愛媛の芸人サビ&ブー

1名無しさん2018/05/16(水) 13:41:43.64ID:eetQrbws
路上とかで見たことあります。
私も以下の情報しか知りません。

ブー

親玉。
自身は何もせずザビに踊らせるだけ。
踊りを考案してザビに指導するだけ。

ザビ

下半身ブリーフ一枚でひたすら踊る。
元は高校の英語教師だったらしい。

2名無しさん2018/05/17(木) 16:18:40.44ID:UzaRxVPJ
まず「サビ」なのか「ザビ」なのかはっきりしろ

3名無しさん2018/05/20(日) 11:47:59.89ID:/ulhMYht
ザビです
ザビエルからザビになったと聞きました
すみません

4名無しさん2018/05/21(月) 08:52:26.56ID:Ni9F37U6
全然情報がない
動画のリンクでも貼ってくれ

5名無しさん2018/05/23(水) 01:34:06.90ID:OZpemb1L
(伝説勇者) 電伝万△神:https://twitter.com/fert345t/status/954811154391490560

 あの天満屋グループの行政処分を受けた警備会社:山陽セフティが残業代未払いで集団訴訟になってるって本当ですか?
天満屋以外の天満屋グループの会社は皆ボーナスも退職金も無いって聞いたんですが、残業代すら支払わないってことですか?
 高額給料で評判のいい今北産業本部の社長兼マラソン陸上部・柔道部監督のキボンにより
勝ち組エリート天満屋グループ・ハピータウン・ハピーズストアのブラックカード充実組をまとめてアプリで処分してみた!!
https://twitter.com/search?q=%E5%B1%B1%E9%99%BD%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3&src=typd
オッフww これはもう事件レベルでしょ 電伝万△神 ktkr!!

6名無しさん2018/06/09(土) 02:49:42.26ID:pMJvRK+s
個人それ自体は鴻毛(羽毛)のように軽い。個人の命や健康よりも、みんながこころとからだの深いところからクラスのものになって共生する、
全体のかたちの方が尊い。この教育的に美しい群れのかたち(いわば教育の国体)は、個人が勝手に
「ともだち」から距離をとることによって、そこなわれてしまう。6歳児が睡眠時驚愕症になるほど校内で虐待され続けたことよりも、
個人(被害者)が、ともだち(加害者)と「なかよく」融け合う関係を拒否することの方が、学校のコスモロジーのなかでは残念なことだ。
だから教頭は、母親に面と向かって言ったのだ。「残念です」と。大いなる全体のための材料の分際で、
個人が勝手に「ともだち」と距離をとるなど、ありえないことだ。そんなことをしたら、大いなる全体が壊れてしまうではないか。
たとえ死んでも心が壊れても、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで、みんなで・なかよし・おともだちをしなければダメじゃないですか。
お母さん、こんな自分勝手をされては困りますよ。ほんとうに「残念です」。これが、教頭が本当に言いたかったことである
(ただし、自分がやっていることを知る勇気はないであろう)。教頭は「やさしさ」なるものを大切な価値とみなしている。
しかし、個人に対しては、ぞっとするほどやさしくない。精神に変調をきたすほど虐待された6歳児が、
身をすくめ、襲いかかり痛めつける加害者を避けるのは、ちいさな生き物としてのけなげな自己保存反応だ。
これをもって、教頭は「残念です」と言う。脳が教育という阿片に浸されると、ここまで冷酷になることができるという見本といってもよい。
それと同時に、この同じ人物は、群れた子どもたちが感情と感情を響きあわせ、その渦の中から大いなる全体
(集合的生命としての「学校らしい」学校)を生み出す、感動材料としての「やさしさ」を何よりも大切にする。
この教頭の言動は、一人ひとりを大切にするやさしさと、個を超えた大いなる<みんななかよし>を生み出す感動材料としての
「やさしさ」のちがいを、くっきり浮き上がらせる。学校の集団生活では、個のやさしさは群の「やさしさ」に変じ、
個の食事は群れの給食儀式になり、個の声や笑いや涙は群の声や笑いや涙に置き換えられていく。
群れの「やさしさ」は個のやさしさとは異なり、集団心理・利害権力政治の材料になりやすい。

7名無しさん2018/07/02(月) 18:26:43.25ID:ELGto2jH
3月に開催された「ポピンズ」の30周年パーティで、昭恵は乾杯の音頭をとっていたそうだ。この日は中村が音頭をとり
「昭恵さんを慰める会」を名目に、3万円コースのふぐを食らい、たらふく飲む会だったという。
文春によれば、第二次安倍内閣発足後に中村と昭恵は親しくなり、毎月のように飲んでいるそうだ。
中村には当時、ぜひとも安倍首相に近づく必要があったというのである。中村はテレビ朝日にアナウンサーとして入社し、
結婚、出産を経て退社した。87年に娘をベビーシッターに預けて苦労した経験から、富裕層向けのベビーシッター業を始めた。
その後、保育施設運営に乗り出そうとしたが、厚労省の岩盤規制にぶち当たったという。一方安倍首相のほうは、
アベノミクス新三本の矢として「待機児童解消加速化プラン」を打ち出す。そこで中村は安倍に近づき、
岩盤規制を打ち破ろうと画策するのである。女性経営者の交流団体(JAFE)を再始動させ、13年12月の発会式に安倍を呼ぶことに成功する。
16年4月にはJAFEのセミナーで昭恵が講演している。中村のもくろみは、認可保育園の場合、
職員は全員保育士資格を持っていなければならないのだが、この規制を緩和して、保育士不足で進まなかった保育施設の増設を進め、
国や自治体から手厚い補助金給付を受けられないかというものだ。そこで中村が頼りにしたのが加計学園獣医学部設立問題でも出てきた
官邸主導の国家戦略特区制度の活用だった。要は、保育士の代わりに幼稚園教諭や小学校教諭の資格を持つ人間も認めてほしいというものである。
だが厚労省関係者はこう疑問を呈している。「中村さんの主張は、自分が運営する保育所増設のために、
規制緩和して欲しいと主張しているようなもので、保育の質の確保は二の次に見えます。陳情にも来られましたが、
厚労省相手では埒が明かないから、政治の力を頼りに内閣府で特区提案をしたのでしょう」
結果からいえば、中村の望み通りに16年から規制が緩和されたのである。そのおかげで「ポピンズ」は120施設を増設し、
全国で220カ所の保育施設を運営し、約70億円だった売上を17年度には約140億円に増やしているという。
その収入の半分が国や自治体からの補助金によるものだが、国は保育所の経営実態調査などから人件費を70%と想定して補助金を支給しているのだが、「ポピンズ」運営の保育士人件費率は平均50%

8名無しさん2018/10/03(水) 22:22:48.19ID:/LD6Dsai
俺はザビ&ブー路上で偶然見たことある。
ネットで検索しても情報とか動画とか出てこないね。

9名無しさん2018/10/25(木) 21:17:17.11ID:/u46O/0o
タオル商品の販売会社「伊織」が、運営するインターネットショップから利用者の個人情報が流出した
可能性が高いとして謝罪した。流出した可能性のある個人情報は、延べ2145人に上るという。
伊織によると、今年8月22日、運営するネットショップで、客が商品の決済作業をしようとした際、
本来とは違う偽のクレジットカード番号入力画面に切り替わることが確認されたという。
これを受け調査した結果、何者かがこのサイトに不正にアクセスし、
一部のページを改ざんするなどの痕跡が見られたという。
この不正アクセスによって、今年5月8日から8月22日の間にこのネットショップを利用した客、
延べ2145人分の氏名やクレジットカード番号などの個人情報が流出した可能性があるという。
伊織は、フリーダイヤルで客の相談を受け付けていて、「事態を厳粛に受け止め、
システムのセキュリティ強化などを行い、再発防止を図りたい」としている。

10名無しさん2018/11/15(木) 14:14:20.23ID:11togk44
男性は六十八歳で、定年退職後に事情があって離婚し、余生を共に過ごす伴侶を婚活サイトで探していた。
そんな彼が体験したのは、金持ちの男を求めて婚活市場をさまよう膨大な数の高齢女性がいるという現実だ。
彼女たちの多くはずっと専業主婦で、離婚や死別で一人暮らしになり、わずかな年金しか受給できないものの、
資格も就業経験もないのでいまさら働いても満足な収入は得られない。そんな彼女たちにできる唯一のことは、
男に尽くして養ってもらうことなのだという。そのため、パートナー選びの基準は収入だけだ。年金や投資収入などで年収五百万円あれば、
一人の男性に何十人もの女性が群がってくる。年収三百万円でもぎりぎり許容範囲だが、それを下回ると相手にされない。
何人かの女性と「お見合い」をした男性がいうには、彼女たちにとっては見た目や性格はもちろん、愛情もどうでもよくて、
「働かずにそこそこの暮らしができる」ことがすべてなのだ。高齢者の婚活市場が残酷なのは、裕福な男性に対して女性の数が圧倒的に多いことだ。
当然、ほとんどの女性は満足なパートナーを見つけられないまま老いていく。そうなると、乏しい年金以外に資産も仕事もなく、
生活の糧をもたない彼女たちは生活保護で生きていくほかなくなる。こうして日本社会の底辺に吹きだまっていく。

11名無しさん2018/12/06(木) 15:16:57.08ID:QyTYFgwv
特殊詐欺犯の被害を予防するために金融機関が警察に通報したにもかかわらず、
かけつけた警官が特殊詐欺犯に騙されて、300万円の被害が発生してしまうという、
あってはならない事件が大阪であったことが報じられています。11月下旬、
高齢の女性が金融機関の窓口で高額出金しようとしていたのを金融機関の職員が不審に思って通報しました。
かけつけた警官に女性は家具を購入するためにお金が必要だと語りました。警官が被害者の
「息子」に電話をしたところ、「息子」は女性と同じ購入目的のためにお金が必要な旨を語ったので、
特殊詐欺と見抜くことができなかったというお粗末な悲劇です。
被害者女性が金融機関を訪れる前に女性宅には、
息子を騙った男から電話がかかっていたので偽の息子の電話番号を女性は警官に伝えたようです。
特殊詐欺犯が被害者の家族を装って電話をかけるのは前提となる常套手段で、
NHKの夕方6時のニュースの後の『ストップ詐欺被害!
私はだまされない』でも日々啓蒙されているはずですが、なぜ警官が騙されたのでしょう。
「街の警官は、特殊詐欺犯を専門に扱うわけではないので、
研修も情報共有もほとんどなされていません。
職業柄、少し柔軟性が足りないので先入観で物事を考えてしまう傾向があるようです」
通報した意味がない事案、たまたま朝日新聞の取材に大阪府警が答えて発覚しただけで、
氷山の一角なのかもしれません。警察に頼らずに予防する体制を作らないといけないかもしれません。

12名無しさん2018/12/23(日) 21:28:16.82ID:g9QHaD78
ブラック企業大賞企画委員会は12月23日、“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2018」の受賞企業を発表した。
労働環境の悪さなどが問題となった企業を毎年選出し、皮肉を込めて賞を送るというコンセプトの企画で、大賞は三菱電機が受賞した。
「特別賞」は日立製作所と日立プラントサービス、一般投票で決まる「市民投票賞」は財務省、新設された「有給ちゃんと取らせま賞」は、自動販売機運営会社のジャパンビバレッジ東京が受賞した。
「大賞」を受賞した三菱電機は2018年秋、14〜17年にかけて、男性社員5人が長時間労働に起因する精神障害や脳疾患を発症し、
相次いで労災認定されていたことが発覚した。このうち3人には裁量労働制が適用されており、その中の2人は過労自殺を遂げていた。
自殺した男性の1人は技術職についており、システムの不具合を修正するため月100時間を超える残業を数カ月繰り返していた。
ブラック企業大賞企画委員会の担当者は「このペースでの労災認定は異常だ」「三菱電機が人権侵害的な労働を課していたことは社会的に決して許されない。
確かに日本を代表する大企業だが、労働環境の悪さにおいても同じことがいえる」などと講評した。「特別賞」を受賞した2社では18年、
13年に日立製作所に新卒入社し、のちに日立プラントサービスに出向した20代社員が精神疾患を患っていたことが発覚。
同社員は富山県の工事現場で設計・施工管理監督を行っていた際、月に100〜160時間もの時間外労働を余儀なくされた。
また、上司から「いらない」「目障りだから帰れ」「仕事辞めてしまえ」などの暴言も吐かれていた。また、山口県の笠戸事業所で、
数百人のフィリピン人技能実習生を不正に働かせていたことも発覚。本来は配電盤や制御盤などの電気機器組み立てを任せるはずが、
実際は窓・排水パイプ・カーペット・トイレなどを鉄道車両に取り付ける作業をさせていた。在留資格の更新ができないことを理由に、すでに99人の技能実習生が解雇されていることも発覚した。
「市民投票賞」を受賞した財務省では18年4月、福田淳一事務次官(当時)がテレビ朝日の女性記者に対し、
取材中に「抱きしめていい?」などのセクハラ発言を行っていたと報じられた。その後、同省の顧問弁護士もセクハラがあったと断定した。
ただ、福田氏は事務次官を辞任したものの、セクハラを否定。麻生太郎財務大臣も「セクハラという罪はない」「男を番記者にすればいい」などと発言し、事態を軽視していることをうかがわせた。

