■蝦夷■東北は日本国から独立すべきか? [無断転載禁止]©2ch.net

1名無しさん2017/07/15(土) 16:16:49.16ID:VyDggYU3
古代の蝦夷(えみし)は、本州東部とそれ以北に居住し、政治的・文化的に、大和朝廷や
その支配下に入った地域への帰属や同化を拒否していた集団を指した。統一した政治勢力
をなさず、積極的に朝廷に接近する集団もあれば、敵対した集団もあったと考えられている。
しかし、次第に影響力を増大させていく大和朝廷により、征服・吸収されていった。蝦夷
と呼ばれた集団の一部は中世の蝦夷(えぞ)、すなわちアイヌにつながり、一部は和人に
つながったと考えられている。 蝦夷(えぞ)と蝦夷(えみし)とは連続性を有すると考え
られてきたが、昭和に入ってから東北地方に弥生時代の稲作遺跡が発見されたことから、
蝦夷(えみし)と蝦夷(えぞ)を、人種的にはともかく、民族的には区別する説が有力と
なった。

2名無しさん2017/07/15(土) 18:29:13.00ID:AySTqXw+

3名無しさん2017/07/20(木) 14:41:47.21ID:G32keBjW

4名無しさん2017/07/28(金) 17:45:09.35ID:h9AucNL4
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ

5名無しさん2017/12/04(月) 07:11:51.74ID:QTGxpOy5
[縄文人の特徴]
毛が濃い、髪が微妙にくせ毛、まぶたが二重
ホリが深い顔、耳たぶがあり耳たぶを装飾
柔軟な思考
染色体D系統
犬を大切に飼っていた
前述の顕性遺伝子が多い
【日本人概ね特性】
恩に忠義(他人を信用する、騙されやすい)
臆病(窮地にたつと窮鼠猫を噛む)
飽きやすい(革新的)
アイヌ系、琉球系、渡来(大陸から等)系など
千数百年経っても顕性遺伝子である二重が
潜性遺伝子の一重を駆逐できないのは、
都度、日本へ朝鮮人が入国し在日化しているからである
(多重近親相姦で発生した一重などは顕性を凌ぐ噂もある)

[弥生人の特徴]
毛が薄い、髪が異様に直毛、まぶたが一重
平べったい顔、耳たぶが小さく装飾できない
硬直な思考
染色体O系統
犬を食用として喰っていた
多重近親相姦(寒さで一重は誤想)で前述の潜性遺伝子に変異
【朝鮮人概ね特性】
恩を仇で返す(他人を信用しない、裏切る)
傲慢(窮地にたつと我が先に逃亡)
執着する(保守的)
第一波 中国大陸からの逃走民
第二波 百済からの亡命
第三波 新羅高句麗からの難民
第四波 満州建国時からの終戦後に帰化
第五波 第四波の在日を伝手に日本で帰化
過去、下層民が多重近親相姦したため
均一DNA塩基配列な地域が現在も点在している

6名無しさん2017/12/06(水) 12:12:35.54ID:1nh8Q2hK
岩手日報社(本社・盛岡市)は6日、同紙の女性記者が岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)からわいせつ行為を受けたと発表した。
町によると、伊達町長は同日午後に記者会見し、経緯を説明するとしている。

 同紙の報道によると、女性記者は町内に宿泊していた今年10月中旬の早朝、部屋を訪ねてきた
伊達町長から抱きつかれ、無理やり複数回キスをされたという。

 伊達町長は同社に対し、「(昨夏の)台風10号の(影響で)幻覚幻聴があり、助けてくれという声が聞こえたので
部屋に行ってハグした」と事実関係をおおむね認め、「不適切な行為で、しかるべき時に出処進退を明らかにする」とも述べたという。

 女性記者は精神的ショックを受けて休職中。同社は伊達町長に厳重抗議し、謝罪を求めている。

 伊達氏は1999年の町長選で初当選し、現在5期目。町内で関連死を含めて23人が犠牲になった昨夏の台風10号の豪雨で災害対応の指揮を執った。
今年10月25日、災害復旧の激務で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして入院。今月5日に職務復帰していた。

配信2017年12月6日11時28分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKD63DGKKD6UJUB005.html

7名無しさん2017/12/07(木) 14:11:46.21ID:MnqGAQYh
2017年12月07日 木曜日

 「ひるまないでいただきたい」。伊達町長によるわいせつ行為が明るみに出る中で、町議会の12月定例会が始まった。議員6人が一般質問に立ったが、出処進退をただす議員は皆無。それどころか町長にエールを送る議員までいた。

 伊達町長は定例会の冒頭、「トラブルを起こしてしまった」と議会と町民に謝罪。その後は台風10号豪雨からの復旧予算などを巡り、淡々と質疑応答が続いた。

 最後に登壇した議員は「ひるまないでいただきたい」と伊達町長を激励。「(町長の)卓越したガバナンス(統治)能力で難題をクリアしてきた町。一緒になって乗り越えたい」と持ち上げた。

 議会は町長に辞職勧告できる立場だが、加藤久民議長は「病気との因果関係を確かめた上で議会としての対応を検討する」と語るにとどまり、「台風からの復興が遅れないことが最も大切だ」とかわした。

 取材に応じた議員は「わいせつ行為が事実ならば看過できない。多方面から検証して事実確認を急ぐべきで、町長には詳しい説明を求めたい」と話した。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171207_71007.html

8名無しさん2017/12/12(火) 15:16:17.97ID:zIIdpSOF
収録で対談するリード教授(右)と宗像館長(会津若松市の「会津藩校日新館」で)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20171206/20171206-OYTNI50041-L.jpg

 来年の戊辰戦争開戦150年の記念事業として、会津若松市などがドキュメンタリー番組の制作を進めている。
戊辰戦争当時の精神や文化を紹介して観光振興につなげるのが目的で、来春の放送を目指している。

 番組の全体テーマは「義」で、来年3月までの間に「道義」「信義」「忠義」「大義」の4番組(各25分)の撮影を行う。
外国人が進行役として各番組に登場し、会津地方の名所を訪れる。

 同市の博物館「会津藩校日新館」で2日、撮影が行われ、米国人で山梨学院大学国際リベラルアーツ学部教授の
ウィリアム・リードさん(65)が、同館長の宗像精さん(84)に、幕末の藩校で行われた人づくりなどを尋ねた。宗像さんは「ならぬことはならぬものです」で知られる「什の掟」をリードさんに解説していた。

 制作を担当する企業「XPJP」(神奈川県鎌倉市)の渡辺賢一社長(46)は、「懐古主義に陥らない未来志向の内容にする。一人でも多くの人に見てもらいたい」と話す。

 完成した番組は来年5月頃、民放BS局で放送できるように市などが調整を進めている。また、インターネットによる動画配信も予定している。

読売新聞 2017年12月06日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20171206-OYTNT50150.html

新着レスの表示
レスを投稿する