蜘蛛のお尻にジャック・オー・ランタンが!ハロウィンにもうれしい益虫「トビグモ」 [きつねうどん★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1きつねうどん ★2021/10/13(水) 20:20:07.86ID:CAP_USER
 今年も10月31日はハロウィンです。ハロウィンといえばオレンジの大きなカボチャとか、コウモリ、それと蜘蛛(クモ)……。

 今回はその蜘蛛の話なんですけど、蜘蛛にもいろいろいます。巣をはって待ち構えてる、不気味な模様のおドロおドロした蜘蛛のことではなくて、今回ご紹介したいのが、我が家によくいます、ほんま小さい小さい、大きさは約5mmの黒っぽい体で、ぴょんぴょん飛び跳ねるようにしながら前に進んで行く「通称 トビグモ」。

 小さい身体でぴょんぴょん、ぴょんぴょんってよく飛んでいるんですけど、どれくらい前に進んでるのかちょっと計測してみました。そうしたら、時と場合によりますが平均約12cm飛んでいます。最長では約18cm飛んでました。

「なんや、そんなもんか!?」って思うでしょう? いえいえ、トビグモの身体は約5mmです。12cm飛んだとしたら、単純計算したら、身体の約24倍飛んでます。それを1m70cmの人間で換算すると「170cm×24倍」で、何と40.8m 飛んでいるんです。

 恐ろしいほどの跳躍力!!

 このトビグモ、ほんまの名前は、「アダンソンハエトリ」って名前なんです。ぴょんぴょん跳ねて、コバエや、小さいゴキブリや虫なんかを捕まえて食べてくれる益虫なんです。ホント我が家にはこのアダンソンハエトリがたくさんいるせいか、1匹もゴキブリがいないんです。

 もしかしたら、アダンソンハエトリが全部食べてくれてるのかもしれませんね。ですから感謝感謝の蜘蛛なんで、怖いとか気持ち悪いとか全く思いませんね。むしろ、ぴょんぴょん、ぴょんぴょんとかわいらしいなぁって思います。

「かわいいなぁ」って、じっくりアダンソンハエトリ見てましたら、ハロウィンを感じるところを発見しました。お尻の黒い部分に白い模様があるんですが、それを反対から、顔の方を下にして見てみると……。

https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2021/10/3-e1633941300649.jpeg

 まるであのハロウィンのカボチャのお化け、ジャック・オー・ランタンの顔のように見えるんです! ほら、こっち見て! ケタケタ、笑ってる〜ように見える〜。どうやら、この模様があるのは、アダンソンハエトリのオスだそうです。

 トリック・オア・トリート♪ ハッピー・ハロウィン♪

(『バズろぅ!』ラジオパーソライター・わきたかし)

https://jocr.jp/raditopi/2021/10/13/394398/

2Ψ2021/10/13(水) 21:29:27.57ID:9EaXYV9m

3尊=読子=千秋=リードマン ◆9GH2N0d.sg 2021/10/13(水) 21:48:40.13ID:C3JABhXd
イエグモというほうがよく見かけるので蠅が減らない

4Ψ2021/10/14(木) 03:19:57.58ID:A3CCs3Nt

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています