【小平市】花小金井【西武新宿線】

1名無しさん2018/05/12(土) 07:27:32.47ID:H+JaholD
小金井公園、江戸東京たてもの園、多摩六都科学館の最寄り駅でもある花小金井近辺スレッドです。
町の情報の書き込みよろしくお願いします。

18名無しさん2018/06/17(日) 23:21:12.61ID:d6m7sPbO
飲んで〜、飲まれて〜。ノマノマ・イェイ。

19名無しさん2018/06/20(水) 23:30:57.59ID:hzd3XgvL
ミッキーいる?

20名無しさん2018/06/21(木) 15:13:21.92ID:TsfCcVHK
飲んで暴れる

21名無しさん2018/06/22(金) 22:17:01.69ID:ZMUmIXfE
酌をしろ

22花小金井在住の島田真樹さん2018/06/28(木) 06:21:27.84ID:p3ZsXAfD
学校法人創志学園理事長 広尾 学園前理事長 大橋博
広尾学 園 理事長池田富 一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

【2010年以前】
■花小金井在住の島田真樹は密かに(株)俊英館取締役に就任し、そのまま何食わぬ顔で学校法人順心広尾 学園で事務職員幹部を兼務していた。兼業違反による就労である。
■花小金井在住の島田真樹は、ソフトバンク社が国内独占供給していたiPhoneを購入し、自前のガラケーとiPhone、学園から支給されたガラケーの計3台を歌舞伎町のホストのようにじゃらじゃらと身に着けていた。
なお、この時に業務中にもかかわらず、iPhoneでネット遊びを行っていた(特に頻繁にトイレに入り、業務中には見てはいけないサイトの閲覧や書き込みをしていました)
■花小金井在住の島田真樹は事務局長の立場を悪用して、面談と称してたびたび女性職員を呼びつけ、会議室で女性職員との会話を楽しむというセクハラ面談も行っていました。(不快に感じていた女性職員の証言もあります)

23花小金井在住の島田真樹さん2018/06/28(木) 06:26:38.13ID:p3ZsXAfD
【2010年】
■花小金井在住の元事務長の島田真樹は個人的な資金需要(住宅購入費、教育費など)が発生し、金200万円を互助会から借りる
借り入れ決裁や出金手続きも事務長の職責で花小金井在住の島田真樹一人でできることを知ってしまう
事務長決裁印と互助会決裁印と理事長決裁印を事務長一人で行えるという経営管理上の穴を知り、それを正す立場にありながらその穴を悪用し横領を始める
■花小金井在住の島田真樹は互助会口座にあった約2300万の預金残高を理事長 大橋 清貫の許可なく一人で出金し横領した
■花小金井在住の島田真樹は互助会口座の残高が0になるとその互助会口座を解約・閉鎖
別の銀行に新たな「順心広尾学園互助会」の口座を開設し、そこに教職員から徴収している互助会費を入れるようにし旧互助会口座の存在を隠した
■この不正をきっかけに、理事長 大橋 清貫にいずれ不正が発覚することを恐れ始めた花小金井在住の島田真樹は、大橋 清貫の批判と失脚を謀るようになる
■花小金井在住の島田真樹は、学園の改革者である大橋 清貫を疎ましく思っていた旧順心女子学園の金子 暁らと示し合わせて、教職員労働組合を結成して、大橋 清貫の批判と失脚画策を始めた
■花小金井在住の島田真樹はネット対策長という立場でありながら、ステルスマーケティング、批判や悪評の削除依頼と批判者の個人情報取得による恫喝とスラップ訴訟、他学校の誹謗中傷をしながら、大橋 清貫批判もおこない始め、大橋 清貫失脚画策をネットでも始める
大橋 清貫の著作物等の批判を花小金井在住の島田真樹自らが書き込みしながら
森上教育研究所の協力を得て、元連合赤軍であった同研究所特別講師 金廣志らと高知の恒心教徒サイバーテロリスト 戦和貴(https://imgur.com/a/n2U3Z)も利用した
花小金井在住の島田真樹は大橋 清貫の信用失墜やデマ情報を流し、ダークなイメージ操作を始めた
大橋 清貫の信用失墜やデマ情報を流した場所は
インターエデュ https://www.inter-edu.com/
5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のお受験板 http://mao.5ch.net/ojyuken/
したらば掲示板 https://rentalbbs.shitaraba.com/
中高生・大学受験の掲示板 ミルクカフェ http://www.milkcafe.net/元事務長の島田真 樹は個人的な資金需要(住宅購入費、教育費など)が発生し、金200万円を互助会から借りる
借り入れ決裁や出金手続きも事務長の職責で島田真 樹一人でできることを知ってしまう
事務長決裁印と互助会決裁印と理事長決裁印を事務長一人で行えるという経営管理上の穴を知り、それを正す立場にありながらその穴を悪用し横領を始める
■島田真 樹は互助会口座にあった約2300万の預金残高を理事長 大橋 清貫の許可なく一人で出金し横領した
■島田真 樹は互助会口座の残高が0になるとその互助会口座を解約・閉鎖
別の銀行に新たな「順心広尾学 園互助会」の口座を開設し、そこに教職員から徴収している互助会費を入れるようにし旧互助会口座の存在を隠した
■この不正をきっかけに、理事長 大橋 清貫にいずれ不正が発覚することを恐れ始めた島田真 樹は、大橋 清貫の批判と失脚を謀るようになる
■島田真 樹は、学園の改革者である大橋 清貫を疎ましく思っていた旧順心女子学園の金子 暁らと示し合わせて、教職員労働組合を結成して、大橋 清貫の批判と失脚画策を始めた
■島田真 樹はネット対策長という立場でありながら、ステルスマーケティング、批判や悪評の削除依頼と批判者の個人情報取得による恫喝とスラップ訴訟、他学校の誹謗中傷をしながら、大橋 清貫批判もおこない始め、大橋 清貫失脚画策をネットでも始める
大橋 清貫の著作物等の批判を島田真 樹自らが書き込みしながら
森上教育研究所の協力を得て、元連合赤軍であった同研究所特別講師 金廣志らと高知の恒心教徒サイバーテロリスト 戦 和 貴(https://imgur.com/a/n2U3Z)も利用した
島田真 樹は大橋 清貫の信用失墜やデマ情報を流し、ダークなイメージ操作を始めた
大橋 清貫の信用失墜やデマ情報を流した場所は
インターエデュ https://www.inter-edu.com/
5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のお受験板 http://mao.5ch.net/ojyuken/
したらば掲示板 https://rentalbbs.shitaraba.com/
中高生・大学受験の掲示板 ミルクカフェ http://www.milkcafe.net/

学校法人創志学園理事長 広尾学園前理事長 大橋博
広尾学園 理事長池田富一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

24花小金井在住の島田真樹さん2018/06/28(木) 06:29:26.91ID:p3ZsXAfD
【2011年】
■金子暁が教職員労働組合ブログ「広尾の春」を学外のFC2ブログに開設し、大橋 清貫への暴言を延々と書き込んだ
■花小金井在住の島田真樹が文具納入業者奥本いろは堂と偽計コンサル契約を締結した(月額約70万)
広尾学園から支払われた代金が、奥本いろは堂から元事務局次長小松に渡り、最終的には花小金井在住の島田真樹に還流する仕組みであった
(クロス掲示板に広尾学園と花小金井在住の島田真樹のことが書き込まれるようになり、花小金井在住の島田真樹は『奥本いろは堂』という名称をクロス掲示板管理人にNGワードにするよう依頼している)
管理綜合★4
https://cross-law.xyz/test/read.cgi/evil/1520347572/
https://archive.is/jPWBS
13 :無名弁護士:2018/03/15(木) 14:21:36.44 ID:czo6VrC70
あと松浦strとokmtirh堂の名前も検索避けになる程度にNG化したほうがいいと思います
■花小金井在住の島田真樹は年1000万円以上もの額を法人カードで利用していた
タクシー代は広尾学 園の業務とは思えない行先に600万円使っていた
■花小金井在住の島田真樹の疑義について、調査会が元理事長だった大橋 清貫他4名で設置された
■花小金井在住の島田真樹は調査会をつぶすために大橋 清貫失脚策を画策した

学校法人創志学園理事長 広尾学園前理事長 大橋博
広尾学園 理事長池田富一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1322b9cf791dd10729e510ca36a73322)

25花小金井在住の島田真樹さん2018/06/28(木) 06:38:57.13ID:yv1jp0rv
【2012年】
■花小金井在住の島田真樹は大橋 清貫を失脚させる最後の手段として、某理事を理事長にすることを目論むが、その某理事は花小金井在住の島田真樹の話を信じずに固辞したため画策は大失敗に終わった
この時、花小金井在住の島田真樹は風邪を患ったという理由で2日間も有休をとってその某理事説得に動いていた
■花小金井在住の島田真樹が大橋 清貫失脚を企てたことが大橋 清貫に知れることとなり、花小金井在住の島田真樹は万策尽きたため、調査会による犯罪発覚も恐れ、某理事説得失敗後、一週間もたたずに自己都合による逃亡退職に至った
(のちに、花小金井在住の島田真樹はこの退職に至った経緯を元理事長の大橋 清貫氏に無実の罪で辞表を書かされたと周囲に言いふらし、反大橋 清貫派と結託するようになる)
■花小金井在住の島田真樹は広尾学園事務局長と兼務していた株式会社俊英館取締役のポストに逃げ込んだ
■2月下旬、不正をおこなっていて逃亡退職したにもかかわらず、自己都合退職の退職金を求めてのうのうと学園に顔を出した
■2013年3月末日任期満了で広尾学園を去る予定の大橋 清貫 は2012年3月末で理事長職を下り、残りの1年を理事として残りながらも花小金井在住の島田真樹の不正調査会を継続していた
後任理事長は、創志学園創設者 大橋博であった
■花小金井在住の島田真樹の調査会により、文具納入業者奥本いろは堂との不正取引が明らかになった
奥本いろは堂は大橋 清貫等による広尾学園調査委員会に経緯と謝罪の書面を提出した
■広尾学園退職後、花小金井在住の島田真樹は森上教育研究所とその講師金廣志、小川真司(眞士)と 高知のサイバーテロリスト 戦和貴https://imgur.com/a/n2U3Zとのネット活動を活発化し、
金廣志についてブログでコメントした一般人高橋嘉之氏などへのネット誹謗中傷・サジェスト汚染も始めた
■花小金井在住の島田真樹の大橋 清貫への恨みはすさまじく、
花小金井在住の島田真樹は中込進介他1名から、当時の中学三年生徒成績情報を入手した
中込進介他1名による広尾学園個人情報漏洩事件
花小金井在住の島田真樹はそれを利用し、匿名の広尾学園教員をよそおい、
大橋 清貫が中学三年生の成績改竄をしたとする大デマを朝日新聞社に通報した
中込進介らからの事情聴取によって成績情報漏洩先が花小金井在住の島田真樹であったことがわかり、 島田真 樹は都庁と朝日新聞社と大橋 清貫に謝罪文を提出しました
中込進介らは顛末書を広尾学園に提出したが明確な処分は全くなかった
(なお、中込進介はすでにこの事件がネット上で騒がれるようになって広尾学園を退職し、別の私学に転職した模様
しかしながら都庁私学部の再度の事情聴取が行われるようである)
■花小金井在住の島田真樹の調査会は、花小金井在住の島田真樹を黒判定した
■前理事長大橋博の理事会は、大不祥事発覚を恐れ、これらの大問題を不問に処した
■元理事長大橋博と奥本いろは堂社長名で偽計コンサル契約が無かったものとする秘密事項覚書を締結した。
調印は現理事長の池田富一がおこなった。 不正隠蔽のための覚書である

学校法人創志学園理事長 広尾学園前理事長 大橋博
広尾学園 理事長池田富一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

26花小金井在住の島田真樹さん2018/06/28(木) 06:42:26.35ID:yv1jp0rv
【2013年】
■金子暁を中心に教職員労組ブログ「広尾の春」に、大橋 清貫が汚職していると大嘘をでっちあげた
■特に反大橋 清貫派であった金子暁などの旧順心派は、花小金井在住の島田真樹と密接につながっていた
2013年3月某日、辞職していた花小金井在住の島田真樹が怪文書を各理事にばらまき、理事会出席を求めていた
目的は、大橋 清貫らによる花小金井在住の島田真樹の調査結果が、大橋 清貫による陰謀であると騒ぎ、自分の犯罪をなきものにしようとしたものである
旧順心女子学園派の金子暁と池田富一は花小金井在住の島田真樹と結託した

第3 当裁判所の判断
1.前提事実に証拠(甲14のほか後掲のもの)及び弁論の全趣旨を総合すれば,以下の事実が認められる。
(1) 大橋と第1 審被告の確執(甲12,13,17の1,2)
ア 大橋 清貫(大橋)は,平成17年4月から平成24年3月まで順心広尾学園の理事長を務めており,
平成25年4月からは※※※※※※※※の職にある。また,学習塾を運営する俊英館の設立者でもある。
大橋は,関係者の間では別名「紀貫之」で知られていた。
イ 第1審被告は,俊英館の総務部長であったところ,大橋は,順心広尾学園の理事長当時,第1審被告を順心広尾学 園の事務局長に抜てきした。
ところが,その後,大橋と第1審被告の間に深刻な確執が生じ(大橋の認識では, 第1審被告が大橋の理事長退任を画策したというもの),
第1審被告は平成24年1月をもって順心広尾学 園を退職し,俊英館に復帰することとなった。
第1審被告は,その後も,順心広尾学園を退職させられた経緯に強い不満を抱き,順心広尾学 園の理事の自宅を訪問して大橋を糾弾する話をして回ったり,
退職から1年以上経った平成25年3月になっても,大橋に関して訴えたいことがあるとして順心広尾学園の理事会への出席を求めるなど,大橋に対する強い敵意を継続させていた。
※第1審被告とは花小金井在住の島田真樹氏のことである
■花小金井在住の島田真樹は、大橋 清貫他4名で設置された調査会の調査内容を不服として、再調査会設置を働きかけ、
その再調査会設置に旧順心派の金子暁と池田富一は大きくかかわり、花小金井在住の島田真樹の大罪そのものを無きものにし始めた

学校法人創志学園理事長 広尾学園前理事長 大橋博
広尾学園 理事長池田富一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

27花小金井在住の島田真樹さん2018/06/28(木) 06:45:02.40ID:yv1jp0rv
【2014年】
■花小金井在住の島田真樹は成績改ざん事件と同じく、再び匿名をよそおって一般人高橋嘉之氏に匿名手紙をおくり、
高橋氏家族も巻き込んだ異常なネット人権侵害行為が、大橋 清貫と広尾学園当時の弁護士神田 知宏によるものだとする嘘の密告を半年間にわたり送り続けた
■"2011年ごろ、大橋の学校改革のやり方などに対して疑問や否定的な意見、バッシングが匿名掲示板などに寄せられ、"は、
ネット対策長であった島田真樹が、森上教育研究所とその講師金廣志、小川真司(眞士)と 高知のサイバーテロリスト 戦和貴https://imgur.com/a/n2U3Zにマッチポンプさせたものであり、
大橋 清貫や広尾学園当時の弁護士神田 知宏や一般人高橋家族らを悪者にするためのものであった
■そんな広尾に嫌気がさして退職していた元教職員らが花小金井在住の島田真樹不正をネットに書きこみ、花小金井在住の島田真樹の実名までが2ちゃんねるにでるようになった
■花小金井在住の島田真樹は金子暁と池田富一の協力によって密告者追跡していたが、2014年10月10日にお門違いの職員 松浦聡を懲戒解雇してしまった

学校法人創志学園理事長 広尾学園前理事長 大橋博
広尾学園 理事長池田富一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

28花小金井在住の島田真樹さん2018/06/28(木) 06:50:08.60ID:yv1jp0rv
【2015年】
■松浦聡がネット密告者でなかったことを知った金子暁と池田富一は、花小金井在住の島田真樹の命令によって、ネット密告者のさらなる追跡を続けた
■花小金井在住の退職者の島田真樹は、退職者であるにもかかわらずなぜか広尾学園にはフリーパスで入れる立場で、密告者を6名に絞り込んで、その氏名を金子暁と池田富一と共有していた
学園とは無縁で事情も知らない一般人高橋嘉之氏がなぜかその密告者の一人にされており、花小金井在住の島田真樹は「俺は高橋嘉之を5年前からよく知っている」と発言していた
■懲戒解雇された元職員 松浦聡は、広尾学園に対して身分回復のための訴訟を起した
クロス掲示板におきて松浦聡のことを触れられると困る花小金井在住の島田真樹は、 戦和貴を通じてクロス掲示板管理者にNGワードするように働きかけた
それに関する証拠が以下である
『8 :NEO広尾:2018/06/05(火) 07:27:30.47 ID:7GLpMIR20
一番重要なことはNGワード化した犯人が誰ということよりNGワード化する必要が誰にあったかだよ 戦,和,貴くん
管理綜合★4
https://cross-law.xyz/test/read.cgi/evil/1520347572/
https://archive.is/jPWBS
13 :無名弁護士:2018/03/15(木) 14:21:36.44 ID:czo6VrC70
あと松浦strとokmtirh堂の名前も検索避けになる程度にNG化したほうがいいと思います
松浦聡を松浦str
奥本いろは堂をokmtirh堂
これらをNGワードにしたかったのは誰だ?ということ
「松浦聡」は一般的には「マツウラ サトシ」と読むことの方が多い
それを「マツウラ サトル」という音で呼ぶことを知っていて、それが書かれると困る者は誰か?ということ
島田真樹さんが一番困る氏名と会社名なんだよ 』
■金子暁と池田富一が中心となって広尾学園内に戒厳令を敷かせた
■真実を知ろうとする・知っている教職員を監視し、個人の携帯電話通信履歴まで提出させた誰に連絡しているかをチェックしていた(宇梶史能アドミッション職員など)

学校法人創志学園理事長 広尾学園前理事長 大橋博
広尾学園 理事長池田富一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1322b9cf791dd10729e510ca36a73322)

29名無しさん2018/06/29(金) 00:56:50.89ID:4nv6Xyh0
平成30年1月31日 判決言渡 同日判決原本領収 裁判所書記官※※※※
平成29年(ネ)第3762号 損害賠償等請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成28年(ワ)第20708号)
口頭弁論終結日 平成29年11月6日
判決
東京都板橋区※※※※
控訴人 ※※※※ (以下、「第1審原告」という。)
同控訴代理人弁護士※※※
東京都小平市花小金井※※※※※※※※
被控訴人 島田真樹(以下、「第1審被告」という。)
同訴訟代理人弁護士  丹羽※※※

続く

30名無しさん2018/06/29(金) 00:58:31.90ID:TSjPWCGp
続き

2.本件匿名手紙の送付に係る不法行為について
(1)上記1の認定によれば,第1審被告は,かねて大橋とは根深い確執があったこと,
第1審被告は, 第1審原告がインターネット上で「にかい」らから誹謗中傷を受けており,これに対し,原告ブログを運営していることを知り,第1審原告に本件匿名手紙を郵送したこと,
本件匿名手紙の内容は,第1審原告に対して,「にかい」が「紀貫之ことO.K氏」すなわち大橋であると信じさせるとともに,
原告ブログを活用して「紀貫之ことO.K氏」を追い詰める方法を具体的にアドバイスするものであったこと,
第1審原告は,第1審被告の意図するとおり,原告ブログ上で,「にかい」の正体は「紀貫之ことO.K氏」であるとして,結果的に,大橋に対する誹謗中傷行為に加担させられたことが認められる。
以上の事実に照らせば,第1審被告による本件匿名手紙の送付行為は,
自ら直接手を下すことなく, インターネット上で第1審原告を利用し,第1審原告をして,「にかい」は大橋であると誤認させて,
無実の大橋に対する誹謗中傷行為を行わせる謀略であったと推認することができる。
そして,その結果,第1審原告は,大橋に対する理由のない攻撃的な言動を実行してしまい,大橋に対する謝罪及び示談金の支払を余儀なくされたのであり,
そのような帰趨は,第1審被告において現に予見していたか又は予見し得たものと認められる。
したがって,第1審被告による本件匿名手紙の送付行為は,第三者に対する不法行為を第1審原告に実行させるための行為として,
第1審原告の人格権及び財産権を侵害する不法行為に当たるというべきである。

続く

31名無しさん2018/06/29(金) 01:00:14.94ID:4nv6Xyh0
続き

(3)以上の諸事情を総合すれば,第1審被告による本件匿名手紙の送付は,第1審原告に対する不法行為を構成する違法な行為というべきではある。

3.本件誓約書に係る違約金請求について
(1)第1審被告は,本件面会において話したことに虚偽等が発覚した場合には違約金として※※※※万円を支払う旨の本件宣誓書に署名押印した上,
平成26年6月〜7月にO.K氏に手紙を書いたことがあるかどうかの質問に対し,書いていないと回答しその旨本件ヒヤリングシー トに記入したこと(上記1(4)エ),
しかし,実際には,大橋は平成26年7月8日に第1審被告から送付された本件書面を受領していること(上記1(3)イ)が認められる。
そうすると,第1審被告の上記回答は,本件誓約書が定める※※※※万円の違約金の発生事由に該当するというべきである。
なお,大橋及び第1審原告において,本件書面が本件匿名手紙の送り主の特定に重要な意味を持つものと認識していたことは上記認定のとおりである。
(2)他方,第1審原告が第1審被告による違約金の約束を必要とした実質的な理由は,「にかい」の正体や本件匿名手紙の送り主の特定のため,第1審被告に真実を述べてもらう必要があったからにほかならない。
そして「平成26年6月〜7月にO.K氏に手紙を書いたことがあるか」との質問は,その時期に本件書面を大橋に送付した者(第1審被告)が本件匿名手紙の送り主の可能性が高いという推論から発せられたものと考えられる。

32名無しさん2018/06/29(金) 01:01:55.01ID:4nv6Xyh0
続き

■高橋の控訴審判決文において、島田真樹が大橋に「今,自分はエデュケーショナルバンク事業部なる部署におりまして,ここが担当する業務の一つに,教育法人様への様々な支援がございます。・・・
何かにつけトラブルが生じやすいのも学校改革期であります。ことトラブルシューティングについては,当方も一定の覚えがあるつもりでおります。
手前味噌ではございますが,大よそのトラブル案件は,相当程度の難度のものも平らにしてまいった経験もございます。
御校が改革の本分に邁進されるにあたって,阻害要因となるような事案が,もし今後生じることがございましたら,気軽にご用命頂ければと存じます。・・・
恩も讐もないところで,ビジネスパートナーとして対処する所存ですので,なんらご懸念いただくものではございません。」という手紙を送りっていたことが、(株)俊英館側にしれることとなった。
(株)俊英館は、エデュケーショナルバンク事業部関連のURLを同社のHPから外し、同社への犯罪追及から会社ぐるみで逃げようとしている

33島田真樹(小平市花小金井3‐5‐27)2018/06/29(金) 01:15:19.47ID:4nv6Xyh0
広尾学園元事務長理事ネット対策
株式会社俊英館元取締役 島田真樹(小平市花小金井3‐5‐27)

34島田真樹(小平市花小金井3‐5‐27)2018/06/29(金) 01:17:43.82ID:TSjPWCGp
【ハセカラ】順心広尾学園と恒心教徒の関係【危ない学校】
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/ms/1530097330/

35名無しさん2018/06/29(金) 18:56:43.39ID:6fq4IYir

36花小金井在住の島田真樹さん2018/06/29(金) 20:49:55.06ID:4nv6Xyh0
【2016年】
■高橋嘉之氏は家族が巻き込まれた被害状況をブログ活動で訴えその犯人捜しをしていたが、真犯人である花小金井在住の島田真樹の追及につながりそうになり、慌てていた花小金井在住の島田真樹が高橋嘉之氏に会おうと企て、2月5日にそれが実現した
■花小金井在住の島田真樹はなぜか法人カード不正利用弁明書を無関係の高橋嘉之氏に説明しようとしてしまった
■高橋嘉之氏ブログによれば、法人カード不正利用していた花小金井在住の島田真樹が、その犯人を大橋 清貫になすりつけようと画策したものであったらしい
■その花小金井在住の島田真樹法人カード不正利用弁明書は、後に述べるサン綜合法律事務所(http://san-law.com/)中村信雄弁護士が押印した偽報告書
(2012年大橋 清貫等による花小金井在住の島田真樹不正調査委員会の最終調査結果をすべて偽りとしたもの)にも弁明理由として採用されていた
■高橋嘉之氏は花小金井在住の島田真樹と面会にあたり誓約書を準備して、花小金井在住の島田真樹は自らの意思で記名捺印した
■高橋嘉之氏は花小金井在住の島田真樹に質問項目を用意して答えさせた結果、匿名手紙26通が花小金井在住の島田真樹よるものであったとする自供を得た
■匿名手紙26通が島田真樹であることが明らかにされ、高橋嘉之氏が島田真樹を提訴し、島田真樹の広尾学園在職中の犯罪が発覚することを恐れてた旧順心派金子暁と池田富一が、高橋嘉之氏をおとしいれようとしはじめた
■広尾学園の池田富一は「島田真樹さんには匿名手紙を送るやんごとなき理由があった」と花小金井在住の島田真樹を擁護する話を繰り返し、部外者の「高橋こそが広尾学園の敵で、ネットキチガイである」という驚くべき発言をしていた
■高橋嘉之氏は花小金井在住の島田真樹に対して匿名手紙による損害賠償請求訴訟を提起した
■島田真樹は高橋嘉之氏が提訴した損害賠償請求訴訟から逃れるために、高橋嘉之氏を被疑者や被告人に貶めようと、高橋のブログが名誉毀損であるとして東京地検へ告訴をおこした(告訴は棄却された)
■島田真樹の高橋嘉之氏に対する東京地検告訴と時期を合わせて、広尾学園も高橋嘉之氏を名指しで警視庁に虚偽告訴をおこした
■金子暁と池田富一が、大橋 清貫他4名のによる花小金井在住の島田真樹の調査報告を全くのデタラメなものとして白紙撤回し、花小金井在住の島田真樹に不正がなかったとする偽報告書を作成した
偽報告書作成にサン綜合法律事務所中村信雄弁護士がかかわり、高橋嘉之氏を名指しで警視庁に虚偽告訴したのも中村信雄弁護士の便宜によるものだった

学校法人創志学園理事長 広尾学園前理事長 大橋博
広尾学園 理事長池田富一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

37花小金井在住の島田真樹さん2018/06/29(金) 20:52:52.20ID:4nv6Xyh0
【2017年】
■島田真 樹と強い関係のある戦 和 貴(高知市万 々1011)がアメブロで高橋の誹謗中傷をおこない、簡単にその正体がばれてしまうという珍事が起きた
https://ameblo.jp/panawave-gorihoom/
https://imgur.com/a/k49IQ
■2017年4月1日 池田富 一は理事長、金 子暁は副校長に就任し、旧順心派権勢が確立された
■島田真 樹と強い関係があると吐露してしまっていた戦 和 貴(高知市万 々1011)を高橋は提訴した

※戦 和 貴(高知市万 々1011)ブログhttps://ameblo.jp/panawave-gorihoom/ にいまだに残る島田 真樹との関係を語る部分
『5 Re:Re:Re:プロバーダーへの開示請求に着手しました
>Tさん
なるほど。ではそうだとすれば私がTwitter上や掲示板で活動している者たちと密に連携が取れると言うこと。即ちTwitterアカウントの開示請求をその者らに要請できると言うことです。
また、2chの書き込みに関しては島田 真樹氏自身に連絡することになっているのですよ。
もし私をどうにかしたところでなんらあなたの状況は変わらない
panawave-gorihoom2016-11-21 23:01:36』

■池田富 一は本件に関して戦 和 貴(高知市万 々1011)と会話をした。情勢不利を自覚した池田富 一は自分の保身に梶を切ることを決断する

学校法人創志学園理事長 広尾学園前理事長 大橋博
広尾学園 理事長池田富一
なぜあなたたちは花小金井在住の元事務局長 島田真樹のことを隠す、逃げる、知らないフリをするのか?
あなたたちには正直に答える義務がある
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

38花小金井在住の島田真樹さん【2018年1月】その12018/06/29(金) 21:00:55.85ID:4nv6Xyh0
【2018年1月】
■広尾学園理事長 池田富一は高橋へのウソの内容による警視庁直告を取り下げた。
広尾学園内でおこっていた花小金井在住の島田真樹在職中の不祥事が警視庁にも発覚し、藪蛇になってしまった。
■2018年1月31日 花小金井在住の島田真樹の匿名手紙事件の控訴審判決は原審が大幅に覆り、花小金井在住の島田真樹の広尾学園在職中の犯罪行為が事実であったこと、大橋氏への異常な逆恨みと犯罪行為、高橋への違法行為が明記されている

平成30年1月31日 判決言渡 同日判決原本領収 裁判所書記官※※※※
平成29年(ネ)第3762号 損害賠償等請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成28年(ワ)第20708号)
口頭弁論終結日 平成29年11月6日
判決
東京都板橋区※※※※
控訴人 高橋 ※※(以下、「第1審原告」という。)
同控訴代理人弁護士※※※
東京都小平市花小金井3−※−※※
被控訴人 島田真樹(以下、「第1審被告」という。)
同訴訟代理人弁護士  丹羽※※※
2.本件匿名手紙の送付に係る不法行為について
(1)上記1の認定によれば,第1審被告は,かねて大橋とは根深い確執があったこと,
第1審被告は, 第1審原告がインターネット上で「にかい」らから誹謗中傷を受けており,これに対し,原告ブログを運営していることを知り,第1審原告に本件匿名手紙を郵送したこと,
本件匿名手紙の内容は,第1審原告に対して,「にかい」が「紀貫之ことO.K氏」すなわち大橋であると信じさせるとともに,
原告ブログを活用して「紀貫之ことO.K氏」を追い詰める方法を具体的にアドバイスするものであったこと,
第1審原告は,第1審被告の意図するとおり,原告ブログ上で,「にかい」の正体は「紀貫之ことO.K氏」であるとして,結果的に,大橋に対する誹謗中傷行為に加担させられたことが認められる。

以上の事実に照らせば,第1審被告による本件匿名手紙の送付行為は,自ら直接手を下すことなく, インターネット上で第1審原告を利用し,第1審原告をして,「にかい」は大橋であると誤認させて,
無実の大橋に対する誹謗中傷行為を行わせる謀略であったと推認することができる。
そして,その結果,第1審原告は,大橋に対する理由のない攻撃的な言動を実行してしまい,大橋に対する謝罪及び示談金の支払を余儀なくされたのであり,
そのような帰趨は,第1審被告において現に予見していたか又は予見し得たものと認められる。
したがって,第1審被告による本件匿名手紙の送付行為は,第三者に対する不法行為を第1審原告に実行させるための行為として,
第1審原告の人格権及び財産権を侵害する不法行為に当たるというべきである。

続く

39花小金井在住の島田真樹さん【2018年1月】その22018/06/29(金) 21:01:48.41ID:4nv6Xyh0
続き

(3)以上の諸事情を総合すれば,第1審被告による本件匿名手紙の送付は,第1審原告に対する不法行為を構成する違法な行為というべきではある。

3.本件誓約書に係る違約金請求について
(1)第1審被告は,本件面会において話したことに虚偽等が発覚した場合には違約金として※※※※万円を支払う旨の本件宣誓書に署名押印した上,
平成26年6月〜7月にO.K氏に手紙を書いたことがあるかどうかの質問に対し,書いていないと回答しその旨本件ヒヤリングシー トに記入したこと(上記1(4)エ),
しかし,実際には,大橋は平成26年7月8日に第1審被告から送付された本件書面を受領していること(上記1(3)イ)が認められる。
そうすると,第1審被告の上記回答は,本件誓約書が定める※※※※万円の違約金の発生事由に該当するというべきである。
なお,大橋及び第1審原告において,本件書面が本件匿名手紙の送り主の特定に重要な意味を持つものと認識していたことは上記認定のとおりである。
(2)他方,第1審原告が第1審被告による違約金の約束を必要とした実質的な理由は,「にかい」の正体や本件匿名手紙の送り主の特定のため,第1審被告に真実を述べてもらう必要があったからにほかならない。
そして「平成26年6月〜7月にO.K氏に手紙を書いたことがあるか」との質問は,その時期に本件書面を大橋に送付した者(第1審被告)が本件匿名手紙の送り主の可能性が高いという推論から発せられたものと考えられる。

■高橋の控訴審判決文において、花小金井在住の島田真樹が大橋氏に「今,自分はエデュケーショナルバンク事業部なる部署におりまして,ここが担当する業務の一つに,教育法人様への様々な支援がございます。・・・
何かにつけトラブルが生じやすいのも学校改革期であります。ことトラブルシューティングについては,当方も一定の覚えがあるつもりでおります。
手前味噌ではございますが,大よそのトラブル案件は,相当程度の難度のものも平らにしてまいった経験もございます。
御校が改革の本分に邁進されるにあたって,阻害要因となるような事案が,もし今後生じることがございましたら,気軽にご用命頂ければと存じます。・・・
恩も讐もないところで,ビジネスパートナーとして対処する所存ですので,なんらご懸念いただくものではございません。」という手紙を送りっていたことが、(株)俊英館側にしれることとなった。
(株)俊英館は、エデュケーショナルバンク事業部関連のURLを同社のHPから外し、同社への犯罪追及から会社ぐるみで逃げようとしている

40花小金井在住の島田真樹さん2018/06/29(金) 21:06:13.08ID:4nv6Xyh0
【2018年2月〜3月】
■2018年2月5日高橋による戦和貴の賠償命令判決
戦和貴への50万弱の賠償判決が出ている。
損害賠償請求事件
東京簡易裁判所平成29年(ハ)第27765号
平成30年2月5日民事第1室判決
判決
原告 高橋※※(以下「原告高橋」という。)
原告 株式会社※※※※※※※※※※(以下「原告会社」という。)
被告 戦和貴
主文
1 被告は,原告高橋に対し,40万7000円及びこれに対する平成28年9月7日から支払済みまで年5パーセントの割合による金員を支払え。
2 被告は,原告会社に対し,3万3000円及びこれに対する平成28年9月7日から支払済みまで年5パーセントの割合による金員を支払え。』

■花小金井在住の島田真樹の匿名手紙事件の控訴審判決後、並びに花小金井在住の島田真樹との関係を吐露した戦和貴の裁判判決(44万支払い命令)後、大橋氏や高橋、高橋の代理人弁護士に対する無数の殺害予告がhttps://cross-law.xyz/evil/でなされている
高橋の裁判の代理人弁護士は、花小金井在住の島田真樹の匿名手紙事件裁判と戦和貴の名誉毀損裁判の両裁判の代理人であり、
この高橋代理人弁護士名を知り、且つ、恨みを抱くものは被告である花小金井在住の島田真樹と戦和貴しかあり得ない
■花小金井在住の島田真樹は(株)俊英館取締役を逃亡辞任していた

41花小金井在住の島田真樹さん2018/06/29(金) 21:08:48.62ID:4nv6Xyh0
【2018年4月〜】
■クロス掲示板によると花小金井在住の島田真樹のネット工作員Yahoo!ID:yosiyuki_hekihekiのIPが高橋側に特定された模様
高橋が契約者情報を開示請求しているかは不明
■4月27日 学校法人順心広尾学園(池田富 一理事長)と学校法人村田学園 村田女子高等学校(大橋節子理事長←前広尾学園理事長 大橋博の妻)が包括提携
学校法人順心広尾学園側アナウンス https://archive.is/kbeYY
学校法人村田学園側アナウンス    https://archive.li/VZPz9
■5月30日 学校法人順心広尾学園(池田富一理事長)は百周年記念式典を開催し、花小金井在住の島田真樹が出席していたらしいことがクロス掲示板で報じられる
http://www.hiroogakuen.ed.jp/photo/2018/20180531/
https://imgur.com/a/klHGPFk
http://www.hiroogakuen.jp/weblog/archives/30295
https://archive.li/ugr7t
前理事長 大橋博が堂々と100周年式典に出席していることから、
広尾学園と大橋博の蜜月関係はまだ続いている
順心広尾学園は事実上の創志学園グループになってしまった
■百周年記念式典の翌日、島田真樹は(株)俊英館社長 田村幸之に会いに行ったことがクロス掲示板で報じられる 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1322b9cf791dd10729e510ca36a73322)

42元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙一通目2018/06/29(金) 21:14:44.66ID:4nv6Xyh0
前略

突然の手紙に驚かれたことかと思います。また事情で匿名としていることもご容赦ください。少なくともあなたへの敵対者ではありません。
例の“ネットの人権侵害犯を徹底的に叩き潰す”ブログの一読者です。
昨年の秋頃になりますが、知人たちとの飲み会の雑談で、どこかの役人さんが、東日本 大震災の復興政策に絡む暴言を当人がブログに書いていて、その内容から書き込んだ人物が特定されニュースになった事件が話に出ました。
すると、知人の一人が彼自身の身近で似たようなことがあると話し始め、あなたのブログのことを話し出したのです。
その知人は、ネット掲示板に特定個人を誹謗する内容を匿名で書いている者がいて、その誹謗を受けた被害者であるあなたが、その書き込んだ者を糾弾するブログを立てているのだと言っておりました。
そして、知人はその書き込んだ者を知っているとも言いました。

この時、知人は、あなたがブログで取り上げている“にかい”というハンドルネームの人物と、他もう1名についてその正体を知っているのだと言っていました。
彼らが書き込んでいる内容から九分九厘まちがいないと思っている様子でしたね。
でも、知人は自分たちにはその者たちの正体を打ち明けてくれませんでした。以来、気になって、自分も知人から教えてもらったあなたのブログや2ちゃんをチラチラ読むようになった次第です。

ブログによれば、ここに来て“にかい”という人物の正体が、あなたの闘いの成果により裁判で開示決定を待つ段階になったとのこと、経緯から自分も関心を持っています。
そもそも公開の場で、特定の個人を匿名で誹謗・中傷することは卑怯・卑劣ですし、人権侵害です。このことはただされるべきだと自分も思います。

ただ開示を認めないとする裁判の結果もあるかもしれません。そうなった時は、あなたからこの知人に、ブログを通じてでも書き込み犯の情報を求めてみてはいかがでしょうか。
自分もその時は、情報を出せないか知人に話してみようと思っています。十中八九“にかい"を特定できると言っていた知人の言葉は嘘ではないと思えます。

以上、お節介とも思いましたが、真実を知っている可能性がある者の存在をお知らせしたく、唐突な手紙を差し上げた次第です。

草々
平成26年2月吉日
一読者より
(文責:島田真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

43元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙二通目2018/06/29(金) 21:16:12.20ID:TSjPWCGp
前略

ブログ拝読いたしました。
お気持ちは十分伝わりましたが、肝心の知人がどう受け止めるかは、自分にはまだわかりません。
このこともあって、今現在、自分がお知らせできることは限られます。
そのためメール等ではご連絡を差し控えさせて頂きます。
今のところ、知人から自分の方にこの件について何も発信してきていません。
しばらく、知人がどう言って来るかを待って、その中にお知らせできることがあれば、一報させていただきます。もう少し時間が必要だと感じています。

草々

平成26年2月吉日
一読者より
(文責:島田真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

44名無しさん2018/06/29(金) 21:16:24.20ID:2ltg8Gqc
花小金井のサンバ祭りいつだっけ??

45元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙三通目2018/06/29(金) 21:18:15.44ID:TSjPWCGp
前略

知人と話す機会があり、その席で今回の件が話題になりました。
知人は、あなたがブログに記されました、ご本人に被害を契機としてネットの人権侵害に対処する法整備への働きかけまで考えておられることに賛意をまず表していました。

また、その意味では、今回の「ニカイ」等の正体が明らかになることは、ご指摘の法整· 備をおそらく促進する方向に社会を動かす可能性が高まるかもしれないとも言っていました。
もちろん知人が思っている通りの人物が「ニカイ」であれば、です。

その際は、一部では騒然となるのではないか、と知人は思っているようです。
依然として、その正体を自分には明かしてくれませんが、知人の話しぶりから、そういう事態になりかねない人物のように自分には感じられました。

そのこともあってか、現状では、知人はまだ直接にあなたとコンタクトを取ることは差し控えたいと言っています。
どうやら「ニカイ」等が自ら改め、あなたへの謝罪に向かい、犯したことの清算をするのが一番よいと思っているみたいです。

そのことのための、残りはわずかとなったものの、まだ時間があると知人は思っているようですね。知人があなたへのコンタクトを控える理由です。

そして、そもそも物証がそれほどあるわけではないということでした。しかし、以前の 手紙でも書いた通り、彼らが書き込んで発信した内容等から、知人はそれらを読んで相当程度に人物を確信している状態が正確です。
つまり、それをもって告発の証拠にまではならないだろうと思ってもいるようですね。

そのような状態の中で、あなたにガセの情報でぬか喜びのようなことになってはいけないとも知人は思っている様子があります。
ですから、あなたの裁判判決の結果をまずは見守るのだということでした。

あなたが闘われている趣旨に共感するところはあるものの、現状は見守っていたいというのが率直な知人の気持ちでず。
報告までさせていただきました。

草々

平成 26 年 3 月吉日
一読者より
(文責:島田真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

46元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙四通2018/06/29(金) 21:19:22.29ID:TSjPWCGp
前略

貴方のブログを友人が読みましての感想で、お伝えした方がよいと思った内容を記します。

“にかい”の人物像について、貴方が“有名人”と推理されている部分のニュアンスに関して、知人は、
『事の発端が某有名教育掲示板にあったことは、大きいはずだけれども』
と言っていました。今回はそれ以上は述べていません。

もちろん、貴方が言われているブラフのこともあるので、まった<余計なお世話になるお知らせかもしれませんが、知人の上記の言葉が気になりましたので、お騒がせになって恐縮とは思いつつ、お知らせまでさせていただきました。

草々

平成 26 年 3 月吉日
一読者より
(文責:島田真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

47元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙五通目2018/06/29(金) 21:20:37.41ID:4nv6Xyh0
前略

知人と話しています。以下です。

『最新のブログに妙な圧力文章が出ていた。これをどう捉えるか?
かなり乱暴な論ではあるが、自分はやはり、前回手紙で使った言葉で言えば、“うまい話、出来過ぎた話”が、ブログ主さんに届いた果てのことだと思える。
したり顔で別なブログに“くーるぽこ” などと書いたものがあったようだが、“うまい話”と“くーるぽこ”と“圧カメール"は、点ではなく線ではないか?
乱暴すぎる暴論かもしれないが、個人的にはそう感じられるのも事実。

もしそれが仮に本当に“線”であったとすれば、“にかい”が自らこの問題等にけじめをつける望みはないだろう。

以前の手紙で述べたと思うが、自分が“にがい”の正体について、ブログ主さんの行動の趣旨を理解しつつ、なお伝えることをためらうのは、とある世界で一定の立場にある者が“にかい”だと推理している面もある。
しかし、その世界はけして芸能界でもなく、“にかい”がその手の有名人であるということとはまったく異なる。

それゆえの、“紀貫之”だ。

依然として、現在、申し上げられるのはここまでである。 』

以上です。

草々

平成26年3月吉日
一読者より
(文責:島田真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

48島田真樹(小平市花小金井3‐5‐27)2018/06/29(金) 21:23:23.08ID:4nv6Xyh0
広尾学園元事務長理事ネット対策
株式会社俊英館元取締役 島田真樹

逃亡退職中
民事被告・刑事事件容疑者

49元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙七通目2018/06/30(土) 23:49:40.73ID:R6vgkvKa
前略

友人が語ったところになります。

“にかい”として自分が推理している人物が、そもそもブログ主さんに対して攻撃を開始した時分を思い出してもらえればと思う。
その時分、<唐突にいきなりテンション高く攻撃を繰り返し始めた>といった印象をブログ主は抱かれなかったろうか?
あるいは<なぜ、これほどまで?>と思っていなかったろうか?

もしもブログ主さんが、かつてそんな感懐を持ったのであれば、実は“にかい”が急にブログ主叩きに参戦したわけではなかったのではと考察してみるべきだ。
つまり、“にかい”はそれ以前からブログ主さんをウォッチしていた人物だったのではないか?それもブログ主さんに対して反感を抱きながら注視していた人物ではないのか?

そう考えることで、この人物の唐突なテンションが理解できるのではないか?

そのような人物が一定の徒党を組んで蜘蛛の巣のようなネットを張っていた。
そこにブログ主さんのとある書き込みが、蜘蛛の巣におびき寄せられる虫のように飛んできた。それ、ネットでぐるぐる巻きにしてやれ!懲らしめだ、あるいは報復だ!そう動いたわけだ。

ところが、思いのほかこの虫が強固に抵抗してきた。
そのうち、ぐるぐる巻きのネットを破り始めた。
さらに攻勢を強め、ついには、ネットを尻から出している蜘蛛のケツ自体を視界に入れるまで近づいてきた。

これが真実の姿だと考察できないか?

以上の流れを追えば、前回の自分のコメントで、一連の“く一るぽこ”だのなんだのの動きが、点ではなく線であったと読めても不自然ではない。

ともあれ、ブログ主さんによると、まもなく開示裁判が結審するとのことのなので、その結果により開示があれば、上記で述べた自分の考察が真実だったかわかるはずだ。

だから開示裁判の結果を待っことになる。そのため、自分の発信も結審までしばし中断することとする


草々
平成 26 年 4 月吉日
一読者
(実は文責:島田 真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

50元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙八通目2018/06/30(土) 23:51:16.25ID:qLbc1PCU
前略

友人は、ハンドルネーム『にかい』氏の現状の在り方から、やはり当人が自身で総括し、歩み寄ることはないとの心象を強くしています。
そんな感想を以下のように語っています。


『にかい』氏は、自身の ID等が開示されなければ、自身の正体がばれないと思っているのだろう。
しかし、ではなぜ当方が『にかい』を特定人物と推理できるのか?それは以前口にしたことがあるけれども、“状況”ということだ。

咋年、9月頃、復興庁の役人が役所の方針を踏みにじるブログを書いていて、誰が書いたのか?について、
読んだ読者(=復興庁関係者)から、易々と書き手が特定されてしまい、当の書いた役人は懲戒処分を受けたとの報道があったはずだ。
これが上記で使った“状況”の具体例だ。

そういう状況の観点では『にかい』氏は、いまだ多くの書き込みを様々な掲示板等に残したままだ。
それらの断片が集まると、ちゃちゃっと繋ぐだけで、わかる者にはその正体がわかる。ある意味、『にかい』氏は大変無防備な書き込みをネット空間に残していると言える。

別な話題で、 2ちゃんに最近ちらほらある、開示裁判の取り下げがあったのか、なかったのか知らないが、
もしも、前回口にした通り、『にかい』氏が、一連の争いの端緒となった掲示板案件が発生ずる以前から、高橋氏を注視し続け、ある意味狙っていたかのようであったことが事実だとすると、『にかい』氏が高橋氏についてこれまで書き込んできた内容の意味は俄然変わってくる。
悪意というより、報復とか私的制裁という意味合いがより濃厚になるだろう。悪質さの質が一段変わるのではないか?『にかい』氏が事前に注視していた事実があるかないかは大きいと思われる。
事実が証明されれば、開示裁判が更に前へ進むのではないか?

自分が推理している“紀貫之”氏は、事前に高橋氏を注視していた可能性が実に高い。
高橋氏においては、前から注視されていた感覚が残っている人物の心当たりはまったくないのだろうか?



友人の話の概要は以上です。

草々

平成 26 年 4 月吉日
一読者より
(文責:島田 真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

広尾学園の理事長池田富一くん
「島田真樹さんには匿名手紙を送るやんごとなき理由があった」というような犯罪者を庇う理由はなんですか? 
NEO広尾はあなた方を退陣させます 宣言!
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/klHGPFk
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

51島田真樹(小平市花小金井3‐5‐27)2018/06/30(土) 23:52:36.62ID:R6vgkvKa

52元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙九通目2018/07/01(日) 09:07:47.69ID:6dI85t1H
前略

友人からです。友人は“にかい氏”サイドの書き込み内容を読んだらしく、“変わらない”と失望の空気を漏らしていました。では以下です。

『 自分が推理している“にかい氏”が、高橋氏の注視を開始したのは、高橋氏のブログに書いてあった 2012年2月〜4月時ではなく、さらに遡り、少なくとも 2011年前期には明白に高橋氏を注視していた。
これは確実だ。
したがって、一連の争い浮上の経緯として、某教育掲示板のローカルルール的なものを 高橋氏が逸脱したことによって炎上が始まったと述べているコメントをどこかで見かけたが、これは半分も事実を伝えていない。
その以前から注視していたが故に、一朝ことあればと、攻撃態勢が“にかい氏”サイドに整っていた上で一斉放火ができた、と見るべきだろう。
そのような組織力を駆使できる人物が“にかい氏”をかたる“紀貫之氏だと自分は推理している。

そして、折りしも、上記のことの裏づけとなる重要な書き込みが 2ちゃんねるに現れた。
これも前回述べたことだが、“にかい氏”は不用意に、迂闊で無防備な書き込みをネットに残してしまうのである。
調子に乗ったのだろう、その迂闊な類の書き込みをぽろっと出してしまっている!それは、525番の書き込み。
非道といわざるを得ない書き込みだ。
何も関係ない高橋氏の家族を巻き込んで平然としているからだ。手段を選ばずとはこのことだ。これが 2011年の11月の日付となっている点は注目すべき。
自分が述べている“以前から高橋氏を注視している視線”が確かにあったことがわかるはず。
そして、客観的な証拠は今のところ弱いが、これは自分が推理する“にかい氏”が 2011年に書き込んだものだと見ている。
さらに、これも客観的な証拠が弱いが、それを今回の2ちゃねんに再掲しようと引っ張ってきたその人物が“にかい氏”である可能性も相当高いと見ている。
直ぐに否定している、などとコメントしていること自体に白々しさを感じ ないだろうか。

さて、自分が思う現在の問題の核心は、相手の素性を晒しておいて、自身は匿名で言いたい放題というのは卑怯だろうというもの。

それをなおも続けるならば、素性を公開する点においては、両者互いにイーブンになるべきではないか!
ここが、今の自分の思案どころとなっている。  』

以上です。

草々
平成 26 年 4 月吉日
一読者より
(文責:島田 真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)
広尾学園の理事長池田富一くん
「島田真樹さんには匿名手紙を送るやんごとなき理由があった」というような犯罪者を庇う理由はなんですか? 
NEO広尾はあなた方を退陣させます 宣言!
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/klHGPFk
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

53元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙十通目之12018/07/01(日) 19:34:54.11ID:W55ZCeac
前略

正確には、この手紙が10通目となります。では以下です。

『 高橋氏のブログを拝読して何点か感じたことがある。
まず、ブログ文章中で高橋氏が“エデュの過去の延長線上にある”と述べられた“にかい” 氏による高橋氏への注視の履歴について、
エデュの時間軸を少なくとも2011年までは遡る意識を持たれたことは正しい。そして、かなりターゲットに近づいて来られた印象は強い。
ただ、もっと視点を拡げて観られた方がよい。
つまり、エデュだけが“にかい”氏を名乗る人物による高橋氏注視の舞台だったわけではないということ。
忌憚なく申し上げれば、このことは、当時、高橋氏がエデュ上だけでご本人の言論を展開されていたわけではないことに起因する。
あくまで私が推理する人物が“にかい”として登場した舞台がエデュであっただけである。
そしてなぜ、そのように別人に成りすまして登場したかは、 エデュ以前の、またエデュ以外での足跡を消して置くという意味もあったからだと思われる。
そこがわかると誰であるか特定される確率がぐっと高くなるからだ。実はこのことの証左にもなる例として、“にかい”氏当人の直近のブログ“四方山話”に“せいれんなエデュに向かう”という表現があった。
これは、このブログを読むであろう高橋氏の意識を、“エデュに登場するにかい”として留めさせておきたい意図の現われともとれた。
高橋氏の視野がエデュ以外に拡がることを嫌がっているとも取れる。
次にブログ文章中で、“私達家族の身近にいた存在”というのは、私の推理する“にかい” 氏ではない。
さらに高橋氏の職場または元の職場関係者でもない。
またブログ文章中の、“その「もう一人」という者が連携して、同じ「にかい」というハンドルネームで投稿していた”という高橋氏への予想への私の回答は否である。
“にかい” なるハンドルネームが、そもそもマルチハンドルの産物であることを称して、また、同時に性別を粉飾していることをもって“紀貫之”と呼んでいる。
“にかい”氏は一人である。では、そのもう一人は誰なのか?ということになる。
高橋氏が推察されている通り、“にかい”の周囲に何人かの者がいることは確か。
その周囲にいる者の一人。例えば、今までの高橋氏に批判的な投稿を思い出してもらって、その中に、法律やあるいは法学に相当精通している者が登場することに気付かれていると思う。
その人物は少なくとも“にかい”氏ではない。
最後にブログ文章中の“その二名は性別は別”という箇所については、上記で述べた通り“にかい”氏は一人の人物と考えているので否である。

ことの発端が何であるか、どちらが正しいか、間違っているか、それはここで自分が取りざたする問題ではない。
普通に考えればどちらにも、なんらかのことはあるだろう。
おそらく水掛け論になるのだろうとも思う。
先にどちらが何をしたかという論点ではなく、その経過の中でとった手段において、他を個人的に決定的に貶める手段は問題がある。
その手段の非は認めるべきではないか、というのが自分の申し上げていること。
特に特定個人を晒すことで、晒された人物本人はもちろん、家族にも、さらに仕事にも影響が出てしまったとすると、かつて何々をやられたから、の水掛け論のレベルを逸脱しているのではないか。
自身が同じように晒されたらどうなるか?“にかい”氏らは想像したことはないのか?
私が推理する人物が“にかい”氏なら、その正体が晒された時の影響はけして小さくない立場のはずだろう。
それと同じことを反対者にはしてよいというのか?反対者の家族のことなら平然とそれができるのか?それはもはや私刑だと思える。
日本の法律は私刑を許しているだろうか?何人に対しても許されていないはずだ。
そのような決定的な手段の誤りがあることと、ここに至る争いの経緯の水掛け論を並べては論じられない。

告発される前に、自ら“にかい”氏は手段の誤りを高橋氏に伝え、詫びるべきだという考えは、現在も変わらない。


続く

54元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙十通目之22018/07/01(日) 19:36:17.21ID:W55ZCeac
以上が知人からです。
ところで、私の方から一言。
現段階では、“にかい”氏は、私の手紙自体が高橋氏のブラ フだと半ば思っている節があります。
それをどのように事実と理解させるか、それを自分は今思案中です。

以上です。

草々

平成26年5月吉日
一読者より
(文責:島田 真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

広尾学園の理事長池田富一くん
「島田真樹さんには匿名手紙を送るやんごとなき理由があった」というような犯罪者を庇う理由はなんですか? 
NEO広尾はあなた方を退陣させます 宣言!
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/klHGPFk
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

55元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙十一通目之12018/07/01(日) 19:38:54.83ID:W55ZCeac
前略
友人から以下です。
最新のブログを拝読し、急ぎ返信を書いていた矢先に追記が入った。追記を含めその内容について考えを以下に述べたい。
追記の中の『・・・「2012年前半」ではありませんか?・・・』の箇所について、これに対してはやはり2011年前半には“にかい”こと紀貫之氏が高橋氏を注視していたと私は見ているというのが回答。
また同じく追記にあった、貫之氏が『・・・一年以上に渡り、虎視眈々とチャンスを狙』っていたというニュアンスは、“ギラギラと攻撃の機会を狙って爪を砥ぐ"といったものではなく、
紀貫之氏が“被害者意識”を持って高橋氏を見張っていたというニュアンスが正確と思う。
紀貫之氏あるいは貫之氏サイドと思しき者が書き残 している文章には、事の発端が高橋氏の先制攻撃にある、といったような論調が目立つことに氏も気付かれているだろう。
『・・・「oni 〇〇 」との関係についても全く見えなくなる・・・』という箇所については、
ひらすら正体を伏せるためにマルチハンドルを弄する者が、自身の素性に繋がる痕跡を残すことなどそもそも不自然である点こそ注目すべきと考える。
それこそ意図的に残した“煽り”である可能性を否定できないのではないか?
それを残すことで貫之氏が高橋氏に対して“既に包囲した、われわれはすべてお見通しだ”的な印象を与えようとしたのではないかと想像している。
このことに付け加えておくと、少し前にoni〇〇に係わる高橋氏への内部通報者が現れたという記載が氏のブログに出ていたが、
その内部通報者が実際に“釣り”であったか、本物だったかもoni〇〇の信憑性に関わってくるのではないか?

次に、スレッド等に書き残している文章から、紀貫之像を側面から組み立てることができるという意味が、 ブログ中の『・・・正しい情報をつなぎ合わせれば「にかい」個人に近づける・・・』という箇所の真意。
つまり、IPアドレスの開示だけが紀貫之氏を特定する術とは限らないという意味がそれに近い。
すなわち紀貫之氏が書き残した文章内容を、行間も読み取るようになぞっていくことで、当人に行き着くことができるということ。

蛇足かもしれないが、文章を注意深く読むと浮かび上がる事例をもう一例。なぜ紀貫之氏がマルチハンドルを必要としたかについて。
それは、かつて貫之氏が立てたエデュのスレッドに対する高橋氏の批判から始まっている。
高橋氏による貫之氏が立てたスレッドに対してのコメントを、反響が乏しいスレッドだと椰楡されたように貫之氏はとった。
そこで、当該スレッドヘの“大きな反響”を作るために、自作自演用に登場人物を増やす必要ができた。その発想で作られたマルチの一つが“にかい”ということ。 こんな風に読み取れた箇所がある。
つまりこの先にやがてIPが裁判により判明する前にも、“状況証拠”となり得るものが、書き込みの文章内容から探し出せるということ

その意識で、改めて書き込まれた内容を読み直してみれば、そういえばこれらの書き込み内容は、
複数の登場人物になりすまし、それぞれ使い分けての一人何役かの書き込みだったと思える箇所があるはず。
書き込まれている時間帯や、レスポンスの間隔なども判断材料に含めることができると考える。
実際問題として、登場人物を増やすことなどは、個人で複数のプロバイダー契約をし、複数の通信機器を駆使すればできることでもある。
紀貫之氏も“にかい”以外にも複数の“源氏名”を駆使している様子を感じる。

続く

56元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙十一通目之22018/07/01(日) 19:40:48.78ID:W55ZCeac
続き

ここで一点考慮しておくべきは、一人で複数になりすましているということは、本当に書き込みに及んでいる者は高橋氏の想定よりわずかの人数であること。
また、その数人が つるんで繋がっている者同士である可能性も低くはない。
食事を共にしただの、そういう趣旨の書き込みもあったはずだ。 このことは考慮しておくべきではないか?
また、なりすましに使っているキャラクターは幅広いと思える。
これとこれが同じ人物か?というキャラクターが同一人物のなりすましの場合もあるだろう。
なにしろ“にかい” がそもそもその好例と見ている。
他に例えば妙な関西弁で書き込む者も臭い。
普通には、話し言葉ではなく、文章を方言で綴ることはしない。敢えて関西弁にして見せていると捉える方が自然。

言ってみれば、高橋氏は一人で孤軍奮闘していると見えるが、先方はチームが核になっていると考えるべきではないか?
比較的少人数のチームで、そのメンバーが何役かになりすましているのでは?
もちろん公開のネット上であるからギャラリー的な者も面白半分の参加をしているだろう。しかし、核はチームと考えると色々辻悽が合いやすいのではないか?
2ちゃん等で、ある種の挑発を高橋氏に繰り返しているのは、そのつるんでいる者たちが主体ではないか?そして、問題はこの組織性にあるのではないか?

さて、ではなぜ、私が直接、紀貫之の正体を述べていないのか?について改めてお伝えしておきたい。
一つは、私の紀貫之氏説の裏づけが、今のところは状況証拠に留まるからだ。自分なりには有効な裏づけだと思う内容も、最終の決め手にはなり切らないと考えている。
この現状から紀貫之氏の特定をしても、高橋氏をはじめ、伝えられた方の迷惑になる可能性は否定できない。
そこで、今、自分が行っていることは、迷惑にならない範囲での状況の整理だと思っている。
実際にスレッド等に書き込まれた文章等を、直接のテキストとして、目を凝らすように読み取ることで、整理することがまず作業の中心。
テキストというのが今までに相当書き溜まっているし、また、2ちゃんねるはじめ、日々追加で産出され続けているわけで、
IPだけでなく正味の文章内容においても解明すべき材料はたくさんあると考える。
一例として“2011年”の件で言えば、2ちゃんねる525番を指摘させてもらったけれども、この525番のように、まちがいなく一定の裏づけになるものが転がっているわけだし、また、これからも出てくるだろう。
それと、上記のようなテキスト正味の文章内容からの解明に加えて、普通の“常識”の範囲で、一つ一つだけでなく、ある程度全体の連関性を整理している。
例えば、追記の中で言及があった、『・・・インターエデュ上で私に対する攻撃を大々的に行ってきたのは2016年6月です・・・』について、
これだけの攻勢に出ている者たちは、普通には高橋氏になんらかの“遺恨”のようなものを持つ者たちではないか?と考えるのがむしろ自然ではないか。
そして、繰り返しになるが、525番が実際に出てきたわけだ。となると“前がある”と繋げられるのは、これも自然ではなかろうか。

続く

57元広尾学園ネット対策理事 島田真樹の犯罪匿名手紙十一通目之32018/07/01(日) 19:41:53.53ID:6dI85t1H
続き

以上のような“整理”を手伝っているのが自分だと思っている。しかし、あくまで“整理”までだ。
決め手は、やはり開示裁判の結果ということ。
だから、これからしばらくは、私も開示裁判の結果を待っていたいと考えている。

最後に、開示裁判については、専門的なことは関知しようもないが、インターエデュ上の“にかい”単体という捉え方で、
その“にかい”の言動内容を問うのでは、率直に開示判断が微妙な場合もあるかもしれない。
しかし、問題の本質として、遺恨的なものが先にあって、それに対するいわば“報復要素”が“にかい”の言動の背後にあったと証明されたとすると開示判断はどうなるか?
つまり、時間軸があったとしたらどうなるか?ということ。
そして、もう一つ、上記の中でも触れた、“組織性”が証明されたら開示判断はどうなるか?という観点もあると思う。
この2点などは、専門家はどのように考えられるのか?

もちろん現状での開示裁判の判決はまだ出ていないと思うが、上で述べた観点が判断材料に加わると、素人考えとして、裁判の判断に影響があるのかもしれないとは思える。
繰り返しになるが、ここでしばらく、開示裁判の結果まで、コメントは控えたいと思っている。

以上
         』

今回は長くなりましたが、以上です。

草々

平成26年5月吉日
一読者より
(文責:島田 真樹くんでした しかも知人伝聞でなく自作自演)

広尾学園の理事長池田富一くん
「島田真樹さんには匿名手紙を送るやんごとなき理由があった」というような犯罪者を庇う理由はなんですか? 
NEO広尾はあなた方を退陣させます 宣言!
https://imgur.com/a/z3jEz
https://imgur.com/a/k49IQ
https://imgur.com/a/klHGPFk
https://imgur.com/a/9Fe0yW1

58名無しさん2018/07/01(日) 20:07:01.24ID:MEedqAjT
板橋区高島平の男が荒らしてて申し訳ない

59名無しさん2018/07/01(日) 20:12:15.94ID:JCmx/Pdn
荒らしの犯人は株式会社バリューラウンジのこいつです
無視をお願いします

高橋嘉之 - 唐澤貴洋Wiki
https://sonshi.x yz/w iki/?curid=2958
バリューラウンジ - 唐澤貴洋Wiki
https://sonshi.x y z/w iki/?curid=6484
カテゴリ:高橋嘉之 - 唐澤貴洋Wiki
https://sonshi.x y z/w iki/?curid=6489

60名無しさん2018/07/01(日) 20:16:42.55ID:Tq2f6I6H
黄金電車沿線嫉妬民見苦しいぞ

61名無しさん2018/07/02(月) 00:38:22.66ID:2eY8uW5o
何これ

62名無しさん2018/07/02(月) 14:56:27.87ID:LVbNDTL0
>>61
糖質の荒らしです
いわゆるハセカラ界隈で有名です
ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。

63名無しさん2018/07/05(木) 00:30:15.90ID:t7hyleX4
サンバ楽しみ♪

64名無しさん2018/07/06(金) 13:09:14.20ID:LTD6R6+/
池田 富一くん これどうぞ
https://ameblo.jp/nocrimehiroogakuen/

65名無しさん2018/07/15(日) 12:55:10.89ID:hRy14aSG
★『惡問』のすゝめ
「猫組」有名講師陣による禁断のドリル ~ヤクザ・暴走族の知られざる実態~
≪全国書店にて絶賛好評発売中!≫
https://www.amazon.co.jp/dp/4198643288
※ヤクザの起源から暴力団への変容を 歴史的背景から解説!
暴走族と関東連合など半グレと呼ばれる、新しい不良集団の実態についても詳しく解説!
http://blog4.mmm.me/imgs/2/2choutlawmatome/20131130135312_420_1.jpg
〓著者について〓
【沖田臥竜氏】76年生まれ、兵庫県尼崎市出身。元山口組二次団体最高幹部。
所属組織の組長引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。
以来、ネット媒体、新聞、書籍などで作家として執筆活動を始める。
http://biz-journal.jp/2018/03/post_22732_3.html
http://r-zone.me/2018/04/1-21.html
★沖田臥竜氏 Twitter⇒https://twitter.com/garyookita
https://twitter.com/pinlkiai
★沖田臥竜氏 blog⇒http://ameblo.jp/ts217ts217/
※著書
★『生野が生んだスーパースター文政』⇒https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4866250704/ref=mw_dp_sim_ps4
★『尼崎の一番星たち』⇒https://www.amazon.co.jp/gp/aw/ol/4866250968/ref=mw_dp_olp?qid=1516180083&sr=1-1
★『2年目の再分裂』“「任侠団体山口組」の野望”⇒https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4866250917/ref=mw_dp_sim_ps4

【猫組長氏】15年の六代目山口組分裂時に「ツイッター組長」として内部情報を発信し続けた元山口組系組長。
★猫組長氏 Twitter⇒https://twitter.com/nekokumicho
★猫組長氏blog⇒http://ameblo.jp/nekokumicho64/
※著書
★『アンダー・プロトコル』“ 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学”
闇の世界を生き抜いた錬金哲学が「真の富」への道を指南する!⇒https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4198645620/ref=aw_d_iv_books/357-6114867-5882857?in=2
★『山口組分裂と国際金融』“インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係”⇒https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4198642974/ref=mw_dp_sim_ps4
★『ヤクザとオイルマネー』“石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす”⇒https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4198644896/ref=mw_dp_sim_ps1

【柴田大輔氏】関東連合元最高幹部。
文筆業のほかスマホアプリの開発・運営をしている。

66名無しさん2018/07/16(月) 17:53:02.37ID:DjNwXCAF
教育業界で犯罪行為を繰り返すある男たちの物語
http://hirogakuillegalact.blog.jp/

https://twitter.com/hirogakuillegal

67名無しさん2018/07/21(土) 19:14:53.97ID:SE4gD2Hq
まつおかって千代田区出身なの?

68花小金井在住 島田真樹2018/07/22(日) 10:03:56.66ID:SQVMqb6K
中学受験で違法行為を平気でするものたちの物語 花小金井在住 島田真樹
http://hirogakuillegalact.blog.jp/

https://twitter.com/hirogakuillegal

中学受験で違法行為を平気でするものたちの物語
http://hirogakuillegalact.blog.jp/

https://twitter.com/hirogakuillegal

新着レスの表示
レスを投稿する