やりすぎ防パトは創価学会と警察署の仕業だった

1やりすぎ防パトは創価学会と警察署の仕業だった2018/01/21(日) 14:44:42.51ID:tfogU7J2
「フォーラム21」2004-9-1
http://www.forum21.jp/contents/04-9-1.html(現在リンク切れ)

平成5年3月5日、衆議院の予算委員会において社会党の関晴正代議士は、創価学会の宗教法人としての適格性を問題にしたが、
その際、青森県警の現職の警察官が、日蓮正宗の法華講に所属する老婦人に執拗に法華講からの脱講を強要した事実を挙げ、
「人権侵害だ」とこう厳しく指摘している。

「平成五年二月十四日、青森県(住所略)、Kさんという方が法華講の講員で、ここにT・Y、学会員、現職警察官、青森市(住所略)、
この方が元僧侶のY・S氏と地元の学会員を引き連れて強引な脱講運動の案内役をしたとある。
脱講運動というのは、法華講の講から抜けろという運動ですよ、そして学会に来いということです。それぞれ信仰の自由がありますよ。
(中略)一日に何度も来る、また一カ月に何度も来るという。そうして、脅迫的言辞を弄している。
こっちへ戻らなければ地獄へ落ちるぞ、こっちへ戻らなければ殺してやるぞと。これは何ですか。

今私は青森の例をとりました。この事実は、現職警察官が僧侶を案内して、そうして行っているわけですよ。
お帰りください、これからテレビを見なければならないのですよと言ったって帰るものじゃない。こういうことは公序良俗に反する行為でしょう。
公序良俗に反するような行為が公然と行われている。一体これをだれが取り締まるのですか。
暴力団取締法というのがあるけれども、それに似たようなことが行われているというのは人権侵害もいいところでしょう」

※フォーラム21 元創価学会員のジャーナリスト乙骨氏が発行する創価学会問題について取り組んでいる雑誌
当該記事は以前はネット上で閲覧可能だったが、サイトの改装に伴い、過去記事の―閲覧ができなくなった為、現在リンク切れとなっている

新着レスの表示
レスを投稿する