかった。しかし、小さな
ギャラリースペースはすぐには小さすぎると判明した。そして1820年に、
モーリツィウスはオランダ国営のロイヤルキャビネット絵画 1822年、
マウリツィアは公衆に開放され、絵画のロイヤルキャビネットと珍しい王室の
内閣が収容されました。 1875年に、博物館全体が絵画のために利用可能になった

Mauritshuisは1995年に民営化されました。当時設立された財団は、長期貸付で
与えられた建物と収集の両方を担当しました。この建物は、州の所有物であり、
博物館によって賃貸されています。 2007年、博物館は拡大の願望を発表しました。
2010年には、最終的なデザインが発表されました。[11]博物館は近くのSocieteitde
Witteの建物の一部を占めるでしょう。 2つの建物は、Korte Vijverbergの下を走る
地下トンネルを経由して結ばれます。改装は2012年に始まり、2014年に完成
しました。

173名無し草 (ワッチョイ b6fb-zkh5)2018/03/28(水) 20:32:30.52ID:T93+kG830
フリン・バニンクック・コック(Frans Banninck Cocq)の指揮下にある第二地区の民兵組織
(Filit Banning Cocq and Willem van Ruytenburch)は、1642年にナイトウォッチ
(Dutch:De Nachtwacht) Rembrandt van Rijnによる絵画。それはアムステルダム博物館
のコレクションにありますが、国立博物館にはそのコレクションで最も有名な絵画として
著しく展示されています。ナイトウォッチは、最も有名なオランダの黄金時代の絵画の
一つです。

この絵画は、363cm×437cm(11.91ft×14.34ft)の巨大な大きさ、光と影の劇的な使用
(テン・ブリズム)、伝統的に静的な軍隊であった動きの知覚の3つの点で有名です
グループの肖像画。絵は1642年に完成し、オランダの黄金時代のピークに達しました。
Frans Banning Cocq船長(黒い服を着た赤いサッシ)とWillem van Ruytenburch
(黄色の服を着た白いサッシ)を率いて、同名の会社が出て行く様子を描いています。
レンブラントは日差しを効果的に利用して、中央の2人の紳士(元のタイトルを取得した
2人の紳士)と中央の左バックグラウンドの女性チキン。彼らの背後には、会社の色が
旗手、ヤン・ヴィスチャー・コルネリッセンによって運ばれています。数字はほぼ実寸です。

レンブラントは、自然の方法で、arquebusiersの伝統的なエンブレムを表示しています。
バックグラウンドの女性は、メインシンボルを持っています。彼女は一種のマスコットです。
彼女のベルト上の死んだ鶏の爪はclauweniers(arquebusiers)を表し、鶏の後ろの
ピストルはクローバーを表し、彼女は民兵の杯を保持している。彼女の前にいる男は、
伝統的な彫刻家のモチーフであるオークリーフでヘルメットを着ています。死んだ鶏は、
敗北した敵を代表することも意味する。黄色は勝利に関連することが多い。

絵は、キャプテン・バニング・コック(Banning Cocq)船長とクローヴィエ(Kloveniers)市民
(市民民兵)の17人が委託した(1639年頃)[3] 雇用されたドラマーが自由に絵に
加えられたので、中央の右の背景に1715年頃に描かれた盾に、18の名前が現れます。
合計34文字が絵に表示されます。

174名無し草 (ワッチョイ b6fb-zkh5)2018/03/28(水) 20:36:50.21ID:T93+kG830
オランダ風景画画家Jacob van Ruisdaelによるキャンバスペインティングのオイルです。(c。1660s)は、滝のある風景です。これは、オランダの黄金時代の絵画の一例であり、アムステルダム博物館のコレクションにあり、
国立美術館に貸し出しています。

この絵は、1911年にホフステッド・ド・グルートによって書かれました。 "198.オアハイの木の近くにある壁崩れ。Sm。Suppl。1.左側の前景には、岩に囲まれた滝があり、左側には流れの半分にある樹木の幹があり、右側の
前景には右に曲がった樺の幹を持つ岩場の銀行右の真ん中には雄の木があり、子供を看護する女性と会話する道が横断しています。 2人の人間が明らかに羊の群れを駆け抜ける流れです。中央にはシーブを持つ
コーンフィールドの眺めがあり、遠くには2つの風車と教会がある村があります。夕方には雲と日差しが転がってコーンフィールドと木々に落ちる "この最高の絵は、芸術家の最大の作品の一つであるだけでなく、独特の
壮大さと独特の鮮やかさと輝かしい色づけと最も巧みな実行、ちょうどappellにそれを与えるシェフ・ドゥーヴェルのアトリエ "(Sm。)。

足元の石の上に完全に署名した。キャンバスを使用していますが、アムステルダムのカタログによれば、56インチ×76インチのオーブンパネルに載っています。 1845年、アムステルダムのアムステルダムで展示された.
1740年(Sm。)、大陸のバート・サークル(Charles Blount、Bart。)の祖先が買収した。 Sm。にそれを販売したSir Charles Blount、Bart。の収集で。 1836年に.Sm。 A. van der Hoop、アムステルダム、1837年(1450年)。
アムステルダム国立美術館では、1910年のカタログ、No. 2075のファンデルフープ遺産を遺贈した。

このシーンはRuisdaelが作った他の絵と非常によく似ています。自然の力の警告として、これらはしばしばログや壊れた木の切り株を描いたものよりも浸水したシーンへの沈黙の証人として含まれていました。 Ruisdaelの
今日の作品のほとんどは滝のシーンなので、これらはうまく売れたはずです。 Ruisdaelは、Allaert van Everdingenの劇的な作品に触発され、松の木と山々を含む、より多くの北欧版(ロッキー山脈の滝など)を制作しました。

175名無し草 (ワッチョイ b6fb-zkh5)2018/03/28(水) 20:40:42.34ID:T93+kG830
貧弱な会社、またはReinier Reael船長とCornelis Michielsz Blaeuw中尉は、Haarlem外のFrans Halsによって描かれた唯一の
民兵グループの肖像画、またはschutterstukを指し、今日はアムステルダム博物館のコレクションにありますRijksmuseum、
それは名誉ギャラリーの主なアトラクションの一つと考えられています。ハルスはアムステルダムに通勤することに不満を持ち、
以前のグループの肖像画とは違って、時間通りにそれを届けることができませんでした。シッターはPieter Coddeと契約して
仕事を終えた。

ハルズは、元の民兵グループの肖像画、1633年の聖エイドリアン民兵会社の役員の好評を受け、1633年に契約を結んでいた。
すべての旗艦が旗を掲げており、すべての将校が武器を持っている。幹事は、スポーンオンンの役人と差別化するために半球を
保持していた。ハルスは当初アムステルダム版の同じ絵を意図していたようだが、左にはレース付きの華やかなカットスリーブ
ジャケットを身に着け、サッシの色で旗を握っている笑顔の旗手がいる。キャンバス・ハルスのどちらの側が絵を描いたかを
知ることは不可能ですが、ライトは「標準的な」ハルスの伝統の中で左の数字に落ちます。そして、これは最も重要な人物が
絵の中にある場所です。各シッターが自分の肖像画を支払ったので、ハルスはキャンバスルームを他の支払い担当者に「売る」
ために最も重要なシッターを始めたと推定されます。 Halsが実際に左からスタートしたかどうか、またはグループ全体のスケッチ
を一度に描いたかどうかにかかわらず、この絵の左の旗手は、帽子の先端から彼のつま先まで非常に華やかに描かれました
ブーツ。これはおそらくアムステルダムの意思決定者たちに、ハルスは「アムステルダム様式」でシュターツクを描くことができた
ことを証明することになりました。
旗兵はNicolaes van Bambeeckです。彼の隣に座っているのは、帽子と指揮官のスタッフを抱えているレイエル隊長と、コーネリス
・ミシエルズ・ブラエウュー(Cornelis Michielsz Blaeuw)中尉。右に行くほど、2つの絵がお互いに似ていません。 1636年、ハルスは
絵を完成させるためにアムステルダムに呼びかけられましたが、彼は拒否し、非常に長く座る必要はないとの確信を持って、
ハーレムのスタジオでシッターを受け入れるよう提案しました。

176名無し草 (ガラプー KK85-Z5Mn)2018/03/31(土) 21:48:16.58ID:UwYLB5L/K
美人画見てきた。なんか元気が出てきた。

177名無し草 (ガラプー KK3d-vEOr)2018/03/31(土) 21:54:40.59ID:aGxHaIapK
>>176
どこの?

178名無し草 (ガラプー KK85-Z5Mn)2018/03/31(土) 22:00:24.51ID:UwYLB5L/K
>>177
上野の芸大

179名無し草 (ガラプー KK3d-vEOr)2018/03/31(土) 22:07:59.20ID:aGxHaIapK
>>178
あ、始まってるんだ
行かなきゃ
サンクス!

180名無し草 (アウアウエー Sa23-kUw7)2018/03/31(土) 23:04:26.73ID:+LIRswUJa
博物館を構築するための契約は1858年初期の都市の拡大の過程で、
クリスマス1857城壁の取り壊しのために支配していた皇帝フランツ・
ヨーゼフ1世でした。
1911年の百科事典からの計画

その結果、リングロードゾーンのための多数のデザインが提出されました。
8月SicardフォンSicardsburgとエドゥアルトファンデヌルのこぎりによって
計画が出て、今日のHeldenplatzの権利王宮の直後に2つの博物館の
建物を確立していきます。建築家ルートヴィヒ・フォスターは、
SchwarzenbergplatzとStadtparkの間の博物館を計画していました。
マーティン・リッター・フォン・キンク(Martin Ritter von Kink)は、
ヴァーリンガー・シュトラーセ(VahringerStrase/ Schottenring)の隅に
建物を優先させました。 Peter JosephLenneはBellariastrase(実際に
選ばれた場所から遠くない)周辺の地域を提案しました。モーリッツ・
フォン・Loehrは、2つの帝国博物館は、穀物市場の南東側(後に
ウィーン美術アカデミーが構築された)オペラリング建物、ルートヴィヒ
Zettlの南側に望んでいました。

1867博物館のための競争を発表し、それによって、それらの現在位置
を決定した - 皇帝の博物館の要求ではなく、環状道路を超えて、王宮に
近すぎては発生しません。建築家のCarl von Hasenauerがこの
コンクールに参加し、チューリッヒで活躍していたGottfried Semperと協力
することができました。 2つの博物館の建物は、イタリアのルネサンス
様式で建てられました。計画は、皇室の親善を発見した。 1869年4月には、
観客センパー皇帝があり、それによって契約の口頭賞を受賞しました。
1870年7月、セムパーとハセナウアーに手紙を送りました。

SemperとHasenauerが他の建築家のプロジェクトと比較して成功したか
どうかが決定しました。 A。 Semperのビジョンは、博物館の一部で
あった「Kaiserforum」と呼ばれる大規模な建物のビジョンです。 1879年に
センパールが死去したことで、カイザーフォルムは計画された形で処刑
されなかったが、2つの博物館が建てられた。
ファイル:Kunsthistorisches Museum - KuppelhalleとStiegenhaus
.webmMediaファイルの再生
ドームホールと階段のビデオ

181名無し草 (アウアウエー Sa23-kUw7)2018/03/31(土) 23:06:27.50ID:+LIRswUJa
2つの博物館の建設は、1871年11月27日の式典なしに行われました。
Semperはウィーンに移った。最初から、1877年以降、唯一のサイト管理
を引き継いだ彼とHasenauerの間には、かなりの個人差がありました。
1874、足場は最上階まで配置され、そして一階を完了し、1878年に建設
された、最初のウィンドウ1879は、欄干と欄干を完了し、ドームと幕屋の
1881年に1880年から構築されました。

屋根裏部屋は、芸術の分野の人格を描いた彫像に囲まれています。
彫刻はEdmund Hellmer、Carl Kundmann、Viktor Tilgner、Caspar
Zumbuschなどが作ったものです。入り口には、座っている絵画(エドモンド・
ヘルマー左)と彫刻(ヨハネス・ベンク)が並んでいます。ドームは、
ヨハネス・ベンクのパラス・アテナの銅像で飾られています。

美術史美術館の階段はグスタフ・クリムト、エルンスト・クリムト、
フランツ・Matsch、ハンス・マカルトとミアリー・マンカックシーの作品を
持っています。
→主要記事:美術館(ウィーン)の階段の写真

天井の二重窓と照明や空調概念が可能人工光(その後、主ガス照明
など)の放棄をしたが、季節変化営業時間に、この昼光依存性に起因
する結果となりました。

博物館

自然史博物館の向かいにある姉妹館のある美術館(Kunsthistorisches
Museum)は、リングシュトラーゼン時代の最も重要な歴史的建造物の
ひとつです。彼らは一緒にマリア・テレジアン・プラッツ(Maria-Theresien
-Platz)の隣に立っており、そこにはマリア・テレサの記念碑があります。
この広場は、今日の環状道路と2線の間の旧氷河の一部を覆い、ウィーン
の世界遺産歴史センターに属するアンサンブル記念碑を形成しています。

歴史

博物館は(ほとんどが、しかし、散乱される)。特にチロルのフェルディナンド、
皇帝ルドルフ2世のコレクションの肖像画や鎧コレクションから、ハプスブルク
家のコレクションから作成され、大公レオポルド・ヴィルヘルムの美術コレク
ションました。すでに1833年にジョセフ・Arneth、帝国のコインやアンティーク
キャビネットの学芸員(以降ディレクター)は、単一の建物の中に一緒に
すべての皇室のコレクションをもたらす、と呼ばれます。

182名無し草 (アウアウエー Sa23-kUw7)2018/03/31(土) 23:09:58.66ID:+LIRswUJa
美術館は1891年10月17日、フランツ・ジョセフ1世によって正式に開館されました。 1891年10月22日以来、博物館は公開されています。
すでに2年前、1889年11月3日に、今日のホフジャグドとリュスカマーの武器収集が始まりました。 1890年1月1日、図書館がサービスを
開始しました。ベルリンの下ベルヴェデール、アッパーベルヴェデール、皇居、宮殿アンブラスからの最も皇室の他のコレクションの
合併と設置にはさらに2年かかります。
骨董品のコレクション:バスト「ユーロピウス」(ローマ、5世紀半ば)、スルタン・アブドゥルハミド2世からフランツ・ジョセフ1世皇帝への
贈り物。

1891年、裁判所博物館は7つのコレクションで構成され、

コイン、メダル、アンティークコレクションのディレクター
エジプトのコレクション
アンティークコレクション
コインとメダルのコレクション

武器や芸術品のコレクションの管理部
武器コレクション
美術品のコレクション

GemaldegalerieとRestaurieranstaltの部署
水彩画、スケッチ、スケッチなどのコレクション
Splendo-Anstalt

まもなく、皇室のコレクションのためにホーフミュージアムが提供したスペースは狭くなりました。このような状況を改善するために、
ヴェルクスガルテンのテセウス寺院で、エフェソスからの古代の発見物の展示が企画されました。また、ロベルトベルヴェデーレでは
部屋を借りなければなりませんでした。

1914年、王座のフランツ・フェルディナンドの遺産を暗殺した後、彼のエステンセイコレクションはホーフミュージアムの行政になった。
このコレクションは、家のデステと世界旅行コレクションのフランツ・フェルディナンドのアートコレクションに由来し、1908年以来、
新しいホーフブルクに建設されました。これらのストックから、古い楽器と民族学博物館のコレクションが現れました。

圧倒的な経済状況を除けば、第一次世界大戦は失われずに成功しました。ホーフミュージアムは、戦争の5年間に公開されたまま
であった。

1919年まで、k.k.オーストリア文化博物館は、ハプスブルク・ロレーヌ邸の家族の家に属していました。職員と従業員は宮廷の一部でした。

183名無し草 (アウアウエー Sa23-kUw7)2018/03/31(土) 23:12:46.61ID:+LIRswUJa
君主制から共和国への移行は、完全な静けさで博物館で行われました。 1918年11月19日
、2つの裁判所の博物館はドイツオーストリア共和国の国家保護下でマリア・テレジアン
広場に置かれました。美術館の所蔵は、その後数週間、数ヶ月に渡って君主制の「後継
国」が脅かされ、イタリアとベルギーはオーストリア美術にクレームを提起した。実際には、
1919年2月12日に武装したイタリアのユニットによる62枚の絵画の暴力的な除去が見られ
ました。この「芸術の盗難」は、キュレーターと美術史家の間に長い間、傷を残しました。

1919年9月10日のサンジェルマンの平和条約のみが交渉による文化分野の主張の解決の
ために第195条および第196条に規定されていた。ベルギー、チェコスロバキア、そして
最近では、イタリアの主張は、このように大きく回避される可能性がある。ハンガリーは、
これまで最大の主張であったが、147件の交渉で10年以上にわたり交渉が行われた。

1919年4月3日、ハプスブルグ・ロレーヌ邸の法律による収奪と、共和国による「鉱山跡の
収集」を含む財産の取得。 1920年6月18日、1920年11月10日以来、以前の裁判所の
博物館とEstensiコレクション、および内務教育局への世俗的かつ事務的財務省の暫定的
な管理が、連邦内務教育省によって行われました。数日後、美術学博物館はウィーン国立
美術館と改名され、1921年には美術学博物館と改称されました。 1921年1月1日、博物館
の従業員は共和国の正常な職員となった。

以前の帝国のコレクションを国家所有権に引き継いで、博物館はまったく新しい状況に
陥った。 1919年、Hans Tietzeは博物館部門の変化した条件を正当化するためにウィーン
博物館プログラムを設計しました。それは、異なる家に集中するために、個々の博物館間
の緊密な協力を求めた。このように、交換、売却、決済は、戦間期における買収政策を支配
した。これは、今日まで有効な収集傾向をもたらしました。また、1934年の兵器コレクション
の移転は、ニューキャッスルの現在の敷地内にあり、1916年以来、古い楽器のコレクション
が設立されました。

皇室のコレクションが共和国の財産に変更されたことも、内部組織の再編成に関係して
いた。

184名無し草 (アウアウエー Sa23-kUw7)2018/03/31(土) 23:16:16.55ID:+LIRswUJa
オーストリアの "Anschluss"をドイツ帝国に導入したことで、ロスチャイルドのようなユダヤ人の芸術コレクションはすべて強制的に "アリオン化"されました。コレクションは、ゲシュタポによって博物館に「与えられた」か、
単に配布されたものでした。これは株式の大幅な増加をもたらした。 KHMは、アリオン化から利益を得た唯一の博物館ではありませんでした。盗まれたユダヤ人の財産は、帝国全土の博物館、コレクション、または
質屋に系統的に売却された。

戦後、博物館は、「Aryanised」芸術所有者またはその相続人に払い戻す限り運がまったく難しいそれを持っているでしょうとして、やりました。ロスチャイルド家は自分のコレクションの最も重要な部分を博物館に残すことを
余儀なくされた。これは「献身」または「贈り物」と呼ばれていました。理由は、所有者が特定の美術品を国外に持ち出すことを許さない輸出法であった。同様の方法が他の元の所有者によって使用された。

何十年後、国際的な外交とメディアの圧力のために、米国から大部分、連邦政府は法律を変えることにした(Kunstrestitutionsgesetz of 1998、いわゆるLex Rothschild)。アートオブジェクトは、1990年代にのみロスチャイルド
家系であり、払い戻されました。

美術館博物館は、1998年12月4日の美術オブジェクトの帰還に関する連邦法(BGBl。I Nr。181/1998)に基づいて広範な起源調査を行っている。この法令が成立する前でさえ、建築家ディレクターのハーバート・ハウプト氏
のイニシアチブで社内調査が行われました。この目的のためにリディアGroblと共同で彼によって国家条約1955 1998にナチス時代の美術史美術館の在庫水準の変化と年、さらに産地の研究のための重要な基礎について
の事実の包括的な声明を提出されました。

スザンヌHehenbergerとモニカ消火器は、委員会を代表して美術史美術館で産地の研究者として出所の調査のために働いて、2009年4月1日以降であり、1933年から最近までの調査期間を編集2人の歴史家。 2015年9月に
報告されたように、ナチス時代の音楽アート盗難の処理は始まったばかりです。 Eva Blimlinger局長は、2017年末までに古い楽器のコレクションを報告する予定です。

185名無し草 (ササクッテロ Sp0d-hihw)2018/04/01(日) 12:47:22.03ID:iOGE1jfjp
わざとらしく自演会話やったあと
長文コピペ投下してるな
何で律儀にこの形式を遵守してるのかよくわからんがw

186名無し草 (ガラプー KK3d-vEOr)2018/04/01(日) 14:28:14.96ID:0ruGn2i8K
>>185
あんた、たぶんビョーキだよ
展覧会より病院行きな

187名無し草 (アウアウカー Sadd-hhzS)2018/04/01(日) 15:51:34.38ID:xzoAveJra
まさかバレてないと思ってたんだろうか
こんなクソ荒れたとこでレポ書いてる時点で…
ここはハゲのコロ助によるハゲスレだからどうでもいいけどな

188名無し草 (ワッチョイ 1956-KjNR)2018/04/02(月) 00:16:26.30ID:lJMn/8Ec0
書くよ
そして読む

189名無し草 (ガラプー KK3d-vEOr)2018/04/02(月) 00:27:04.82ID:MjabyduBK
うん、ハゲばっかりじゃないよ
オッサンもオバハンもいる

190名無し草 (ワッチョイ 21ff-bF2x)2018/04/02(月) 09:12:57.59ID:ZmRehkKD0
ルーブル美術館の歴史
城から博物館まで
ルーヴル美術館を訪れれば、中世から1848年までの西洋美術や多くの古代文明をコレクションを通して発見することができます。
博物館を所蔵し、その起源が12世紀の終わりまでさかのぼる宮殿は本当に建築的なレッスンです:1200年から2011年にかけて、最も革新的な建築家はルーヴル美術館の建設と拡大に成功しました。
長い歴史の中で、1870年までフランスの首脳を収容していたこの王室邸宅は、パリとフランスの歴史が演じられた偉大な劇場のひとつです。

ルーブル美術館の歴史は、フィリップ・オーギュストがパリを守るために要塞を建てることを決定した1190年頃から始まります。
それは都市主義のジェスチャーであり、主権者の権威の現れであり、彼が国を離れて十字軍の戦いに行くことを約束している。
この要塞の弱点の1つ、セーヌ川とのジャンクションを守るためには、ルーヴルの出生証明書である城を実行する必要があります。
フィリップ・オーギュストのエンジニアが設計した建物は、正方形で、堀で保護され、円形の塔で角の隅や中央に守られています。
それは、その裁判所の中心に、独自の溝があるマスタータワーを含んでいます。このモデルは何度も使用されており(バリエーションあり)、
イル=ド=フランスのドゥルダン城は、今日もよく保存された例を提供しています。 フィリップ・オーギュストのルーヴル美術館は王家ではなく、
守備の要塞です。それは都市の中心部(今日のような)ではありませんが、その限界とその任務は保護すること(そしておそらくは監視すること)です。

191名無し草 (ワッチョイ 21ff-bF2x)2018/04/02(月) 09:13:44.83ID:ZmRehkKD0
ルーヴル美術館の「ビッグタワー」は、重要な人物のためにロイヤルセーフと刑務所の役割も果たします。カウント・フェランド、フィリップ・オーギュストの対戦相手は、
ブービンズでの敗北から13年間抑留されている。 しかし、城の状況は急速に変化します。徐々に密集した市街地に囲まれ、守護を失います。
さらに、首都の異なる住宅間を移動したいフランスの王たちは、ますますそこに住むように導かれます。セントルイス(1226〜1270)の治世から、城の地下​​に建てられた大型の柱状の部屋が今日も残っています。

百年戦争の後、パリから遠くに住んでいることに慣れてきたフランスの支配者は、主にロワール渓谷に住み続け、時折数回だけ首都を訪れる。
この状況は、1525年のパヴィア王の軍事敗北とスペインでの捕虜収容後のフランシス1世(1515-1547)治世下で変化する。
彼の国に戻って、王は首都を取り戻そうとしており、1528年の公式宣言によって、それを主たる住居とすることを決定する。
中世の城は最新のものになり、治世の終わりに王はそれを再建することに決めましたが、ヘンリー2世(1547-1559)の統治のもとでは主な作業。

192名無し草 (ワッチョイ 21ff-bF2x)2018/04/02(月) 09:14:38.00ID:ZmRehkKD0
7月と1789年10月の革命的な日では、権限はパリに移住を余儀なくされています。チュイルリールイ16世は、彼の除去1792年8月10日、
革命委員会(およびそれらの最も有名なまで強さとますます囚人をもたらした1870居住者まで、フランスを指示すべてのプランで1792年から1794年までロベスピエール)率いる、
1793にルイXIVの偉大な劇場の跡地に建て部屋に設置取締役会およびメイン革命的なアセンブリと同居領事館は、
チュイルリーは、ナポレオンの勝利を参照してください私はその後、ルイ16世、ルイ18世とチャールズXの兄弟が力への返却に常駐1815年にウォータールーの後敗北
(誰が1804年に皇帝を戴冠される前に、1800年に最初の領事としてそこに移動)する必要がありますが彼らのいとこルイ・フィリップに1830年に道を譲る、
7月の革命によって王位にしました。 多くの内装作業が連続した支配者の好みやファッションに合わせて行われます。
この時代の最も重要な貢献は建築家ペルシエとフォンテーヌによってリヴォリ通りに沿って建てられ、翼マルサンのままで、
そのエントリになりまし小さな弓でマークされている偉大なクールカルーゼルを閉じ、 1805年から軍事作戦への2つの建築家の賛辞が提起しました。

193名無し草 (ワッチョイ 21ff-bF2x)2018/04/02(月) 09:15:42.06ID:ZmRehkKD0
ほぼ150は、19世紀後半17世紀の王室コレクションからルーヴル美術館の誕生を作品を通してベルサイユのものと同様、主にルーヴル美術館のコレクションに頼って、展示は伝えます。

17世紀後半のベルサイユ宮殿、その庭園、大きなアパート、王のアパートには、ロイヤルコレクションがどのように展示されているかを示すルートがあります。
これは、芸術家のスタジオ、サロンで開催された絵画や彫刻や家具、現代美術展のロイヤルアカデミーがあったルーブル、18世紀における真の芸術的な蜂の巣に進み、 2年に1度の正方形。

18世紀には、芸術に特化したルーヴル美術館が、王室のコレクションを勉強して熟考することができる博物館を保管するのに理想的な場所であることが明らかになりました。
展示会は、したがって、歴史的な期間の発見で、19世紀の普遍博物館にルーヴル美術館の変換に言及し、最後に1793エピローグにフランス革命の際に開かれた
この未来博物館にルイ16世の下で作られた買収や受注で終わりますヨーロッパではまだ未知の文明である。

小さなギャラリー、電源の劇場の展示に関連して、フランスの国立図書館は、彼らの素晴らしさにより例外セットを形成するバインダーのManuscrits.Ces部門に保持
その最も貴重なバインディングの5の融資を受け入れ、中世の終わりにシャルルマーニュの世紀からの歴史。

194名無し草 (オイコラミネオ MM6b-bF2x)2018/04/02(月) 09:19:26.24ID:Odt5w+NiM
中世には、神の奉仕を祝うために使われた典礼書が、遺物のような他の聖なる物と並んで、教会の宝の中にあった。
彼らは、それらを保存宗教確立のためのキーメモリ機能を着用:その生活史と彼の精神的、時間的根拠の力を具現化するよう財務省は場所の創設の栄光の記憶を永続させるために使用されました。
彼らは豊かな照明装飾を受け、カバーとして、その素晴らしさと精巧なアイコンがその内容の精神的および象徴的な次元に合った真の宝石という共通点を共有しています。
これらの原稿は、様々な施設からのもの:メッツ福音書の2冊は、最初と最後のショーケースに提示するために、
二福音のための部屋4、パリの窓のサン・ドニのミサ典にアラスのサンヴァースト部屋2の中央の窓にあるサント・シャペル。
これらの写本とそのイルミネーションの実行が空間と時間に十分に局在化していれば、バインディングとは必ずしも同じではなく、
その一部は複合的な側面を持っています。金、銀、銅、象牙、宝石、真珠など貴重な素材を使用して装飾されています...
これらは洗練された技法のように審美的価値を高める機能を持っています。精神的な本。 革命と領事館以来BNFによって保たれ、これらの本は特にスポンサーのおかげで回復し、
両方のバインディングのために、新しい光の中で、ルーヴル美術館と中世のコレクションからの芸術のオブジェクトと、新しいコースで利用されている会話しますポロンスキー財団から 。

195名無し草 (オイコラミネオ MM6b-bF2x)2018/04/02(月) 09:21:32.79ID:Odt5w+NiM
ルーヴル美術館の起源は歴史学者の間で議論の対象となってきましたが、1980年代のルーヴル美術館の考古学的発掘により、より明確に見ることができました。
いくつかのセーヌ川の砂利で見つかったフリント、バック中石器時代に日付(8000 - 。6550 BC)、
しかし、彼らは水によってもたらされる可能性があり、したがって、人間の存在の信頼できる証拠を構成するものではありません。

この場所で。一方、いわゆる「Cerny」文化(紀元前4500年から4200年の間にパリ流域で実証された)に取り付けることができる
サイロピット、セラミックス、小さな石造りの家具は、セーヌ川流域の銀行は、狩猟採集民の巡回グループによって徐々に植民地化されました。

青銅器時代の終わり(紀元前1250年から紀元前750年)には、ルーヴルの敷地はまだ農村地帯であり、人々は農場を清掃して設立することでハイライトし始めました。
この活動は、近くの都市を建設するために使用された粘土の激しい搾取と共存するGallo-Roman時代に続きました。

196名無し草 (ワッチョイ 9304-uaFS)2018/04/03(火) 18:36:59.83ID:bMVbUQ8N0
ぶら美 4月から火曜21時に移動

4/3(火)
明治・昭和にタイムスリップ!丸の内 名建築めぐり
〜重文!明治生命館と三菱一号館美術館「ルドン」展〜
http://tanuki.5ch.net/livebs2/

197名無し草 (アウアウエー Sa23-bCzG)2018/04/03(火) 19:25:51.70ID:NX3Dnolqa
帝国の崩壊、チュイルリー地帯の破壊、そして権力の撤廃は、ルーヴル美術館の勝利を象徴するものでした。
現実には、第3共和国の始まりは、その機関にとっては困難な時期です。この宮殿は、多くの行政当局、特に国務省の全敷地を占める財務省(彼は1986年に退去する)の腐敗した場所に侵略されている。

1905年、装飾芸術中央連合(応用芸術を促進することを目的とした団体)は、マルサン館の譲歩とそれが現在も占めている隣接する翼の一部を手に入れました。
さらに、美術館は、主要な欧州機関間の美術市場における競争激化の中で、小額の融資しか行っていない。 2つの不幸な出来事がこの微妙な期間を要約しているように見えます:
1896年のティアラ・サイタファルネの購入は、1911年のモナリザの偽装と飛行でした。 これらの困難は他の進歩を忘れるものであってはなりません。
階段の上にあるサモトラケの勝利の1883年からの展示Daru、偉大な博物館のための基金の創設、そしてオルガン彼らの手段とニーズをプールしています:

Réuniondesmuséesnationaux。博物館のキュレーターは、ルーヴル美術館を創設して研究を宣伝し普及する機会もあります。普遍の野望ルーブルは寛大なドナーの買収を通じて、特に続けて:

アーネストGrandidierは、1894年に彼の中国と日本のオブジェクトのコレクション(今日はギメ東洋美術館で発表)とGléonでバロネスの遺産を与えました
1912年には第一次世界大戦後に開かれるイスラム美術のセクションが作られました。

198名無し草 (アウアウエー Sa23-bCzG)2018/04/03(火) 19:26:37.11ID:NX3Dnolqa
ルーヴル美術館のエジプト美術部門の創設は1798年と1801戦利品としてイギリスに
よって押収された学者によって収集された遺物の間エジプトボナパルトの遠征の直接
の結果ではありません。ロンドンの有名なピエール・デ・ロゼット(Pierre de Rosette)が、
ルーヴル美術館には数少ないプライベート作品が入ってきました。
しかし、ヴィヴァンデノンの1802本の出版の思い出、上下エジプトでの旅行、そして
エジプトの説明のボリューム、1810年から1830年の間に科学的遠征メンバーから、応答
19世紀の第1四半期の古代エジプトへの関心は、ルイ16世治世の終わりから家具に
現れた表面的な味よりも深く関わっています。
Jean-FrancoisChampollionは世紀に生まれ、この雰囲気の中で成長します。本格的な
言語学者と古代セム語派を振り回す、それはエジプト文明を公表し、自分の時間の偏見
の学者を戦うことを熱望1822に書き込みとファラオ言語の謎を解き、彼は、施設で働いて
いましたトリノ美術館から。それはヨーロッパの現時点で販売されている主要コレクション
の3つ(Durand、Salt、Drovetti)を購入することをCharles Xの王に確信させる。 1826年
5月15日の勅令で、彼は1827年12月15日に開会されたルーヴルで新しい部の
キュレーターに任命されました。

コレクションの構成

Champollionの前に、セントラル・ミュージアム・オブ・アーツは、古い王室コレクションの
エジプト彫像を展示しています。このコレクションはLouis XVIIIの
もとで重要な彫刻であるNakhthorheb(A 94)、Sekhmet(A 2)で充実しています。
1824年から1827年の間に、コレクション全体(9,000点)が到着した部門が作成されました。
1852年と1868年の間にエジプトで彼のキャリアを作ったヨーロッパのコレクターによって
蓄積されたセットが部屋を豊かに:博士クロット、Tyszkiewicz、領事Delaporteを数えます。
これらの作品は、どこから来たのかは一般にはっきりしていませんが、息を呑むほどです。
ルーヴル美術館の使節団であるマリエットは、サッカラのセラピムを発見する。 1852年
から1853年の間に、彼は有名なスクライブ座を含む5,964点の作品をパリに送りました!
エジプトの古代美術の最初の監督になった彼は、略奪者の場所を保護しています。

199名無し草 (アウアウエー Sa23-bCzG)2018/04/03(火) 19:28:29.69ID:NX3Dnolqa
10万個の以上のオブジェクトを含む - - 部門は、そのコレクションの形成にあり、ルーヴル美術館の他の部門に比べノベルティ:それはまた、その作成のための
決定的な理由だった考古学の研究に関連しています。フランスは、オスマン帝国とペルシャに派遣された領事や学者を通じて、19世紀の考古学の分野のパイオニア
でした。聖地と聖書に書かれたすべての場所と古典的な著者の物語を探求したいという願いは、ルーヴル美術館の東洋のコレクションの誕生の原点にありました。
メソポタミアで最初の探検が行われました。ポール・エミール・ボッタ(モスルのフランス領事)は、1843?1845年にコルサバードで発掘され、アッシリア文明を
蘇らせました。最初の「アッシリア美術館」は1847年5月1日に開設され、アンティーク部門に付属しています。 Bottaの数年後、Victor Placeの発掘によって完成
しました。 1877年に、Ernest de Sarzecはメゾポタミア南部のTelloのサイトを検索してシュメール人を発見しました。 1881年ルーブル第テジョシュメールの美術に
到着 - グデア、ラガシュの王子を表す暗い閃緑岩の特に彫像 - 東洋美術部門の作成を決定しました。メソポタミアのセクションでは、徐々に20世紀の前半には
紀元前8世紀の地方アッシリア宮殿でAssyriologistフランソワ・サーオー・ダンジン含む発掘のおかげで金持ちになります。 ADシリア東部のTil Barsip /
Tell Ahmarから。北シリアの王国の首都アルスランタシュ(Arslan Tash)への彼の調査によって、アッシリアに繋がった。最も重要な貢献はAndreParrotの発掘に
由来します。AndreParrotは1933年からSumerの旧市街であるLarsaに光をもたらしました。主に夫、都市シリア中東ユーフラテス川、第3および早期の二千年紀に
メソポタミアとレヴァントの文明間のリンクを作っ座席王朝。
バビロンは、イランのスーザの遺跡の発掘中に発見された「ハンムラビの掟」でルーヴル美術館に入りました。紀元前12世紀にエラムの隣国の王子に追放されたBC、
記念碑はSusaのアクロポリスに展示されました。スーサのフランス考古学ミッションのパイオニアは、すべての偉大なメソポタミア彫刻は、ルーヴルコンサバトリー
アッカド、シュメールとバビロンになり取り戻したところです。 19世紀末、オスマン帝国とペルシャでは、二国間の規則と古美術協定が確立されました。

200名無し草 (アウアウエー Sa23-bCzG)2018/04/03(火) 19:30:35.95ID:NX3Dnolqa
グラフィックアート部門の特別な状況は、材料の保存を保証する
作品の特性の1つに対応します。テクニックの脆弱性と、光に対する
紙の感度は、常設展を許可しません。したがって、学科は図書館
のように編成されています。作品は予約に保管され、読書室での
相談や展示会のためだけに出ています。その展示期間は非常に
正確な提示条件で3ヶ月に制限されています - 照明の表面に
50ルクスの照明'オブジェクト、温度20度、相対湿度50パーセント
- は3年の休息期間が続く必要があります。

グラフィックアート部門は、3つの異なる機関を集めています。
キャビネットdes dessinsはフランスの王の古いコレクションからです。
それは世紀末から追加された時点で最も輝かしいアマチュア、
エヴァーJabachに属する五千五百四十から二図面の1671年に
おけるルイXIVによる購入、発祥しました、最初の画家Charles
Le BrunとPierre Mignardのスタジオコレクション。下に行く前に -
オルセー美術館、サン・Morys、モデナの公爵を数える - 離れて
1775年マリエット販売におけるいくつかの重要な買収から、複合体は、
大発作と革命の利益の二倍以上でした近代的な博物館の成長の
論理のディレクトリ、。全体の統一を破るとの協議を促進させない
ために、デザインの分野でのオルセー美術館の首都と買収 -
パステル、建築や芸術を除きます装飾 - ルーヴル美術館に保管
されています。したがって、キャビネット・デ・デッサンには、今日
描かれたコンターを数えれば百五万回以上の作品が含まれて
います。
1797年に設立された彫刻は、他のソースの中から真鍮を結集し、
コルベールによって確立された王の彫刻、内閣、そして絵画と彫刻
の元アカデミー。
さらに、1935年以来、主に版画で構成されているエドモンド・ド・
ロートシルト・コレクションは、独立した保存を必要とする独自の寄付
状況を持っていました。
図面や彫刻を永久に公開することが不可能であることから、グラフィック
アート部門の活動における一時的なプレゼンテーションの組織の
重要性が説明されている。イタリアの漫画、フランスの絵画、、新しい買収、
ファイル、研究ニュースなど、特定の定期的な競合には、美術館の
特定の部屋数が割り当てられています。

201名無し草 (アウアウエー Sa23-bCzG)2018/04/03(火) 19:31:47.75ID:NX3Dnolqa
王室のキャビネット-ガルドからルーブルアートの存在はすでにクラウンのブロンズ小像や宝石はもう少し入った7月27日1793の条約の法令によって博物館の作成時に提供されました以降、1796、ならびにアボットシュガー、
フランスの王の即位のレガリアによって組み立て花瓶などサントシャペルとサン・ドニのアビーの宝物の権威名残です。また、移民のプロパティの発作を含むこの最初の核は、革命と帝国征服と、このようなシールドと
チャールズIXのヘルメットのような例外の購入をもたらしたオブジェクトによって増加しました。ドミニク・ヴィヴァンデノンは、美術館のディレクターになった一方、1802年、美術品は美術部門内であったClaracのカウントによって、
1818年に彼の死でエンニオ・キリノ・ヴィスコンティを、語りました。一方、元のコレクションは、サンドニから16個のオブジェクト、宮殿と1815年ナポレオンの征服から作品の反発にナポレオンによって作ら依頼を1798年に
売却により減少しました。
19世紀の壮大な拡張
修復下の活性買収の方針は、技術的なオブジェクトの美しいセットを結集し、裕福な恋人エドム=アントワーヌ・デュラン(1825)と画家のピア・レボイル(1828)のような全体のコレクションのエントリーを許可しました中世と
ルネッサンスのための様々な。これらの努力は、ルイ・フィリップの下に進めなかったが、ルーヴル美術館は、まだ1847年Clarac伯爵の死に1830年における秩序の抑制時に聖霊の宝物を集めることができ、オブジェクトの
コレクション1854年に辞任したマルキス・デ・ラボルデ(Marquis de Laborde)に、彫刻とギリシア・ローマ美術の美術に関連する美術が委ねられた。
ソブリンの博物館、1852年2月15日にナポレオンIIIによって確立された君主制の歴史に関連する作品を含む:第二帝政ははかない作成を通じて美術コレクションの新しい拡張機能をマークルーヴル美術館、ロイヤル・ガルドー・
ミーブルブル、国立図書館のコレクションから採集された、キラーディックからルイ・フィリップルまで。キュレーターはHorace de Viel-Castel伯爵であり、1863年にHenry Barbet de Jouyによって成功しました。その年の主な
豊富さは、1856年のソヴェージョコレクションと1861年のカンパーナコレクションの入り口でした。

202名無し草 (ワッチョイ 9304-uaFS)2018/04/03(火) 20:51:44.53ID:bMVbUQ8N0

203名無し草 (ワッチョイ 9304-uaFS)2018/04/03(火) 21:03:19.61ID:bMVbUQ8N0

204名無し草 (ワッチョイ 9304-uaFS)2018/04/03(火) 22:35:07.32ID:bMVbUQ8N0
4月3日(火)夜9時【ぶらぶら美術・博物館】#264
明治・昭和にタイムスリップ!丸の内 名建築めぐり〜重文!明治生命館と三菱一号館美術館「ルドン」展〜
http://www.youtube.com/watch?v=M6DVSIzwfuk

205名無し草 (ワッチョイ d110-TX0Y)2018/04/04(水) 00:15:58.07ID:BCeY04A+0
パナソニック汐留ミュージアム日本の四季展行ってきた
たいして混んでない
春だけど春の作品は少なめ
梅原龍三郎とか堂本印象とか有名画家の作品が目立つ
一点ずつだったが熊谷守一と東山魁夷の作品もあった
会期は短いが料金は安くなってる

206名無し草 (ワッチョイ 21ff-Fv1m)2018/04/04(水) 14:12:46.71ID:mwgyZ45K0
アルテ・ピナコテークは1836年にミュンヘン - マックスヴォルシュタットにオープンした美術​​館です。彼女は、中世の画家から18世紀半ばまでの他の絵画の中でも最も重要な絵画ギャラリーの1つです。
この株式は、バイエルン州立絵画コレクションの一部です。

Alte Pinakothekの向かいには、19世紀から20世紀初頭までの作品が並んでいるNeue Pinakothekがあります。
20日からの作品と21世紀とTürkentorや他の施設とのピナコテーク・デア・モデルネとブランドホルスト博物館に加えて、彼らは一緒に芸術地区を形成します。

コレクションの歴史
デューク・ヴィルヘルム4世による創設

アルテ・ピナコテークのアートギャラリーの歴史は歴史画、ウィリアムIVから始まります。(R. 1508年から1550年)1528年からアルブレヒト・アルトドルファーことで
有名な「アレクサンダーの戦い」を含む、順でした。マクシミリアンI(R。1598年から1651年)は、ピーテル・パウル・ルーベンス4つの大狩猟シーンと他のものの1616年の間で、
注文し、アルブレヒト・デューラーの特定の作品を取得しました。したがって、1627年、ニュルンベルクの都市の父親にやさしい圧力をかけて、画家が母国の都市に与えた作品「四人の使徒」を受けました。
選挙人は、彼が仕事を好きであり、否定的意思決定を「1つだが高い意志」とすることを街に知らせた。
しかし、ストックホルムに21の絵画が持ち込まれ、そのうち5枚しか返却できなかったため、30年戦争でスウェーデンの職業に敗れた。

彼の孫マクシミリアン2世エマヌエル(1679-1726)は、オランダのスペイン総督として多くのオランダとフランダースの絵を手に入れました。
アーティストの個人的な不動産からのルーベンスの絵が来たので、販売のために意図されていなかったと彼は、GisbertバンColenだけで
12枚のピーテル・パウル・ルーベンス画像やヴァン・ダイクの13のアントワープで1698年に買いました。
マックス・エマニュエルの後継者の下では、緊迫した予算のために購入はほとんど中止された。

207名無し草 (ワッチョイ 21ff-Fv1m)2018/04/04(水) 14:14:38.34ID:mwgyZ45K0
パラタイン・ギャラリー

オランダ絵画の均等に慎重なコレクターはマックスエマニュエルパラティーノのいとこだった、デュッセルドルフ選帝侯ヨハン・ヴィルヘルム(R。1690年から1716年)、彼の祖父ヴォルフガング・ヴィルヘルム(REG。1653年から1614年)によって、
彼らの最も貴重な宝物を負っデュッセルドルフギャラリーに設立されました。ヨーハン・ヴィルヘルム(Johann Wilhelm)は、ヨーロッパ各地で働く芸術仲介業者に、
いくつかの平凡な作品ではなく、素晴らしい絵画の上にすべてのお金を費やすよう依頼されました。
ブライダルギフトとして、彼は妻Anna Maria Luisa de 'Mediciを通して、ラファエルの有名な "Canigianiの家からの聖なる家族"を手に入れました。
彼のルーベンスコレクションから32枚の写真がAlte Pinakothekにあります。

マンハイムギャラリーは、ヨハン・ヴィルヘルムの弟、選帝侯カール・フィリップ(R。1716年から1742年)によって設立された、
ともオランダ絵画のための弱さを持っていた彼の後継者カール・テオドール(REG。1742年から1799年)が大幅に拡大し、で継続しました。例えば、彼はRembrandt van Rijnの「聖なる家族」を買収した。

Karlsberg城から最初のマンハイムにしてからミュンヘンへ進出フランス軍から1793年に発売Zweibrückerコレクションは、
彼に公爵を購入していたクリスチャンMannlichs(1741年から1822年)、のプライベートコレクションから登場しました。ドイツ、フランドルとオランダ絵画のほかに、
彼女はまた、シャルダンとブーシェの「リクライニングガール」(マリー=ルイーズ・オミュルフィ)の「Rübenputzerin」など、若いフランス人芸術家による作品が含まれていました。

208名無し草 (ワッチョイ 21ff-Fv1m)2018/04/04(水) 14:17:33.77ID:mwgyZ45K0
選挙ギャラリースタンドの協会

バイエルンとプファルツの統一後とパラティーノのコレクションを割り当てて、彼らはフランス革命軍の前に安全に運ばなければならなかったとして、
バイエルンアートギャラリーに到着マンハイム(1798)のギャラリーや二つの橋(1799年)と最近1806年ベルク公国と豊かなデュッセルドルフのコレクション。
Altdorferの「アレクサンダーの戦い」はその後、浴室皇帝に掛けしかし、新しい損失は、襲撃ナポレオン・ボナパルトによってまもなくして、コレクションを負いました。
数多くの押収された写真のうち27枚だけが、秋にミュンヘンに戻った。したがって、私が一度ルーベンスから注文したマクシミリアンの4大動物狩りのうち、ミュンヘンでは「カバ類の狩り」しかありません。

しかし、バイエルンの世俗化に伴い、旧ドイツの巨匠たちの収集に特に有益であった廃墟の修道院の像が多く残っていました。

ルードヴィヒ1世の土台

バイエルンのルードヴィヒ1世(1825〜1848年に君臨)は、ついに、数多くの傑作を購入する職人を買収した。
彼は旧ドイツの絵やイタリアのルネッサンスの作品を集めていた。王室のコレクションの芸術作品は様々な城に散らばっていて、人々が訪れることはできませんでした。
ルートヴィヒは私だけではなく、収集活動を体系化が、最初に公衆に美術品をアクセス可能にするために必要な公教育外の理想から1820年代を感じました。
したがって、彼は家の建築家の建築家Leo von Klenzeに、ミュンヘンの北の郊外にある博物館の建設を依頼しました。

1827年、彼は216人の旧ドイツ人とオールド・オランダ人の巨匠と一緒に、SulpizとMelchiorBoisseréeの兄弟のコレクションを手に入れました。
1828年、王はWallerstein王子のコレクションを上ドイツとスワビの絵画219点で購入することに成功しました。さらに、イタリアでの購入がありました。
例えば、ラファエルの「マドンナとカーテン」したがって、皇太子コレクションはそれぞれのコレクターの個性の味を反映しています。
これは、他の場所では達成できない強みと、ヴィッテルセルバッハ・ギャラリー・インベントリの大きなギャップを説明しています。

博物館は1836年10月16日に開館し、1838年にはJohann Georg von Dillisによる最初の絵画カタログが登場しました。

209名無し草 (ワッチョイ 21ff-Fv1m)2018/04/04(水) 14:19:30.96ID:mwgyZ45K0
ノイエ・ピナコテーク1853のオープンにより、旧ピナコテクはアルテ・ピナコテークに改名されました。

ルードヴィヒ1世の後、わずか数傑作が州によって買われた。 1852年も、1000年画像はデューラーの「聖アン」(今メトロポリタン美術館、ニューヨーク)
とグリューネヴァルトの「マリア・雪の会」を含め、競売にかけられた(今日フライブルク/ Brで。)。ギャラリーを率いるフランツ・フォン・レベル(1834-1919、事務所1875-1909)の任命で1875年までではなく、ピナコテークは再び注目を集めました。
しかし、彼と彼の後継者であったウゴ・フォン・チチュディ(1851-1911、事務所1909-1911)が再びピナコテークの優れた絵を買ったとしても、大量購入の時期は終わった。
例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチの「カーネーションのマドンナ」やエル・グレコの「Entkleid Christi」がミュンヘンに送られた。

第二次世界大戦後

第二次世界大戦が始まった直後に、画像は外注されたので、損失は発生しませんでした。唯一の20世紀の在庫ギャップの後半に特にピナコテーク、ピナコテークに
接続されていた銀行の活動や買収を収集することで、選択的に閉鎖された利用できる永久的な融資に提示宝物を取得しました。特に、18世紀の絵画を多く購入しています。
1966年からは、Bayerische Hypotheken- und Wechselbankなどに融資しました。 A。 Lancrets "Birdcage"とBoucherの "Madame de Pompadour"があります。
1988年には、いくつかのデューラー植物がハンス・ヨアキム・ボウルマンの酸攻撃によって深刻な被害を受け、数年間の仕事で修復されました。 1990年に、Dierick Boutsの「Ecce agnus dei」の買収が成功しました。

ビル

古いピナコテーク、北側
基礎石は1826年4月7日に築かれ、1836年秋に建物は完成した。

アルテ・ピナコテークは、世界最大の博物館の開館時に、スカイライトと当時の北部ライトキャビネットの適切な宿泊施設を利用して、
技術的にも概念的にも進歩しました。すでにピナコテークの外観は、19世紀初頭の城のような館内の建物からはっきりと分かりやすく、
建物の機能や構造と密接に関連しています。したがって、建物はローマ、サンクトペテルブルク、カッセルのギャラリーのモデルとなりました。

210名無し草 (ワッチョイ 21ff-Fv1m)2018/04/04(水) 14:21:05.65ID:mwgyZ45K0
特に1943年と1944年の中間部分の重大な被害の後、ピナコテークは1952年から1957年にハンス・ドールガストによって再建された。
ここでは、メイン階段はベアーズストリートから離れていて、今度は豊かな漆喰を施したロッジアのほぼ全面を占めています。

HansDöllgastは、意図的に色を変え、Klenzeの建物から詳細を減らした印を付けて、南側のファサードで爆撃を行いました。
破壊を目に見えるようにする再建のタイプは、今日でも一般にはあいまいであると考えられていますが、一般的にはモニュメント・コンサベーターが優れた成果であると考えられています。

1994年、建物は一般的な改装工事により閉鎖され、ノイエ・ピナコテークには傑作が展示されています。 1998年7月23日、ピナコテークが再開されました。

2008年秋以降、Alte Pinakothekの上層階にある客室には、リヨンで織られ染色されたシルク(シルクのファビュラム)を使用した新しい壁の覆いが施されています。
緑と赤の新しい配色は、アルテ・ピナコテークの建設以来、そして20世紀に入ってから広く普及してきたので、ホールのデザインを描いています。
でも王ルートヴィヒ1世と彼の建築家レオ・フォン・クレンツェ壁カバーの使用は赤と緑で交互に意味、伝統の継続のためにその16世紀後半の古典絵画まで(ヨーロッパフィレンツェ、ロンドンの素晴らしいアートギャラリーの多くでは、
マドリード、サンクトペテルブルク、パリ、ウィーン)、今日までそこに存在する。
既存の新たな緊張は、寄付(財団、民間人、団体)によって賄われました。

211名無し草 (ササクッテロル Sped-Ore6)2018/04/05(木) 12:13:13.45ID:0wWxNZjAp
また西美のサイトからコピペ?w

212名無し草 (アウアウエー Sab2-vJpg)2018/04/05(木) 19:59:44.48ID:GPlZlWhma
ロンドン中心部のウェストミンスター市のトラファルガー広場にある美術館です。
1824年に設立され、13世紀半ばから1900年にかけて2,300点以上の絵画が収蔵されて
います。

ギャラリーは免除された慈善団体であり、文化、メディア、スポーツ部門の非部門公共
機関です。そのコレクションは、英国の公共のために政府に属し、主なコレクション
への入場は無料です。ルーヴル美術館、大英博物館、メトロポリタン美術館に続いて、
世界で最も訪問された美術館です。

ヨーロッパ大陸に匹敵する博物館とは異なり、ナショナルギャラリーは、既存の王家や
皇族の美術品を国有化することによって形成されたものではありません。イギリス政府
が1824年、保険ブローカーであり、芸術の守護者でもあるジョン・ジュリアスアンガー
シュタインの相続人から38枚の絵を購入したときに始まりました。最初の購入後、
ギャラリーは初期の監督、特にチャールズ・ロック・イーストレイクコレクションの3分の2
を占める私的寄付によって行われている。

結果として得られるコレクションは、ヨーロッパの多くの国営ギャラリーと比較してサイズ
が小さくなりますが、範囲内に百科事典があります。ジオトからセザンヌへの西洋絵画
の主な発展は重要な作品で表されています。これはこれが常設展ですべての作品を
持っていた数少ない国のギャラリーの一つであると主張されていましたが、これはもはや
事例ではありません。

現在の建物、ナショナルギャラリーを収容する3番目はウィリアム・ウィルキンズによって
1832年から1838年までに設計されました。建物は歴史のなかで少しずつ拡大されている
ため、トラファルガー広場の正面のみが本質的に変わりません。ウィルキンスの建物は、
そのデザインの脆弱性と空間の欠如のためにしばしば批判されました。後者の問題は
1897年に英国美術のためのテート・ギャラリーの設立につながった。

Sainsbury Wingは、Robert VenturiとDenise Scott Brownが西側に拡張したもので、
英国のポストモダニスト建築の顕著な例です。ナショナルギャラリーの現在のディレクター
はGabriele Finaldiです。

213名無し草 (アウアウエー Sab2-vJpg)2018/04/05(木) 20:06:19.44ID:GPlZlWhma
18世紀後半にはヨーロッパ本土の王室や芸術のコレクションが国有化されました。ミュンヘンのAlte Pinakothekにあるバイエルンの王族コレクションは、
1779年に一般公開され、1789年頃にはフィレンツェのMedici(ウフィツィ美術館として)にオープンし、ルーブル美術館は旧フランス王室コレクション、1793年。
しかし、イギリスは大陸モデルを模倣しておらず、英国ロイヤルコレクションは現在も主権者の所有にとどまっています。 1777年に、英国政府はロベルト
・ウォール卿の子孫が彼のコレクションを販売するときに、国際的な身長の美術品を購入する機会を得ました。 MP John Wilkesは、政府がこの「貴重な宝物」
を購入すると主張し、それが「大英博物館の広々とした庭に建てられる貴族のギャラリー」に収容されることを提案した。 20年後、コレクションはCatherine
the Greatによって完全に購入されました。それは今サンクトペテルブルクの州エルミタージュ美術館で見つかるはずです。

1798年にロンドンに持ち込まれていたオルレアンのコレクションから150枚の絵を購入する計画も、ピット・ヤング氏と国王の両者の関心にもかかわらず、
失敗した。 NG1を含むギャラリーの今コレクションからの25の絵画は、様々なルートによって到着しました。 1799年、ノエル・デセンファン(Noel Desenfans)の
ディーラーは、イギリス政府に既製の国家コレクションを提供しました。彼と彼のパートナー、Francis Bourgeoisは、1795年の第3区画がポーランドの独立を
廃止する前に、ポーランドの王のためにそれを組み立てていました。この提案は拒否され、ブルジョアは彼の死のために古い学校、ダウウィッチカレッジに
コレクションを遺贈した。このコレクションは、英国で最初に建てられた公的ギャラリーであるDulwich Picture Gallery(1814年)にオープンしました。スコットランド
のディーラーWilliam Buchananと別のコレクターのJoseph Count Truchsessは、明示的に将来の全米コレクションの基礎としてアートコレクションを作った
オファー(同じ年、1803年に作られた)も減少した。

ウォールポールの販売に続いて、ジェームス・バリーとジョン・フラックスマンを含む多くのアーティストは、イギリス絵画学校がヨーロッパ絵画のキヤノンに
アクセスできる場合にのみ繁栄することができると主張して設立を改めて要求した。

214名無し草 (アウアウエー Sab2-vJpg)2018/04/05(木) 20:09:35.69ID:GPlZlWhma
ナショナルギャラリーは1824年5月10日に一般に公開されました。
アンガーシュタインの旧タウンハウスであるポールモール100番に
収蔵されています。 Angersteinの絵画は1820年にBeaumontの
コレクションから、1831年にWilliam Holwell Carrの牧師によって
35の絵画が所蔵されています。当初、絵画の主催者、ウィリアム
・セギエールはギャラリー管理の負担を負ったが、1824年7月、
この責任の一部は新しく設立された理事会に落ちた。

ポールモールのナショナルギャラリーは、しばしば混雑していて熱く、
パリのルーヴル美術館と比較してそのサイズは小さく、国民の
恥ずかしさの原因でした。しかし、現在ギャラリーの理事であるAgar
Ellisは、このサイトが「ロンドンの大通り」にあると評価しています。
これは、ギャラリーがその社会的目的を果たすために必要であると
考えられていた 100番の沈没により、ギャラリーはアンソニー
・トロルーノー氏が「宝物の展示には適応していない、かすかで鈍い
狭い家」と記載されたNo. 105 Pall Mallに簡単に移動しました。
これは、カールトン・ハウス・テラスへの道のりのために解体されなけ
ればならなかった。

1832年には、1820年代にトラファルガー広場に改装されたチャリング
クロスのキングズ・ミュウズ跡地に、ウィリアム・ウィルキンズの新しい
建物が建設されました。裕福な西端と東側の貧しい地域との間には、
重要な場所だった。 1850年代にサウス・ケンジントンへの移転が
疑われたとき、ロンドンの中心部の汚染やウィルキンスの建物の
不具合など、社会的階級の人々がこのコレクションにアクセスできる
という議論は、他の懸念を凌駕しました。 1857年の議会委員会によると、
「写真の存在はコレクションの最終目的ではなく、人々に喜びを与えて
くれる」という意味である[17]。

1837年から1868年まで、ロイヤルアカデミーは建物の東側に収容され
ていました。
イーストレイクと彼の後継者の下での成長15世紀と16世紀のイタリアの
絵画はナショナルギャラリーの中核となっており、最初の30年間は、
受託者の独立した買収は主に高ルネッサンスの巨匠の作品に限られて
いました。

215名無し草 (アウアウエー Sab2-vJpg)2018/04/05(木) 20:15:56.81ID:GPlZlWhma
新しいディレクターの趣味は、ギャラリーの買収政策によって無視されていたが、
感情派から徐々に認められていた、北部および初期イタリアのルネッサンスの
マスターや「プリミティブ」の味でした。イーストレイクは大陸とイタリアに年間ツアーを
行い、ギャラリーのために買う絵を探しました。彼は海外では148本の写真を、
イギリスでは46本を購入した[19]。パオロ・ウチェッロのサン・ロマーノ戦のような前作の
中でも、イーストレイクはまた、この期間中、彼が信託財団に関心がないことを知って
いた絵画からなるプライベートアートコレクションを集めました。しかし彼の究極の目的は、
彼らがナショナルギャラリーに入ることでした。これは、彼の友人と後継者、ウィリアム
Boxallと彼の未亡人レディイーストレイクの彼の死に正当に整理された。

ギャラリーのこのスペースの欠如は、この時期には依然として深刻であった。 1845年、
ロバート・ヴァーノンによってイギリスの絵画が大量に蒐集されました。ウィルキンスの
建物には十分なスペースがなかったため、ヴァーノンのタウンハウスで最初に50番の
ポールモールに、その後はマールボロハウスに展示されました。 JMWターナーは、
1851年に死去したときに未完成の作品を除いて、彼のスタジオの全内容を国に残す
ことになっていたため、ギャラリーは次の大きな遺産のためにはそれほど設備が整って
いませんでした。マールボロハウス1856年に。[21] Ralph Nicholson Wornumギャラリー
のKeeperとSecretaryは、John Ruskinと一緒に遺書を一緒に持ってきました。ターナー
の意志では、クロードの作品の横に2枚の絵が展示され、ギャラリー15号室では依然
として名誉を与えられているが、彼の遺産は完全には決して適切に展示されていない。
今日の作品はトラファルガー広場と1985年に完成したテートの小さな目的建造物である
クローアギャラリーに分かれています。

3人目のディレクターであるフレデリック・ウィリアム・バートンは、18世紀の美術品の
コレクションの基礎を築き、英国のプライベートコレクションから数々の傑出した作品を
手に入れました。ブレナム宮殿、ラファエルのアナーシー・マドンナ、ヴァン・ダイクの
チャールズTの2枚の絵画を1885年に買収した。

216名無し草 (ワッチョイ 4a04-lfby)2018/04/10(火) 21:00:43.08ID:EDiFqVOz0

217名無し草 (ワッチョイ 6d2d-Ym2T)2018/04/11(水) 02:56:18.04ID:KlWW/hI10
サヴィニャック展@練馬良かったよ
見ていて楽しくなる
2週間位前に行ったときは空いてたけど、今日の夕方は思いも寄らぬ混みようだった

218名無し草 (ワッチョイ 5d85-//Nw)2018/04/11(水) 09:13:33.11ID:05QVu3ON0
ルーブル美術館の歴史
城から博物館まで
ルーヴル美術館を訪れれば、中世から1848年までの西洋美術や多くの古代文明をコレクションを通して発見することができます。
博物館を所蔵し、その起源が12世紀の終わりまでさかのぼる宮殿は本当に建築的なレッスンです:1200年から2011年にかけて、最も革新的な建築家はルーヴル美術館の建設と拡大に成功しました。
長い歴史の中で、1870年までフランスの首脳を収容していたこの王室邸宅は、パリとフランスの歴史が演じられた偉大な劇場のひとつです。

ルーブル美術館の歴史は、フィリップ・オーギュストがパリを守るために要塞を建てることを決定した1190年頃から始まります。
それは都市主義のジェスチャーであり、主権者の権威の現れであり、彼が国を離れて十字軍の戦いに行くことを約束している。
この要塞の弱点の1つ、セーヌ川とのジャンクションを守るためには、ルーヴルの出生証明書である城を実行する必要があります。
フィリップ・オーギュストのエンジニアが設計した建物は、正方形で、堀で保護され、円形の塔で角の隅や中央に守られています。
それは、その裁判所の中心に、独自の溝があるマスタータワーを含んでいます。このモデルは何度も使用されており(バリエーションあり)、
イル=ド=フランスのドゥルダン城は、今日もよく保存された例を提供しています。 フィリップ・オーギュストのルーヴル美術館は王家ではなく、
守備の要塞です。それは都市の中心部(今日のような)ではありませんが、その限界とその任務は保護すること(そしておそらくは監視すること)です。

219名無し草 (ワッチョイ 5d85-//Nw)2018/04/11(水) 09:14:12.71ID:05QVu3ON0
ルーヴル美術館の「ビッグタワー」は、重要な人物のためにロイヤルセーフと刑務所の役割も果たします。カウント・フェランド、フィリップ・オーギュストの対戦相手は、
ブービンズでの敗北から13年間抑留されている。 しかし、城の状況は急速に変化します。徐々に密集した市街地に囲まれ、守護を失います。
さらに、首都の異なる住宅間を移動したいフランスの王たちは、ますますそこに住むように導かれます。セントルイス(1226〜1270)の治世から、城の地下​​に建てられた大型の柱状の部屋が今日も残っています。

百年戦争の後、パリから遠くに住んでいることに慣れてきたフランスの支配者は、主にロワール渓谷に住み続け、時折数回だけ首都を訪れる。
この状況は、1525年のパヴィア王の軍事敗北とスペインでの捕虜収容後のフランシス1世(1515-1547)治世下で変化する。
彼の国に戻って、王は首都を取り戻そうとしており、1528年の公式宣言によって、それを主たる住居とすることを決定する。
中世の城は最新のものになり、治世の終わりに王はそれを再建することに決めましたが、ヘンリー2世(1547-1559)の統治のもとでは主な作業。

220名無し草 (ワッチョイ 5d85-//Nw)2018/04/11(水) 09:14:44.06ID:05QVu3ON0
7月と1789年10月の革命的な日では、権限はパリに移住を余儀なくされています。チュイルリールイ16世は、彼の除去1792年8月10日、
革命委員会(およびそれらの最も有名なまで強さとますます囚人をもたらした1870居住者まで、フランスを指示すべてのプランで1792年から1794年までロベスピエール)率いる、
1793にルイXIVの偉大な劇場の跡地に建て部屋に設置取締役会およびメイン革命的なアセンブリと同居領事館は、
チュイルリーは、ナポレオンの勝利を参照してください私はその後、ルイ16世、ルイ18世とチャールズXの兄弟が力への返却に常駐1815年にウォータールーの後敗北
(誰が1804年に皇帝を戴冠される前に、1800年に最初の領事としてそこに移動)する必要がありますが彼らのいとこルイ・フィリップに1830年に道を譲る、
7月の革命によって王位にしました。 多くの内装作業が連続した支配者の好みやファッションに合わせて行われます。
この時代の最も重要な貢献は建築家ペルシエとフォンテーヌによってリヴォリ通りに沿って建てられ、翼マルサンのままで、
そのエントリになりまし小さな弓でマークされている偉大なクールカルーゼルを閉じ、 1805年から軍事作戦への2つの建築家の賛辞が提起しました。

221名無し草 (ワッチョイ 5d85-//Nw)2018/04/11(水) 09:15:15.67ID:05QVu3ON0
ほぼ150は、19世紀後半17世紀の王室コレクションからルーヴル美術館の誕生を作品を通してベルサイユのものと同様、主にルーヴル美術館のコレクションに頼って、展示は伝えます。

17世紀後半のベルサイユ宮殿、その庭園、大きなアパート、王のアパートには、ロイヤルコレクションがどのように展示されているかを示すルートがあります。
これは、芸術家のスタジオ、サロンで開催された絵画や彫刻や家具、現代美術展のロイヤルアカデミーがあったルーブル、18世紀における真の芸術的な蜂の巣に進み、 2年に1度の正方形。

18世紀には、芸術に特化したルーヴル美術館が、王室のコレクションを勉強して熟考することができる博物館を保管するのに理想的な場所であることが明らかになりました。
展示会は、したがって、歴史的な期間の発見で、19世紀の普遍博物館にルーヴル美術館の変換に言及し、最後に1793エピローグにフランス革命の際に開かれた
この未来博物館にルイ16世の下で作られた買収や受注で終わりますヨーロッパではまだ未知の文明である。

小さなギャラリー、電源の劇場の展示に関連して、フランスの国立図書館は、彼らの素晴らしさにより例外セットを形成するバインダーのManuscrits.Ces部門に保持
その最も貴重なバインディングの5の融資を受け入れ、中世の終わりにシャルルマーニュの世紀からの歴史。

222名無し草 (ワッチョイ 5d85-//Nw)2018/04/11(水) 09:15:59.91ID:05QVu3ON0
中世には、神の奉仕を祝うために使われた典礼書が、遺物のような他の聖なる物と並んで、教会の宝の中にあった。
彼らは、それらを保存宗教確立のためのキーメモリ機能を着用:その生活史と彼の精神的、時間的根拠の力を具現化するよう財務省は場所の創設の栄光の記憶を永続させるために使用されました。
彼らは豊かな照明装飾を受け、カバーとして、その素晴らしさと精巧なアイコンがその内容の精神的および象徴的な次元に合った真の宝石という共通点を共有しています。
これらの原稿は、様々な施設からのもの:メッツ福音書の2冊は、最初と最後のショーケースに提示するために、
二福音のための部屋4、パリの窓のサン・ドニのミサ典にアラスのサンヴァースト部屋2の中央の窓にあるサント・シャペル。
これらの写本とそのイルミネーションの実行が空間と時間に十分に局在化していれば、バインディングとは必ずしも同じではなく、
その一部は複合的な側面を持っています。金、銀、銅、象牙、宝石、真珠など貴重な素材を使用して装飾されています...
これらは洗練された技法のように審美的価値を高める機能を持っています。精神的な本。 革命と領事館以来BNFによって保たれ、これらの本は特にスポンサーのおかげで回復し、
両方のバインディングのために、新しい光の中で、ルーヴル美術館と中世のコレクションからの芸術のオブジェクトと、新しいコースで利用されている会話しますポロンスキー財団から 。

223名無し草 (ワッチョイ 5d85-//Nw)2018/04/11(水) 09:18:15.97ID:05QVu3ON0
ルーヴル美術館の起源は歴史学者の間で議論の対象となってきましたが、1980年代のルーヴル美術館の考古学的発掘により、より明確に見ることができました。
いくつかのセーヌ川の砂利で見つかったフリント、バック中石器時代に日付(8000 - 。6550 BC)、
しかし、彼らは水によってもたらされる可能性があり、したがって、人間の存在の信頼できる証拠を構成するものではありません。

この場所で。一方、いわゆる「Cerny」文化(紀元前4500年から4200年の間にパリ流域で実証された)に取り付けることができる
サイロピット、セラミックス、小さな石造りの家具は、セーヌ川流域の銀行は、狩猟採集民の巡回グループによって徐々に植民地化されました。

青銅器時代の終わり(紀元前1250年から紀元前750年)には、ルーヴルの敷地はまだ農村地帯であり、人々は農場を清掃して設立することでハイライトし始めました。
この活動は、近くの都市を建設するために使用された粘土の激しい搾取と共存するGallo-Roman時代に続きました。

224名無し草 (ワッチョイ 5d85-//Nw)2018/04/11(水) 09:20:56.65ID:05QVu3ON0
帝国の崩壊、チュイルリー地帯の破壊、そして権力の撤廃は、ルーヴル美術館の勝利を象徴するものでした。
現実には、第3共和国の始まりは、その機関にとっては困難な時期です。この宮殿は、多くの行政当局、特に国務省の全敷地を占める財務省(彼は1986年に退去する)の腐敗した場所に侵略されている。

1905年、装飾芸術中央連合(応用芸術を促進することを目的とした団体)は、マルサン館の譲歩とそれが現在も占めている隣接する翼の一部を手に入れました。
さらに、美術館は、主要な欧州機関間の美術市場における競争激化の中で、小額の融資しか行っていない。 2つの不幸な出来事がこの微妙な期間を要約しているように見えます:
1896年のティアラ・サイタファルネの購入は、1911年のモナリザの偽装と飛行でした。 これらの困難は他の進歩を忘れるものであってはなりません。
階段の上にあるサモトラケの勝利の1883年からの展示Daru、偉大な博物館のための基金の創設、そしてオルガン彼らの手段とニーズをプールしています:

Réuniondesmuséesnationaux。博物館のキュレーターは、ルーヴル美術館を創設して研究を宣伝し普及する機会もあります。普遍の野望ルーブルは寛大なドナーの買収を通じて、特に続けて:

アーネストGrandidierは、1894年に彼の中国と日本のオブジェクトのコレクション(今日はギメ東洋美術館で発表)とGléonでバロネスの遺産を与えました
1912年には第一次世界大戦後に開かれるイスラム美術のセクションが作られました。

225名無し草 (ワッチョイ f356-ycE0)2018/04/17(火) 09:10:44.30ID:vTeFqi+20
遅ればせながら至上の印象派展行ってきた
そうそうたる画家の作品が並んでいるんだがなんだか薄い感じがしたのは
作品をよく知らないこっちのせいなんだろうなあ
セザンヌの「赤いチョッキの少年」やドガの踊り子のブロンズ像など
有名作品を見ると感動したからw
あとヴェネツィアを描いたアントーニオカナールがよかった

226名無し草 (ワッチョイ ffcb-yNao)2018/04/17(火) 12:18:11.53ID:Bb5QnZDs0
ルーヴル美術館のエジプト美術部門の創設は1798年と1801戦利品としてイギリスに
よって押収された学者によって収集された遺物の間エジプトボナパルトの遠征の直接
の結果ではありません。ロンドンの有名なピエール・デ・ロゼット(Pierre de Rosette)が、
ルーヴル美術館には数少ないプライベート作品が入ってきました。
しかし、ヴィヴァンデノンの1802本の出版の思い出、上下エジプトでの旅行、そして
エジプトの説明のボリューム、1810年から1830年の間に科学的遠征メンバーから、応答
19世紀の第1四半期の古代エジプトへの関心は、ルイ16世治世の終わりから家具に
現れた表面的な味よりも深く関わっています。
Jean-FrancoisChampollionは世紀に生まれ、この雰囲気の中で成長します。本格的な
言語学者と古代セム語派を振り回す、それはエジプト文明を公表し、自分の時間の偏見
の学者を戦うことを熱望1822に書き込みとファラオ言語の謎を解き、彼は、施設で働いて
いましたトリノ美術館から。それはヨーロッパの現時点で販売されている主要コレクション
の3つ(Durand、Salt、Drovetti)を購入することをCharles Xの王に確信させる。 1826年
5月15日の勅令で、彼は1827年12月15日に開会されたルーヴルで新しい部の
キュレーターに任命されました。

コレクションの構成

Champollionの前に、セントラル・ミュージアム・オブ・アーツは、古い王室コレクションの
エジプト彫像を展示しています。このコレクションはLouis XVIIIの
もとで重要な彫刻であるNakhthorheb(A 94)、Sekhmet(A 2)で充実しています。
1824年から1827年の間に、コレクション全体(9,000点)が到着した部門が作成されました。
1852年と1868年の間にエジプトで彼のキャリアを作ったヨーロッパのコレクターによって
蓄積されたセットが部屋を豊かに:博士クロット、Tyszkiewicz、領事Delaporteを数えます。
これらの作品は、どこから来たのかは一般にはっきりしていませんが、息を呑むほどです。
ルーヴル美術館の使節団であるマリエットは、サッカラのセラピムを発見する。 1852年
から1853年の間に、彼は有名なスクライブ座を含む5,964点の作品をパリに送りました!
エジプトの古代美術の最初の監督になった彼は、略奪者の場所を保護しています。

227名無し草 (ワッチョイ ffcb-yNao)2018/04/17(火) 12:19:20.87ID:Bb5QnZDs0
10万個の以上のオブジェクトを含む - - 部門は、そのコレクションの形成にあり、ルーヴル美術館の他の部門に比べノベルティ:それはまた、その作成のための
決定的な理由だった考古学の研究に関連しています。フランスは、オスマン帝国とペルシャに派遣された領事や学者を通じて、19世紀の考古学の分野のパイオニア
でした。聖地と聖書に書かれたすべての場所と古典的な著者の物語を探求したいという願いは、ルーヴル美術館の東洋のコレクションの誕生の原点にありました。
メソポタミアで最初の探検が行われました。ポール・エミール・ボッタ(モスルのフランス領事)は、1843?1845年にコルサバードで発掘され、アッシリア文明を
蘇らせました。最初の「アッシリア美術館」は1847年5月1日に開設され、アンティーク部門に付属しています。 Bottaの数年後、Victor Placeの発掘によって完成
しました。 1877年に、Ernest de Sarzecはメゾポタミア南部のTelloのサイトを検索してシュメール人を発見しました。 1881年ルーブル第テジョシュメールの美術に
到着 - グデア、ラガシュの王子を表す暗い閃緑岩の特に彫像 - 東洋美術部門の作成を決定しました。メソポタミアのセクションでは、徐々に20世紀の前半には
紀元前8世紀の地方アッシリア宮殿でAssyriologistフランソワ・サーオー・ダンジン含む発掘のおかげで金持ちになります。 ADシリア東部のTil Barsip /
Tell Ahmarから。北シリアの王国の首都アルスランタシュ(Arslan Tash)への彼の調査によって、アッシリアに繋がった。最も重要な貢献はAndreParrotの発掘に
由来します。AndreParrotは1933年からSumerの旧市街であるLarsaに光をもたらしました。主に夫、都市シリア中東ユーフラテス川、第3および早期の二千年紀に
メソポタミアとレヴァントの文明間のリンクを作っ座席王朝。
バビロンは、イランのスーザの遺跡の発掘中に発見された「ハンムラビの掟」でルーヴル美術館に入りました。紀元前12世紀にエラムの隣国の王子に追放されたBC、
記念碑はSusaのアクロポリスに展示されました。スーサのフランス考古学ミッションのパイオニアは、すべての偉大なメソポタミア彫刻は、ルーヴルコンサバトリー
アッカド、シュメールとバビロンになり取り戻したところです。 19世紀末、オスマン帝国とペルシャでは、二国間の規則と古美術協定が確立されました。

228名無し草 (ワッチョイ ffcb-yNao)2018/04/17(火) 12:20:08.47ID:Bb5QnZDs0
グラフィックアート部門の特別な状況は、材料の保存を保証する
作品の特性の1つに対応します。テクニックの脆弱性と、光に対する
紙の感度は、常設展を許可しません。したがって、学科は図書館
のように編成されています。作品は予約に保管され、読書室での
相談や展示会のためだけに出ています。その展示期間は非常に
正確な提示条件で3ヶ月に制限されています - 照明の表面に
50ルクスの照明'オブジェクト、温度20度、相対湿度50パーセント
- は3年の休息期間が続く必要があります。

グラフィックアート部門は、3つの異なる機関を集めています。
キャビネットdes dessinsはフランスの王の古いコレクションからです。
それは世紀末から追加された時点で最も輝かしいアマチュア、
エヴァーJabachに属する五千五百四十から二図面の1671年に
おけるルイXIVによる購入、発祥しました、最初の画家Charles
Le BrunとPierre Mignardのスタジオコレクション。下に行く前に -
オルセー美術館、サン・Morys、モデナの公爵を数える - 離れて
1775年マリエット販売におけるいくつかの重要な買収から、複合体は、
大発作と革命の利益の二倍以上でした近代的な博物館の成長の
論理のディレクトリ、。全体の統一を破るとの協議を促進させない
ために、デザインの分野でのオルセー美術館の首都と買収 -
パステル、建築や芸術を除きます装飾 - ルーヴル美術館に保管
されています。したがって、キャビネット・デ・デッサンには、今日
描かれたコンターを数えれば百五万回以上の作品が含まれて
います。
1797年に設立された彫刻は、他のソースの中から真鍮を結集し、
コルベールによって確立された王の彫刻、内閣、そして絵画と彫刻
の元アカデミー。
さらに、1935年以来、主に版画で構成されているエドモンド・ド・
ロートシルト・コレクションは、独立した保存を必要とする独自の寄付
状況を持っていました。
図面や彫刻を永久に公開することが不可能であることから、グラフィック
アート部門の活動における一時的なプレゼンテーションの組織の
重要性が説明されている。イタリアの漫画、フランスの絵画、、新しい買収、
ファイル、研究ニュースなど、特定の定期的な競合には、美術館の
特定の部屋数が割り当てられています。

229名無し草 (ワッチョイ ffcb-yNao)2018/04/17(火) 12:21:24.22ID:Bb5QnZDs0
王室のキャビネット-ガルドからルーブルアートの存在はすでにクラウンのブロンズ小像や宝石はもう少し入った7月27日1793の条約の法令によって博物館の作成時に提供されました以降、1796、ならびにアボットシュガー、
フランスの王の即位のレガリアによって組み立て花瓶などサントシャペルとサン・ドニのアビーの宝物の権威名残です。また、移民のプロパティの発作を含むこの最初の核は、革命と帝国征服と、このようなシールドと
チャールズIXのヘルメットのような例外の購入をもたらしたオブジェクトによって増加しました。ドミニク・ヴィヴァンデノンは、美術館のディレクターになった一方、1802年、美術品は美術部門内であったClaracのカウントによって、
1818年に彼の死でエンニオ・キリノ・ヴィスコンティを、語りました。一方、元のコレクションは、サンドニから16個のオブジェクト、宮殿と1815年ナポレオンの征服から作品の反発にナポレオンによって作ら依頼を1798年に
売却により減少しました。
19世紀の壮大な拡張
修復下の活性買収の方針は、技術的なオブジェクトの美しいセットを結集し、裕福な恋人エドム=アントワーヌ・デュラン(1825)と画家のピア・レボイル(1828)のような全体のコレクションのエントリーを許可しました中世と
ルネッサンスのための様々な。これらの努力は、ルイ・フィリップの下に進めなかったが、ルーヴル美術館は、まだ1847年Clarac伯爵の死に1830年における秩序の抑制時に聖霊の宝物を集めることができ、オブジェクトの
コレクション1854年に辞任したマルキス・デ・ラボルデ(Marquis de Laborde)に、彫刻とギリシア・ローマ美術の美術に関連する美術が委ねられた。
ソブリンの博物館、1852年2月15日にナポレオンIIIによって確立された君主制の歴史に関連する作品を含む:第二帝政ははかない作成を通じて美術コレクションの新しい拡張機能をマークルーヴル美術館、ロイヤル・ガルドー・
ミーブルブル、国立図書館のコレクションから採集された、キラーディックからルイ・フィリップルまで。キュレーターはHorace de Viel-Castel伯爵であり、1863年にHenry Barbet de Jouyによって成功しました。その年の主な
豊富さは、1856年のソヴェージョコレクションと1861年のカンパーナコレクションの入り口でした。

230名無し草 (ワッチョイ ffcb-yNao)2018/04/17(火) 12:23:26.81ID:Bb5QnZDs0
ギリシャの現在の部門を含む絵画、骨董品部門、と1793年に登場した最初の部門、
エトルリア・ローマ美術は相続人である、二重の性質によって、彼の後に生まれた
ルーヴルの他の考古学部門と区別され彼のコレクション(ギリシャとローマの地中海
の世界の装飾や考古学のコレクションとして、17世紀と18世紀に使用された彫刻の
コレクション)から。

コレクションの構成
1793年に開かれた古代人のセクションは革命的な発作によって豊かにされた古い
王家コレクションの周りに構成されています。博物館はオーストリアのアンの夏の
アパートに1800年に設置され、1807年には、ボルゲーゼコレクションから500以上の
大理石を購入して、部屋の開発を引き起こしました。王のパビリオン、女王の冬の
アパートなどがあります。 1815年に作品を修復した後、E.Q. Visconti(1751-1818)は、
最初の「古代の監督者」であり、活発な買収政策を導いた。 1821年、リヴィエール侯爵
によってルイ18世に提供されたヴィーナス・デ・ミロがコレクションに加わりました。ファンド
は、主に宮殿の1階に博物館チャールズXの1827年にTochonコレクション(1818年)と
デュラン(1825年から1836年)、元々の作成を購入することで、考古学的なオブジェク
トを豊かにし、ビー玉で構成しますそして、花瓶のコレクションを含むカンパーナ
コレクションの1つによって1861年に、19世紀の後半のギャラリー博物館チャールズXと
並行して、正方形の裁判所の南ウィングの1階にあり、考古学的な任務ルーヴル美術館
に北アフリカとオスマン帝国全体の多くの物を送る。サモトラケの勝利は、我々はの
古風なギリシャの彫刻(コラサモスライダーヘッド、オセールの女性)と「タナグラ」を発見
1884年からダルの階段の上にさらさシャンポワゾによって1863年に発見されましたViotia。
20世紀の初めに、部門の完全な見直しが想像され、徐々に実施されました。ナポレオン
から継承された彫刻の博物館は1934年に解体され、年代順の分類が課せられています。
ギリシャの芸術に専念コースは女王のホールの冬のアパートで彫刻の周りの地上階に
展開され、ダイアナの部屋とCaryatidsのもの、および回路は、芸術に捧げローマは
オーストリアのアンの旧夏のアパートの周りに組織されています。

231名無し草 (ワッチョイ ffcb-yNao)2018/04/17(火) 12:26:22.25ID:Bb5QnZDs0
第二次世界大戦の余波でブロンズの古いLacazeルームの床に発足された、ヘンリーII
ルームはローマの銀器とローマのフレスコ画の宝物を収容エトルリア美術とジュエリーの
部屋に専念します。

現在のミュセグラフィー:2011年のコレクションの再配備状況

部門の状態の部屋には、スフィンクスプチギャラリー裁判所の間で、再開発事業は、
1980年エトルリアコレクションはその後、地上階にさらされているから実現し大規模な
コレクションの結果であり、ローマの彫刻はリトルギャラリーとアウグストゥスの旧ホール
で行われます。ルーブルのピラミッドの開口部に続いて、コレクションの新しい
再インストールは、それが最初のフェーズギリシャの美術コレクションと一階の部屋
(1997年から2010年)に割り当てられ、1990年代に想像されます。 1997年には、ギリシャ
Preclassicのギャラリーの開口部は、ギリシャの金石学館、勝利の階段の下で
オリンピアの神殿に捧げ深刻なスタイルのホールと新しい部屋を完了しました
Samothraceは、すべてのマテリアルとテクニックを表すオブジェクトが混在している部門
の新しい入り口を作成することができます。同じ年には、ギャラリーダルが改装され、
一階が刷新さ:宝物を銀に専念部門が半分回復しながら、ラサールアンリIIは、その後、
古代の宝石ルームダイニンググラスに変換されます元チャールズXの博物館でテラコッタ
のフィギュアと彫像を展示し、Campanaのギャラリーとブロンズの部屋は完全に改訂
されました。
2004年にはManezhホール、パルテノン・マーブル、2010年7月に完成し、部門を収容する
ために2006年にダイアナの部屋の開発を開いた後、部屋の配置転換が発足してギリシャ
の芸術に捧げギリシャとギリシャの伝統的な芸術に特化した部屋で、王のパビリオン
の一階にあるヴィーナス・デ・ミロに帰されます。この10室の部屋は、有名な
カリアチット館を通って続くロイヤルアパートに属する2つのギャラリーを形成し、1997年
に始まった古代ギリシア美術に時系列的に結びついています。
今後数年間で(2013-2016)部門は、イタリック体とエトルリアの技術では、スフィンクスの
中庭の周りにローマの芸術への献身的なお部屋を再設計し、二階に、新しい専用コース
を作成するための計画を持っています

232名無し草 (ワッチョイ ff04-LJHW)2018/04/17(火) 13:23:14.65ID:SAhZJgCL0

233名無し草 (ワッチョイ b3e6-ycE0)2018/04/17(火) 20:56:58.99ID:bvttZuNB0
ルーヴル美術館は、ルーヴル美術館の他の部門と比較して100,000を超えるコレクション
を創作しています。それは、創造の決定的な動機であった考古学的研究に関連して
います。フランスは、オスマン帝国とペルシャに派遣された領事や学者を通じて、19世紀
の考古学の分野のパイオニアでした。聖地と聖書に書かれたすべての場所と古典的な
作家の物語を探求したいという願いは、ルーヴル美術館の東部コレクションの誕生の
原点でした。メソポタミアで最初の探検が行われました。ポール・エミール・ボッタ
(モスルのフランス領事)は、1843?1845年にコルサバードで発掘され、アッシリア文明を
蘇らせました。最初の「アッシリア美術館」は1847年5月1日に開設され、アンティーク部門
に付属しています。 Bottaの数年後、Victor Placeの発掘によって完成しました。 1877年
に、Ernest de Sarzecはメゾポタミア南部のTelloのサイトを検索してシュメール人を発見
しました。 1881年ルーブル第テジョシュメールの美術に到着 - グデア、ラガシュの王子
を表す暗い閃緑岩の特に彫像 - 東洋美術部門の作成を決定しました。メソポタミアの
セクションでは、徐々に20世紀の前半には紀元前8世紀の地方アッシリア宮殿で
Assyriologistフランソワ・サーオー・ダンジン含む発掘のおかげで金持ちになります。
ADシリア東部のTil Barsip / Tell Ahmarから。北シリアの王国の首都アルスランタシ
ュ(Arslan Tash)への彼の調査によって、アッシリアに繋がった。最も重要な貢献はAndre
Parrotの発掘に由来します。AndreParrotは1933年からSumerの旧市街であるLarsaに光を
もたらしました。主にシリア中東ユーフラテスの都市、マリ、メゾポタミアの文明とレヴァント
との間のリンクを第三千年と第二千年紀の始まりとする王朝の座であった。
BabyloneはイランのSusaのサイトで発掘中に発見された "Hammurabiコード"でルーヴル
に入りました。紀元前12世紀にエラムの隣国の王子に追放されたBC、記念碑はSusaの
アクロポリスに展示されました。スーザのフランス考古学的使命の開拓者たちは、
ルーヴル美術館をアッカド、シュメル、バビロンの温室にした偉大なメソポタミア彫刻を
発見しました。 ペルシャでは、古代遺物の共有方法を確立するために、二国間の規則が
確立されました。

234名無し草 (ワッチョイ b3e6-ycE0)2018/04/17(火) 20:59:25.88ID:bvttZuNB0
ルーヴル美術館のエジプト美術部門の創設は1798年と1801戦利品として
イギリスによって押収された学者によって収集された遺物の間エジプト
ボナパルトの遠征の直接の結果ではありません。ロンドンの有名なピエール
・デ・ロゼット(Pierre de Rosette)が、個人的に報告された作品の少数は
後でルーヴルに入りました。
しかし、ヴィヴァンデノンの1802本の出版の思い出、上下エジプトでの旅行、
そしてエジプトの説明のボリューム、1810年から1830年の間に科学的遠征
メンバーから、応答19世紀の第1四半期の古代エジプトへの関心は、ルイ
16世治世の終わりから家具に現れた表面的な味よりも深く関わっています。
Jean-FrancoisChampollionは世紀に生まれ、この雰囲気の中で成長します。
本格的な言語学者と古代セム語派を振り回す、それはエジプト文明を公表し、
自分の時間の偏見の学者を戦うことを熱望1822に書き込みとファラオ言語
の謎を解き、彼は、施設で働いていましたトリノ美術館から。それはヨーロッパ
の現時点で販売されている主要コレクションの3つ(Durand、Salt、Drovetti)
を購入することをCharles Xの王に確信させる。 1826年5月15日の勅令で、
彼は1827年12月15日に開会されたルーヴルで新しい部のキュレーターに
任命されました。
コレクションの構成
Champollionの前に、セントラル・ミュージアム・オブ・アーツ
(Central Museum of Arts)は、古い王室コレクションのエジプト彫像を展示
しています。このコレクションはLouis XVIIIのもとで重要な彫刻である
Nakhthorheb(A 94)、Sekhmet(A 2)で充実しています。
1824年から1827年の間に、コレクション全体(9,000点)が到着した部門が
作成されました。 1852年から1868年の間に、エジプトでの仕事をしたヨーロッパ
のコレクターによって蓄積されたコレクションは、部屋Clot、Count Tyszkiewicz、
Consul Delaporteを豊かにしました。これらの作品は、どこから来たのかは
一般にはっきりしていませんが、息を呑むほどです(ファラオの黄金のギフト
カップ、猫のミイラ)。
ルーヴル美術館の使節団であるマリエットは、サッカラのセラピムを発見する。
1852年から1853年の間に、彼は有名なスクライブ座を含む5,964点の作品を
パリに送りました!

235名無し草 (ワッチョイ b3e6-ycE0)2018/04/17(火) 21:00:25.84ID:bvttZuNB0
1893年にルーヴル美術館で「ムスリム芸術」のセクションが作成され、1905年には美術品の部門にイスラムコレクション専用の第一の部屋が開かれました。
このコレクションは、キュレーター、特にガストン・ミゲオン(Gaston Migeon)の刺激の下、かなり成長しました。 Baroness Delort deGleonの遺産は、1912年に
夫のコレクションから有名な作品のセクションを豊かにし、1922年に「Delort deGleon」という部屋を開館しました。クロック。
1932年、アジアの芸術部門が創設され、イスラムのコレクションが付いています。第二次世界大戦後、1945年、極東からの作品がギメ博物館に移されたが、
東洋美術学部にはイスラムのセクションが作られた。
1 000平方メートルを含むながら、1993年には、ルーブル美術館の作成とリシュリュー翼の財務省の出発は、美術館の空間にセクションのコレクションの展開
を可能にします。
イスラム教の芸術のセクションは、創設された2003年に本格的な部門になります。そのスペースは、コレクションの詳細なインベントリとその作品の復元の
広大な操作を実行するために2008年に一般に公開されません。
2012年9月以来、修道院の修復されたファサードの間に新しいスペースが静かに挿入されています。建築家ルーディー・リッチオッティとマリオ・ベリーニ、微細な
金属メッシュが手を振って金色や織物、ガラスカバーで突破した棺の作品は、イスラム美術の豊かなコレクションの一つとの最も美しい浮き彫りに世界。
<<コレクションの形成>>
多くは前に出版されたことがない - - 14,000以上のオブジェクトが、美しく装飾美術館で堆積3500点の作品によって補完とイスラム教の芸術学部のコレクション
の芸術作品の豊かさと多様性を証明イスラムの土地。
コレクションの歴史は、偉大な歴史と芸術的な味の両方に触れています。
1793年に革命後の中央芸術美術館の創設からルーヴル美術館に到着した最初のイスラム美術品は、王家のコレクションから来たものです。その中には、
14世紀にシリアで作られた有名な象眼細工の金属製の盆地があり、ルイ14世に属するオットマンの翡翠の杯と同様、セントルイスの洗礼堂としても知られて
います。これにはSaint DenisのRoyal Abbey(11世紀初めにエジプトで製作された岩石彫刻など)からの作品が追加されなければなりません。

236名無し草 (ワッチョイ b3e6-ycE0)2018/04/17(火) 21:03:24.54ID:bvttZuNB0
旧政権の下ではすでに、ルーヴル美術館は中世の現代彫刻を収蔵していました。
(G.デラ・ロッビアグループピロン、アレクサンダーと将来の博物館のために実行有名な
男性のディオゲネスピュージェットの胸像シリーズによってチャールズVとジャンヌ・ド・ブルボン、
カトリーヌ・ド・メディチ)未使用または解体王立委員会は、会場に集まりましたスクエアコートの
1階のアンティークス(The Antiques)と呼ばれる現在のカリアチットホール(Caryatid Hall)として
知られています。 (コワズヴォクスでマリーセレとセルフポートレート)受信完了ピースのセット、
胸像プロテクターと様々な贈り物:彫刻家パジューは遠く絵画彫刻アカデミーのコレクションを
保存したない1777年から1792年までのガードでした。
1793年に博物館が開館すると、現代の彫刻はほとんどありません。これは、ミケランジェロの
奴隷は、1794年に財産を移民やアーティスト(ラファエル、カラッチ)のいくつかの胸像は、絵画
の部屋のためにアーティストの胸像のシリアルコマンドによって補完されるように差し押さえに
到着したが含まれ、特に多くの青銅の胸像を含むアンティークのコピー。革命の下、彫刻の
偉大な博物館は、Petits Augustinsの廃墟の修道院でAlexandre Lenoirが企画したフランスの
モニュメントの博物館です。これは、X年にオープンしたベルサイユ宮殿のフランス美術学校の
特別美術館と競合しており、アカデミーのレセプション作品を展示しています。修復では、
フランスのモニュメント博物館は閉鎖されています。ルーヴル美術館には、審美的な質のため
にいくつかの作品が割り当てられています。
"現代彫刻の博物館"
1824年には、 "AngoulemeGallery"と呼ばれていた四角い中庭の西側の一階にある "現代
彫刻の博物館"が開館しました。 5つのホールには、100種類以上の彫刻が飾られ、エレガント
なスタイルと時代が融合しています。主権者の市民リストはその後、彫刻をほとんど獲得
しなかった。ルイ・フィリップの下では、ヴェルサイユの新しい歴史博物館が中心である。
しかし、1847年からは、古代の部門で最近の時代を担当するLeon de Labordeがギャラリーに
力を入れようとしています。彼の政策は、新監督ジャンロンによって追求されている。

237名無し草 (ワッチョイ b3e6-ycE0)2018/04/17(火) 21:11:02.22ID:bvttZuNB0
絵画部の起源は、Francis Iの意志に戻り、イタリアの宮殿で賞賛されるような絵画のギャラリーであるフォンテンブローの城で形作られます。彼は偉大なイタリアの巨匠(Michelangelo、Raphael)の傑作を手に入れ、特定のアーティストを彼の裁判所(Leonardo da Vinci、
RossoまたはPrimatice)に招待しました。クラウン送信ソブリンのコレクションは、継続的なJabach銀行家ルイXIVのコレクションなどの重要な買収により、時間の好みやファッションに応じて濃縮作りました。後者の治世の下でコレクションがイタリアの分野で例外的な
展開を知っていれば、それは最初のスペインの絵画(Murillo)と一連のフランスの作品(Le Sueur)に入るルイ16世の下にあります。一方、北部の学校は徐々に第17回、特に第18世紀に入っています。
1793年、このアンサンブルはルーヴル宮殿で開かれた美術館のコレクションの出発点になります。 19世紀の間に、革新的な発作とボナパルトの芸術的征服は、個人(侯爵カンパーナの集まり)またはイベントや寄付金(医師のコレクションで、部門の充実だけでなく、
購入に貢献します1869年のCaze)。
1986年、オルセー美術館が開館した。コレクションの分割は、時系列の障壁に従って確立される:1848年の革命; Courbetと印象派はオルセー駅に参加するために博物館を離れる。

ドナー
ドナーやスポンサーはルーヴル友の会率いる博物館の生活や歴史の中で特別な場所は、一世紀前に作成した、博物館のすべての作品のかなりの数を取得していますすべての国で、希少性や優れた遺産の利益によって区別されます。
ドナーについては、ラ・カーズ、モロー - ネラトン、ロスチャイルドや、より最近では、レム、カウフマンとSchlageterのようないくつかの名前は密接にコレクションの歴史に、一定の期間や画家の再発見にリンクされたまま。ラ・カーズコレクションは、例えば、18世紀から
美術館に作品の重要な最初の波をもたらした、とレムの寄付は最近、18世紀のイタリア絵画のギャップを埋め。 2が彼らの元の所有者の意思に応じてグループ化されたままに大きい寄付の中で:クールカレ、カルロス・ベイステギによって組み立て肖像画の顕著
コレクションの二階、1942年に与えられ、カウントのオランダの全コレクションソーンの1930年に彼の娘プリンセスクロイルイを与え、1961年に遺贈の古い作品や印象派、で構成される。

238名無し草 (ワッチョイ cfc8-bBvN)2018/04/18(水) 00:03:27.26ID:eJ91muSP0

239名無し草 (ワッチョイ cfc8-bBvN)2018/04/18(水) 00:05:04.53ID:eJ91muSP0

240名無し草 (ワッチョイ c36b-RdoA)2018/04/18(水) 20:41:23.80ID:stnC/Leg0
ルーヴル美術館は、ルーヴル美術館の他の部門と比較して100,000を超えるコレクション
を創作しています。それは、創造の決定的な動機であった考古学的研究に関連して
います。フランスは、オスマン帝国とペルシャに派遣された領事や学者を通じて、19世紀
の考古学の分野のパイオニアでした。聖地と聖書に書かれたすべての場所と古典的な
作家の物語を探求したいという願いは、ルーヴル美術館の東部コレクションの誕生の
原点でした。メソポタミアで最初の探検が行われました。ポール・エミール・ボッタ
(モスルのフランス領事)は、1843?1845年にコルサバードで発掘され、アッシリア文明を
蘇らせました。最初の「アッシリア美術館」は1847年5月1日に開設され、アンティーク部門
に付属しています。 Bottaの数年後、Victor Placeの発掘によって完成しました。 1877年
に、Ernest de Sarzecはメゾポタミア南部のTelloのサイトを検索してシュメール人を発見
しました。 1881年ルーブル第テジョシュメールの美術に到着 - グデア、ラガシュの王子
を表す暗い閃緑岩の特に彫像 - 東洋美術部門の作成を決定しました。メソポタミアの
セクションでは、徐々に20世紀の前半には紀元前8世紀の地方アッシリア宮殿で
Assyriologistフランソワ・サーオー・ダンジン含む発掘のおかげで金持ちになります。
ADシリア東部のTil Barsip / Tell Ahmarから。北シリアの王国の首都アルスランタシ
ュ(Arslan Tash)への彼の調査によって、アッシリアに繋がった。最も重要な貢献はAndre
Parrotの発掘に由来します。AndreParrotは1933年からSumerの旧市街であるLarsaに光を
もたらしました。主にシリア中東ユーフラテスの都市、マリ、メゾポタミアの文明とレヴァント
との間のリンクを第三千年と第二千年紀の始まりとする王朝の座であった。
BabyloneはイランのSusaのサイトで発掘中に発見された "Hammurabiコード"でルーヴル
に入りました。紀元前12世紀にエラムの隣国の王子に追放されたBC、記念碑はSusaの
アクロポリスに展示されました。スーザのフランス考古学的使命の開拓者たちは、
ルーヴル美術館をアッカド、シュメル、バビロンの温室にした偉大なメソポタミア彫刻を
発見しました。 ペルシャでは、古代遺物の共有方法を確立するために、二国間の規則が
確立されました。

241名無し草 (ワッチョイ c36b-RdoA)2018/04/18(水) 20:42:09.42ID:stnC/Leg0
ルーヴル美術館のエジプト美術部門の創設は1798年と1801戦利品として
イギリスによって押収された学者によって収集された遺物の間エジプト
ボナパルトの遠征の直接の結果ではありません。ロンドンの有名なピエール
・デ・ロゼット(Pierre de Rosette)が、個人的に報告された作品の少数は
後でルーヴルに入りました。
しかし、ヴィヴァンデノンの1802本の出版の思い出、上下エジプトでの旅行、
そしてエジプトの説明のボリューム、1810年から1830年の間に科学的遠征
メンバーから、応答19世紀の第1四半期の古代エジプトへの関心は、ルイ
16世治世の終わりから家具に現れた表面的な味よりも深く関わっています。
Jean-FrancoisChampollionは世紀に生まれ、この雰囲気の中で成長します。
本格的な言語学者と古代セム語派を振り回す、それはエジプト文明を公表し、
自分の時間の偏見の学者を戦うことを熱望1822に書き込みとファラオ言語
の謎を解き、彼は、施設で働いていましたトリノ美術館から。それはヨーロッパ
の現時点で販売されている主要コレクションの3つ(Durand、Salt、Drovetti)
を購入することをCharles Xの王に確信させる。 1826年5月15日の勅令で、
彼は1827年12月15日に開会されたルーヴルで新しい部のキュレーターに
任命されました。

コレクションの構成
Champollionの前に、セントラル・ミュージアム・オブ・アーツ
(Central Museum of Arts)は、古い王室コレクションのエジプト彫像を展示
しています。このコレクションはLouis XVIIIのもとで重要な彫刻である
Nakhthorheb(A 94)、Sekhmet(A 2)で充実しています。
1824年から1827年の間に、コレクション全体(9,000点)が到着した部門が
作成されました。 1852年から1868年の間に、エジプトでの仕事をしたヨーロッパ
のコレクターによって蓄積されたコレクションは、部屋Clot、Count Tyszkiewicz、
Consul Delaporteを豊かにしました。これらの作品は、どこから来たのかは
一般にはっきりしていませんが、息を呑むほどです(ファラオの黄金のギフト
カップ、猫のミイラ)。
ルーヴル美術館の使節団であるマリエットは、サッカラのセラピムを発見する。
1852年から1853年の間に、彼は有名なスクライブ座を含む5,964点の作品を
パリに送りました!

242名無し草 (ワッチョイ c36b-RdoA)2018/04/18(水) 20:42:57.20ID:stnC/Leg0
1893年にルーヴル美術館で「ムスリム芸術」のセクションが作成され、1905年には美術品の部門にイスラムコレクション専用の第一の部屋が開かれました。
このコレクションは、キュレーター、特にガストン・ミゲオン(Gaston Migeon)の刺激の下、かなり成長しました。 Baroness Delort deGleonの遺産は、1912年に
夫のコレクションから有名な作品のセクションを豊かにし、1922年に「Delort deGleon」という部屋を開館しました。クロック。
1932年、アジアの芸術部門が創設され、イスラムのコレクションが付いています。第二次世界大戦後、1945年、極東からの作品がギメ博物館に移されたが、
東洋美術学部にはイスラムのセクションが作られた。

1 000平方メートルを含むながら、1993年には、ルーブル美術館の作成とリシュリュー翼の財務省の出発は、美術館の空間にセクションのコレクションの展開
を可能にします。

イスラム教の芸術のセクションは、創設された2003年に本格的な部門になります。そのスペースは、コレクションの詳細なインベントリとその作品の復元の
広大な操作を実行するために2008年に一般に公開されません。

2012年9月以来、修道院の修復されたファサードの間に新しいスペースが静かに挿入されています。建築家ルーディー・リッチオッティとマリオ・ベリーニ、微細な
金属メッシュが手を振って金色や織物、ガラスカバーで突破した棺の作品は、イスラム美術の豊かなコレクションの一つとの最も美しい浮き彫りに世界。

コレクションの形成

多くは前に出版されたことがない - - 14,000以上のオブジェクトが、美しく装飾美術館で堆積3500点の作品によって補完とイスラム教の芸術学部のコレクション
の芸術作品の豊かさと多様性を証明イスラムの土地。
コレクションの歴史は、偉大な歴史と芸術的な味の両方に触れています。
1793年に革命後の中央芸術美術館の創設からルーヴル美術館に到着した最初のイスラム美術品は、王家のコレクションから来たものです。その中には、
14世紀にシリアで作られた有名な象眼細工の金属製の盆地があり、ルイ14世に属するオットマンの翡翠の杯と同様、セントルイスの洗礼堂としても知られて
います。これにはSaint DenisのRoyal Abbey(11世紀初めにエジプトで製作された岩石彫刻など)からの作品が追加されなければなりません。

243名無し草 (ワッチョイ c36b-RdoA)2018/04/18(水) 20:44:00.12ID:stnC/Leg0
旧政権の下ではすでに、ルーヴル美術館は中世の現代彫刻を収蔵していました。
(G.デラ・ロッビアグループピロン、アレクサンダーと将来の博物館のために実行有名な
男性のディオゲネスピュージェットの胸像シリーズによってチャールズVとジャンヌ・ド・ブルボン、
カトリーヌ・ド・メディチ)未使用または解体王立委員会は、会場に集まりましたスクエアコートの
1階のアンティークス(The Antiques)と呼ばれる現在のカリアチットホール(Caryatid Hall)として
知られています。 (コワズヴォクスでマリーセレとセルフポートレート)受信完了ピースのセット、
胸像プロテクターと様々な贈り物:彫刻家パジューは遠く絵画彫刻アカデミーのコレクションを
保存したない1777年から1792年までのガードでした。
1793年に博物館が開館すると、現代の彫刻はほとんどありません。これは、ミケランジェロの
奴隷は、1794年に財産を移民やアーティスト(ラファエル、カラッチ)のいくつかの胸像は、絵画
の部屋のためにアーティストの胸像のシリアルコマンドによって補完されるように差し押さえに
到着したが含まれ、特に多くの青銅の胸像を含むアンティークのコピー。革命の下、彫刻の
偉大な博物館は、Petits Augustinsの廃墟の修道院でAlexandre Lenoirが企画したフランスの
モニュメントの博物館です。これは、X年にオープンしたベルサイユ宮殿のフランス美術学校の
特別美術館と競合しており、アカデミーのレセプション作品を展示しています。修復では、
フランスのモニュメント博物館は閉鎖されています。ルーヴル美術館には、審美的な質のため
にいくつかの作品が割り当てられています。

"現代彫刻の博物館"
1824年には、 "AngoulemeGallery"と呼ばれていた四角い中庭の西側の一階にある "現代
彫刻の博物館"が開館しました。 5つのホールには、100種類以上の彫刻が飾られ、エレガント
なスタイルと時代が融合しています。主権者の市民リストはその後、彫刻をほとんど獲得
しなかった。ルイ・フィリップの下では、ヴェルサイユの新しい歴史博物館が中心である。
しかし、1847年からは、古代の部門で最近の時代を担当するLeon de Labordeがギャラリーに
力を入れようとしています。彼の政策は、新監督ジャンロンによって追求されている。

244名無し草 (ワッチョイ c36b-RdoA)2018/04/18(水) 20:45:09.94ID:stnC/Leg0
絵画部の起源は、Francis Iの意志に戻り、イタリアの宮殿で賞賛されるような絵画のギャラリーであるフォンテンブローの城で形作られます。彼は偉大なイタリアの巨匠(Michelangelo、Raphael)の傑作を手に入れ、特定のアーティストを彼の裁判所(Leonardo da Vinci、
RossoまたはPrimatice)に招待しました。クラウン送信ソブリンのコレクションは、継続的なJabach銀行家ルイXIVのコレクションなどの重要な買収により、時間の好みやファッションに応じて濃縮作りました。後者の治世の下でコレクションがイタリアの分野で例外的な
展開を知っていれば、それは最初のスペインの絵画(Murillo)と一連のフランスの作品(Le Sueur)に入るルイ16世の下にあります。一方、北部の学校は徐々に第17回、特に第18世紀に入っています。
1793年、このアンサンブルはルーヴル宮殿で開かれた美術館のコレクションの出発点になります。 19世紀の間に、革新的な発作とボナパルトの芸術的征服は、個人(侯爵カンパーナの集まり)またはイベントや寄付金(医師のコレクションで、部門の充実だけでなく、
購入に貢献します1869年のCaze)。
1986年、オルセー美術館が開館した。コレクションの分割は、時系列の障壁に従って確立される:1848年の革命; Courbetと印象派はオルセー駅に参加するために博物館を離れる。

ドナー
ドナーやスポンサーはルーヴル友の会率いる博物館の生活や歴史の中で特別な場所は、一世紀前に作成した、博物館のすべての作品のかなりの数を取得していますすべての国で、希少性や優れた遺産の利益によって区別されます。
ドナーについては、ラ・カーズ、モロー - ネラトン、ロスチャイルドや、より最近では、レム、カウフマンとSchlageterのようないくつかの名前は密接にコレクションの歴史に、一定の期間や画家の再発見にリンクされたまま。ラ・カーズコレクションは、例えば、18世紀から
美術館に作品の重要な最初の波をもたらした、とレムの寄付は最近、18世紀のイタリア絵画のギャップを埋め。 2が彼らの元の所有者の意思に応じてグループ化されたままに大きい寄付の中で:クールカレ、カルロス・ベイステギによって組み立て肖像画の顕著
コレクションの二階、1942年に与えられ、カウントのオランダの全コレクションソーンの1930年に彼の娘プリンセスクロイルイを与え、1961年に遺贈の古い作品や印象派、で構成される。

245名無し草 (ササクッテロレ Sp3b-KrQ+)2018/04/20(金) 23:22:09.86ID:4H8b3b9Sp
ビュールレ@国立新美術館
今更ですが、まだ行けていなかったので閉館間際に滑り込み。空いてました。
個人のコレクションながら、西洋絵画史の美味しい所をかなりカバーできますね。
イレーヌ・カーンばかり紹介されてる印象だったのですが、セザンヌやゴッホも充実してました。盗難作品も拝んできました。

246名無し草 (ワッチョイ 0b2d-9jjH)2018/04/21(土) 02:11:24.40ID:FULs5th00
リトル・ギャラリーの新しい展覧会で明らかになったように、アートと政治力は常に密接な関係を結んでいます。
第3シーズンに向けて、芸術文化教育に特化したルーヴル美術館のスペースは、古代から現在までの政治的な力の表現のコードに焦点を当てています。

ルーヴル美術館やフランスの主要文化機関の作品を展示するこの展覧会では、古代のモデルや権力を象徴する物語に関連して、 "戦士"、 "ビルダー"、 "英雄"
このコースでは、特に、特別研究の対象となっているヘンリー4世の姿や、ルイ16世のような君主と皇帝の有名な肖像画を使って、画像がどのように正当化するために使われているかを示しますまたはナポレオン。

レガリアのような君主制の象徴的なオブジェクト、フランスの王の戴冠式のオブジェクトも提出されます。
最後の部分は、フランス革命で起こった歴史的および図像的な休憩を最終的に明るくする。

監督(複数): ルーヴル美術館の会長兼ディレクター、ポール・ミノーナウ(Paul Mironneau)、
国立博物館の所長、ポー・シャトーの遺産を扱っているジャン・ルック・マルティネス(Jean-Luc Martinez) プロジェクトマネージャー: フィレンツェDinet、ルーヴル美術館。

247名無し草 (ワッチョイ 0b2d-9jjH)2018/04/21(土) 02:14:51.67ID:FULs5th00
ほぼ150は、19世紀後半17世紀の王室コレクションからルーヴル美術館の誕生を作品を通してベルサイユのものと同様、主にルーヴル美術館のコレクションに頼って、展示は伝えます。

17世紀後半のベルサイユ宮殿、その庭園、大きなアパート、王のアパートには、ロイヤルコレクションがどのように展示されているかを示すルートがあります。
これは、芸術家のスタジオ、サロンで開催された絵画や彫刻や家具、現代美術展のロイヤルアカデミーがあったルーブル、18世紀における真の芸術的な蜂の巣に進み、 2年に1度の正方形。

18世紀には、芸術に特化したルーヴル美術館が、王室のコレクションを勉強して熟考することができる博物館を保管するのに理想的な場所であることが明らかになりました。
展示会は、したがって、歴史的な期間の発見で、19世紀の普遍博物館にルーヴル美術館の変換に言及し、最後に1793エピローグにフランス革命の際に開かれた
この未来博物館にルイ16世の下で作られた買収や受注で終わりますヨーロッパではまだ未知の文明である。

小さなギャラリー、電源の劇場の展示に関連して、フランスの国立図書館は、彼らの素晴らしさにより例外セットを形成するバインダーのManuscrits.Ces部門に保持
その最も貴重なバインディングの5の融資を受け入れ、中世の終わりにシャルルマーニュの世紀からの歴史。

248名無し草 (ワッチョイ 0b2d-9jjH)2018/04/21(土) 02:17:59.58ID:FULs5th00
中世には、神の奉仕を祝うために使われた典礼書が、遺物のような他の聖なる物と並んで、教会の宝の中にあった。
彼らは、それらを保存宗教確立のためのキーメモリ機能を着用:その生活史と彼の精神的、時間的根拠の力を具現化するよう財務省は場所の創設の栄光の記憶を永続させるために使用されました。
彼らは豊かな照明装飾を受け、カバーとして、その素晴らしさと精巧なアイコンがその内容の精神的および象徴的な次元に合った真の宝石という共通点を共有しています。
これらの原稿は、様々な施設からのもの:メッツ福音書の2冊は、最初と最後のショーケースに提示するために、
二福音のための部屋4、パリの窓のサン・ドニのミサ典にアラスのサンヴァースト部屋2の中央の窓にあるサント・シャペル。
これらの写本とそのイルミネーションの実行が空間と時間に十分に局在化していれば、バインディングとは必ずしも同じではなく、
その一部は複合的な側面を持っています。金、銀、銅、象牙、宝石、真珠など貴重な素材を使用して装飾されています...

これらは洗練された技法のように審美的価値を高める機能を持っています。精神的な本。 革命と領事館以来BNFによって保たれ、これらの本は特にスポンサーのおかげで回復し、
両方のバインディングのために、新しい光の中で、ルーヴル美術館と中世のコレクションからの芸術のオブジェクトと、新しいコースで利用されている会話しますポロンスキー財団から 。

249名無し草 (ワッチョイ 1ab0-9jjH)2018/04/21(土) 02:25:19.49ID:CAywWT2h0
西部の主要芸術ジャンルであるこの肖像画は、NTVと提携してルーヴル美術館が企画する日本での展覧会の対象となります。

アレキサンダー大王の胸像からヴェロネーゼのベルナーニに至るまでの名作と、ルーヴル美術館のすべての部門の発見から、19世紀にメソポタミアの古代から肖像画の芸術を紹介します
ヨーロッパ人であり、肖像画が時間をかけて獲得した機能を中心に回ります:愛する人の記憶を消したり消えたり、男性と女性の力を祝い、目立つイメージを浮かべて遊んでください。
選択された横断的アプローチと支持者の多様性は、表現のコードの出生、伝播、転覆を際立たせるでしょう。

監督(複数):
コモ・ファーブル(Como Fabre)とルドヴィッチ・ロウギエール(Ludovic Laugier)、ルーヴル美術館

リトル・ギャラリーの新しい展覧会で明らかになったように、アートと政治力は常に密接な関係を結んでいます。
第3シーズンに向けて、芸術文化教育に特化したルーヴル美術館のスペースは、古代から現在までの政治的な力の表現のコードに焦点を当てています。

ルーヴル美術館やフランスの主要文化機関の作品を展示するこの展覧会では、古代のモデルや権力を象徴する物語に関連して、 "戦士"、 "ビルダー"、 "英雄"
このコースでは、特に、特別研究の対象となっているヘンリー4世の姿や、ルイ16世のような君主と皇帝の有名な肖像画を使って、画像がどのように正当化するために使われているかを示します。

250名無し草 (ワッチョイ 1ab0-9jjH)2018/04/21(土) 02:42:06.11ID:CAywWT2h0
1893年にルーヴル美術館で「ムスリム芸術」のセクションが作成され、1905年には美術品の部門にイスラムコレクション専用の第一の部屋が開かれました。
このコレクションは、キュレーター、特にガストン・ミゲオン(Gaston Migeon)の刺激の下、かなり成長しました。 Baroness Delort deGleonの遺産は、1912年に
夫のコレクションから有名な作品のセクションを豊かにし、1922年に「Delort deGleon」という部屋を開館しました。クロック。
1932年、アジアの芸術部門が創設され、イスラムのコレクションが付いています。第二次世界大戦後、1945年、極東からの作品がギメ博物館に移されたが、
東洋美術学部にはイスラムのセクションが作られた。

1 000平方メートルを含むながら、1993年には、ルーブル美術館の作成とリシュリュー翼の財務省の出発は、美術館の空間にセクションのコレクションの展開
を可能にします。

イスラム教の芸術のセクションは、創設された2003年に本格的な部門になります。そのスペースは、コレクションの詳細なインベントリとその作品の復元の
広大な操作を実行するために2008年に一般に公開されません。

2012年9月以来、修道院の修復されたファサードの間に新しいスペースが静かに挿入されています。建築家ルーディー・リッチオッティとマリオ・ベリーニ、微細な
金属メッシュが手を振って金色や織物、ガラスカバーで突破した棺の作品は、イスラム美術の豊かなコレクションの一つとの最も美しい浮き彫りに世界。

コレクションの形成

多くは前に出版されたことがない - - 14,000以上のオブジェクトが、美しく装飾美術館で堆積3500点の作品によって補完とイスラム教の芸術学部のコレクション
の芸術作品の豊かさと多様性を証明イスラムの土地。
コレクションの歴史は、偉大な歴史と芸術的な味の両方に触れています。
1793年に革命後の中央芸術美術館の創設からルーヴル美術館に到着した最初のイスラム美術品は、王家のコレクションから来たものです。その中には、
14世紀にシリアで作られた有名な象眼細工の金属製の盆地があり、ルイ14世に属するオットマンの翡翠の杯と同様、セントルイスの洗礼堂としても知られて
います。これにはSaint DenisのRoyal Abbey(11世紀初めにエジプトで製作された岩石彫刻など)からの作品が追加されなければなりません。

251名無し草 (ワッチョイ 1ab0-9jjH)2018/04/21(土) 02:44:56.23ID:CAywWT2h0
博物館を構築するための契約は1858年初期の都市の拡大の過程で、
クリスマス1857城壁の取り壊しのために支配していた皇帝フランツ・
ヨーゼフ1世でした。
1911年の百科事典からの計画

その結果、リングロードゾーンのための多数のデザインが提出されました。
8月SicardフォンSicardsburgとエドゥアルトファンデヌルのこぎりによって
計画が出て、今日のHeldenplatzの権利王宮の直後に2つの博物館の
建物を確立していきます。建築家ルートヴィヒ・フォスターは、
SchwarzenbergplatzとStadtparkの間の博物館を計画していました。
マーティン・リッター・フォン・キンク(Martin Ritter von Kink)は、
ヴァーリンガー・シュトラーセ(VahringerStrase/ Schottenring)の隅に
建物を優先させました。 Peter JosephLenneはBellariastrase(実際に
選ばれた場所から遠くない)周辺の地域を提案しました。モーリッツ・
フォン・Loehrは、2つの帝国博物館は、穀物市場の南東側(後に
ウィーン美術アカデミーが構築された)オペラリング建物、ルートヴィヒ
Zettlの南側に望んでいました。

1867博物館のための競争を発表し、それによって、それらの現在位置
を決定した - 皇帝の博物館の要求ではなく、環状道路を超えて、王宮に
近すぎては発生しません。建築家のCarl von Hasenauerがこの
コンクールに参加し、チューリッヒで活躍していたGottfried Semperと協力
することができました。 2つの博物館の建物は、イタリアのルネサンス
様式で建てられました。計画は、皇室の親善を発見した。 1869年4月には、
観客センパー皇帝があり、それによって契約の口頭賞を受賞しました。
1870年7月、セムパーとハセナウアーに手紙を送りました。

SemperとHasenauerが他の建築家のプロジェクトと比較して成功したか
どうかが決定しました。 A。 Semperのビジョンは、博物館の一部で
あった「Kaiserforum」と呼ばれる大規模な建物のビジョンです。 1879年に
センパールが死去したことで、カイザーフォルムは計画された形で処刑
されなかったが、2つの博物館が建てられた。
ファイル:Kunsthistorisches Museum - KuppelhalleとStiegenhaus
.webmMediaファイルの再生
ドームホールと階段のビデオ

252名無し草 (ワッチョイ 0ec8-BPTt)2018/04/25(水) 10:34:54.19ID:Op0Pz30u0
GRAND THANKS! 5th Anniversary ART SCRAMBLE 「GRAND ART FES」
2018年4月26日(木)〜5月13日(日)at グランフロント大阪

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000005181.html
http://www.grandfront-osaka.jp/press/pdf/release180327.pdf

253名無し草 (ワッチョイ 9ae8-Kh19)2018/04/25(水) 12:15:59.91ID:VED1m1UV0
2つの博物館の建設は、1871年11月27日の式典なしに行われました。
Semperはウィーンに移った。最初から、1877年以降、唯一のサイト管理
を引き継いだ彼とHasenauerの間には、かなりの個人差がありました。
1874、足場は最上階まで配置され、そして一階を完了し、1878年に建設
された、最初のウィンドウ1879は、欄干と欄干を完了し、ドームと幕屋の
1881年に1880年から構築されました。

屋根裏部屋は、芸術の分野の人格を描いた彫像に囲まれています。
彫刻はEdmund Hellmer、Carl Kundmann、Viktor Tilgner、Caspar
Zumbuschなどが作ったものです。入り口には、座っている絵画(エドモンド・
ヘルマー左)と彫刻(ヨハネス・ベンク)が並んでいます。ドームは、
ヨハネス・ベンクのパラス・アテナの銅像で飾られています。

美術史美術館の階段はグスタフ・クリムト、エルンスト・クリムト、
フランツ・Matsch、ハンス・マカルトとミアリー・マンカックシーの作品を
持っています。
→主要記事:美術館(ウィーン)の階段の写真

天井の二重窓と照明や空調概念が可能人工光(その後、主ガス照明
など)の放棄をしたが、季節変化営業時間に、この昼光依存性に起因
する結果となりました。

博物館

自然史博物館の向かいにある姉妹館のある美術館(Kunsthistorisches
Museum)は、リングシュトラーゼン時代の最も重要な歴史的建造物の
ひとつです。彼らは一緒にマリア・テレジアン・プラッツ(Maria-Theresien
-Platz)の隣に立っており、そこにはマリア・テレサの記念碑があります。
この広場は、今日の環状道路と2線の間の旧氷河の一部を覆い、ウィーン
の世界遺産歴史センターに属するアンサンブル記念碑を形成しています。

歴史

博物館は(ほとんどが、しかし、散乱される)。特にチロルのフェルディナンド、
皇帝ルドルフ2世のコレクションの肖像画や鎧コレクションから、ハプスブルク
家のコレクションから作成され、大公レオポルド・ヴィルヘルムの美術コレク
ションました。すでに1833年にジョセフ・Arneth、帝国のコインやアンティーク
キャビネットの学芸員(以降ディレクター)は、単一の建物の中に一緒に
すべての皇室のコレクションをもたらす、と呼ばれます。

254名無し草 (ワッチョイ 9ae8-Kh19)2018/04/25(水) 12:17:40.46ID:VED1m1UV0
美術館は1891年10月17日、フランツ・ジョセフ1世によって正式に開館されました。 1891年10月22日以来、博物館は公開されています。
すでに2年前、1889年11月3日に、今日のホフジャグドとリュスカマーの武器収集が始まりました。 1890年1月1日、図書館がサービスを
開始しました。ベルリンの下ベルヴェデール、アッパーベルヴェデール、皇居、宮殿アンブラスからの最も皇室の他のコレクションの
合併と設置にはさらに2年かかります。
骨董品のコレクション:バスト「ユーロピウス」(ローマ、5世紀半ば)、スルタン・アブドゥルハミド2世からフランツ・ジョセフ1世皇帝への
贈り物。

1891年、裁判所博物館は7つのコレクションで構成され、

コイン、メダル、アンティークコレクションのディレクター
エジプトのコレクション
アンティークコレクション
コインとメダルのコレクション

武器や芸術品のコレクションの管理部
武器コレクション
美術品のコレクション

GemaldegalerieとRestaurieranstaltの部署
水彩画、スケッチ、スケッチなどのコレクション
Splendo-Anstalt

まもなく、皇室のコレクションのためにホーフミュージアムが提供したスペースは狭くなりました。このような状況を改善するために、
ヴェルクスガルテンのテセウス寺院で、エフェソスからの古代の発見物の展示が企画されました。また、ロベルトベルヴェデーレでは
部屋を借りなければなりませんでした。

1914年、王座のフランツ・フェルディナンドの遺産を暗殺した後、彼のエステンセイコレクションはホーフミュージアムの行政になった。
このコレクションは、家のデステと世界旅行コレクションのフランツ・フェルディナンドのアートコレクションに由来し、1908年以来、
新しいホーフブルクに建設されました。これらのストックから、古い楽器と民族学博物館のコレクションが現れました。

圧倒的な経済状況を除けば、第一次世界大戦は失われずに成功しました。ホーフミュージアムは、戦争の5年間に公開されたまま
であった。

1919年まで、k.k.オーストリア文化博物館は、ハプスブルク・ロレーヌ邸の家族の家に属していました。職員と従業員は宮廷の一部でした。

255名無し草 (ワッチョイ 9ae8-Kh19)2018/04/25(水) 12:18:29.24ID:VED1m1UV0
君主制から共和国への移行は、完全な静けさで博物館で行われました。 1918年11月19日
、2つの裁判所の博物館はドイツオーストリア共和国の国家保護下でマリア・テレジアン
広場に置かれました。美術館の所蔵は、その後数週間、数ヶ月に渡って君主制の「後継
国」が脅かされ、イタリアとベルギーはオーストリア美術にクレームを提起した。実際には、
1919年2月12日に武装したイタリアのユニットによる62枚の絵画の暴力的な除去が見られ
ました。この「芸術の盗難」は、キュレーターと美術史家の間に長い間、傷を残しました。

1919年9月10日のサンジェルマンの平和条約のみが交渉による文化分野の主張の解決の
ために第195条および第196条に規定されていた。ベルギー、チェコスロバキア、そして
最近では、イタリアの主張は、このように大きく回避される可能性がある。ハンガリーは、
これまで最大の主張であったが、147件の交渉で10年以上にわたり交渉が行われた。

1919年4月3日、ハプスブルグ・ロレーヌ邸の法律による収奪と、共和国による「鉱山跡の
収集」を含む財産の取得。 1920年6月18日、1920年11月10日以来、以前の裁判所の
博物館とEstensiコレクション、および内務教育局への世俗的かつ事務的財務省の暫定的
な管理が、連邦内務教育省によって行われました。数日後、美術学博物館はウィーン国立
美術館と改名され、1921年には美術学博物館と改称されました。 1921年1月1日、博物館
の従業員は共和国の正常な職員となった。

以前の帝国のコレクションを国家所有権に引き継いで、博物館はまったく新しい状況に
陥った。 1919年、Hans Tietzeは博物館部門の変化した条件を正当化するためにウィーン
博物館プログラムを設計しました。それは、異なる家に集中するために、個々の博物館間
の緊密な協力を求めた。このように、交換、売却、決済は、戦間期における買収政策を支配
した。これは、今日まで有効な収集傾向をもたらしました。また、1934年の兵器コレクション
の移転は、ニューキャッスルの現在の敷地内にあり、1916年以来、古い楽器のコレクション
が設立されました。

皇室のコレクションが共和国の財産に変更されたことも、内部組織の再編成に関係して
いた。

256名無し草 (ワッチョイ 9ae8-Kh19)2018/04/25(水) 12:20:09.56ID:VED1m1UV0
オーストリアの "Anschluss"をドイツ帝国に導入したことで、ロスチャイルドのようなユダヤ人の芸術コレクションはすべて強制的に "アリオン化"されました。コレクションは、ゲシュタポによって博物館に「与えられた」か、
単に配布されたものでした。これは株式の大幅な増加をもたらした。 KHMは、アリオン化から利益を得た唯一の博物館ではありませんでした。盗まれたユダヤ人の財産は、帝国全土の博物館、コレクション、または
質屋に系統的に売却された。

戦後、博物館は、「Aryanised」芸術所有者またはその相続人に払い戻す限り運がまったく難しいそれを持っているでしょうとして、やりました。ロスチャイルド家は自分のコレクションの最も重要な部分を博物館に残すことを
余儀なくされた。これは「献身」または「贈り物」と呼ばれていました。理由は、所有者が特定の美術品を国外に持ち出すことを許さない輸出法であった。同様の方法が他の元の所有者によって使用された。

何十年後、国際的な外交とメディアの圧力のために、米国から大部分、連邦政府は法律を変えることにした(Kunstrestitutionsgesetz of 1998、いわゆるLex Rothschild)。アートオブジェクトは、1990年代にのみロスチャイルド
家系であり、払い戻されました。

美術館博物館は、1998年12月4日の美術オブジェクトの帰還に関する連邦法(BGBl。I Nr。181/1998)に基づいて広範な起源調査を行っている。この法令が成立する前でさえ、建築家ディレクターのハーバート・ハウプト氏
のイニシアチブで社内調査が行われました。この目的のためにリディアGroblと共同で彼によって国家条約1955 1998にナチス時代の美術史美術館の在庫水準の変化と年、さらに産地の研究のための重要な基礎について
の事実の包括的な声明を提出されました。

スザンヌHehenbergerとモニカ消火器は、委員会を代表して美術史美術館で産地の研究者として出所の調査のために働いて、2009年4月1日以降であり、1933年から最近までの調査期間を編集2人の歴史家。 2015年9月に
報告されたように、ナチス時代の音楽アート盗難の処理は始まったばかりです。 Eva Blimlinger局長は、2017年末までに古い楽器のコレクションを報告する予定です。

257名無し草 (ワッチョイ 9ae8-Kh19)2018/04/25(水) 12:21:12.82ID:VED1m1UV0
ルーブル美術館の歴史
城から博物館まで
ルーヴル美術館を訪れれば、中世から1848年までの西洋美術や多くの古代文明をコレクションを通して発見することができます。
博物館を所蔵し、その起源が12世紀の終わりまでさかのぼる宮殿は本当に建築的なレッスンです:1200年から2011年にかけて、最も革新的な建築家はルーヴル美術館の建設と拡大に成功しました。
長い歴史の中で、1870年までフランスの首脳を収容していたこの王室邸宅は、パリとフランスの歴史が演じられた偉大な劇場のひとつです。

ルーブル美術館の歴史は、フィリップ・オーギュストがパリを守るために要塞を建てることを決定した1190年頃から始まります。
それは都市主義のジェスチャーであり、主権者の権威の現れであり、彼が国を離れて十字軍の戦いに行くことを約束している。
この要塞の弱点の1つ、セーヌ川とのジャンクションを守るためには、ルーヴルの出生証明書である城を実行する必要があります。
フィリップ・オーギュストのエンジニアが設計した建物は、正方形で、堀で保護され、円形の塔で角の隅や中央に守られています。
それは、その裁判所の中心に、独自の溝があるマスタータワーを含んでいます。このモデルは何度も使用されており(バリエーションあり)、
イル=ド=フランスのドゥルダン城は、今日もよく保存された例を提供しています。 フィリップ・オーギュストのルーヴル美術館は王家ではなく、
守備の要塞です。それは都市の中心部(今日のような)ではありませんが、その限界とその任務は保護すること(そしておそらくは監視すること)です。

258名無し草 (ワッチョイ 9304-c97c)2018/05/01(火) 15:38:59.30ID:c0/und4e0

259名無し草 (ワッチョイ d117-zyDJ)2018/05/01(火) 16:39:12.39ID:XS8PfBzu0
博物館を構築するための契約は1858年初期の都市の拡大の過程で、
クリスマス1857城壁の取り壊しのために支配していた皇帝フランツ・
ヨーゼフ1世でした。
1911年の百科事典からの計画

その結果、リングロードゾーンのための多数のデザインが提出されました。
8月SicardフォンSicardsburgとエドゥアルトファンデヌルのこぎりによって
計画が出て、今日のHeldenplatzの権利王宮の直後に2つの博物館の
建物を確立していきます。建築家ルートヴィヒ・フォスターは、
SchwarzenbergplatzとStadtparkの間の博物館を計画していました。
マーティン・リッター・フォン・キンク(Martin Ritter von Kink)は、
ヴァーリンガー・シュトラーセ(VahringerStrase/ Schottenring)の隅に
建物を優先させました。 Peter JosephLenneはBellariastrase(実際に
選ばれた場所から遠くない)周辺の地域を提案しました。モーリッツ・
フォン・Loehrは、2つの帝国博物館は、穀物市場の南東側(後に
ウィーン美術アカデミーが構築された)オペラリング建物、ルートヴィヒ
Zettlの南側に望んでいました。

1867博物館のための競争を発表し、それによって、それらの現在位置
を決定した - 皇帝の博物館の要求ではなく、環状道路を超えて、王宮に
近すぎては発生しません。建築家のCarl von Hasenauerがこの
コンクールに参加し、チューリッヒで活躍していたGottfried Semperと協力
することができました。 2つの博物館の建物は、イタリアのルネサンス
様式で建てられました。計画は、皇室の親善を発見した。 1869年4月には、
観客センパー皇帝があり、それによって契約の口頭賞を受賞しました。
1870年7月、セムパーとハセナウアーに手紙を送りました。

SemperとHasenauerが他の建築家のプロジェクトと比較して成功したか
どうかが決定しました。 A。 Semperのビジョンは、博物館の一部で
あった「Kaiserforum」と呼ばれる大規模な建物のビジョンです。 1879年に
センパールが死去したことで、カイザーフォルムは計画された形で処刑
されなかったが、2つの博物館が建てられた。
ファイル:Kunsthistorisches Museum - KuppelhalleとStiegenhaus
.webmMediaファイルの再生
ドームホールと階段のビデオ

260名無し草 (ワッチョイ d117-+pvT)2018/05/01(火) 16:41:50.50ID:XS8PfBzu0
2つの博物館の建設は、1871年11月27日の式典なしに行われました。
Semperはウィーンに移った。最初から、1877年以降、唯一のサイト管理
を引き継いだ彼とHasenauerの間には、かなりの個人差がありました。
1874、足場は最上階まで配置され、そして一階を完了し、1878年に建設
された、最初のウィンドウ1879は、欄干と欄干を完了し、ドームと幕屋の
1881年に1880年から構築されました。

屋根裏部屋は、芸術の分野の人格を描いた彫像に囲まれています。
彫刻はEdmund Hellmer、Carl Kundmann、Viktor Tilgner、Caspar
Zumbuschなどが作ったものです。入り口には、座っている絵画(エドモンド・
ヘルマー左)と彫刻(ヨハネス・ベンク)が並んでいます。ドームは、
ヨハネス・ベンクのパラス・アテナの銅像で飾られています。

美術史美術館の階段はグスタフ・クリムト、エルンスト・クリムト、
フランツ・Matsch、ハンス・マカルトとミアリー・マンカックシーの作品を
持っています。
→主要記事:美術館(ウィーン)の階段の写真

天井の二重窓と照明や空調概念が可能人工光(その後、主ガス照明
など)の放棄をしたが、季節変化営業時間に、この昼光依存性に起因
する結果となりました。

博物館

自然史博物館の向かいにある姉妹館のある美術館(Kunsthistorisches
Museum)は、リングシュトラーゼン時代の最も重要な歴史的建造物の
ひとつです。彼らは一緒にマリア・テレジアン・プラッツ(Maria-Theresien
-Platz)の隣に立っており、そこにはマリア・テレサの記念碑があります。
この広場は、今日の環状道路と2線の間の旧氷河の一部を覆い、ウィーン
の世界遺産歴史センターに属するアンサンブル記念碑を形成しています。

歴史

博物館は(ほとんどが、しかし、散乱される)。特にチロルのフェルディナンド、
皇帝ルドルフ2世のコレクションの肖像画や鎧コレクションから、ハプスブルク
家のコレクションから作成され、大公レオポルド・ヴィルヘルムの美術コレク
ションました。すでに1833年にジョセフ・Arneth、帝国のコインやアンティーク
キャビネットの学芸員(以降ディレクター)は、単一の建物の中に一緒に
すべての皇室のコレクションをもたらす、と呼ばれます。

261名無し草 (ワッチョイ d117-+pvT)2018/05/01(火) 16:42:51.32ID:XS8PfBzu0
美術館は1891年10月17日、フランツ・ジョセフ1世によって正式に開館されました。 1891年10月22日以来、博物館は公開されています。
すでに2年前、1889年11月3日に、今日のホフジャグドとリュスカマーの武器収集が始まりました。 1890年1月1日、図書館がサービスを
開始しました。ベルリンの下ベルヴェデール、アッパーベルヴェデール、皇居、宮殿アンブラスからの最も皇室の他のコレクションの
合併と設置にはさらに2年かかります。
骨董品のコレクション:バスト「ユーロピウス」(ローマ、5世紀半ば)、スルタン・アブドゥルハミド2世からフランツ・ジョセフ1世皇帝への
贈り物。

1891年、裁判所博物館は7つのコレクションで構成され、

コイン、メダル、アンティークコレクションのディレクター
エジプトのコレクション
アンティークコレクション
コインとメダルのコレクション

武器や芸術品のコレクションの管理部
武器コレクション
美術品のコレクション

GemaldegalerieとRestaurieranstaltの部署
水彩画、スケッチ、スケッチなどのコレクション
Splendo-Anstalt

まもなく、皇室のコレクションのためにホーフミュージアムが提供したスペースは狭くなりました。このような状況を改善するために、
ヴェルクスガルテンのテセウス寺院で、エフェソスからの古代の発見物の展示が企画されました。また、ロベルトベルヴェデーレでは
部屋を借りなければなりませんでした。

1914年、王座のフランツ・フェルディナンドの遺産を暗殺した後、彼のエステンセイコレクションはホーフミュージアムの行政になった。
このコレクションは、家のデステと世界旅行コレクションのフランツ・フェルディナンドのアートコレクションに由来し、1908年以来、
新しいホーフブルクに建設されました。これらのストックから、古い楽器と民族学博物館のコレクションが現れました。

圧倒的な経済状況を除けば、第一次世界大戦は失われずに成功しました。ホーフミュージアムは、戦争の5年間に公開されたまま
であった。

1919年まで、k.k.オーストリア文化博物館は、ハプスブルク・ロレーヌ邸の家族の家に属していました。職員と従業員は宮廷の一部でした。

262名無し草 (ワッチョイ d117-+pvT)2018/05/01(火) 16:44:13.86ID:XS8PfBzu0
君主制から共和国への移行は、完全な静けさで博物館で行われました。 1918年11月19日
、2つの裁判所の博物館はドイツオーストリア共和国の国家保護下でマリア・テレジアン
広場に置かれました。美術館の所蔵は、その後数週間、数ヶ月に渡って君主制の「後継
国」が脅かされ、イタリアとベルギーはオーストリア美術にクレームを提起した。実際には、
1919年2月12日に武装したイタリアのユニットによる62枚の絵画の暴力的な除去が見られ
ました。この「芸術の盗難」は、キュレーターと美術史家の間に長い間、傷を残しました。

1919年9月10日のサンジェルマンの平和条約のみが交渉による文化分野の主張の解決の
ために第195条および第196条に規定されていた。ベルギー、チェコスロバキア、そして
最近では、イタリアの主張は、このように大きく回避される可能性がある。ハンガリーは、
これまで最大の主張であったが、147件の交渉で10年以上にわたり交渉が行われた。

1919年4月3日、ハプスブルグ・ロレーヌ邸の法律による収奪と、共和国による「鉱山跡の
収集」を含む財産の取得。 1920年6月18日、1920年11月10日以来、以前の裁判所の
博物館とEstensiコレクション、および内務教育局への世俗的かつ事務的財務省の暫定的
な管理が、連邦内務教育省によって行われました。数日後、美術学博物館はウィーン国立
美術館と改名され、1921年には美術学博物館と改称されました。 1921年1月1日、博物館
の従業員は共和国の正常な職員となった。

以前の帝国のコレクションを国家所有権に引き継いで、博物館はまったく新しい状況に
陥った。 1919年、Hans Tietzeは博物館部門の変化した条件を正当化するためにウィーン
博物館プログラムを設計しました。それは、異なる家に集中するために、個々の博物館間
の緊密な協力を求めた。このように、交換、売却、決済は、戦間期における買収政策を支配
した。これは、今日まで有効な収集傾向をもたらしました。また、1934年の兵器コレクション
の移転は、ニューキャッスルの現在の敷地内にあり、1916年以来、古い楽器のコレクション
が設立されました。

皇室のコレクションが共和国の財産に変更されたことも、内部組織の再編成に関係して
いた。

263名無し草 (ワッチョイ d117-+pvT)2018/05/01(火) 16:45:34.58ID:XS8PfBzu0
オーストリアの "Anschluss"をドイツ帝国に導入したことで、ロスチャイルドのようなユダヤ人の芸術コレクションはすべて強制的に "アリオン化"されました。コレクションは、ゲシュタポによって博物館に「与えられた」か、
単に配布されたものでした。これは株式の大幅な増加をもたらした。 KHMは、アリオン化から利益を得た唯一の博物館ではありませんでした。盗まれたユダヤ人の財産は、帝国全土の博物館、コレクション、または
質屋に系統的に売却された。

戦後、博物館は、「Aryanised」芸術所有者またはその相続人に払い戻す限り運がまったく難しいそれを持っているでしょうとして、やりました。ロスチャイルド家は自分のコレクションの最も重要な部分を博物館に残すことを
余儀なくされた。これは「献身」または「贈り物」と呼ばれていました。理由は、所有者が特定の美術品を国外に持ち出すことを許さない輸出法であった。同様の方法が他の元の所有者によって使用された。

何十年後、国際的な外交とメディアの圧力のために、米国から大部分、連邦政府は法律を変えることにした(Kunstrestitutionsgesetz of 1998、いわゆるLex Rothschild)。アートオブジェクトは、1990年代にのみロスチャイルド
家系であり、払い戻されました。

美術館博物館は、1998年12月4日の美術オブジェクトの帰還に関する連邦法(BGBl。I Nr。181/1998)に基づいて広範な起源調査を行っている。この法令が成立する前でさえ、建築家ディレクターのハーバート・ハウプト氏
のイニシアチブで社内調査が行われました。この目的のためにリディアGroblと共同で彼によって国家条約1955 1998にナチス時代の美術史美術館の在庫水準の変化と年、さらに産地の研究のための重要な基礎について
の事実の包括的な声明を提出されました。

スザンヌHehenbergerとモニカ消火器は、委員会を代表して美術史美術館で産地の研究者として出所の調査のために働いて、2009年4月1日以降であり、1933年から最近までの調査期間を編集2人の歴史家。 2015年9月に
報告されたように、ナチス時代の音楽アート盗難の処理は始まったばかりです。 Eva Blimlinger局長は、2017年末までに古い楽器のコレクションを報告する予定です。

264名無し草 (アウアウウー Sacf-T11e)2018/05/04(金) 09:14:04.96ID:il8vzeBHa
東博すげ並んでる。ついたで空いてるというのは嘘か

265名無し草 (ワッチョイ 2391-XJxX)2018/05/04(金) 13:20:11.00ID:oZj+vo8t0
フランス革命の発生後、彼の著名な軍事資質は彼に迅速な昇進をもたらした。
1794年までに彼はSambre-et-Meuseの軍隊に付随していた兄弟に昇進した。
Foururus(1794年6月26日)でのJourdanの勝利の後、彼はその後、部門長になった。
Theineenの戦い(1796年)で、Bernadotteは他の誰よりも、ライン川を越えた
フランス軍の撤退に貢献しました。

1797年の初めに、彼は、イタリアのナポレオン・ボナパルトの軍隊への援軍として
2万人の人と行進するために、中部の嵐の中でアルプスを成功裏に横断したことは
高く評価されたが、イタリア軍によって冷静に受け止められた。ミラノの指揮官である
ドミニク・マルティン・デュプイ(Dominique Martin Dupuy)の侮辱を受けて、
ベルナドットは彼を不服従で逮捕した。しかし、デュプイはルイ=アレクサンドル・
ベルティエの親友であり、これはBernadotteとナポレオンのChief of Staffの間で
長引く不和を始めた

彼はマントヴァのナポレオンとの最初のインタビューを受け、第4師団の指揮官に
任命された。 FriuliとIstriaの侵攻の間、Bernadotteは、彼が先駆者を率いた
Tagliamentoの通過と、Gradisca(1797年3月19日)の要塞の捕獲で大きく区別した。
ナポレオンは、18世紀のファルシドールの後、将軍たちに、その日のクーデターを
支持して、それぞれの部署から集まるよう命じた。 Bernadotteはナポレオンが望んで
いたディレクトリとは別のディレクトリに、ナポレオンの手でそれを伝えないで住所を
送った。

Campo Formioの条約の後、ナポレオンはBernadotteにウディネの本部で友好訪問
をしたが、すぐにライン川の部隊の半分を奪った後、残りの半分をフランスに戻すよう
命じた。 5人の取締役の一人であるポール・バラスは、ナポレオンが共和国を覆すこと
に慎重だったので、ナポレオンの権力を相殺するために、イタリア軍のベルナドット
司令官を任命した。 Bernadotteはこの任命に満足していたが、ナポレオンは
Talleyrand-Perigord、外務大臣に代わり、ウィーンの大使館を任命した。
Bernadotteは非常に不満でした。彼は最終的に大使館をウィーンに受け入れたが、
大使館の上に三色を吊り上げることによって引き起こされた妨害のために彼の投稿
をやめなければならなかった。

266名無し草 (ワッチョイ 2391-XJxX)2018/05/04(金) 13:22:42.34ID:oZj+vo8t0
イェーナの戦いの後、ベルナドットはハレでプロイセンを打ち負かしたが(1806年10月17日)、本部はこの勝利をあまり評価しなかった。戦闘後にハレを訪問したとき、
ナポレオンは「ベルナドットは何も止まらない」と謎めいてコメントしました。 "その後、Bernadotteは、SoultとMurat、プロイセン将軍のBlucherとLubeckを共同で追求し、
Radkow(1806年11月7日)に降伏を促した[10]。フランス人がリューベックに向かうと、フランス軍は大規模な略奪と暴行の対象となった。彼の男性が解体するのを避ける
ために必死に奮闘しているベルナドットは、リューベック評議会から6人の馬に感謝の意を表した。彼はまた捕虜となったスウェーデンの兵士を礼儀正しく扱い、
帰国を許可した。印象的なスウェーデン人は、ベルナドッテの街中での秩序を維持するという公平性の話をして帰宅した。


その後、彼はポーランドに行進し、モールンゲン(1807年1月25日)でロシア人を撃退したメッセンジャーはロシア人に捕らえられていたので、BernadotteはEylauの
戦いに参加できませんでした(1807年2月7?8日)。ナポレオンは彼の不在のために彼を非難しましたが、それはベルナドットに起因するものではなく、ベルティエが
秩序を派遣する際の不注意であることが認められました。

1808年、ハンザ同盟の町の知事であるティルシットの平和の後、彼はデンマークの島々を経由してスウェーデンに向かう遠征を指揮することになっていたが、輸送の
欲求とスペインの偶発事件のために計画は無事に終わった。

フランスとオーストリアの新しい戦争を支援するためにドイツに呼び戻されて、彼は主にサクソンズで構成された第9軍団の命令を受けた。ベルティエのさらなる困難、
病気と調和していないサクソンたちの軍団への参加は、彼が奉仕からの解放を求められるようにする。ナポレオンはナポレオンに「私が勝つことのできない隠された力に
よって永遠に麻痺しているのを見る」と書いている。ナポレオンはこれらの控訴を無視し、ベルナドットはキャンペーンを進め、ほとんどフランス語のない外国軍を
指揮した。ワグラムの戦い(1809年7月6日)で、彼はこの軍団に命じました。彼は長年にわたり左翼で優勢の攻撃を受け、Dupasに彼の支援を求めた。後者は、天皇から
の命令を受けて、彼がどこにいても残っていると答えた。

267名無し草 (ワッチョイ 532d-NrvC)2018/05/04(金) 13:33:57.75ID:PifZ96gs0
ロマネスク美術とは、主として11世紀から12世紀にかけてヨーロッパで生まれた美術のことを指します。この時期は、多民族の侵入などによる中世初期の混乱が落ち着き、社会が安定していくなかで、
活発な地域交流や技術革新、多くの宗教運動が起こり、新たなダイナミズムをもってヨーロッパの土台が築かれていった時代でした。「ローマ風の」という意味の「ロマネスク」は、当初建築において、
古代ローマ建築の劣った模倣を意味するものとしてやや軽蔑的に用いられた形容詞でしたが、現在その美術は、ヨーロッパ形成期の文化の諸相をあらわすものとして尊ばれ、高い精神性と奇想に満ちた表現力によって、
人々に愛されています。

ロマネスク美術はそのほとんどが、キリストの教えを示す、あるいは賛美するために制作され、人里離れた修道院や小村の聖堂にいたるまで、聖書の物語や教義、
動植物や幾何学文様など、豊かな図像が展開されました。本展は、フランスとスペインの五つの宗教建築を六田知弘氏が撮影した写真によって、ロマネスク美術の多彩なかたちを紹介します。

建築と調和したロマネスク彫刻はこの時代の美術を代表するもので、各地の文化的素地の多様性を伝えています。
マグダラのマリアの聖遺物で知られ、スペイン北西のサンチアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の出発点のひとつとしても栄えた、フランス、ヴェズレーのサント・マドレーヌ修道院聖堂の彫刻群は、その白眉といえます。

彫刻はまた、修道士たちの瞑想の場であった修道院回廊にも頻繁に見られ、今回その見事な例がスペインのブルゴス地方にあるサント・ドミンゴ・デ・シロス修道院から紹介されています。
一方、こうした彫刻の芸術性ゆえに、それを排除した修道会もありました。南仏のル・トロネ修道院は、厳格な修道院改革によって11世紀末に創設されたシトー修道会に属します。
そこでは、魅力ある装飾は祈りの妨げになるとして禁じられました。ル・トロネ修道院の各部は、禁欲的なシトー会建築独特の峻厳な美しさに満ちています。

絵画も神の家をたたえる重要なメディアでした。本展では、中央フランスのノアン・ヴィックとスペインに接するフランス南部のフノヤールの
小聖堂内部の壁画をお楽しみいただけます。一見稚拙とも思えるこれらの壁画からは、キリストの存在を伝える荘厳な空気を感じることができるでしょう。

268名無し草 (ワッチョイ 532d-NrvC)2018/05/04(金) 13:35:26.42ID:PifZ96gs0
スウェーデンのCharles XIV JohnとノルウェーのCharles III Johnは、
Charles XIII&IIの死後1818年2月5日にそのタイトルを引き継いだが、
当初両国で人気があった。民主的なプロセスと力は、王の拘束
されたエグゼクティブパワーの下で着実に成熟した。
「ヨーロッパの他の地域と分けて、私たちの政策と関心は分かれて、
スカンジナビアの二人の外国人との議論を慎重にはしないように
するだろうが、私の義務と尊厳は常に私たちの行動、そしてどちらか
といえばどちらも、私たちに内政への干渉を許さないように私たちに
規定しています。
チャールズ・ジョンがポスト・ナポレオン時代に適用した外交政策は、
大国と北欧諸国の外で起こった紛争への非関与のバランスの維持に
よって特徴付けられた。それはスウェーデンの以前の覇権拡大論
とは対照的で、何世紀にもわたって近隣諸国との戦争が途切れずに
成功し、彼は王国を1814年から死ぬまで平和の状態に成功させる
ことに成功した。]彼は特に、英国とロシアの間の紛争に心配
していました。近東危機に関して両国の関係が緊張した1834年、彼は
英国とロシアの政府に覚書を送り、事前に中立を宣言した。スウェーデン
の中立性の原点として指摘されている。

彼の国内政策は、とりわけ社会資本への経済と投資の促進に焦点
を当て、1814年以降の長い平和は、国の繁栄をもたらした。
26年間にわたる彼の長い治世の間に、王国の人口は非常に増加し、
スウェーデンの住民だけがスウェーデンとフィンランドの住民と同等に
なり、後者の地方は前者から引き裂かれ、国家債務が償還された。
民間人や刑法が公布のために提案され、教育が促進され、農業、商業、
そして製造業が繁栄し、内部通信手段が増加した。
一方、青年期の急進的な見解は、何年もかけて右に向かって順調に
変化していたが、彼が王位に上った頃には彼は超保守的だった。彼の
独裁的な方法、とりわけ彼の報道の検閲は、特に1823年以降、非常に
不評でした。しかし、彼の王朝は決して重大な危険に直面しません
でした。スウェーデン人とノルウェー人は、同様にヨーロッパ評判の
良い君主を誇りに思っていました。

269名無し草 (ワッチョイ 532d-NrvC)2018/05/04(金) 13:39:35.21ID:PifZ96gs0
18世紀後半にはヨーロッパ本土の王室や芸術のコレクションが国有化されました。ミュンヘンのAlte Pinakothekにあるバイエルンの王族コレクションは、
1779年に一般公開され、1789年頃にはフィレンツェのMedici(ウフィツィ美術館として)にオープンし、ルーブル美術館は旧フランス王室コレクション、1793年。
しかし、イギリスは大陸モデルを模倣しておらず、英国ロイヤルコレクションは現在も主権者の所有にとどまっています。 1777年に、英国政府はロベルト
・ウォール卿の子孫が彼のコレクションを販売するときに、国際的な身長の美術品を購入する機会を得ました。 MP John Wilkesは、政府がこの「貴重な宝物」
を購入すると主張し、それが「大英博物館の広々とした庭に建てられる貴族のギャラリー」に収容されることを提案した。 20年後、コレクションはCatherine
the Greatによって完全に購入されました。それは今サンクトペテルブルクの州エルミタージュ美術館で見つかるはずです。
1798年にロンドンに持ち込まれていたオルレアンのコレクションから150枚の絵を購入する計画も、ピット・ヤング氏と国王の両者の関心にもかかわらず、
失敗した。 NG1を含むギャラリーの今コレクションからの25の絵画は、様々なルートによって到着しました。 1799年、ノエル・デセンファン(Noel Desenfans)の
ディーラーは、イギリス政府に既製の国家コレクションを提供しました。彼と彼のパートナー、Francis Bourgeoisは、1795年の第3区画がポーランドの独立を
廃止する前に、ポーランドの王のためにそれを組み立てていました。この提案は拒否され、ブルジョアは彼の死のために古い学校、ダウウィッチカレッジに
コレクションを遺贈した。このコレクションは、英国で最初に建てられた公的ギャラリーであるDulwich Picture Gallery(1814年)にオープンしました。スコットランド
のディーラーWilliam Buchananと別のコレクターのJoseph Count Truchsessは、明示的に将来の全米コレクションの基礎としてアートコレクションを作った
オファー(同じ年、1803年に作られた)も減少した。
ウォールポールの販売に続いて、ジェームス・バリーとジョン・フラックスマンを含む多くのアーティストは、イギリス絵画学校がヨーロッパ絵画のキヤノンに
アクセスできる場合にのみ繁栄することができると主張して設立を改めて要求した。

270名無し草 (ワッチョイ a3de-a7mP)2018/05/04(金) 13:58:13.94ID:h5ySy5lD0
あいやー

271名無し草 (ワッチョイ 7379-a7mP)2018/05/04(金) 14:04:06.67ID:mKpC4d9c0
まちがえ

272名無し草 (ワッチョイ a304-pRpi)2018/05/08(火) 21:06:51.30ID:KbAosnHV0

273名無し草 (ワッチョイ 1e10-dpWM)2018/05/09(水) 14:51:39.60ID:ZxdwSMiJ0
ブラングィン(1867-1956)は、19世紀の後半から20世紀の前半にかけて主にイギリスで活躍した画家です。生まれはブリュージュ(ベルギー)で、
幼いうちにイギリス人の両親とともにロンドンに居を移しました。父親が建築や壁画の仕事に従事していたこともありますが、その後の彼の活動に強い影響を及ぼしたのは、
15歳から2年間働いたウィリアム・モリスの工房での経験でした。ここで同時代のアーツ・アンド・クラフツ運動に傾倒したブラングィンは、
独立後、絵画だけではなく室内装飾やガラス工芸、陶磁器、家具、タペストリーなど多方面にその才能を発揮します。
また、ブラングィンは、美術品購入のアドバイザーとして、松方コレクションの形成にも深く関与しています。

