沖縄人の激烈なハンセン病「クンチャー」差別

1名無しさん2019/12/30(月) 16:11:08.49ID:SOV8kW6c
沖縄県はハンセン病が多く発生してきた地域であり、
20世紀末には日本人の新規発症者の6割から7割を沖縄県出身者が占めているが、
沖縄社会のハンセン病に対する差別や迫害は厳しいものであった。

シマではハンセン病者(「クンチャー」と呼ばれ、これは乞食を意味する
琉球方言である)をガマ、崖地、ゴミ捨て場などに隔離し、
シマに戻ることを禁じる文化があった。亡くなっても一族の墓には入れず、
逆さまにして埋め、二度と生まれてこないよう呪いをかけた。昭和50年代に
火葬場が増えてから沖縄にも本土式の葬儀が広まった が、その下でも
遺骨に炒り豆を置く呪い(「これが芽吹いたら生き返ってこい」という
意味だが、炒ってあるので絶対に芽は出ない)が行われている。

近代医学的なハンセン病医療の場を作る動きに、沖縄県民は激しく
抵抗した。国立ハンセン病療養所設置を阻止するための暴動(嵐山事件)が
起きたり、療養所設置を求めた青木恵哉ら、ハンセン病患者が焼き討ちに
あったりもしている。その青木らにより、ようやく開園にこぎつけた
沖縄県立国頭愛楽園(現在の国立療養所沖縄愛楽園)は、地域社会との
交流が他の療養所以上に乏しかった。

感染性への誤解も根強く、琉球新報は投薬治療中の教員から児童へ感染が
広がっているという誤った考え方を主張し(後に他紙記者により「沖縄
戦後ジャーナリズム最大の汚点」と指弾される)、またらい予防法廃止前に
行われた世論調査では住民の87%がハンセン病患者の全員隔離に賛成という
結果が出ている。

2名無しさん2019/12/30(月) 16:19:30.66ID:SOV8kW6c
実に21世紀に入って20年も経過しているのに
未だに近世近代的な思想に汚染されている一部の沖縄県民を
張り倒してでも一人前の日本人に仕立て上げるのが急務ではないのか?

3名無しさん2019/12/30(月) 16:54:32.01ID:b91Q464s
なんとか島に隔離してたな

4名無しさん2020/01/19(日) 18:52:12.82ID:KtvtW4zd
沖縄発スーパー汚らしい病気を東京のディスコで撒き散らす最低ババアakko akkoアッコあっことかいう 52歳の本八幡在住の浅草界隈結婚式場に勤務の気持ち悪いペヤング顔ババア。
choice your happinessとかいかれた待ち受け。
別れた旦那も沖縄人

5名無しさん2020/01/23(木) 07:59:03.53ID:MTjILbXv
>>1
下手な工作は命取りだよ

6名無しさん2020/01/23(木) 18:38:02.61ID:t/JSKc2a
沖縄の高等学校を卒業した者は、男は1年間の徴兵、女は1年間の
社会奉仕か看護助手にして、沖縄ゴキブリ特有の『事大主義(奴隷根性)』
『ユスリタカリ根性』『日本政府依存症』『ゴネ得』『怠け者』を変えて、
鍛え直したほうが沖縄のためじゃないだろうか。

徴兵が嫌なら本土の高校に通うなり、中卒で働けばいいんだし
抜け道は色々用意する。

沖縄の若者を強制的に自衛隊で鍛えたりしないと、
沖縄特有の『卑屈な事大主義(奴隷根性)』は抜けないと思うよ。

何しろ、上皇御夫妻に火炎瓶や石を投げたりするテロリストが、
市議に当選して、恥ずかしい三跪九叩頭をわざわざ復活するような、
どーしようもない屑ゴキブリどもだ。沖縄の民度が本土に比べて
異常に民度が低く、働く気がない土人どもを治すためには、
若者から叩き直すしかない。まず沖縄土人に「働く」ことから
強制的に教えるべき。


◆元暴走族社長vs沖縄不良少年
https://www.youtube.com/watch?v=IrlHOcvICuM

7名無しさん2020/01/26(日) 16:48:23.45ID:3T/6gLJX
下の強烈な病気持ちババア沖縄出身ディスコ通い52歳 akkoアッコあっことかいう汚らしいホームベース顔ババア。本八幡在住。別れた旦那も沖縄人

8名無しさん2020/02/25(火) 17:12:09.16ID:UPsYVpxy
>>6
奇遇だな俺もお前と同じ統失なんだよ、これから仲良くしような。

9名無しさん2020/02/25(火) 17:13:17.25ID:UPsYVpxy
>>6
君面白いね、今すぐ吉本新喜劇のオーディションを受けて来なよ。

10名無しさん2020/03/05(木) 23:58:43.62ID:9GAi4zwe
>>1
>沖縄県はハンセン病が多く発生してきた地域であり、
 
やっぱり高温多湿の環境下で伝染する病気なんだな
ハワイとかインドとかで多いしね
 

11名無しさん2020/03/06(金) 13:56:41.23ID:dBoK0QUz
>>10
>やっぱり高温多湿の環境下で伝染する病気なんだな

グラム陽性菌だから高温多湿は関係ないな
単に患者が多く、公衆衛生の進んでいない
地域では感染の危険性が高い、というだけの話

昔は北欧とか寒い地域でも大量に発生したが
先進国は、感染者隔離政策や衛生環境改善が
19世紀末から一気に進んだので患者が出なくなっただけの話

12名無しさん2020/10/26(月) 10:19:41.65ID:ha9/YBKC
あげな

13名無しさん2020/10/26(月) 21:01:09.95ID:6Nnr145q
教えてあげるよwwwww
日本の村文化の特質
日本の文化に特徴的なのが「村の文化」。
 この「村の文化」というのは、いわゆる、「長いものには巻かれる」ということ。
「世間体を気にする」と言うが、この世間体を気にするというときの「世間」というのは、実は村で本当は社会ではない。
だから、日本国中、どこへ行っても、顔見知りの人がいないところは、もう世間ではない。そういう意味では規則を守るのは村の中だけとなる。

 だから、第二次世界大戦の時でも中国へ行ってさんざんひどいことができる。若い女性を暴行したり、小さい子どもを虐殺したり。
 彼らはすでに村の外に出ているから、世間にはいないわけで、世間の外で中国人に対しては何やってもいいという、
そういう普遍的な倫理性が働かないのが村の文化の一つの特徴。

 日本人の心性の中にこの村意識というのは、現代でも強烈に根づいている。
学校や会社も村であり、仲間内も村になる。我々、日本人はこの村から排除されることを強烈に怖がる。
いわゆる仲間外れになることが怖い訳だが、それはこの「村文化」に生きているから。

14名無しさん2020/10/27(火) 01:09:27.73ID:UF7/fKEy
>>13
>第二次世界大戦の時でも中国へ行ってさんざんひどいことができる。

シナ戦線の日本軍の軍紀は厳正で、兵が小隊長の許しもなくそんなことをしたら
軍法会議か銃殺だ。軍紀が無茶苦茶だったのはシナ軍の方で、日本軍に追い詰め
られると『漢汗刈り』と称して、一般住民を殺して服を剥ぎ取って便衣兵になり
シナ人女性を強姦しまくり、「もうすぐやって来る日本軍に、協力したら
こうなるぞ」と首を狩りまくって、そこいら中にぶら下げた。

>現代でも強烈に根づいている。

確かに沖縄ゴキブリの村意識による同調圧力は凄まじい。
渡嘉敷村や座間味村の「集団自決」の役所ぐるみの歴史捏造に関しては、
沖縄人警察官や赤松隊の知念少尉など、援助金とは無縁な良心的な沖縄人が
嘘であることを証言しているが、援助金をもらっている島の連中は
沖縄特有の【鉄の同調圧力】によって真実を話すことは絶対に許されない。

梅澤少佐に村を代表して会いに行って、唯一自決しなかった女子青年団の
宮城初枝さんの娘の宮城晴美さんは「沖縄戦の語り部」として、捏造された
集団自決命令を観光客向けに語って稼いでいたが、沖縄人ジャーナリストの
藤村氏から「梅澤少佐は生きている」と母子に教えられると、宮城親子は
大きなショックを受けて、泣きながらこれまでのウソを話し、それは
「沖縄のタブー破り」として大きな衝撃を与えた。

【宮城初枝さんの証言.2】
貧しいながらも住民の生活が落ち着きだした1957(昭和32)年4月、厚生省
引揚援護局の職員が『戦闘参加(協力)者』調査のため座間味島を訪れたとき
のこと。母(宮城初枝)は島の長老から呼び出され、「梅沢隊長から自決命令
があったことを証言するように」と言われたそうである。母が梅沢隊長のもと
へ出かけた五人のうち唯一の生き残りということで、その場に呼ばれたので
ある。援護法(戦傷病者戦没者遺族等援護法)は、軍人や軍属(軍に雇用され
ている者)を対象とした法律で、戦没者の遺族や負傷した人などに国から金が
支払われることになるが、一般の民間人には適用されていなかった。ところが、
1959年から軍の要請に基づいて戦闘に協力して死亡または負傷した者は「準軍
属」として扱い、遺族年金などの各種の補償金がもらえることになった。単に
砲弾に当たって死んだり、米軍に殺されたりした人には補償はされないが、
「日本軍との雇用関係」にあって亡くなったり、負傷した人には補償されると
いう法律である。したがって、非戦闘員の遺族が補償を受けるには、その死が
軍部と関わるものでなければならなかった。そして、役場の職員や島の長老ら
とともに厚生省の役人の前に座った母は「住民は隊長命令で自決したといって
いるが、そうか」という問いに、「はい」と答えたという。

15名無しさん2020/10/28(水) 13:51:15.62ID:bsZxp6xG
中国は今でも人を殺して解体して売ってますが?
国で犯罪まででっち上げ放題だもんな
気に入らなきゃばらして売ればいいだけだろ

16名無しさん2020/10/28(水) 17:00:36.74ID:gulBPRiW
>中国は今でも人を殺して解体して売ってますが?

それ日本人戦前の日本軍の真似じゃないの?
インパール作戦でもどこでも空腹で同じ日本兵のケツの肉を切り裂いて隣の部隊に売りさばいてたんだよ

NHK戦争証言でも出ているし

17名無しさん2020/10/28(水) 21:37:39.23ID:Pyh2EG7H
>>16
餓死寸前の人が人肉食べたのは、1972年のアンデス山中で起きた
ウルグアイ空軍機事故(ウルグアイのラグビーチームとその家族がチリに空軍
機で移動する際に山中に墜落して45名が遭難して16名のウルグアイ人が仲間の
肉を食べて生き抜いた)とか戦後でもある話で、生き残った者も、もちろん
罰せられる等されていない。

共産シナの鬼畜共産主義者どもが、ウイグル人を内蔵移植のドナー用に
殺しているのは、凶悪なホロコーストで『人類に対する大罪』

日本共産党・オール沖縄とかの戦争犯罪パヨクは、今でもホロコーストや文革の
ような【人類に対する大罪】の大殺戮が大好きで、今もヒトラーやゲッベルスを
敬愛しているもんな、おおおぞましい(オェー

戦争犯罪パヨクは、今だに自分達の戦争犯罪を全く反省しないで
ウソついて誤魔化して、日本軍に責任転嫁しているだけだから、
今もヒトラーや習近平の大殺戮が大好きだ(オェー

18名無しさん2020/10/29(木) 09:48:52.42ID:81Wv8mI8
キャンプ・ハンセン

19名無しさん2020/10/30(金) 18:22:45.38ID:5fJrxmMq
 
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/okinawa/1556367486/422

>>17

あの久米島守備隊住民虐殺事件の鹿山正海軍兵曹長や渡嘉敷島・赤松隊による虐殺をした日本軍からすると
これは間違いなく下品ということで処罰だったと言う事だなw

20名無しさん2020/11/15(日) 13:20:18.76ID:ZUiSikcr
ニューギニアで
旧日本兵が行った残虐
http://www.midori-kikaku.com/mariko/j-ist01.html
「この悲惨な出来事は、わたしの目の前で起きたのです。日本兵がわたしの母をレイプし、そのあと殴り殺したのです。
母は体をばらばらに切断され、皮をはがされ、肉片として軒先に吊るされ、この飯ごうでゆでられました」
バラス・ブカヒンさん(70代半ば・男性)は一点を見つめ、悲痛な面持ちで語った。

新着レスの表示
レスを投稿する