リレー小説 エンペラーズ佐賀

1いやあ名無しってほんとにいいもんですね2017/12/28(木) 06:27:52.90
■NG推奨ID
05004015953478_mi(他人の長文を貶しまくり約50レスを浪費した餓鬼)
126.50.244.195(下ネタや政治屋ネタばかりで約100レスを浪費した変態)
Kpd0RNM(スレの流れと何の脈絡もない駄文で約200レスを浪費した文盲)
-------------------------------------------------------------
佐賀県は、日本に名高き有名県である。
また、県知事の塙氏は、県民の平和を第一とする名知事であった。
東京から佐賀への遷都は、時間の問題と思われた。
だが、その願いは叶わなかった。

何者かによって封印を解かれた「破壊神YZW」の放った闇は、瞬く間に九州に広がった。
かつて幕末佐賀藩で活躍した七賢人もまた、ほとんどが闇に囚われた。
七賢人の一人である江藤新平は、破壊神YZWに操られるままに県庁を急襲した。

塙知事は戦死し、落ち延びた副知事の龍造寺女史は、同じく難を逃れた七賢人・大隈重信と共に、
佐賀県復興と九州の平和を取り戻すため、立ち上がった。
しかし、破壊神YZWの目覚めには、大きな陰謀が隠されていたのであった。

228いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
『ニュースです。羊蹄山で大規模な雪崩が発生し、1人が死亡しました。亡くなったのは東京都内の男子大学生・玄米茶根尾さん20歳と判明し…』

ジャスミン「なんで真冬の羊蹄山に登ろうとしたのかしらねぇ…」
カモミール「死んだのは可哀想だけど、お馬鹿さんよねぇ…」

矢野舞花「矢沢さん、まさか…?」
YZW「俗世の名でよぶな。なに、脇役の分際で出しゃばるから、ちょっとな…(ニヤリ)」

「魔法少女やタイムマシンを出すのはまだ早いな」

そう言うとロリコンは壺の中へ帰っていった

一方、スキンヘッドになった大隈重信は寒風に吹かれ寒くて仕方がなかった。髪の毛を全部鈴音風の
ペットボトルに詰めこんだのである。しかし如何なる理由があってこんなことを行なったのであろうか。

すべては策士、オザワイチロウの仕業であった

233いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
福沢諭吉は玄米茶青年の葬儀に参列するため一旦東京に戻ることになった。

硬派進一郎はバレンタインチョコをいただいていた。
学園のアイドル、和月奏から
しかし、それは毒入りだった…

諭吉は慶應大学内にある自宅に戻ったが、玄米茶の葬儀は佐賀嬉野の実家で執りおこなわれる
とのことで、すでに遺体は九州に向かっているということであった。

そして謎の南米教師フィーバー先生の登場である

負 古太郎は考えた。どうすればフィーバーの乳輪サイズを測れるか。彼は老師に相談してみた。

「チン上げを要求しろ」老師は言った

爆乳よりもやっぱ小ぶりの乳の方がええねん
ややっ! あれは陸上部の元町友香…ふふっあれは中々の物。それにあのきゅっと締まった太もも、たまらん

240いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
…などとエロい妄想にふけっているうちに駅のホームから転落した老師は、諭吉も乗っていた新幹線に撥ねられて即死

福岡にとんぼがえりした福沢諭吉が例の緑地公園に行ってみると、なんとYZWたちはまだそこにいたのである。
かれらは公園の一角で火をおこしてちゃんこ鍋を作っていた。

諭吉に気づいたYZWは叫んだ
「諭吉の一生!YZWの2秒!」

ちゃんこ鍋ができあがったので、諭吉もいただくことにした。
「なかなかええ味出してるやないか。そやけど舞花ちゃんの姿が見えんようやが?」
「おまえが食ってるその肉」
「ぶはっ」諭吉が口の中のものを吐きだした。
「スーパーで買ってきた豚肉だ」YZWがニヤリとした。

「世界中の人が幸せでありますように」
奈良屋 紀伊は朝、目覚めるといつもそう願う。
父がこの世から去って早2年が経った…
彼女は今、京都に来ている。
幼い頃、父と歩いたこの街並みを懐かしむために

この物語において自分が果たせる役割は何であろうか。とまどいながらも、紀伊はビックボディ
チーム鴨川支部に向かった。

246いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
しかし、支部は鴨川の氾濫により廃墟と化しており、入り口跡に張り紙が1枚張られているだけだった。

『ビッグボディチーム鴨川支部は被災のため、鳥栖支部に合流しました。』

紀伊「鳥栖か…、福岡県との県境になる佐賀県の都市ね。九州はちょっと遠いけど行くしかないわね……」

247いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
YZWの悪趣味なジョークに辟易しながらも、諭吉はちゃんこのうまさに何杯もおかわりをした。
「それで、ほんまに舞花ちゃんはどこに行ったんや?」
「鈴音風というダンシングガール。あれなる娘が、『やくざはいないけど、見せたいものがある』
といって矢野舞花をさそったのだ。やつはホイホイとついていったぜ」
「なんか不可解やな」
「おれは式神を走らせて鈴音風を探った」
「それで」
「ふふふ、娘の名前は古留根尾鈴音風」
「な、なんやて!」

ある日の出来事。葵ちゃんの前に一人の男性が現れる
二枚目、ハンサム、いい男…そして何故か彼の胸には白い薔薇。
彼の目的は何か?白い薔薇が意味する物は!?
やがて2人の知られざる過去が明らかになる…

「あのう、どちら様でございましょう?」葵は男にたずねた。

「オザワイチロウ、と申します」男は軽く頭を下げた。

251いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
「それで、わたくしに何のご用でございますか」

「是非、我が党の党首になって頂きたい。報酬ならホレ、このように」
オザワと名乗る男はマクドナルドの紙袋をテーブルの上に置いた。

テーブルにおいた…そう暴行を始めたのである

「おやめください、ご無体な」葵は抵抗した。

オザワは葵のパンツの中へスルリと手を入れた。心地よい茂みをかき分け指を弄ると、温かく湿った湿地帯があった。

葵の陰茎がむくむくと隆起

257いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
過去スレからの古参読者はご存知だが、葵はシングルマザーのアスリート少女である。
葵はオザワの隙をついて背負投を決め、激しく地面に叩きつけられたオザワは気絶してしまった。

比類なき悪意と確固たる目的を携えて、古留根尾 弥人は舞花達と同じ街にいた…

古留根尾 弥人は全世界に悪意をばら撒きたかった。

古留根尾 弥人は舞花と出会うことなくこの街を去り、
どこかへ消えた。

それが互いにとって幸運だったのか否かは2人が出会うまでわからない。

意識の戻ったオザワは、全裸で亀甲縛りされ、天井から吊るされている自分に気がついた。
「気がついたようだな」薄暗い部屋の隅から、聞き覚えのある声がした。

260いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
エンペラー佐賀こと江藤新平の使徒である古留根音 弥人に拉致されたオザワは、
人造破壊神OZWとして生まれ変わり、前線に送り込まれた。

声の主はかつての盟友、YZWだった。
「YZWおまえ・・・」そう呼びかけるオザワに近づいたYZWは、モノサシでオザワの陰嚢をパシパシと叩き始めた。

262いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
OZWは改造時に虚勢されていたので平気だった

人造人間OZW、それはもはや性別を超越した存在となっていたのである。
その改造されたアナルはどんなペニスでも一撃で昇天させる破壊力を秘めていた。

公園で野宿していたYZWはハッと目覚めた。定規で小沢という男のフクロをパシパシと叩いている
夢を見ていたのである。なんともいやな夢であった。

なんとも花の無い話である

破壊神は公園のトイレを入念に掃除していた。ここに何日も宿泊しているのだから、これぐらい
当然のことだろうと思った。その一方かれの心の中に言い知れぬ不安が満ちてきたことも確か
であった。

花の無い話・・・

破壊神YZWの放った闇により佐賀の地に起きた戦乱の嵐。平和を取り戻すために立ち上がった
勇士たち。YZWの目覚めの裏に隠された大きな陰謀とは何か。
大きなスケールで開始されたこのストーリーが、公園で野宿してちゃんこ鍋を食べるというような
ものに卑小化されてきているのではないか。

「花」とは、おまんこの隠語である。
黒々としてザラつき、大きく肥大した小陰唇が
YZWは大好物であった。

スネ夫は花をうっとりした眼で眺めている

269いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
YZWは神族にしか萌えないため、舞花や双子姉妹を目の前にしても平静を保っている。

YZWは神のアンテナで彼岸花の球根を探知して大量に掘りおこしてきた。
「こいつを鍋に入れよう」

OZWの特技は「チン上げ」である。
ちんぽを持ち上げて通行人を驚かすのだ。

272いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
YZWは神の力でスレをageた。

273いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
もう一回ageた!

YZWは鍋をつつきながら、下関ヒカルと下野ノゾミに語りかけた。
「お前たちは双子の姉妹だという話だが、父親が違うというのはどういうことなんだ」
しかし、YZWの身体に異変が生じてきた.。吐き気と下痢を催おしてきたのである。
おもしろがって鍋に放りこんだヒガンバナの根っこに含まれるアルカロイドのせいであった。

公園内のトイレに駆けこむYZWを見て姉妹はほっとした。あの質問にはどう答えていいのかわから
なかったのである。

276いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
大隈重信「事の真相なら>>173に書いてあるではないか」
福沢諭吉「即答してやるなよ…」

「話は聞かせてもらった」神々しく神の排泄を終えてYZWがトイレから出てきていった。
「つまり双子の父親は下関氏であり、その後離婚した母親が妹のノゾミを連れて下野氏と再婚
するに至ったということか」

278いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
そんな破壊神YZWにとって喫緊の課題は、佐賀県の片田舎ほどに過疎ってしまった当スレの再興であった。

新着レスの表示
レスを投稿する