版画もブラングィンが力を注いだ分野のひとつで、エッチング、木版画、リトグラフ合わせて1000点を超える作品を残しました。
最も数の多いエッチングでは銅版ではなく亜鉛版を用い、インクを盛り上げて強い明暗を表しています。レンブラントやピラネージからの影響も指摘されるこれらの版画には、
ブラングィンのダイナミックな画面構成と的確な描写力を見ることができます。
今回は橋や教会などの建築物、造船所や運河で働く労働者たち、戦場での人々といった彼が繰り返し描いた主題を中心にご紹介します。
これらの版画からは、巧みな技法とともにブラングィンが社会に向けて発したメッセージの一端を読みとることができるでしょう。
本展は、これらの版画の所蔵先である東京国立博物館のご協力により実現しました。

274名無し草 (ワッチョイ 1e10-dpWM)2018/05/09(水) 14:52:30.24ID:ZxdwSMiJ0
十字架上の死と復活に至る、福音書に記されたキリスト苦難の各場面を連作のかたち
で表した受難伝は、中世を通じて、キリスト教美術の重要な主題として作品に取り上げ
られてきました。中世を通じて壁画や写本挿絵、聖堂を飾る建築彫刻、ステンドグラス
やさまざまな工芸作品に表されてきた受難伝は、さらに14世紀以降、後期ゴシックの
時代となれば、祭壇画や祭壇彫刻の主題として、あらゆる教会装飾の中心に位置付け
られることになります。

福音書の記述は、キリストの受けた苦難を簡潔なかたちで記していますが、画家や
彫刻家達は、キリスト教美術の歴史を通じて常に、福音書に記された出来事を単に
視覚化するだけではなく、その出来事の意味や解釈までも見るものに伝えようとして
きました。とりわけ14世紀以降の受難伝には見る者に、キリストの身体的、あるいは
心理的な苦難を追体験せしめるような表現が求められました。自らの心の中でキリスト
の苦難を具体的に追想することは当時の宗教的な祈念の重要な課題でしたが、
新たな受難伝にはこうした課題からしても、さらにエピソードに富んだ、具体的な描写
が求められるようになったのです。

15世紀に普及した版画による受難伝も、まさにこうした中世末期の図像伝統の中から
浮かび上がってきます。とりわけドイツでは、ショーンガウアーやデューラー、クラーナハ
といった、中世末期からルネサンスにかけて活動した代表的な画家たちが、高度な
版画技法を駆使して受難伝に取り組みました。彼らは、新たな版画芸術の可能性を
通じて、聖書に記された記述にどのような美的形態を与え、あるいはどのような感覚的
内容を盛り込むか、という課題を、作品を通じてそれぞれのかたちで模索していた、
ということができるでしょう。

本展はごく小規模な展覧会ではありますが、国立西洋美術館に所蔵されるデューラー
とアルトドルファーの連作版画を中心に、新たな美術媒体としての版画の中で、どの
ように受難伝という伝統的な主題が取り上げられたかを見てゆきたいと思います。

275名無し草 (ワッチョイ 1e10-dpWM)2018/05/09(水) 14:54:07.10ID:ZxdwSMiJ0
イェーナの戦いの後、ベルナドットはハレでプロイセンを打ち負かしたが(1806年10月17日)、本部はこの勝利をあまり評価しなかった。戦闘後にハレを訪問したとき、
ナポレオンは「ベルナドットは何も止まらない」と謎めいてコメントしました。 "その後、Bernadotteは、SoultとMurat、プロイセン将軍のBlucherとLubeckを共同で追求し、
Radkow(1806年11月7日)に降伏を促した[10]。フランス人がリューベックに向かうと、フランス軍は大規模な略奪と暴行の対象となった。彼の男性が解体するのを避ける
ために必死に奮闘しているベルナドットは、リューベック評議会から6人の馬に感謝の意を表した。彼はまた捕虜となったスウェーデンの兵士を礼儀正しく扱い、
帰国を許可した。印象的なスウェーデン人は、ベルナドッテの街中での秩序を維持するという公平性の話をして帰宅した。

その後、彼はポーランドに行進し、モールンゲン(1807年1月25日)でロシア人を撃退したメッセンジャーはロシア人に捕らえられていたので、BernadotteはEylauの
戦いに参加できませんでした(1807年2月7?8日)。ナポレオンは彼の不在のために彼を非難しましたが、それはベルナドットに起因するものではなく、ベルティエが
秩序を派遣する際の不注意であることが認められました。

1808年、ハンザ同盟の町の知事であるティルシットの平和の後、彼はデンマークの島々を経由してスウェーデンに向かう遠征を指揮することになっていたが、輸送の
欲求とスペインの偶発事件のために計画は無事に終わった。

フランスとオーストリアの新しい戦争を支援するためにドイツに呼び戻されて、彼は主にサクソンズで構成された第9軍団の命令を受けた。ベルティエのさらなる困難、
病気と調和していないサクソンたちの軍団への参加は、彼が奉仕からの解放を求められるようにする。ナポレオンはナポレオンに「私が勝つことのできない隠された力に
よって永遠に麻痺しているのを見る」と書いている。ナポレオンはこれらの控訴を無視し、ベルナドットはキャンペーンを進め、ほとんどフランス語のない外国軍を
指揮した。ワグラムの戦い(1809年7月6日)で、彼はこの軍団に命じました。彼は長年にわたり左翼で優勢の攻撃を受け、Dupasに彼の支援を求めた。後者は、天皇から
の命令を受けて、彼がどこにいても残っていると答えた。

276名無し草 (ワッチョイ 1e10-dpWM)2018/05/09(水) 14:57:25.52ID:ZxdwSMiJ0
フランス革命の発生後、彼の著名な軍事資質は彼に迅速な昇進をもたらした。
1794年までに彼はSambre-et-Meuseの軍隊に付随していた兄弟に昇進した。
Foururus(1794年6月26日)でのJourdanの勝利の後、彼はその後、部門長になった。
Theineenの戦い(1796年)で、Bernadotteは他の誰よりも、ライン川を越えた
フランス軍の撤退に貢献しました。

1797年の初めに、彼は、イタリアのナポレオン・ボナパルトの軍隊への援軍として
2万人の人と行進するために、中部の嵐の中でアルプスを成功裏に横断したことは
高く評価されたが、イタリア軍によって冷静に受け止められた。ミラノの指揮官である
ドミニク・マルティン・デュプイ(Dominique Martin Dupuy)の侮辱を受けて、
ベルナドットは彼を不服従で逮捕した。しかし、デュプイはルイ=アレクサンドル・
ベルティエの親友であり、これはBernadotteとナポレオンのChief of Staffの間で
長引く不和を始めた

彼はマントヴァのナポレオンとの最初のインタビューを受け、第4師団の指揮官に
任命された。 FriuliとIstriaの侵攻の間、Bernadotteは、彼が先駆者を率いた
Tagliamentoの通過と、Gradisca(1797年3月19日)の要塞の捕獲で大きく区別した。
ナポレオンは、18世紀のファルシドールの後、将軍たちに、その日のクーデターを
支持して、それぞれの部署から集まるよう命じた。 Bernadotteはナポレオンが望んで
いたディレクトリとは別のディレクトリに、ナポレオンの手でそれを伝えないで住所を
送った。

Campo Formioの条約の後、ナポレオンはBernadotteにウディネの本部で友好訪問
をしたが、すぐにライン川の部隊の半分を奪った後、残りの半分をフランスに戻すよう
命じた。 5人の取締役の一人であるポール・バラスは、ナポレオンが共和国を覆すこと
に慎重だったので、ナポレオンの権力を相殺するために、イタリア軍のベルナドット
司令官を任命した。 Bernadotteはこの任命に満足していたが、ナポレオンは
Talleyrand-Perigord、外務大臣に代わり、ウィーンの大使館を任命した。
Bernadotteは非常に不満でした。彼は最終的に大使館をウィーンに受け入れたが、
大使館の上に三色を吊り上げることによって引き起こされた妨害のために彼の投稿
をやめなければならなかった。

277名無し草 (ワッチョイ 1e10-dpWM)2018/05/09(水) 15:00:16.58ID:ZxdwSMiJ0
2つの博物館の建設は、1871年11月27日の式典なしに行われました。
Semperはウィーンに移った。最初から、1877年以降、唯一のサイト管理
を引き継いだ彼とHasenauerの間には、かなりの個人差がありました。
1874、足場は最上階まで配置され、そして一階を完了し、1878年に建設
された、最初のウィンドウ1879は、欄干と欄干を完了し、ドームと幕屋の
1881年に1880年から構築されました。
屋根裏部屋は、芸術の分野の人格を描いた彫像に囲まれています。
彫刻はEdmund Hellmer、Carl Kundmann、Viktor Tilgner、Caspar
Zumbuschなどが作ったものです。入り口には、座っている絵画(エドモンド・
ヘルマー左)と彫刻(ヨハネス・ベンク)が並んでいます。ドームは、
ヨハネス・ベンクのパラス・アテナの銅像で飾られています。
美術史美術館の階段はグスタフ・クリムト、エルンスト・クリムト、
フランツ・Matsch、ハンス・マカルトとミアリー・マンカックシーの作品を
持っています。
→主要記事:美術館(ウィーン)の階段の写真
天井の二重窓と照明や空調概念が可能人工光(その後、主ガス照明
など)の放棄をしたが、季節変化営業時間に、この昼光依存性に起因
する結果となりました。
博物館
自然史博物館の向かいにある姉妹館のある美術館(Kunsthistorisches
Museum)は、リングシュトラーゼン時代の最も重要な歴史的建造物の
ひとつです。彼らは一緒にマリア・テレジアン・プラッツ(Maria-Theresien
-Platz)の隣に立っており、そこにはマリア・テレサの記念碑があります。
この広場は、今日の環状道路と2線の間の旧氷河の一部を覆い、ウィーン
の世界遺産歴史センターに属するアンサンブル記念碑を形成しています。
歴史
博物館は(ほとんどが、しかし、散乱される)。特にチロルのフェルディナンド、
皇帝ルドルフ2世のコレクションの肖像画や鎧コレクションから、ハプスブルク
家のコレクションから作成され、大公レオポルド・ヴィルヘルムの美術コレク
ションました。すでに1833年にジョセフ・Arneth、帝国のコインやアンティーク
キャビネットの学芸員(以降ディレクター)は、単一の建物の中に一緒に
すべての皇室のコレクションをもたらす、と呼ばれます。

278名無し草 (ワッチョイ 4bc8-bUDK)2018/05/15(火) 00:53:52.05ID:pZgIr6Oo0
ちょっと先ですけど。無料。

【表参道ヒルズ】キース・ヘリング生誕60年記念 特別展
「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」
http://www.mori.co.jp/company/press/release/2018/05/20180510150000003661.html

279名無し草 (ワッチョイ 552d-xRv0)2018/05/15(火) 09:08:48.65ID:imtfGVu20
1842年11月、ダーウィンの家族は、ロンドン南部のダウエの小さな町のダウンハウスに
退去しました。 ここで、ダーウィンは病気のためにもっと平和を望んでいました。 1839年
以来、ビーグル旅行から復帰して以来、病気の症状が繰り返し現れており、その原因は
まだ推測されている。 症状には、衰弱、胃痛、悪心および嘔吐、心拍数の増加および
呼吸器系の問題が含まれた。 したがって、ダーウィンは非常に撤退し、旅行にはほとんど
行かず、一生を通して英国の島を離れませんでした。 ジョージ・ハワード (1845-1912)、
エリザベス(1847)、 フランシス (1848-1925)、 レオナルド (1850-1943)、 ホレス
(1851-1928)チャールズ・ワリング(Charles Waring、1856-1858)。
ダウンハウス、1842年11月以来、ダーウィンの家の住居は、今博物館です
1843年、彼はライエルとトーマス・ヘンリー・ハクスレーと共に最強の同盟国になる植物
学者、 ジョセフ・ダルトン・フッカーとの友好関係を始めました。 1844年1月11日付の
書簡で、ダーウィンは彼の進化論へのいくつかの指針を与え、「元の信念とは反対に、
種(殺人を告白するようなもの)は不変ではないとほとんど確信していた」 、 フーカーは、
彼の意見では、「種の漸進的変化」が起こっていると答え、フーカーはまだ満足のいく
説明を聞いていないので、ダーウィンのアプローチを楽しみにしている。 ダーウィンは
すでに1842年に35ページのスケッチで彼の意見を提示していたし、1844年に230ページ
のエッセイに取り組んだが、彼の妻エマだけが読まなくてはならず、彼の死の時に
出版するべきだった。 両方のテキストは、1859年の出版された本と既に内容と基本
構造に合意していた。 核変換説は社会主義者、革命家、そして一部の医学界に大きく
限定されたままであったが、1844年にはブルジョワの輪に紹介された。自然史の痕跡の
作品で、 ロバート・チェンバースによる匿名で出版された。ジャーナリズム的に書かれた
- ベストセラーになったが、科学界で真剣に受け止められなかった。
ダーウィンによって出版された次の作品は、1844年のHMSビーグル号の航海中の火山
諸島の地質学的観測でした。これらは世界中の航海のコレクションでした奇妙な
フジツボの標本を除いて、10年後に仕上げました。

280名無し草 (ワッチョイ 552d-xRv0)2018/05/15(火) 09:09:53.79ID:imtfGVu20
アリストテレスのカテゴリーの導入の結果はどのようなものとして、偶発的性質とそれが
すなわち、必要な機能として、「自分自身で」値する、自身から「それ自体が」ギリシャ
kath'auto(分化の間スコラであるためアウト)とラテン語そのもの。したがって、人間は
必然的に、物理的には、しかし、体は本質的に人間ではありません。ここでは、学力談話
は、まだ大部分が唯名論に、いわゆる普遍によって支配された。後者はそう思った事など
あります名前(単語)のように単独の一般的な用語の考え - 「horseness」として少し
存在する「人間性」について。自身で事のほぼカント意味は、一方デカルトの最初の時間
を見つけてそれ自体が精神と心と外部団体の団結で物事の外観を区別しますが、その
彼は、「彼らは、適切な場合には、知識を開発することができ、ノートれます私たちは、
感覚的な認識が唯一の魂と人体のその接続を来て、一般的な、どこまで外側本体と同じ
利益や害に教えてますが、たまにしか、ランダムに彼らがSE何を私たちに教えていること
に注意していればよいです自分自身は "(Phil。Pr。、II、3)それから、"それ自体のもの
"は遠い動詞フランスの哲学の概念、D'Alembert(Elementde。フィル。)19条、コンディ
ヤック(Logique、5)、ボンネットanalytique(エッセイ、242条)とショーペンハウアーは、
カントがMaupertuisのアイデアが撮影していたことを信じるように、後者の発言を誤解
Maupertuis(LETTRES、IV)、(WWuV 、II)。でもケーニヒスベルクで哲学の平凡すぎカント
の研究期間であるように、しかし、フランスからの新しい哲学的話題の言葉は、形而上学
のドイツの教科書にすぐにその方法を見つけました。

カントが引き継ぎ、再定義する他のコンセプトと同様に、それ自体の意味自体は決して
一様ではない。純粋理性批判があるため、最初に定義経時的限界として言及されなけ
ればならないように臨界期に事前臨界のカントの思想の変換を介して、偶数百科事典の
受信における混乱(z。B.アイスラー)が強化されますカントは、1770年からの論文では
確信していた(口。SENS。)(同上、§4)、メインの重要な仕事の超越控除に系統的に
拒否された「そのまま」の理解の概念は非常に物事を与えること。

281名無し草 (ワッチョイ 552d-xRv0)2018/05/15(火) 09:11:09.57ID:imtfGVu20
16世紀から17世紀にかけてイタリア北中部の都市パルマに花開いた美術を紹介する展覧会を開催します
近代の美術のみならず、19世紀の文学や音楽を含めた芸術全般にわたって多くの芸術家を魅了し続けたパルマ
その魅力を日本ではじめて紹介する本展は、絵画、素描約100点で構成される予定です
世界的にもきわめて貴重な機会となる本展は、コレッジョやパルミジャニーノといった優れた芸術家が活躍したルネサンス期から、
独自の文化がファルネーゼ家の庇護のもと栄えた16世紀後半から17世紀バロック期までを視野に入れながら、パルマの芸術文化を広く紹介しようとするものです
コレッジョやパルミジャニーノが登場する背景と、その後、コレッジョが到達した「優美」な世界がバロック絵画に与えた影響を、数多くの作品により展観します
第1章では「パルマにやってきた地方の芸術家たちと地元の反応」として15世紀末から16世紀初めの流れを確認し、
第2章は「コレッジョとパルミジャニーノの季節」、第3章「ファルネーゼ家の公爵たち」に続き、第4章では、「マニエリスムの勝利」と題してパルマ派のマニエリスムを紹介します
第5 章では「バロックへ」と題してカラッチ一族やスケドーニらによる、「自然」と「技」が拮抗するパルマのバロック絵画を紹介します
そして最後の第6章では、極めて貴重なパルマ派の厳選された素描を紹介します
近代の美術のみならず、19世紀の文学や音楽を含めた芸術全般にわたって多くの芸術家を魅了し続けたパルマ
その魅力を日本ではじめて紹介する本展は、絵画、素描約100点で構成される予定です

282名無し草 (ワッチョイ 552d-xRv0)2018/05/15(火) 09:11:41.88ID:imtfGVu20
ヨーロッパでは、古くから織物芸術が盛んでした 中でも古代西アジアや古代エジプト、
コプトなどに起源を持つ、華やかな「綴れ織り」(通常フランス語で“タピスリー”と呼ばれる)
芸術は、13−14世紀頃から、城や聖堂、邸館などの居室の装飾として発達しました
経糸(たていと)に麻、緯糸(よこいと)に羊毛や絹を用い、平織りで様々な絵柄や文様を
織りだしたこのタピスリー制作は、主としてフランドルや北フランスに点在するアトリエを
中心にして行われ、やがてルネサンス、バロックの時代を通じて、ヨーロッパの工芸美術
における、最も創造的で特徴的な分野のひとつを形成していきました
ヨーロッパでは、古くから織物芸術が盛んでした。中でも古代西アジアや古代エジプト、
コプトなどに起源を持つ、華やかな「綴れ織り」(通常フランス語で“タピスリー”と呼ばれる)
芸術は、13−14世紀頃から、城や聖堂、邸館などの居室の装飾として発達しました
国立西洋美術館には、これまで、タピスリー芸術の頂点ともいわれる、ルイ14世治下の
フランスで織られた著名なゴブラン織り連作〈王の城づくし〉中の1点《シャンボール城:9月》
が所蔵されていました しかし、繊細で脆弱な絹糸が用いられていることによる保存上の
理由と、展示効果の観点から、なかなか公開の機会に恵まれませんでした。他方、2001年
度に糖業協会および、日本興業銀行(寄贈当時)より、かつて松方コレクションに属して
いた計6点の見事なタピスリーの寄贈をいただいたことは、当館のコレクションにとって画期的な
出来事でした わが国では稀な、タピスリーの一括コレクションがここに形成されることと
なったのです
今回、小企画展として、17世紀から18世紀のタピスリー芸術の精華であるこれら7点の作品を初めて一堂に公開し、一部の作品に新たに施された修復・洗浄の成果も含めて、
日本では接することの少ないこのヨーロッパ美術の重要な一分野を紹介いたします
絵画芸術の強い影響を被りながらも、タピスリー独自の表を追い求めた工匠たちの
情熱と技術は、瞠目に値するものといえるでしょう

283名無し草 (ワッチョイ 552d-xRv0)2018/05/15(火) 09:13:07.22ID:imtfGVu20
イェーナの戦いの後、ベルナドットはハレでプロイセンを打ち負かしたが(1806年10月17日)、本部はこの勝利をあまり評価しなかった。戦闘後にハレを訪問したとき、
ナポレオンは「ベルナドットは何も止まらない」と謎めいてコメントしました。 "その後、Bernadotteは、SoultとMurat、プロイセン将軍のBlucherとLubeckを共同で追求し、
Radkow(1806年11月7日)に降伏を促した[10]。フランス人がリューベックに向かうと、フランス軍は大規模な略奪と暴行の対象となった。彼の男性が解体するのを避ける
ために必死に奮闘しているベルナドットは、リューベック評議会から6人の馬に感謝の意を表した。彼はまた捕虜となったスウェーデンの兵士を礼儀正しく扱い、
帰国を許可した。印象的なスウェーデン人は、ベルナドッテの街中での秩序を維持するという公平性の話をして帰宅した。


その後、彼はポーランドに行進し、モールンゲン(1807年1月25日)でロシア人を撃退したメッセンジャーはロシア人に捕らえられていたので、BernadotteはEylauの
戦いに参加できませんでした(1807年2月7?8日)。ナポレオンは彼の不在のために彼を非難しましたが、それはベルナドットに起因するものではなく、ベルティエが
秩序を派遣する際の不注意であることが認められました。

1808年、ハンザ同盟の町の知事であるティルシットの平和の後、彼はデンマークの島々を経由してスウェーデンに向かう遠征を指揮することになっていたが、輸送の
欲求とスペインの偶発事件のために計画は無事に終わった。

フランスとオーストリアの新しい戦争を支援するためにドイツに呼び戻されて、彼は主にサクソンズで構成された第9軍団の命令を受けた。ベルティエのさらなる困難、
病気と調和していないサクソンたちの軍団への参加は、彼が奉仕からの解放を求められるようにする。ナポレオンはナポレオンに「私が勝つことのできない隠された力に
よって永遠に麻痺しているのを見る」と書いている。ナポレオンはこれらの控訴を無視し、ベルナドットはキャンペーンを進め、ほとんどフランス語のない外国軍を
指揮した。ワグラムの戦い(1809年7月6日)で、彼はこの軍団に命じました。彼は長年にわたり左翼で優勢の攻撃を受け、Dupasに彼の支援を求めた。後者は、天皇から
の命令を受けて、彼がどこにいても残っていると答えた。

284名無し草 (ワッチョイ 552d-xRv0)2018/05/15(火) 09:16:00.59ID:imtfGVu20
ブラングィン(1867-1956)は、19世紀の後半から20世紀の前半にかけて主にイギリスで活躍した画家です。生まれはブリュージュ(ベルギー)で、
幼いうちにイギリス人の両親とともにロンドンに居を移しました。父親が建築や壁画の仕事に従事していたこともありますが、その後の彼の活動に強い影響を及ぼしたのは、
15歳から2年間働いたウィリアム・モリスの工房での経験でした。ここで同時代のアーツ・アンド・クラフツ運動に傾倒したブラングィンは、
独立後、絵画だけではなく室内装飾やガラス工芸、陶磁器、家具、タペストリーなど多方面にその才能を発揮します。
また、ブラングィンは、美術品購入のアドバイザーとして、松方コレクションの形成にも深く関与しています。
版画もブラングィンが力を注いだ分野のひとつで、エッチング、木版画、リトグラフ合わせて1000点を超える作品を残しました。
最も数の多いエッチングでは銅版ではなく亜鉛版を用い、インクを盛り上げて強い明暗を表しています。レンブラントやピラネージからの影響も指摘されるこれらの版画には、
ブラングィンのダイナミックな画面構成と的確な描写力を見ることができます。
今回は橋や教会などの建築物、造船所や運河で働く労働者たち、戦場での人々といった彼が繰り返し描いた主題を中心にご紹介します。
これらの版画からは、巧みな技法とともにブラングィンが社会に向けて発したメッセージの一端を読みとることができるでしょう。
本展は、これらの版画の所蔵先である東京国立博物館のご協力により実現しました。

285名無し草 (ワッチョイ 4bc8-bUDK)2018/05/15(火) 12:44:21.48ID:pZgIr6Oo0
これも無料。こっちは大阪。

阪急うめだギャラリー「ヨシダナギ −HEROES−写真展」開催!
◎5月23日(水)〜5月28日(月) 催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー
https://www.hankyu-dept.co.jp/hkblog/saiji-service/EventShop1/00637508/?catCode=301011&subCode=302033

286名無し草 (ワッチョイ 9b93-xRv0)2018/05/15(火) 16:03:44.53ID:vpaEUs0S0
フランス革命の発生後、彼の著名な軍事資質は彼に迅速な昇進をもたらした。
1794年までに彼はSambre-et-Meuseの軍隊に付随していた兄弟に昇進した。
Foururus(1794年6月26日)でのJourdanの勝利の後、彼はその後、部門長になった。
Theineenの戦い(1796年)で、Bernadotteは他の誰よりも、ライン川を越えた
フランス軍の撤退に貢献しました。

1797年の初めに、彼は、イタリアのナポレオン・ボナパルトの軍隊への援軍として
2万人の人と行進するために、中部の嵐の中でアルプスを成功裏に横断したことは
高く評価されたが、イタリア軍によって冷静に受け止められた。ミラノの指揮官である
ドミニク・マルティン・デュプイ(Dominique Martin Dupuy)の侮辱を受けて、
ベルナドットは彼を不服従で逮捕した。しかし、デュプイはルイ=アレクサンドル・
ベルティエの親友であり、これはBernadotteとナポレオンのChief of Staffの間で
長引く不和を始めた

彼はマントヴァのナポレオンとの最初のインタビューを受け、第4師団の指揮官に
任命された。 FriuliとIstriaの侵攻の間、Bernadotteは、彼が先駆者を率いた
Tagliamentoの通過と、Gradisca(1797年3月19日)の要塞の捕獲で大きく区別した。
ナポレオンは、18世紀のファルシドールの後、将軍たちに、その日のクーデターを
支持して、それぞれの部署から集まるよう命じた。 Bernadotteはナポレオンが望んで
いたディレクトリとは別のディレクトリに、ナポレオンの手でそれを伝えないで住所を
送った。

Campo Formioの条約の後、ナポレオンはBernadotteにウディネの本部で友好訪問
をしたが、すぐにライン川の部隊の半分を奪った後、残りの半分をフランスに戻すよう
命じた。 5人の取締役の一人であるポール・バラスは、ナポレオンが共和国を覆すこと
に慎重だったので、ナポレオンの権力を相殺するために、イタリア軍のベルナドット
司令官を任命した。 Bernadotteはこの任命に満足していたが、ナポレオンは
Talleyrand-Perigord、外務大臣に代わり、ウィーンの大使館を任命した。
Bernadotteは非常に不満でした。彼は最終的に大使館をウィーンに受け入れたが、
大使館の上に三色を吊り上げることによって引き起こされた妨害のために彼の投稿
をやめなければならなかった。

287名無し草 (オイコラミネオ MM29-xRv0)2018/05/15(火) 16:04:36.74ID:soF9na4LM
アリストテレスのカテゴリーの導入の結果はどのようなものとして、偶発的性質とそれが
すなわち、必要な機能として、「自分自身で」値する、自身から「それ自体が」ギリシャ
kath'auto(分化の間スコラであるためアウト)とラテン語そのもの。したがって、人間は
必然的に、物理的には、しかし、体は本質的に人間ではありません。ここでは、学力談話
は、まだ大部分が唯名論に、いわゆる普遍によって支配された。後者はそう思った事など
あります名前(単語)のように単独の一般的な用語の考え - 「horseness」として少し
存在する「人間性」について。自身で事のほぼカント意味は、一方デカルトの最初の時間
を見つけてそれ自体が精神と心と外部団体の団結で物事の外観を区別しますが、その
彼は、「彼らは、適切な場合には、知識を開発することができ、ノートれます私たちは、
感覚的な認識が唯一の魂と人体のその接続を来て、一般的な、どこまで外側本体と同じ
利益や害に教えてますが、たまにしか、ランダムに彼らがSE何を私たちに教えていること
に注意していればよいです自分自身は "(Phil。Pr。、II、3)それから、"それ自体のもの
"は遠い動詞フランスの哲学の概念、D'Alembert(Elementde。フィル。)19条、コンディ
ヤック(Logique、5)、ボンネットanalytique(エッセイ、242条)とショーペンハウアーは、
カントがMaupertuisのアイデアが撮影していたことを信じるように、後者の発言を誤解
Maupertuis(LETTRES、IV)、(WWuV 、II)。でもケーニヒスベルクで哲学の平凡すぎカント
の研究期間であるように、しかし、フランスからの新しい哲学的話題の言葉は、形而上学
のドイツの教科書にすぐにその方法を見つけました。

カントが引き継ぎ、再定義する他のコンセプトと同様に、それ自体の意味自体は決して
一様ではない。純粋理性批判があるため、最初に定義経時的限界として言及されなけ
ればならないように臨界期に事前臨界のカントの思想の変換を介して、偶数百科事典の
受信における混乱(z。B.アイスラー)が強化されますカントは、1770年からの論文では
確信していた(口。SENS。)(同上、§4)、メインの重要な仕事の超越控除に系統的に
拒否された「そのまま」の理解の概念は非常に物事を与えること。

288名無し草 (オイコラミネオ MM29-xRv0)2018/05/15(火) 16:06:10.91ID:soF9na4LM
現実が意味することを正確に理解することは、一方で哲学的前提を満たしていることに基づいている。これは個々の科学の現実の理解にも当てはまります。自然科学にとって、
現実は科学的な観察と探検にアクセス可能なものです。測定できないものは、科学理論形成の基礎であってはならない。とりわけ、これは身体的に確かな相互作用を伴う。
まず、アイデア、感情、欲求、知覚などの内容は、現実に属さないものとみなされます。しかし、現実と現実の特定は問題ではない(現実主義の議論を参照)。区別を求める
位置から、「現実」という言葉は、現実としてすでに認識されている他のものと相互作用するものに限定される現実を指します。現実はまた、個々の意識の対象として考える
ことができるすべてを理解するように、ちょうど今と社会の事実は精神的なオブジェクトを想定し、これらは下のように単なる気まぐれそれ自体に起因することはできません、
自分の感情や態度、外国の両方ルールは立っています。また、社会科学の特定の位置で共有されているが、通常、様々な社会的文脈に限定されている現実のこの広い概念。
何、例えば、ロジックでは、パートナー間や教会での紛争の裁判所に本当であるとみなされ、それぞれ同時に同じように見なすことができる非常に異なるエンティティ。一般に、
何かの現実のための肯定的な基準を確立するポジションは「現実的」と呼ばれます。
コンテキストに応じて、現実の概念は異なる内容を持っています。現実のために異なる現実の概念や基準を区別することができます。しかし、これらの規定のいずれも問題は
ない。
現実の現代的な概念に言及していないわけではないが、Immanuel Kantを含む学問的合理主義の専門用語は、現実の下での肯定的な質的決定のカテゴリーを理解した。
肯定的な決定の最大の組合せを有するべき物体は、ens realissimumと呼ばれた。 純粋な理由の批判では、存在自体は定性的な決定(「真の述語」)ではなく、実際の経験、
すなわち対象と対象との関係で表現されているだけです。 それゆえ、神は神の存在論的証拠にはもはや適切ではなく、したがって、カントは、「超越的理想」のセクションでは、
実際の認識の下で神を提案するのではなく、経験的に知覚可能な世界の全体性とバルヒ・デ・スピノザの汎神論 その意味で読むこと。

289名無し草 (オイコラミネオ MM29-xRv0)2018/05/15(火) 16:08:23.47ID:soF9na4LM
フランス革命の発生後、彼の著名な軍事資質は彼に迅速な昇進をもたらした。
1794年までに彼はSambre-et-Meuseの軍隊に付随していた兄弟に昇進した。
Foururus(1794年6月26日)でのJourdanの勝利の後、彼はその後、部門長になった。
Theineenの戦い(1796年)で、Bernadotteは他の誰よりも、ライン川を越えた
フランス軍の撤退に貢献しました。
1797年の初めに、彼は、イタリアのナポレオン・ボナパルトの軍隊への援軍として
2万人の人と行進するために、中部の嵐の中でアルプスを成功裏に横断したことは
高く評価されたが、イタリア軍によって冷静に受け止められた。ミラノの指揮官である
ドミニク・マルティン・デュプイ(Dominique Martin Dupuy)の侮辱を受けて、
ベルナドットは彼を不服従で逮捕した。しかし、デュプイはルイ=アレクサンドル・
ベルティエの親友であり、これはBernadotteとナポレオンのChief of Staffの間で
長引く不和を始めた
彼はマントヴァのナポレオンとの最初のインタビューを受け、第4師団の指揮官に
任命された。 FriuliとIstriaの侵攻の間、Bernadotteは、彼が先駆者を率いた
Tagliamentoの通過と、Gradisca(1797年3月19日)の要塞の捕獲で大きく区別した。
ナポレオンは、18世紀のファルシドールの後、将軍たちに、その日のクーデターを
支持して、それぞれの部署から集まるよう命じた。 Bernadotteはナポレオンが望んで
いたディレクトリとは別のディレクトリに、ナポレオンの手でそれを伝えないで住所を
送った。
Campo Formioの条約の後、ナポレオンはBernadotteにウディネの本部で友好訪問
をしたが、すぐにライン川の部隊の半分を奪った後、残りの半分をフランスに戻すよう
命じた。 5人の取締役の一人であるポール・バラスは、ナポレオンが共和国を覆すこと
に慎重だったので、ナポレオンの権力を相殺するために、イタリア軍のベルナドット
司令官を任命した。 Bernadotteはこの任命に満足していたが、ナポレオンは
Talleyrand-Perigord、外務大臣に代わり、ウィーンの大使館を任命した。
Bernadotteは非常に不満でした。彼は最終的に大使館をウィーンに受け入れたが、
大使館の上に三色を吊り上げることによって引き起こされた妨害のために彼の投稿
をやめなければならなかった。

290名無し草 (オイコラミネオ MM29-xRv0)2018/05/15(火) 16:09:27.19ID:soF9na4LM
10万個の以上のオブジェクトを含む - - 部門は、そのコレクションの形成にあり、ルーヴル美術館の他の部門に比べノベルティ:それはまた、その作成のための
決定的な理由だった考古学の研究に関連しています。フランスは、オスマン帝国とペルシャに派遣された領事や学者を通じて、19世紀の考古学の分野のパイオニア
でした。聖地と聖書に書かれたすべての場所と古典的な著者の物語を探求したいという願いは、ルーヴル美術館の東洋のコレクションの誕生の原点にありました。
メソポタミアで最初の探検が行われました。ポール・エミール・ボッタ(モスルのフランス領事)は、1843?1845年にコルサバードで発掘され、アッシリア文明を
蘇らせました。最初の「アッシリア美術館」は1847年5月1日に開設され、アンティーク部門に付属しています。 Bottaの数年後、Victor Placeの発掘によって完成
しました。 1877年に、Ernest de Sarzecはメゾポタミア南部のTelloのサイトを検索してシュメール人を発見しました。 1881年ルーブル第テジョシュメールの美術に
到着 - グデア、ラガシュの王子を表す暗い閃緑岩の特に彫像 - 東洋美術部門の作成を決定しました。メソポタミアのセクションでは、徐々に20世紀の前半には
紀元前8世紀の地方アッシリア宮殿でAssyriologistフランソワ・サーオー・ダンジン含む発掘のおかげで金持ちになります。 ADシリア東部のTil Barsip /
Tell Ahmarから。北シリアの王国の首都アルスランタシュ(Arslan Tash)への彼の調査によって、アッシリアに繋がった。最も重要な貢献はAndreParrotの発掘に
由来します。AndreParrotは1933年からSumerの旧市街であるLarsaに光をもたらしました。主に夫、都市シリア中東ユーフラテス川、第3および早期の二千年紀に
メソポタミアとレヴァントの文明間のリンクを作っ座席王朝。
バビロンは、イランのスーザの遺跡の発掘中に発見された「ハンムラビの掟」でルーヴル美術館に入りました。紀元前12世紀にエラムの隣国の王子に追放されたBC、
記念碑はSusaのアクロポリスに展示されました。スーサのフランス考古学ミッションのパイオニアは、すべての偉大なメソポタミア彫刻は、ルーヴルコンサバトリー
アッカド、シュメールとバビロンになり取り戻したところです。 19世紀末、オスマン帝国とペルシャでは、二国間の規則と古美術協定が確立されました。

291名無し草 (オイコラミネオ MM29-xRv0)2018/05/15(火) 16:11:27.58ID:soF9na4LM
グラフィックアート部門の特別な状況は、材料の保存を保証する
作品の特性の1つに対応します。テクニックの脆弱性と、光に対する
紙の感度は、常設展を許可しません。したがって、学科は図書館
のように編成されています。作品は予約に保管され、読書室での
相談や展示会のためだけに出ています。その展示期間は非常に
正確な提示条件で3ヶ月に制限されています - 照明の表面に
50ルクスの照明'オブジェクト、温度20度、相対湿度50パーセントは3年の休息期間が続く必要があります。
グラフィックアート部門は、3つの異なる機関を集めています。キャビネットdes dessinsはフランスの王の古いコレクションからです。
それは世紀末から追加された時点で最も輝かしいアマチュア、
エヴァーJabachに属する五千五百四十から二図面の1671年に
おけるルイXIVによる購入、発祥しました、最初の画家Charles
Le BrunとPierre Mignardのスタジオコレクション。下に行く前に -オルセー美術館、サン・Morys、モデナの公爵を数える - 離れて
1775年マリエット販売におけるいくつかの重要な買収から、複合体は、大発作と革命の利益の二倍以上でした近代的な博物館の成長の
論理のディレクトリ、。全体の統一を破るとの協議を促進させない
ために、デザインの分野でのオルセー美術館の首都と買収 -
パステル、建築や芸術を除きます装飾 - ルーヴル美術館に保管
されています。したがって、キャビネット・デ・デッサンには、今日描かれたコンターを数えれば百五万回以上の作品が含まれて
います。
1797年に設立された彫刻は、他のソースの中から真鍮を結集し、コルベールによって確立された王の彫刻、内閣、そして絵画と彫刻の元アカデミー。
さらに、1935年以来、主に版画で構成されているエドモンド・ド・
ロートシルト・コレクションは、独立した保存を必要とする独自の寄付状況を持っていました。
図面や彫刻を永久に公開することが不可能であることから、グラフィック
アート部門の活動における一時的なプレゼンテーションの組織の
重要性が説明されている。イタリアの漫画、フランスの絵画、、新しい買収、
ファイル、研究ニュースなど、特定の定期的な競合には、美術館の特定の部屋数が割り当てられています。

292名無し草 (ワッチョイ f504-bFqk)2018/05/15(火) 20:35:11.64ID:fvqZ0dTs0

>>920
他力本願自演爺乙wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

294名無し草 (ワッチョイ cb10-k37M)2018/05/16(水) 22:43:52.33ID:9jJPSVUB0
彼は白軍の一部であるロシア南北戦争で西側同盟国の介入を提唱した。 1917年、ドイツの帝国主義指導者は、彼の政府を不安定にし、
戦争連合から国を追放するために、彼のスイスの亡命者からロシアに亡命した。 したがって、イギリスとフランスの軍隊は、
ボルシェビキ反体制派のアルハンゲリスクとムルマンスクから1918年の春以来支援された。 しかし1919年7月には、失敗した英軍はロシアから撤退した。
チャーチルは、 ボルシェヴィズムは「受け台に刺され」なければならないと信じていたが、彼は自らの党に軍事的関与を追求するという野望を勝ち取ることはできなかった。

1922年9月、保守派は内閣を去り、ロイド・ジョージは翌年10月に下院選挙を失った。 彼と一緒に、英国の最後の自由主義首相を墜落させた。
2年間の政治的禁欲と党の最初の変更から20年後、チャーチルは1924年に保守党に再加入した。

その年の11月には、 ボールドウィン首相の保守政権下で財務大臣を務め、1929年に解任された。1926年に彼のフランス人ジョージ・カイローと会談し、
フランス政府は1918年までイギリス政府に入国した。 しかし、彼の最も重要な決定は、1925年に施行された金基準の再導入であった。 この保守的な財政政策は、
英ポンドの過大評価、ひいては英国財の価格の上昇をもたらし、 輸出の低迷につながり、ついに失業率は約20%に上昇した。
労働者の不満は1926年の大規模な総ストライキで最高潮に達した。 チャーチルは、6ヶ月以上続いた労働争議が激しく終了するよう要求した。
チャールズ゙ァが大統領に替わる2年後の1931年には、荒廃した経済的影響のためにゴールドスタンダードが廃止されました。
彼は、「国がゼネストを破っているか、全般ストライキが国を壊しています。

危機に瀕したボールドウィン政権は、1929年の下院選後にマクドナルド下の労働閣僚によって取り替えられた。
同じ年、チャーチルはブリストル大学の首相に就任しましたが 、議会に席を置き、最初はシャドーキャビネットのメンバーだった反対派にとどまりました。

1930年に、チャーチルは、インドの独立運動に対するあまりにも寛容な態度をとっていたとされ、首相と保守党の元首相と争った。
緊張した帝国主義者として、彼は宣言された相手であり、マハトマ・ガンジーでは「半裸のファキール」しか見ていなかった。

295名無し草 (ワッチョイ cb10-k37M)2018/05/16(水) 22:44:25.98ID:9jJPSVUB0
1914年の夏の終わりに、 ベルギーの英国遠征軍を妨害し、 アントワープの防衛組織を自分たちで組織しようとしたときなど
チャーチルは時には大臣としての権限を大幅に上回った。 海軍の戦争の一環として、1914年10月に、南大西洋のGraf Spe副大将の下、
帝国海軍のドイツ東アジア艦隊を追跡して破壊するために、 フォークランド諸島との強い船舶協会を送りました。

いくつかの著者によると、チャーチルは、1915年の英国海軍がドイツの潜水艦の時にニューヨークからリバプールへ民間の乗客と武器を輸送していた
乗客蒸気船RMS ルシタニアに警告しなかったという事実に責任があると言われている移動するEntenteの部分に戦争のエントリ。
しかし、これまでのところ、証拠の証拠は見つけられなかった。 歴史家IstvánDeákは、これらの著者を修正主義者として分類している。

戦争の敵であるドイツとオーストリア - ハンガリーを、おそらくオースマン帝国と同盟している南部の見える海軍との最も弱い点で攻撃する
チャーチルの計画が失敗したことは深刻であった。 1915年2月19日と3月18日にダーダネル川上のガリポリのトルコ半島にあった
英国、フランス、 インド 、 オーストラリア 、 ニュージーランドの 2つの着陸会社は、大きな被害を受けなかった。
チャールズ氏の計画を批判したジョン・フィッシャー艦長は辞任した。

自信の危機を回避するために、保守派の政府への関与は避けられなくなった。 しかし、党首のアンドリュー・ボナー法の下で、
ダーダネッレでの大惨事の危機に責任を負うチャーチルが、大臣として辞任しなければならないという条件に結びついた。
この要求のもう一つの理由は、チャーチルが「反逆者」としての当事者変更が保守派であったためである。 そこで、彼は1915年5月18日、アドミラルティ
の第一卿としての地位を定めました。 1915年12月19日から1916年1月9日まで、ダルダネッレからの撤退が続きました。戦闘では、200,000人以上の兵士が敗北しました。

チャーチルは、1915年5月23日から11月16日にかけて、 アスクス政権の拡大に伴い、ランカスター 公会 議長の重要な立場にとどまった。
しかし、彼は政府の仕事に大きな影響を与えることができなかったので、彼は最終的に軍隊のためにボランティアし、
フランダースとフランス北部の前に行きました。

296名無し草 (ワッチョイ cb10-k37M)2018/05/16(水) 22:45:20.58ID:9jJPSVUB0
彼はチューター司教の後任の教師であるジョン・グラハム ( John Graham 、1794-1865)
のアドバイスを受け、最初の予備試験である「リトル・ゴー」と呼ばれました。 2ヶ月の準備
の後、彼は1830年3月に、リトルゴンを最終的に容易に通過しました。 最終試験の準備に
は、英国の自然神学における当時の支配的な主体であったウィリアム・ペリーの作品が
含まれていました。 特にPaleyの作品Natural Theologyはダーウィンに感銘を受けた。
ペイリーの論理、証明方法、言語は、後で彼を形作るべきです。 1831年1月22日、彼は
Paley、Euclid、ギリシャ語、ラテン語の古典についての質問を含む最終試験で178人の
生徒の中で10番目に優れていました。 最初の学位であるBaccalaureus Artiumの証明書
は、1831年4月26日に受け入れられました。 13日 、ケンブリッジで2学期間滞在しなけれ
ばならなかったのは、研究開始時に見逃した時間のためです。
彼の植物学教授であるジョン・スティーブンスと、ヘンシュロー・ダーウィンは一生を通して
友人だった。

ダーウィンは、ケンブリッジのキリスト大学で学んだ初め、彼の孫であるウィリアム・
ダーウィン・フォックスと会い、彼は昆虫学を昆虫学に紹介し、 カブトムシの情熱的な
収集家になった。 夏の間、彼は多くの昆虫学的な遠足を経験し、彼は主にノース
ウェールズに導かれ、 フレデリック・ウィリアム・ホープ (1797-1862)、 ジョージ・
レオナルド・ジェニスス (1763-1848)、 トーマス・キャンベル・イートンと彼の父トーマス
・アイトンを伴った 。 1829年7月の彼の名前がジェームス・フランシス・スティーブンスが
出版したイギリス昆虫学のイラストレーション が呼び出されたとき、もう一つの小さな
科学的認知が彼にやって来た。

ダーウィンはジョン・スティーブンス・ヘンスローの植物学講義に敬意を表しました。
彼のいとこのフォックスを通して、彼は彼がまだ卒業していない学生のために開催した
ヘンズローの家の定期的な夕べに招待状を受け取った。 彼らの間には生涯にわたって
続いた友情があり、ダーウィンは彼のキャリア全体に最も影響を与えました。

昨年のケンブリッジでは、彼はジョン・ハーシェルの 「自然哲学の研究入門 」と
新大陸の等緯度地域へ の 旅を読んだ 。

297名無し草 (ワッチョイ cb10-k37M)2018/05/16(水) 22:46:01.58ID:9jJPSVUB0
HMS ビーグルの測量旅の始まりは、嵐が何度も遅れていました。 1831年12月27日まで、
HMS ビーグルがデボンポートから帆を降りた。 ダーウィンの乗り心地は不愉快になった。
彼は即座に海風が強かったし 、フンボルトのカナリア諸島の種が豊富な亜熱帯植物を
探索するという彼の夢は、職業上のイングランドでのコレラ流行による隔離のせいで失敗
した。 ダーウィンは、自己造成された細長いトロール(後にプランクトンと呼ばれる)に
閉じ込められた生物を微視的に研究して船に初めて出かけました。 彼は最初のノート
ブックを始め、さらに多くのものが続き、旅行中にさまざまな目的のために使用しました。
陸上での旅行の際に独占的に使用したノートがありました。 彼の地質学的および動物学
的ノートでは、土地で得られた印象を整理した。 他のノートブックでは、収集したサンプル
に注意深く番号を付けました。
1832年1月16日、彼は初めてサンチャゴの カーボベルデ島の プライアに着陸することが
できました。 ヘンズローはダーウィンに、 チャールズ・ライエルの 「地質学 の 原理」の
最初の巻を研究するようアドバイスし、フィッツロイは出発前にそれを与えていた。 良い
3週間の滞在の間に、彼は海岸の崖で15メートルの高さの水平シェルバンドを発見し、
ライエルの地球のゆっくりとした、地質学的な形成の理論の確認を初めて発見した。
出発のほぼちょうど2ヶ月後、HMS ビーグルは1832年2月28日に南米東海岸に到着し、
オールセインツ湾に サルバドールダバイアを錨泊しました。 ダーウィンは熱帯雨林を
楽しんだだけでなく、 奴隷制度の影響を観察しました。彼は育成のために拒絶し、
フィッツロイと論争しました。 2ヵ月後、彼はリオデジャネイロで最初の郵便を家から受け
取った。 HMS ビーグルが海岸調査を続けている間、ダーウィンはリオのいくつかの
乗組員と一緒に海岸に沿って地質調査を実施した。 8月の後半、彼はモンテビデオから
ケンブリッジのヘンズローまで、主に地質学的なサンプルを送った。 1835年6月末
までに、植物、動物、化石、地質学の発見物やグッズをさらに7つ出荷しました。
1832年9月22日、ダーウィンはプンタアルタのバイアブランカ近郊に最初の化石を発見
しました。彼は巨大な頭蓋骨と骨骸骨の骸骨を暴露することができました。

298名無し草 (ワッチョイ cb10-k37M)2018/05/16(水) 22:47:29.30ID:9jJPSVUB0
ダンスの名前がなくても、ヘンズローは地理学の手紙として手紙の一部を出版していた
ので、ダーウィンの名前は1836年10月に帰国する前に科学界で知られていました。
しばらくの間、ダーウィンはケンブリッジに滞在し、彼は彼のコレクションと雑誌の原稿を
手がけました。 1837年3月、彼はロンドンに定住しました。 ここで彼はすぐにCharles
LyellとRichard Owenと友人になりました。 オーウェンとの友好関係は後に冷やされました。
ダーウィンの種の変化に関する最初の考えの余波の後で、たとえ後にダーウィンが
この時間を南米の時間に転じさえしたとしても。 種の不変性に対する彼の信念は、
主に1837年3月のガラパゴス諸島の鳥類に関するジョン・グールドの研究によって揺さ
ぶられました。 ダーウィンは、旅の鳥たち、個々の島に割り当てられていない収集標本に
ほとんど注意を払っていなかった。 グールドは、すべての種が密接に関連していることを
示しただけでなく(現在、 ダーウィンの群れとしてグループ化されています )、これらの
鳥では種と品種の明確な区別ができないため、種の境界は明確ではありません。
ダーウィンの種の起源についての考察は、医学、心理学、科学、哲学、神学、政治経済
の分野における幅広い読書を伴った。 ダーウィンの目標は、種の起源を科学的基礎に
基づいていることでした。 特に彼は現在、ケリーブリッジで伝承されてきた伝統的な
神学であるペリーを拒絶しました。 ダーウィンの後の実験と議論の多くは、デザインから
Paleyの主張を否定し、神の行動ではなく自然の原因に調整を辿る役割を果たしました。
ダーウィンは、しばしばPaleyと同様の議論を用いた。 哲学的には、ダーウィンは、主に
デイヴィッド・ヒュームの伝統における英語スコットランドの経験主義によって特徴づけ
られたが、 アダム・スミスによっても彼の道徳感情理論について特徴付けられた。
科学的に、 ジョン・ハーシェルとウィリアム・ウィルウェルは自然科学の導入と控除の
重要性に重点を置いて彼に大きな影響を与えました。
チャールズ・ダーウィン、1840年からジョージ・リッチモンド (1809-1896)の水彩画
1840年にエマ・ダーウィン、チャールズと結婚した直後、ジョージ・リッチモンドの水彩画

299名無し草 (ワッチョイ cb10-k37M)2018/05/16(水) 22:49:08.58ID:9jJPSVUB0
1842年11月、ダーウィンの家族は、ロンドン南部のダウエの小さな町のダウンハウスに
退去しました。 ここで、ダーウィンは病気のためにもっと平和を望んでいました。 1839年
以来、ビーグル旅行から復帰して以来、病気の症状が繰り返し現れており、その原因は
まだ推測されている。 症状には、衰弱、胃痛、悪心および嘔吐、心拍数の増加および
呼吸器系の問題が含まれた。 したがって、ダーウィンは非常に撤退し、旅行にはほとんど
行かず、一生を通して英国の島を離れませんでした。 ジョージ・ハワード (1845-1912)、
エリザベス(1847)、 フランシス (1848-1925)、 レオナルド (1850-1943)、 ホレス
(1851-1928)チャールズ・ワリング(Charles Waring、1856-1858)。
ダウンハウス、1842年11月以来、ダーウィンの家の住居は、今博物館です
1843年、彼はライエルとトーマス・ヘンリー・ハクスレーと共に最強の同盟国になる植物
学者、 ジョセフ・ダルトン・フッカーとの友好関係を始めました。 1844年1月11日付の
書簡で、ダーウィンは彼の進化論へのいくつかの指針を与え、「元の信念とは反対に、
種(殺人を告白するようなもの)は不変ではないとほとんど確信していた」 、 フーカーは、
彼の意見では、「種の漸進的変化」が起こっていると答え、フーカーはまだ満足のいく
説明を聞いていないので、ダーウィンのアプローチを楽しみにしている。 ダーウィンは
すでに1842年に35ページのスケッチで彼の意見を提示していたし、1844年に230ページ
のエッセイに取り組んだが、彼の妻エマだけが読まなくてはならず、彼の死の時に
出版するべきだった。 両方のテキストは、1859年の出版された本と既に内容と基本
構造に合意していた。 核変換説は社会主義者、革命家、そして一部の医学界に大きく
限定されたままであったが、1844年にはブルジョワの輪に紹介された。自然史の痕跡の
作品で、 ロバート・チェンバースによる匿名で出版された。ジャーナリズム的に書かれた
- ベストセラーになったが、科学界で真剣に受け止められなかった。
ダーウィンによって出版された次の作品は、1844年のHMSビーグル号の航海中の火山
諸島の地質学的観測でした。これらは世界中の航海のコレクションでした奇妙な
フジツボの標本を除いて、10年後に仕上げました。

新着レスの表示
レスを投稿する