津波の速さ、男子800m走の世界記録に匹敵…「見てから逃げても間に合わない」  [疣痔★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1疣痔 ★2021/02/22(月) 23:19:17.81ID:CAP_USER
10メートル防潮堤 過信招く
2021/02/22
https://www.yomiuri.co.jp/shinsai311/feature/20210221-OYT1T50124/

https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210222-OYT1I50014-1.jpg
防潮堤を越える津波。黒い壁となって街をのみ込んだ(2011年3月11日、岩手県宮古市田老で)(田老町漁協提供)

 「津波防災の町」を宣言した町がある。岩手県下閉伊(しもへい)郡田老町といった。
1896年の明治三陸津波で1859人の命が奪われ、1933年の昭和三陸津波でも911人が犠牲になった町だ。

 町は住民を津波から守る大事業に乗り出し、78年度に、高さ約10メートル、全長約2・4キロの巨大なX字形の防潮堤が完成した。
「夜でも逃げやすいように」と、街も碁盤目状に造り替えられ、山際には避難階段が整備された。
年1回の避難訓練にも力を入れ、ハード・ソフト両面で防災対策を講じてきた。

 国内外の研究者たちから注目を集める町になった。防潮堤は、いつしか万里の長城と呼ばれるようになった。
昭和三陸津波から70年となる2003年3月3日の「津波防災の町」宣言は自負の表れでもあった。

 合併して宮古市田老と名を変えたその街は、防災の町宣言の8年後、再び巨大津波にのまれ、181人の犠牲者を出した。

■破られた「万里の長城」

 「おらの家は、頑丈だから大丈夫だ。防潮堤もある」。激しい揺れが収まった直後、征夫さんはこう言い切った。
自宅1階は鉄筋コンクリート製。何より巨大防潮堤がある。節子さんも「これくらいの揺れなら」と思った。だが心は揺れた。

 再び強い揺れに襲われた。節子さんは「さすがに逃げっぺし」と声をかけたが、征夫さんは「おらの家が流れる時は田老は全滅だ」と動こうとしなかった。

 避難することなく、また大きな揺れが来て2人は玄関を出て外の様子を見た。征夫さんは「やっぱりこうやって地震は収まるんだ」と話し、家の中に戻ろうとした。
瞬間、背後から黒い水が押し寄せてきた。

 津波にのまれた節子さんは居間の木柱に背中がぶつかり、幸いにも押し流されずに済んだ。
水は2階に達する寸前で止まったが、征夫さんの姿は見えなかった。「命てんでんこだから堪忍して」とわびた。



 「高台に行くべし」。トモさんは再三説得したが、正夫さんは玄関に座ったまま、「防潮堤を越えるわけがない」と腰を上げようとしない。
腕も引っ張ったが、「うるさい」と腕を振り払われ、扉を閉められ鍵もかけられてしまった。

 仕方なく正夫さんを残し、300メートルほど離れた公民館の裏にある高台を目指した。
地区の避難訓練には何度も参加し、震災2日前の三陸沖で起きた地震の際も訓練通りに逃げていた。トモさんにとって体になじんだ避難ルートだった。

 高台への上り坂を上って、「ここまで来れば大丈夫」と安心した時だった。
振り返ると眼下の公民館の周りが黒褐色の津波にのみ込まれていた。腰が抜け、高台にいた住民が駆け寄り助けてくれた。「あと2〜3分遅れていたら」

 夫は約3週間後、津波で約130メートル流された自宅の中で見つかった。
4歳の時に昭和三陸津波に遭遇し、親に背負われて山に逃げたと言っていた正夫さん。
「お父さん、それを覚えていたのに……。防潮堤があるからと油断したんだと思う。一緒に逃げてくれれば死ななかった」

2疣痔 ★2021/02/22(月) 23:19:31.02ID:CAP_USER
■140トン巨石 470メートル押し流す
https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210221-OYT1I50051-1.jpg

 最大16メートル超の津波に襲われた宮古市の内陸で、巨大な石が見つかっている。
横幅6・5メートル、高さと奥行きは2・5メートルほど。元の場所から470メートル流された巨石だ。

 筑波大などの研究チームが、密度などから推計した石の重さは約140トン。
この重量や表面積などから解析したところ、石を運んだ津波の速さは、少なくとも秒速8メートルと割り出された。
陸上男子800メートルの世界記録に匹敵する速度だ。津波を視認した後では、逃げ切れない可能性が高い。

 巨石の周囲には、海岸線から流れてきた消波ブロックや損傷した防潮堤など、1メートル以上あるコンクリート片や石が233個確認された。
当時筑波大生として調査にあたった信州大助教の山田昌樹さん(31)(地質学)は「石を見て津波の威力や速さのすごさに驚いたことを覚えている」と振り返る。

 忘れずにいたいのは、災害時は思ったようには動けないということだ。

 一般人の平均的な歩行速度は、時速3・6キロ(分速60メートル)。
国土交通省が東日本大震災時の避難速度を調査したところ、平均は2・24キロ(同37メートル)と3分の2に低下していた。
避難場所へ向かう途中で余震で立ち止まったり、迷ったりした可能性が考えられるという。
 さらに、乳幼児や高齢者などと一緒に逃げた場合は、1・66キロ(同28メートル)と極端に遅くなっていた。

 安全な場所に避難するための所要時間と行動範囲は限られている。
津波は沖合で発生した後、徐々に減速するが、到達後でも秒速8メートル程度。もう一度繰り返すと、見てから逃げても間に合わない。

抜粋
https://www.yomiuri.co.jp/shinsai311/feature/20210221-OYT1T50124/

3Ψ2021/02/22(月) 23:27:30.50ID:P/BVeygm
長い、ようつべで見れば数分で理解出来る事をダラダラ書くのは良くない

4Ψ2021/02/22(月) 23:28:53.02ID:Zj2uur9Z
車なら逃げられるな

5Ψ2021/02/22(月) 23:29:48.88ID:c4IXDCUg
陸上競技なら800mでゴールするけど、津波は800mでは止まらない

6Ψ2021/02/22(月) 23:35:19.98ID:6+Zz0Z+D
>>3
え、?
読むの遅くない?

7Ψ2021/02/22(月) 23:40:46.94ID:BOvN2s9c
  

   _ノ乙(、ン、)_人を乗せて飛べるドローン(避難場所まで自動で飛んでくれる)が必要ね…

8Ψ2021/02/22(月) 23:47:46.37ID:z0cF/wq1
>>3
読めば一分で終わるけど、ようつべだと10分以上の動画になってるだろw

9Ψ2021/02/23(火) 00:13:52.02ID:ldlB2pwy
800メートル走者より速ければ逃げられるんじゃん
いざとなれば大丈夫だな

10Ψ2021/02/23(火) 00:15:55.36ID:ICcNzlCN
お前らの身体が走れるような身体か?!!

11Ψ2021/02/23(火) 00:20:04.54ID:hyRzsqQw
大学の恩師に教わった、「なにがわからないか、わからない」ときの質問のしかた。

http://razae.tx2600.net/bGs/260150127.html

12Ψ2021/02/23(火) 01:04:54.17ID:bNvjYX4Q
逃げる=恥 逃げてなにもなかった=大恥 肝座っている俺=最高に格好いい漢 こういった心理 馬鹿は死ななきゃ治らないのさ

しかしまあ後ろから迫ってくる津波から逃げようと歩いてたその先の横から波が来てどうにもならなくなっていた人達今でも忘れられん すぐに姿見えなくなったしあれこそ絶望とはなんたるかを思い知らされた光景だわ

13Ψ2021/02/23(火) 03:50:52.96ID:cSxy0QVb
消防団の車が逃げながら遠く後ろから押し寄せる津波と避難民を撮っていた
暗く重苦しい映像が記憶にあるけど
周りに一杯歩いてた人々みんな後で飲み込まれたんだろーな
そこまでの映像は流してなかったけど

14(,,゚д゚)さん 頭スカスカ2021/02/23(火) 04:27:49.61ID:PmS3xgxQ
ゴンゴンゴンと地震が連続して来とるのに、津波が見える
まで家で待っとれば間違いなく死ぬだろう。 
堤防も松並木も大津波に勝てません 当たり前じゃない
行政が、地価が下がるのを心配して、ハザードマップを隠すからこうなる。

15Ψ2021/02/23(火) 06:35:03.60ID:9WlizrHJ
直ぐに逃げないとな

16Ψ2021/02/23(火) 07:35:15.58ID:50FT45+c
ほんと天才にタケコプター開発してほしいわ

17Ψ2021/02/23(火) 09:47:07.77ID:SWmSU1Yw
タトゥーを入れたらお父さんに「親からもらった大事な体に…」と言われた→言ったのは「あのお父さん」だった

http://razae.tx2600.net/kHD/471677140.html

18Ψ2021/02/23(火) 12:19:19.77ID:oDBhSolw
真っ直ぐ逃げるから追ってくるんだよ
横に逃げればいい

19Ψ2021/02/23(火) 15:30:12.59ID:KllQHmTo
ビックウェーブに乗るしかねぇ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています