【帝国きどり、軍産″】 マイトLーヤ『アメリカは侵略の過ちを認め、イスラエルは跪き許しを乞え』

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1Ψ2018/06/23(土) 08:26:23.86ID:fCx32H8B
アメリカとイギリスや他の国々による侵略が行われています。そして人々は沈黙しています。
この国(日本)は、同盟国だからという理由でアメリカの行動に沈黙していますが、
国家は世界の他の国々の狼藉に反対して声を上げなければなりません。
2017/04/q-and-a/481
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動をコントロールするのは、マイトLーヤの任務である。
彼らは今世紀(21世紀)をこの帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。
それが彼らの意図であり計画である。しかし、そうはならないだろう。
si5n7k/ndshrf/d2zeeo.html

強い人間は不正義の下にいつまでも甘んじていることはないでしょう。
状況を正したがるでしょう。不正義の犯人は誰か。G7の国々です。
ahjzfl-1/04zpzf/0lgdw8.html
彼らの多くは、しばしば最も若く勇敢な人々がテロリズムに向かいます。
swl9d8/c6gix5/mu99he.html
不正義が戦争を生み、それがテロリズムを生みます。
世界からテロリズムを取り除くためには、不正義を取り除かねばなりません。
q-and-a/800
向こう見ずの復讐を慎んで、対話への扉を開きなさい。
j540f8/60wbw5/lmt08.html

イスラエルの政府と軍の多くの人々は過去生においてドイツ軍の将校であり、ナチのイデオロギーの支持者だった
swl9d8/04zpzf/98tohe.html
新しい世界秩序におけるイスラエルの役割は、跪いて、パレスチナでの行為に対する許しを請うことです。
swl9d8/fkmww5/xjwinm/nu99he.html
パレスチナがすべての権利を持つ国家として再承認されたことに対して、米国は不満を表明しています。
実際、こうした態度は時代遅れであり、この傲慢さは昔のような効果をもたらすことはありません。
qifgf8/p854v3/f70xcw.html

Q 世界平和にとって最大の脅威である国はどれですか。
A 1)イスラエル、(2)イラン、(3)アメリカです。
magazines/qifgf8/kxz1kf/xchu67
Q アフガニスタンとイラクの恐るべき混乱に対するどんな解決策が与えられますか。
A 侵略によって企てられた過ちを認め、
  そして今後このような侵略行為を世界のどこにも行わないと誓うことです。
si5n7k/c6gix5/xchu67.html

3Ψ2018/06/23(土) 08:29:24.24ID:nGYAe4KC
イギリスの白人主義から世界の絵図が変わり始めたの

4Ψ2018/06/23(土) 09:51:21.08ID:MYoj4Uhg
>世界平和にとって最大の脅威である国
イラン
>アフガニスタンとイラクの恐るべき混乱に対するどんな解決策が与えられますか。
イランから輸出する武器を失くす
>ヨルダン川西岸地区(東エルサレム)へのユダヤ人による違法な入植
イギリスが旧約聖書を読み間違えたのが結果論
>マイトLーヤは、パレスチナ人は祖国を持つだろうと言われました。
パレステナとは、準IS

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています