リレー小説 エンペラーズ佐賀

1いやあ名無しってほんとにいいもんですね2017/12/28(木) 06:27:52.90
■NG推奨ID
05004015953478_mi(他人の長文を貶しまくり約50レスを浪費した餓鬼)
126.50.244.195(下ネタや政治屋ネタばかりで約100レスを浪費した変態)
Kpd0RNM(スレの流れと何の脈絡もない駄文で約200レスを浪費した文盲)
-------------------------------------------------------------
佐賀県は、日本に名高き有名県である。
また、県知事の塙氏は、県民の平和を第一とする名知事であった。
東京から佐賀への遷都は、時間の問題と思われた。
だが、その願いは叶わなかった。

何者かによって封印を解かれた「破壊神YZW」の放った闇は、瞬く間に九州に広がった。
かつて幕末佐賀藩で活躍した七賢人もまた、ほとんどが闇に囚われた。
七賢人の一人である江藤新平は、破壊神YZWに操られるままに県庁を急襲した。

塙知事は戦死し、落ち延びた副知事の龍造寺女史は、同じく難を逃れた七賢人・大隈重信と共に、
佐賀県復興と九州の平和を取り戻すため、立ち上がった。
しかし、破壊神YZWの目覚めには、大きな陰謀が隠されていたのであった。

「この下ネタの連続はなんだ!」YZWの怒りは怒髪天を衝いた。

天を衝いたことにより、空が割れ、地は割け、海は枯れた。
無力な人々は闇に巻き込まれ、確実にその数を減らして行った。
全ては髪の所為だ。髪があるから罪があったのだ。

288いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
YZW「罪を憎んで髪を憎まず」

ついでにYZWは闇の深淵に呑まれた人々をいとも容易く救助した。
救われた人々は、ここ佐賀を拠点にYZW信仰を強めることとなる。
これが後の宗教大国『ソーマ教国』のルーツと言われている。

天を衝くようにそびえ立つ井上の巨根。
宮川は観念し、尻を出した。

290いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
YZW「そんな下劣な書き込みで宮川選手が浮かばれるとでも思うておるのか、タワケが!!」

内田が見守る中、粛清が始まった

292いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG

そこに太田が血相を変えて飛び込んできた
太田「俺は内田を信じている」

内田は全裸のまま縛られて
転がされていた

日大アメフト部が見守る中制裁は行われた

自己愛から来る使命感に駆られた愚集の、昏い笑みを伴った苛烈な狼藉
YZWは一人、その様子を高台から見下ろしていた

内田はまず1本目を口にぶち込まれた。

生意気な内田をシめてやるッ!

関学連が見守る中、制裁は行われた。
既に内田の口にはYZWのサオがねじ込まれている。
「井上、コマしたれ」
理事がいうと、井上はブリーフの横から一物を取り出した。
ゆうに一尺はあろうかという巨大な業物に、内田はぶるっと震えた。
しかし、その恐怖とは裏腹に〜いや、内田にとってはその恐怖こそが
色欲を沸き立たせるものだったのかもしれないが〜内田の花らっきょうの
ような小振りの一物は痛い程にそそり立っていた。
その「花らっきょう」の皮を井上が唇でちゅるんと器用に剥く。
井上の口中にアンモニア臭が広がる。
そして、井上の一尺竿が内田の菊門にねじり込まれていく
四人総体重700kgを越えるド迫力の4Pファック。
まだ、幕が開いたにすぎない。
悦楽は、ここから始まる。夜はまだ終わらない…

「練りちんぽ!」理事長が叫んだ

300いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
福沢諭吉「所詮日大はこんなもんやな。まあ早稲田も変わらんけどな」

そこに片山がポケットに手を突っ込みながら血相を変えて飛び込んできた

「下郎、控えよ!!」YZWが片山を叱りとばす。

怒られて悔しい片山が拳骨を振りまわしてYZWに向かっていった。

しかし転んだ拍子に片山のぺニスがYZWのアナルに突き刺さってしまった!
やはりポケットに手を突っ込んだままでは危ないのだ

「残像だ」
そう呟くYZWに対し、片山は戦慄を覚えた
(馬鹿な…温もりも刺激も…確かに本物だったのに…)
それが残像に騙された脳が産み出した錯覚なら、この世は全て――
刹那、片山の首は空へ舞い上がった
「あとはあの世で考えな」
血塗れの手刀もそのまま、YZWはまるで全知であるかの様に言い放った

306いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
福沢諭吉「YZWよ。ちょっとやり過ぎとちゃうか。リレー小説に血相を変えて飛び込んでくるやつが
多いけど、なんでやろ?」

307いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
その間、わずか0.1秒!
さらに次の0.1秒で片山の骸と生首、鮮血は細胞レベルで破壊され、片山は塵一つ残さず消滅した。
もちろん光速の決着に、仲間は何があったのかも分からないだろう。

下野ノゾミ「何かあったんですか?」
YZW「いや、何も。」

そこへ元コーチの井上が飛び込んできた

「控えよ、下郎!!」YZWが井上を叱りとばす。

井上はYZWをタックルで弾き飛ばした

311いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
しかし井上が吹き飛ばしたのは、またしても残像だった。

いつの間にか井上のバックに回った福沢諭吉が、腰をかがめ、井上の両脚のすきまに腕を
差しいれ、下から股間をかちあげた。

そして濃厚なホモセックスが始まった

「うぐっ!」内田のアナルには一升瓶が捻り込まれた。

井上「いっぱい掘られちゃいました」

井上のアナルからは精子が溢れ出ていた

何馬鹿なことをしているのかとあきれながら、YZWらは井上阿呆之助と内田鶴亀を拘束し尋問した。
その結果かれらはビックボディチーム鳥栖支部に所属していることを白状した。

井上は溢れ出た精液を使い精液バウムクーヘンを作った

内田のアナルにはまだ一升瓶がめり込んでいた

栄が内田のアナルにめり込んだ一升瓶をグリグリと動かし始めた

ビックボディチームから菓子折りを提げて人がやってきた。
「このたびの我がチームのメンバーがご無礼を働いたこと、誠に申しわけなく、この場において
深く謝罪させていただきます」謝罪したのは若い女性であった。名を奈良屋紀伊という。
彼女を一目みたYZWはなぜか知っている人物ではないかという気がするのであった。

内田は白眼をむいて
痙攣しはじめた

度重なる絶頂に体が耐えきれなくなっていたのだ
しかし栄の後ろには一尺はあろうかという業物を起立させた井上の姿があった

324いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
新しく現われた栄太楼という者はビックボディチームとは無関係だったので、紀伊は三人を鳥栖に
連れて帰ろうとした。しかし、片山の姿がどこにもなかった。

「オフっ!」嗚咽を漏らした瞬間、内田はジョッキ1杯もあろうかという程の
大量の精液をブチ撒けた。辺りには草原のような匂いが充満した。

「いい加減にしなさいっ!」紀伊が内田を叱りつけた。そしてYZWたちに言った。
「わたしの弟がアマチュアの医師です。かれに頼んで井上と内田を去勢してもらいます。片山も
見つけしだい同様に処置します」
彼女の凛とした態度に、福沢と大隈は大いに好感を持った。

内田と栄の激しいホモセックス合戦はやがて至学館対日大という大学規模の堀合に発展した

福沢と大隈は、紀伊の話から、YZWが微塵に分解した男が片山であることがわかったが、そのことは
だまっていた。

「アマチュアではない!モグリだ!」
そこに現れたのは三省堂黒男

真っ黒な男根を持つ男、三省堂黒男。井上はアナルがキリリとすぼむのを感じた。

三省堂黒男はニヒルな笑みを浮かべるとパンツからどす黒いぺニスを取り出した

332いやあ名無しってほんとにいいもんですねNGNG
YZW「329-331の事象は我々とはまったく関係のない場所でおこった出来事なので、ストーリーには
関与しません」

YZWの菊門に大きくて真っ黒な肉棒の先が触れた。

ゆうに一尺はあろうかという巨大な業物に、YZWはぶるっと震えた。
しかし、その恐怖とは裏腹に〜いや、YZWにとってはその恐怖こそが
色欲を沸き立たせるものだったのかもしれない

「いやー、腐女子の妄想もここまで来ると悪意すら感じますな」

「御神門を汚す不逞の輩!」大隈が三省堂の陰嚢を鷲掴み、股間から引きちぎったので、睾丸が
露出した。

新着レスの表示
レスを投稿する