13名無しさん2019/01/08(火) 21:40:42.32ID:7CHvBGt5
「外国の艦艇監視のため高度60mで接近飛行する」とあり、韓国海軍の哨戒機部隊自身が外国の艦艇に対して、今回の事件におけるP-1よりもはるかに低い高度を飛んでいることが分かります。
もし韓国国防部の主張どおり、相手からは豆粒大にしか見えない高度150m、距離500mにおける目視識別を、「威嚇」であり「謝罪に値する」行為だとするならば、
今後、韓国海軍の哨戒機部隊は「威嚇」をともなわない洋上監視を実施するのでしょうから、全く仕事ができなくなることでしょう。
もちろん実際にそうするとは考えづらく、ということはつまり、彼ら韓国海軍の哨戒機部隊は今後、韓国国防部が「謝罪に値する」と断ずるような任務に従事させられることになってしまいます。
韓国側が、「火器管制レーダーを照射された」という日本側の主張に対して、論点をずらす目的をもっているのだろうとしても、
なぜあえてこのような合理性に欠ける言いぶんを選んだのかは、不思議であるとしか言いようがありません。
いずれにせよ世界中の海軍関係者は、韓国側の主張を受け入れることはないと考えます。もし韓国が日本に対する謝罪要求を続けるならば、韓国は対外的な信用を失うことになるでしょう。
特にその影響を被るのは、レーダー照射したとされる当事者の韓国海軍です。「海軍」は、他国と交流する機会が多い軍種です。
韓国海軍が日本に来訪することも少なくありません。レーダー照射したとされる「広開土大王」は何度も日本へ寄港していますし、
韓国のP-3は、まさにレーダー照射を受けたとされる海上自衛隊のP-1が所属する厚木基地(神奈川県)にも、親善のために飛来したことがあります。
2年に1度行われる、近年では20を超える国々が参加する環太平洋合同演習(RIMPAC:リムパック)も、日本は1980(昭和55)年から、
韓国は1990(平成2)年から毎回参加していますし、そうした演習以外にもさまざまな国へ、韓国海軍は頻繁に訪れているはずです。
海上自衛隊やアメリカ海軍と深いコネクションをもつ韓国海軍の軍人、特に厚木基地へ親善飛行に訪れた、韓国哨戒機の搭乗員の心中は、穏やかではないでしょう。
2016年に厚木基地へ飛来した韓国海軍第6航空戦団のユ准将は、「私たちP-3Cの部隊交流が、日韓関係が良い方向へ向かうきっかけとなることを望んでいます」と発言しています。
韓国はいま、これまで努力して確立してきた自らの面目をもつぶす「諸刃の剣」を手にしてしまっています。

14名無しさん2019/02/05(火) 14:34:41.89ID:hMtqVX6x
報じられていた音声は、衝撃的なフレーズを強調するこの部分だけだ。
そのため泉氏が行った謝罪会見では、先入観にそった情報ばかりが目についてしまう。
「確証バイアス」という思考や判断のクセだ。会見や映像から判断する時、怖いのはここだ。
先入観にとらわれると、自分の考えや印象に一致するような情報ばかりを探すようになる。
集めた情報から自分が正しいと思い込むと、一部の映像や音声だけで起きていた状況を判断してしまう。
ここに確証バイアスの“罠”がある。
違う情報や反証する情報があるのかどうかを確かめようとしなくなってしまうのだ。
音声や映像が衝撃的であればあるほど先入観にとらわれる。
切り取られた報道だけを鵜呑みに判断してしまうと、疑問をもたなくなってしまう。
今回は続きの音声が流れたが、メディアやネットにそれ以上の情報が出てこなければ、
いくら確かめようとしても確かめられない場合もある。今の情報社会の怖いところだ。
だからこそ、情報を受ける側も発信する側も、思考を柔軟にしておくことが必要だろう。

15名無しさん2020/08/04(火) 07:33:54.45ID:XKyuoXxI

新着レスの表示
レスを投稿する